【2021年】ドライフラワーのおすすめ本・書籍ランキング7冊!年400冊読む書評ブロガーが紹介!

こんちわ、柿田ぴんとです!

今回は、ドライフラワーのおすすめ本・書籍ランキング7冊を、高評価レビューも加えてご紹介します!

目次

\30日間 無料体験中!/
小説 ビジネス書 ライトノベル
40万冊を「無料体験」で聴く

1位. ドライフラワーのおすすめ本・書籍│『ドライフラワーの飾り方:お部屋がもっとお洒落になるアイデア集』

ドライフラワーのおすすめ本・書籍レビュー│『ドライフラワーの飾り方:お部屋がもっとお洒落になるアイデア集』

レビュー
素敵なアイディアも沢山掲載されていますが、眺めているだけでも写真集のように楽しめる一冊です。使われている花々も身近にあるものからも紹介されており構えずに楽しめるのではないかと思います。

ドライフラワーのおすすめ本・書籍ドライフラワーの飾り方:お部屋がもっとお洒落になるアイデア集を読みたい方はこちら↓

レビュー・口コミの詳細を見る

『ドライフラワーの飾り方:お部屋がもっとお洒落になるアイデア集』を読む

スポンサーリンク

2位. ドライフラワーのおすすめ本・書籍│『「ドライフラワーの名前」300がよくわかる図鑑』

ドライフラワーのおすすめ本・書籍レビュー│『「ドライフラワーの名前」300がよくわかる図鑑』

レビュー
ハーバリウムやリースの素敵な作品を見て真似したくても、何の花が使われているのかわからなく困っていたのでこの本を購入。
花だけでなくドライフルーツや木の実、リーフ系まで入っているし、作品がいっぱい載っていて、パラパラ見ているだけでも楽しいです。
レビュー
この本がきっかけになって懐かし話に花が咲きました。ドライフラワーで繋がりがひろくなって大変嬉しく思っています。
レビュー
今まで知らなかったドライフラワーの名前など写真付きでとても分かりやすかったです

ドライフラワーのおすすめ本・書籍「ドライフラワーの名前」300がよくわかる図鑑を読みたい方はこちら↓

レビュー・口コミの詳細を見る

『「ドライフラワーの名前」300がよくわかる図鑑』を読む

3位. ドライフラワーのおすすめ本・書籍│『ドライフラワーの活け方 (植物生活ブックス)』

ドライフラワーのおすすめ本・書籍レビュー│『ドライフラワーの活け方 (植物生活ブックス)』

レビュー
ドライフラワーが初心者ですが お花の 作り方やポイントなどが詳しく書いてあり
何度も読みました。
とても満足してます。

ドライフラワーのおすすめ本・書籍ドライフラワーの活け方 (植物生活ブックス)を読みたい方はこちら↓

レビュー・口コミの詳細を見る

『ドライフラワーの活け方 (植物生活ブックス)』を読む

スポンサーリンク

4位. ドライフラワーのおすすめ本・書籍│『ドライフラワー図鑑』

ドライフラワーのおすすめ本・書籍レビュー│『ドライフラワー図鑑』

レビュー
世界観がいい。植物の造形の美しさを最大限にクローズアップしています。著者の植物への愛情が感じられ、美しいイメージを通してそれらが読者にもじわりじわり伝わってくる一冊。ドライフラワーの愛で方のヒント集のようです。
レビュー
普通は使わない素材をドライにしているので参考になりました。
ドライフラワーの似合う空気がよく表現されています。
レビュー
生花が傷む前によくドライにするので、本の名前に惹かれました。表紙からするとけっこう変わった種類ばかりなのかとすこし不安でしたが、中を見れば、よく見かける草花も多かったです。生花を買うとき、一瞬、これはドライにしたらどんなかんじかな?と気になる私には、参考になりました
レビュー
独りよがりのアート色に寄っていない。
情報過多で雑多ないわゆる「図鑑」でもない。

吟味凝縮された情報と写真。
レイアウト、ページ構成、紙質、価格等々、
どれをとっても減点要素なし。
ドライフラワーの初級〜上級者や
センスのよい写真集好きの双方を充たす内容だと思います。

何故このような丁寧かつ、たたずまいの良い写真集が
世にあまり無いのだろうか。
つまり、これが「スニーカー図鑑」であっても
「クワガタ図鑑」でも欲しい。

本当によくできた写真集です。

ドライフラワーのおすすめ本・書籍ドライフラワー図鑑を読みたい方はこちら↓

レビュー・口コミの詳細を見る

『ドライフラワー図鑑』を読む

5位. ドライフラワーのおすすめ本・書籍│『もっと暮らしに 毎日のハーブ 使いこなしレッスン コツがわかる本』

ドライフラワーのおすすめ本・書籍レビュー│『もっと暮らしに 毎日のハーブ 使いこなしレッスン コツがわかる本』

レビュー
本のタイトル通り、気軽に取り入れられるハーブの活用術がいろんな生活のシーンにあり、ストレスなく読めます。その割に内容が充実してるので、ハーブレッスンを受けながらとっても得した気分になれる一冊❤️
著者は、ずっとハーベストだったわけではなく、忙しく働く生活の中にハーブを取り入れ心身の健康を得たという背景に共感!
忙しくても気軽に取り入れられるハーブレッスンが、ハーブのある暮らしに憧れてはいるもののなかなか取り入れることができないわたしにぴったり!と感じました。
お気に入りは料理ページで、どれも手軽だけど身近な材料だし、作り方も簡単でした。とくに鳥レバーのパテと鶏ハムが簡単なのにおしゃれなので、わが家の来客時のおもてなしレシピになりました♪
レビュー
ハーブを料理に使ってみたいなって思って、この本を買いました。
見やすくていろいろやってみたいレシピがありました。
まずは簡単そうなものからと思い、ハーブクリームチーズを作ったのですが、友達も絶賛でした!
レビュー
ハーブのことがわかりやすく書いていて、
その使用法も乗っていて
ちょっとした休憩時に読んで
何を作るかとか想像するのが楽しいです。
ハーブに興味がある人は手に取りやすい本だと思います。

ドライフラワーのおすすめ本・書籍もっと暮らしに 毎日のハーブ 使いこなしレッスン コツがわかる本を読みたい方はこちら↓

レビュー・口コミの詳細を見る

『もっと暮らしに 毎日のハーブ 使いこなしレッスン コツがわかる本』を読む

スポンサーリンク

6位. ドライフラワーのおすすめ本・書籍│『アロマワックスサシェの作り方』

ドライフラワーのおすすめ本・書籍レビュー│『アロマワックスサシェの作り方』

レビュー
見てるだけでも、楽しめました。
とても初心者にも分かりやすく纏めている本だと思います。
レビュー
とにかく可愛らしい写真満載。
ドライフラワーが趣味な方はもとより、生活を花で飾ったり、お料理をするのが好きな方、あるいは手作り石鹸などをされたことがある方には、是非、オススメ。

アロマワックス自体はとても簡単に作れるものですが、大事なのはそれをどのように配置するか。
暮らしの中で香りを利かせたい場所に配置して、ふわっと嗅覚を刺激するのは気持ちいいいものです。
結婚式の小物にも使えそうかなーと思ってしまいました。

レビュー
アロマワックス作りに必要な道具などが詳しく説明されています。それだけでなく、手作り型やドライフラワーの作り方も載っていたので参考になりました。これから作りたいと考えている人や、アロマワックスに興味がある人にはいい本です。いろんなデザインもあり、見ているだけでもワクワクしました。ワックスバー作り本は少ないので助かります。

ドライフラワーのおすすめ本・書籍アロマワックスサシェの作り方を読みたい方はこちら↓

レビュー・口コミの詳細を見る

『アロマワックスサシェの作り方』を読む

7位. ドライフラワーのおすすめ本・書籍│『フローリスト2019年12月号』

ドライフラワーのおすすめ本・書籍フローリスト2019年12月号を読みたい方はこちら↓

レビュー・口コミの詳細を見る

『フローリスト2019年12月号』を読む

ドライフラワーのおすすめ本・書籍ランキング│まとめ

『ドライフラワーのおすすめ本・書籍ランキング』いかがでしたでしょうか?

ぜひ、気になったドライフラワーの本・書籍を読んで、あなたの実生活に役立ててみてくださいね!

ぴんと
さいごまで読んでいただき、ありがとうございました!
【Amazon】本を無料で読む方法!

 本を読むときは『Audible』の
『30日間無料体験』がおすすめです!

ライトノベル・小説・ビジネス書など、
400,000冊以上の本が聴き放題!

ぴんと
毎日の料理やジョギング、通勤中など、いつでもどこでも好きな時に聴けるので、1日1冊ラクに本が読めちゃう!
ぴんこ
再生した後でも何回も交換OKだから、
実質無料の「聴き放題サービス」ね!

また、あのメンタリストDaiGoさんも
本を聴くことで1日に3冊は読めるとおすすめしています!

読書やPC作業で目が疲れたときもインプットが続けられますし、移動時間も無駄にならない。

通勤に時間がかかる人なら、少なくても1日1冊分は聴けるんじゃないでしょうか。

テキストをフラットに聴くことにより、文章や論理の構造まできれいに頭に入るので、本がまるごと頭の中に入るような喜びが体感できます。

それによって話すことがうまくなり、言葉も出てきやすくなるので、本を耳で聴くのはおすすめですよ。

引用:なぜDaiGoは「目より耳」で本を読むのか

さらに、人気俳優・声優のボイスが、
本の魅力をさらに引き出しているので、
スキマ時間を有効活用したい人は、この機会をお見逃しなく! 

 
\忙しいあなたも、耳は意外とヒマしてる!/

小説 ビジネス書 ラノベ
40万冊を無料体験で聴く!

スポンサーリンク
スポンサーリンク