【2021年】源氏物語のおすすめ本・書籍ランキング7冊!年400冊読む書評ブロガーが紹介!

こんちわ、柿田ぴんとです!

今回は、源氏物語のおすすめ本・書籍ランキング7冊を、高評価レビューも加えてご紹介します!

目次

\30日間 無料体験中!/
小説 ビジネス書 ライトノベル
40万冊を「無料体験」で聴く

1位. 源氏物語のおすすめ本・書籍│『源氏物語 ビギナーズ・クラシックス 日本の古典 (角川ソフィア文庫)』

源氏物語のおすすめ本・書籍レビュー│『源氏物語 ビギナーズ・クラシックス 日本の古典 (角川ソフィア文庫)』

レビュー
ところどころに挿入されているエピソード的な
豆知識のコーナーが大変役に立ちます。
本文自体は、短く引用されているだけなので、
原点をそれなりに読みたい方には不向きです。
「源氏物語」のしっかりとした原書をお勧めします。
ビギナー向けの、「入り口」として読みたい本でした。
レビュー
平家物語の好評で
また、中学生の娘に買ってあげました。
原文と解説と現代語訳があって、読みやすく分かりやすかった。と言っていました。
レビュー
源氏物語の読者の初心者ですが原文と現代語訳がありまして、分かりやすくて良かっです。
レビュー
久しぶりに読みたくなり、まとめ買いで購入しました。古典文学はいいですね。🎵

源氏物語のおすすめ本・書籍源氏物語 ビギナーズ・クラシックス 日本の古典 (角川ソフィア文庫)を読みたい方はこちら↓

レビュー・口コミの詳細を見る

『源氏物語 ビギナーズ・クラシックス 日本の古典 (角川ソフィア文庫)』を読む

スポンサーリンク

2位. 源氏物語のおすすめ本・書籍│『源氏物語 上 池澤夏樹=個人編集 日本文学全集』

源氏物語のおすすめ本・書籍レビュー│『源氏物語 上 池澤夏樹=個人編集 日本文学全集』

レビュー
気ぜわしい日常の中での気分転換(現実逃避?)に、ほんの少しできた空き時間に源氏に浸りたい~というときに、かろやかにするする読める文章でありがたかったです。ただ、本自体は分厚くてかなり重いです。持って行って待ち時間にでも読もうとはちょっと思えない…。文庫本になるのを待つことも考えたのですが読めるのは何年先になるかわかりませんし、訳が新鮮なうちに読みたかったので購入しました。
レビュー
源氏物語の大きな流れがよく理解できる現代語訳でした。理想化された光君より女性たちのリアリティがすごい。作者の皮肉な感想が時々出てくるのも、1000年前の物語とは思えない新鮮な構成。堪能しました。
レビュー
角田さんの新作小説であるかのように文章がとても読みやすいです。
レビュー
高校時代から何回も挑戦し、読めなかった寂聴さんの源氏物語。こちらの本はまだ途中なのですが、とても読みやすいです。この時代に生きててよかったなぁと思います。角田光代さんに感謝!
また、本には松榮堂のしおりも付いていました。こちらの香りを感じながら源氏物語を読めるのは、なんだか雅ですね。
かなり簡略した言い回しで書かれている分、アッサリし過ぎていないかなと、初めは気掛かりだったのですが、すべて杞憂でした。昔の文書がすごくお好きでお詳しい方にはおすすめ出来ないけど、そうじゃない方は一読の価値があると思います。

源氏物語のおすすめ本・書籍源氏物語 上 池澤夏樹=個人編集 日本文学全集を読みたい方はこちら↓

レビュー・口コミの詳細を見る

『源氏物語 上 池澤夏樹=個人編集 日本文学全集』を読む

3位. 源氏物語のおすすめ本・書籍│『謹訳 源氏物語 一』

源氏物語のおすすめ本・書籍レビュー│『謹訳 源氏物語 一』

レビュー
解説混じりの現代語訳に、登場人物の内面心理まで、盛り込んで、訳しています。これ程、丁寧な訳本は、無いと思います。戦後生まれが、戦後の教育の中で、失ってしまったもの、国語が読めない日本人のための,それでも、懸命に、この最も美しい日本語で書いてある、本物の日本語の本を、どうしても、読んでみたいと、願う方は、この本を頼りに、須磨帰りになっても、五度、六度、須磨帰りになっても、この本を頼りに、頑張ってみてください。花鳥余情一条兼良、湖月抄北村季吟は、無理でも、この本だけが頼りです。日本人の心、もののあはれとは、何か、分かったような気持ちになりましょう。
レビュー
国語学者ではありませんが、とても簡潔で的確な文章で読みやすかった。
レビュー
とても読みやすい古典でした
平安時代がとても身近に感じられます
レビュー
一冊目から、娘が見つけてわたしを追い越して読み進み、二冊目も彼女が先に読んでいます。
我先に読む姿に、この物語は1200年前もそのようだったのだなと納得しました。
装丁もすごく凝っていて美しく、綴じ方も和綴じのように、左右に水平に広がるのでとても読みやすくまた軽いのでとても気に入っています。
当然、内容はすばらしいです。
わたしは若いころに与謝野晶子訳、中年に円地文子訳を読んでいて、今回は3回目なのですが、画期的な訳だと思います。
昔のことを知らなくても本文中に説明が自然な形で組み込んであるので、現代小説のようにすらすらと読めるます。1200年前の人たちが読んだのと同じ感覚、同じ速度で読むことができます。大作を読みこなすにはスピード感が重要なので素晴らしいと思います。

源氏物語のおすすめ本・書籍謹訳 源氏物語 一を読みたい方はこちら↓

レビュー・口コミの詳細を見る

『謹訳 源氏物語 一』を読む

スポンサーリンク

4位. 源氏物語のおすすめ本・書籍│『源氏物語 ─まんがで読破─』

源氏物語のおすすめ本・書籍レビュー│『源氏物語 ─まんがで読破─』

レビュー
末摘の花など脇役的な側室は描かれていませんが、重要人物は一通り網羅されていて、中学生ぐらいが入門書として読むのに最適です。
絵も現代風で抵抗感はないと思います。
レビュー
実は、源氏物語の全体像を知らないまま映画(千年の謎)を観たのですが、やっぱりよく分からなかったので、この本を買いました。
解説が多いのが少し気になりましたが仕方ないですね。
オリジナルとは異なる部分があるのかもしれませんが、ストーリーがよく分かって助かりました(^◇^)
レビュー
読みやすかった!
なんとなく源氏物語がどういうものなのか分かった!
レビュー
源氏物語をいつかは読みたいと思っていた。
しかし、原文は難しすぎる。
「あさきゆめみし」という漫画があるのは知っていたが、それを全巻買ってまで読もうとも思わなかった。
本作品は、200ページ弱しかないが、非常にコンパクトにまとまっている。
かといって、省略されすぎていて、内容が分からないということもない。
そのさじ加減が非常によい。
しかも、文字もそんなに多くなく、読むことに苦もない。
非常に感心させられた一冊でした。

一夫多妻制はろくな事がないなーというのが、読み終えた感想です。
しかし、平安時代の人、つまり1000年以上も前に書かれたとは思えない。
人間考えることは1000年たってもあまり変わらないなと思いました。(特に男女関係)

源氏物語のおすすめ本・書籍源氏物語 ─まんがで読破─を読みたい方はこちら↓

レビュー・口コミの詳細を見る

『源氏物語 ─まんがで読破─』を読む

5位. 源氏物語のおすすめ本・書籍│『潤一郎訳源氏物語 完全版』

源氏物語のおすすめ本・書籍レビュー│『潤一郎訳源氏物語 完全版』

レビュー
谷崎潤一郎の源氏物語の現代訳は最高です!和歌の注釈が分かりやすいです。谷崎フアンにとっていいものを手に入れることができました。
レビュー
まだ「桐壺」だけですが、声に出して読むと、とても読みやすくて綺麗な文章だと思いました。
敬語や注釈の入る程度や頻度が私の求めていたレベルで、王朝気分を味わいながら、さらりと音読出来ます。
文豪・谷崎潤一郎の真髄を垣間見たように思います。

今まで古典は原典を読まねばならない、あるいは対訳(原文と現代語訳が並んでいる)で読まねばならないと思い込んでいましたが、そうではなかったのですね。
思えば、外国人は英語訳の源氏物語や禅の著作を読んで自陣の教養としています。
その時に用いられる英語は当然、現代英語です。
ならば、私達もまず現代日本語で源氏物語など古典を味わい、楽しみ、理解し、自らの糧として、さらに高みを目指す時に原文を読んでみる。
そういう知識の身の付け方も良いのではないかと思えるようになりました。
その場合、源氏物語に関しては、この谷崎潤一郎の訳文が素晴らしい現代語訳の一つである事は、疑いようがないと思いました。

源氏物語のおすすめ本・書籍潤一郎訳源氏物語 完全版を読みたい方はこちら↓

レビュー・口コミの詳細を見る

『潤一郎訳源氏物語 完全版』を読む

スポンサーリンク

6位. 源氏物語のおすすめ本・書籍│『源氏物語(1) 現代語訳付き (角川ソフィア文庫)』

源氏物語のおすすめ本・書籍レビュー│『源氏物語(1) 現代語訳付き (角川ソフィア文庫)』

レビュー
研鑽している学校での教科書故購入しました。
師の導きで原語を読むためなので、むしろ、この脚注のレイアウトがありがたいのです。
レビュー
買いに行く手間が省けて、助かる。送料無料だし、素早い配送です。
レビュー
原文で読む力がないので、口語訳で読みましたが、とても素晴らしい訳だと思います。古典だから理解しにくいということもなく、現代人の感性で無理なく面白く読むことが出来ます。源氏物語を読むなら、この本が一番ではないかと思います。(個人的には、1巻・2巻・3巻と、読み進めるにしたがって、どんどん面白く読めました。)
レビュー
国文学者玉上さんが訳した源氏物語です。
何がすごいってほぼ原文に忠実に現代語訳していて尚且つ格調の高い文体であること。
もう現代語訳だけで本にしてもいいのにしっかり原文と訳注もついてきます。
☆10つけてもお釣りの来る本です。

玉上さんは他に源氏物語の注訳の解説をつけられた本も執筆されています。
とても値段が高くて手がでないのですが、平安時代、源氏物語が深く判る本です。
(レビュー本はその中から原文訳注と現代語訳を抜き出した内容です)
是非このシリーズも手ごろなお値段で復刻して欲しいものです。

源氏物語のおすすめ本・書籍源氏物語(1) 現代語訳付き (角川ソフィア文庫)を読みたい方はこちら↓

レビュー・口コミの詳細を見る

『源氏物語(1) 現代語訳付き (角川ソフィア文庫)』を読む

7位. 源氏物語のおすすめ本・書籍│『はやげん!はやよみ源氏物語 (ウィングス・コミックス)』

源氏物語のおすすめ本・書籍はやげん!はやよみ源氏物語 (ウィングス・コミックス)を読みたい方はこちら↓

レビュー・口コミの詳細を見る

『はやげん!はやよみ源氏物語 (ウィングス・コミックス)』を読む

源氏物語のおすすめ本・書籍ランキング│まとめ

『源氏物語のおすすめ本・書籍ランキング』いかがでしたでしょうか?

ぜひ、気になった源氏物語の本・書籍を読んで、あなたの実生活に役立ててみてくださいね!

ぴんと
さいごまで読んでいただき、ありがとうございました!
【Amazon】本を無料で読む方法!

 本を読むときは『Audible』の
『30日間無料体験』がおすすめです!

ライトノベル・小説・ビジネス書など、
400,000冊以上の本が聴き放題!

ぴんと
毎日の料理やジョギング、通勤中など、いつでもどこでも好きな時に聴けるので、1日1冊ラクに本が読めちゃう!
ぴんこ
再生した後でも何回も交換OKだから、
実質無料の「聴き放題サービス」ね!

また、あのメンタリストDaiGoさんも
本を聴くことで1日に3冊は読めるとおすすめしています!

読書やPC作業で目が疲れたときもインプットが続けられますし、移動時間も無駄にならない。

通勤に時間がかかる人なら、少なくても1日1冊分は聴けるんじゃないでしょうか。

テキストをフラットに聴くことにより、文章や論理の構造まできれいに頭に入るので、本がまるごと頭の中に入るような喜びが体感できます。

それによって話すことがうまくなり、言葉も出てきやすくなるので、本を耳で聴くのはおすすめですよ。

引用:なぜDaiGoは「目より耳」で本を読むのか

さらに、人気俳優・声優のボイスが、
本の魅力をさらに引き出しているので、
スキマ時間を有効活用したい人は、この機会をお見逃しなく! 

 
\忙しいあなたも、耳は意外とヒマしてる!/

小説 ビジネス書 ラノベ
40万冊を無料体験で聴く!

スポンサーリンク
スポンサーリンク