【2020年】果物のおすすめ絵本ランキング5冊!年400冊読む書評ブロガーが紹介!

こんちわ、柿田ぴんとです!

今回は、果物のおすすめ絵本ランキング5冊を、高評価レビューも加えてご紹介します!

\30日間 無料体験中!/
小説 ビジネス書 ライトノベル
40万冊を「無料体験」で聴く

1位. 果物のおすすめ絵本│『くだもの (幼児絵本シリーズ)』

果物のおすすめ絵本レビュー│『くだもの (幼児絵本シリーズ)』

レビュー
絵が綺麗で自分が惚れ込み、生後9ヶ月の息子には少し早いかなあと思いつつも、購入してみました。

息子には、「さあ、どうぞ!」と言いながら絵の果物を口に入れる動作を何度かして見せたら、大喜び…!!すっかり慣れた今は、読んであげるたびに、「さあ、どうぞ!」のところで口を大きく開けて、もぐもぐと食べる真似をします。

他にも野菜などのバージョンがあるとのことで、欲しくなってしまいました。
あまりに気に入りすぎて、息子は今10ヶ月でこの本をヨダレまみれにし、ページにぐちゃっと折り目をつけたりしてしまったりしていますが、2歳くらいのお子様ならさらに絵の綺麗さを楽しみ、本を大切に扱えると思いますので、心からおすすめします。

レビュー
絵が素敵です。
子供用に買いましたが大人の自分が見とれて何度も読んでしまいました。
お話自体は果物をあーんと食べさせる目線で書かれているだけの単純なものですが、絵本なだけあって絵を見るだけでもかなり美術の教育によさそう。
シリーズが出たらまた買いたいと思います。
レビュー
3ヶ月の娘にそろそろ絵本を読み聞かせしたいと思い、本屋の絵本コーナーを何件も物色し、これだ!と思いこちらで購入しました。
一番の魅力は優しいタッチで丁寧に描かれたくだものの絵です。本物に見間違えそうなくらいみずみずしいぶどうやいちごなど、大人が見ても惚れ惚れすると思います。
くだものの名前がひらがなで書いてあるので、そこを指差しながら名前を読み、絵をじっくり見せています。
娘も初めての絵本に興味があるのか、じっと見たり、左右の絵をきょろきょろ見比べたりして、今のところ毎日新鮮に見てくれています。
今後も、くだものの個数を数えたり、くだものの名前をクイズにしたりなどと遊べそうです!
レビュー
息子が1歳の時に購入し、3歳の今でもお気に入りです。

くだものの絵がとてもおいしそうで、子どもの食いつきがすごかったです。

あまりに絵が美味しそうだったからか、この本を読んだ時に初めて、おままごとのように食べるフリをしていました。

果物のおすすめ絵本くだもの (幼児絵本シリーズ)を読みたい方はこちら↓

『くだもの (幼児絵本シリーズ)』を読む

スポンサーリンク

2位. 果物のおすすめ絵本│『くだものどうぞ (WORK×CREATEシリーズ)』

果物のおすすめ絵本レビュー│『くだものどうぞ (WORK×CREATEシリーズ)』

レビュー
5か月の娘と読んでいます。
カラフルな果物がたくさん出てきて喜びます。絵が可愛らしく描かれていて、ざくざく、しゃりしゃり、などの音の表現も面白いです。
ただ、まだ幼い娘は何でも口に入れて確認したがります。
この本は果物の皮をめくる仕掛けになっているのですが、角が尖っているところがあるので注意が必要です。また、当然ですが力任せに引っ張ると破れます。
娘の手の届かない所に置いています。
レビュー
保育園に持って行ったら先生からもとても好評でした

果物のおすすめ絵本くだものどうぞ (WORK×CREATEシリーズ)を読みたい方はこちら↓

『くだものどうぞ (WORK×CREATEシリーズ)』を読む

3位. 果物のおすすめ絵本│『やさい (幼児絵本シリーズ)』

果物のおすすめ絵本レビュー│『やさい (幼児絵本シリーズ)』

レビュー
1977年が初版の絵本です。
迫力のある、素晴らしい絵です。
野菜が畑で育っている姿、そして八百屋に並ぶ姿。

ただ、この本に出てくるような八百屋さんは、もう、見かけなくなってきましたね。
買い物と言えば商店街だった頃をかろうじて覚えている親としては、
「そういえば、トマトなんかはこういうカゴに入っていたなぁ」
とか、懐かしく思うわけですが、今の子にはピンと来ないかもしれません。

レビュー
くだものが良い本だったのでこちらも買いました。何と言ってもこの力強い生き生きとしたイラスト!写真を超えた説得力があります。大人も鑑賞出来る程なので、何度も読んであげようという気になります。ちなみに一歳の娘はくだものよりこっちのが好きで近所の畑を通りかかると指をさしてはしゃいでいます。野菜は土の中から出来るということを感覚的に学べるかな?
レビュー
 私自身、田舎育ちで家族がお米や野菜を作っていたので、どのように育ち、またどれだけの手間ひまがかかっているのか、当たり前のことのように思っていましたが、都会に住む子供はそのような光景は見られないし、なかなか触れる機会もないかも…と思い購入しました。やはりというか、畑のほうれん草に子供は「これはなあに?」と聞いてきます。さつまいもは知っているけど、土の中にあるとさつまいもとは確信できない様子です。
 もう少し大きくなったら田舎の畑で野菜を育てたいと思いつつ、今はこの絵本でどの野菜にしようか?と子供と計画を立てて楽しんでいます。
レビュー
評判の良さに惹かれて子供が生まれる前に購入した初めての絵本です。2ヵ月の子供はじーっと非常に興味深そうに見ていました。現在6ヵ月ですが、今でもじーっと見ています。最近ではただ読むだけではなく、野菜の数を数えたり、実物を見せるなどして読み聞かせています。また、離乳食を開始したのでこの絵本にでてくるフレーズを言いながら食べさせたりしています。子供に見せるには抽象的な絵では物足りないし、写真ではリアル過ぎる…という方には、ちょうどいい絵本だと思います。生まれて間もない赤ちゃんの読み聞かせにもおススメです。

果物のおすすめ絵本やさい (幼児絵本シリーズ)を読みたい方はこちら↓

『やさい (幼児絵本シリーズ)』を読む

スポンサーリンク

4位. 果物のおすすめ絵本│『くだものさん (PETIT POOKA) 0~3歳児向け 絵本』

果物のおすすめ絵本レビュー│『くだものさん (PETIT POOKA) 0~3歳児向け 絵本』

レビュー
1歳4か月の時に「やさいさん」とセットで購入しました。
現在は1歳半になりました。特別お気に入りではないようで毎日は持ってきませんが
読む時は自分でめくり「ぽろぉりん、〇〇さん」と言って読んでいます

すっかり果物の名前を覚えてしまっているみたいなのでランダムでページを開いて
「これなあに?」と聞くと「〇〇さん」と答えます

ただ、ぶどうが気持ち悪いです・・・・。
他の絵本で「くだものだもの」や「くだもの」の絵がしっかり描かれている方が
うちの息子は好きみたいでどちらかというとそちらを読んでいます。

もう少し果物らしい、変にデフォルメしてない絵でもよかったのかなぁと思います
このデフォルメされた絵は大人は好きかなとは思うんですけどね

レビュー
1才の子供は野菜さん も持っているがめくるのが難しいがこれは上からすぐ開いてめくれるのでやりたがりぽろーんと繰り返し楽しんでいる
レビュー
現在1才4ヶ月の子どものお気に入りです。本棚から選んできて読んでと毎日のように持ってきます。
自分でフラップをめくるのが楽しいみたいです。
くだものに顔がついていていろいろな表情をしています。見ようによってはシュールな感じの絵ですが私は大好きです。子どもは、リスさんのところでぺこり(こんにちはのあいさつ)、レモンさんのところですっぱい顔をするようになりました(笑)
同じシリーズのやさいさんもおすすめです。ともにずっとお気に入りの絵本になりそうです!
レビュー
これから秋に向けて子どもたちに読み聞かせをしたいと思います。ありがとうございました。

果物のおすすめ絵本くだものさん (PETIT POOKA) 0~3歳児向け 絵本を読みたい方はこちら↓

『くだものさん (PETIT POOKA) 0~3歳児向け 絵本』を読む

5位. 果物のおすすめ絵本│『くだものいろいろかくれんぼ (これなあに?かたぬきえほん)』

果物のおすすめ絵本レビュー│『くだものいろいろかくれんぼ (これなあに?かたぬきえほん)』

レビュー
現在、1歳半です。1歳4か月の頃にこの絵本を購入して最初はそんなに喜ばなかったので外したかなと
思ったのですがなんだかんだとお気に入りのようでよく持ってきます。むしろ毎晩読んでいるような気もします。
おかげで今はすべてのくだものを覚えて「りんご」とか「ばななぁ」と言いながら自分でめくっています。
本来の絵本のように順番でめくりながら読んだり、ドラムロールを言いながら「じゃん!」と好きなページを開き
「これなあに?」という遊びもします。わざと同じくだものを続けたりするとそれだけですごく喜んで大笑いしながら
「ももっ!」と言ったりします。最初はいまいちだと思ったけど今ではすっかりお気に入りでハードカバーなので
子供もめくりやすいですし、ページが折れたりしないのもいいです。他のシリーズも買おうかなと考えています
レビュー
1歳10カ月、このシリーズをまとめて買ってみましたがビックリする程の食いつきようです!
本当に買って良かったなと思えた絵本です。
中でも野菜と果物が好きな様です。
何故なのかこの絵本に関しては一番好きなはずの乗り物を一番見ません。
まさかこの仕掛けにこんなに反応してくれるとは。
絵が出てくるのが楽しいらしく何度も”バ~!!”といいながらめくっています。
これ、今まで買った絵本の中で一番知育にいいかもしれません。
レビュー
嫁に言われてこちらで購入しました

小さめの絵本なので、枕元に置いておき、ちょこっと絵本が欲しくなる時にちょうど良いです。

果物も可愛いらしいので、本にキスして食べる真似をしてくれます。

とてもカワイイ

レビュー
とてもいい絵本だと思います。フルーツの名前を覚えてくれるといいな~と思いながら、何度も一緒に読んでいます。子どもも好きなようで、ご機嫌で見ています。

果物のおすすめ絵本くだものいろいろかくれんぼ (これなあに?かたぬきえほん)を読みたい方はこちら↓

『くだものいろいろかくれんぼ (これなあに?かたぬきえほん)』を読む

スポンサーリンク

果物のおすすめ絵本ランキング│まとめ

『果物のおすすめ絵本ランキング』いかがでしたでしょうか?

ぜひ、気になった果物の絵本を読んで、あなたの実生活に役立ててみてくださいね!

ぴんと
さいごまで読んでいただき、ありがとうございました!
【Amazon】本を無料で読む方法!

 本を読むときは『Audible』の
『30日間無料体験』がおすすめです!

ライトノベル・小説・ビジネス書など、
400,000冊以上の本が聴き放題!

ぴんと
毎日の料理やジョギング、通勤中など、いつでもどこでも好きな時に聴けるので、1日1冊ラクに本が読めちゃう!
ぴんこ
再生した後でも何回も交換OKだから、
実質無料の「聴き放題サービス」ね!

また、あのメンタリストDaiGoさんも
本を聴くことで1日に3冊は読めるとおすすめしています!

読書やPC作業で目が疲れたときもインプットが続けられますし、移動時間も無駄にならない。

通勤に時間がかかる人なら、少なくても1日1冊分は聴けるんじゃないでしょうか。

テキストをフラットに聴くことにより、文章や論理の構造まできれいに頭に入るので、本がまるごと頭の中に入るような喜びが体感できます。

それによって話すことがうまくなり、言葉も出てきやすくなるので、本を耳で聴くのはおすすめですよ。

引用:なぜDaiGoは「目より耳」で本を読むのか

さらに、人気俳優・声優のボイスが、
本の魅力をさらに引き出しているので、
スキマ時間を有効活用したい人は、この機会をお見逃しなく! 

 
\忙しいあなたも、耳は意外とヒマしてる!/

小説 ビジネス書 ラノベ
40万冊を無料体験で聴く!

スポンサーリンク
スポンサーリンク