【2021年】倉山満のおすすめ本・書籍ランキング7冊!年400冊読む書評ブロガーが紹介!

こんちわ、柿田ぴんとです!

今回は、倉山満のおすすめ本・書籍ランキング7冊を、高評価レビューも加えてご紹介します!

目次

\30日間 無料体験中!/
小説 ビジネス書 ライトノベル
40万冊を「無料体験」で聴く

1位. 倉山満のおすすめ本・書籍│『ウェストファリア体制 天才グロティウスに学ぶ「人殺し」と平和の法 (PHP新書)』

倉山満のおすすめ本・書籍レビュー│『ウェストファリア体制 天才グロティウスに学ぶ「人殺し」と平和の法 (PHP新書)』

レビュー
歴史の勉強とは記憶するだけでつまらないと思っていましたが、違いました。
著者の筆舌はますます冴えわたり、76ページでは、自由、人権について、日本国憲法31条-38条で触れられていることによって、mac等占領軍の思い込みによって日本国憲法が押しつけられたものであることを証明しています。日本の憲法学者が日本の歴史について、無知、蒙昧、不勉強、無教養のまま、年を重ねて痴呆となっていく有害な阿呆教授であることを証明しています。お前ら、恥ずかしいと思え。と言いたいが、人並みの苦労を知らず、経験することができず、一生の間、無知、蒙昧、不勉強、無教養であることから脱することができない。それゆえに、恥ずかしいと思うところにまで到達することができずに一生を終える。こういうことも実感させてくれるすばらしい教養の書、実用の書です。読者には存分に楽しんでいただき、大学教授を心から馬鹿にしてさしあげられるようになっていただきたいと願うばかりです。
レビュー
当たり前だが平和憲法では戦争は防げない。
強力な軍隊と国際法の知識だけが日本をならず者から守ってくれる。
戦争を無くすなどという非現実的な目標ではなく、より悲惨でない戦争を目指したグロティウスは確かに天才だと思う。
中国、ロシア、北朝鮮など核武装したならず者に囲まれた日本はウェストファリア体制を良く学び空論でない真の平和を目指すべき。
極論かもしれないが、最良の方法は核武装だと私は思う。
幸い日本には優秀な潜水艦艦隊がある。
彼らに核ミサイルを搭載させ、仮に日本全土が焦土になっても反撃できるよう常に太平洋の深海に待機させた上で、復讐以外では絶対に使わないと宣言すると良い。
その上で、周辺諸国にも復讐以外では核を使わないと宣言させる外交を目指すのだ。
核を無くすのは不可能。
ならばグロティウスに学び、より悲惨でない状態を、最終的には実質戦争ができない状態を日本は目指すべきでは?
レビュー
久々の感想。

「戦争は発明だ!」
この本を読んで、思ったことの一つだ。

こんなことを言うと、右翼だの軍国主義者だの言われそうだ。でも、違う。戦争はたしかに発明されたのだ。

本書は、現在の国際法の基盤となるウェストファリア体制を分かりやすく紹介している。

主人公は、フーゴー・グロティウス。世紀の大天才だ。

彼は、戦争を発明した。なんのためか?

それは、戦争より悲惨な「殺し合い」を終わらせるために。

人を人と思わぬヨーロッパの暗黒時代。そんな時代に発明されたものが国際法であり、戦争だ。

現代の我々もその恩恵を受けている。

グロティウスが発明したものを理解し、それを武器にできる人間を真の国際人と呼ぶのだろう。

現代社会の底を流れている法則が見えた。ここを基礎として世界を見れば、色んなことが理解できるはずだ。そんなことを感じた一冊。

レビュー
面白い本でした!極東でウエストファリア体制への共感できそうなのは日本・台湾位ですかね?同じく平和を提唱するにしても”武装せず丸腰”で訴えるの(お花畑)と”戦える状態ではあるが理性を持ち”主張するのではどちらが効果が…例えば野蛮な中朝露相手に聞いてもらえるか?など考えれば日本に必要な事は明白かな?と思いました、世界は日本が思うより残酷で国連も機能してるとは言いがたいです。正直アメリカ加護でみかじめ料かかるのも…そろ2独り立ちが必要だと思いました。
後、日本は”モノをはっきり言うべき”とも思いました、いま国連でCo2の問題で火力を増やしている事がバッシング受けてます、温暖化問題は2極化してどちらが正しいかなんて今は判らない状態…もしも日本が自信あるなら世界に向け”火力だがCo2を減少させる高性能なものだ”とか”原発の危険を身を持って感じたから”等言い分があればシレっと黙ってないで言って欲しい、言われるまで視点を持たない人は世の中にいっぱい居るので…日本強くなって!!平和維持の為

倉山満のおすすめ本・書籍ウェストファリア体制 天才グロティウスに学ぶ「人殺し」と平和の法 (PHP新書)を読みたい方はこちら↓

レビュー・口コミの詳細を見る

『ウェストファリア体制 天才グロティウスに学ぶ「人殺し」と平和の法 (PHP新書)』を読む

スポンサーリンク

2位. 倉山満のおすすめ本・書籍│『13歳からの「くにまもり」 (SPA!BOOKS新書)』

倉山満のおすすめ本・書籍レビュー│『13歳からの「くにまもり」 (SPA!BOOKS新書)』

レビュー
50歳主婦です。倉山先生の本は殆ど読んできました。今までボンヤリとしていた原因は基本の知識がなかったから。だから、今回の13歳からの「くにまもり」は私にとって本当に必要な本だと思いました。再度今まで読んできた本を読み直してみようと思います。
ありがとうございました。
レビュー
「日本の周辺国って、やっぱりそんなにヤバイ国なの?!自衛隊ってそんなにあてにならないの?!経済って日本だけずっと不況だったの?!そして政治家はそんなに財務省に逆らえないの?!」と、たくさんのショックを受けながら読みました。。。
最初の方に書いてありました「現状主義」と「現実主義」というキーワードにも心打たれました。
政治家や官僚の「現状主義」を「現実主義」だと思ってはいけない!このままではいけない!と強く感じました。

政治や経済において、いま何が問題なのかの本質を知りたい方にオススメです!

レビュー
この本を読むと今まで分からずモヤモヤとしてきた事が、スッと解けるようなそんな感覚になります。
そしたら、すごい動きたくなります。行動する勇気が出てきます!
レビュー
タイトルこそ「13歳からの」だけど、この本の内容とそこから自分の中で頭に描けるだろう『くにまもり』のロードマップをきちんと13歳に説いて聞かせることのできる教養高い大人がはたして如何ほどいるのだろうかと自戒。

経済の基礎、安全保障の基礎、政治の基礎、歴史の基礎、無駄に敷居が高い保守界隈でこれだけ簡潔にそして大切な本質を漏らすことなく網羅している新書は他にないと思う。

なにより、自分の人生を助けるヒント、大切な誰かを守るヒントが端々に散りばめられている。なるほど、『くにまもり』とは自分や大切な誰かを守ることにつながる。

『適塾に知識自慢で喜んでるだけのオタクは、一人もいませんでした』
『現実主義には、いかなる空想も入り込みません。同時に、ただ目の前の現状に流されることはないのです』
『他人に自分の運命を預けるのではなく、自分の力で大切な人を守る気概を持ちましょう。そして学び、仲間を見つけましょう』
『一人一人は微力かもしれない。しかし、微力は無力ではない』

倉山満のおすすめ本・書籍13歳からの「くにまもり」 (SPA!BOOKS新書)を読みたい方はこちら↓

レビュー・口コミの詳細を見る

『13歳からの「くにまもり」 (SPA!BOOKS新書)』を読む

3位. 倉山満のおすすめ本・書籍│『並べて学べば面白すぎる 世界史と日本史』

倉山満のおすすめ本・書籍レビュー│『並べて学べば面白すぎる 世界史と日本史』

レビュー
世界と比べて日本を知り、日本と比べて世界を知る。倉山満氏の深い歴史観に基ずいた解説が私たち(読者)を助けてくれます。
レビュー
オジさんは最近歴史にハマッており、やるならまずは大学受験レベルを一つの目途にしている。やるなら東大・一橋二次レベルだ。細かくやるほどハマル。そのうち世界史日本史を一体化した分かり易い本はないか、と探していたら本書に出会った。「日本史の戦国時代など西洋の戦争に比べたらのんきなものだ。」「人を騙すには大事なことを隠して教えない方がより効果的。世界史教科書の年表にその道の研究者ならば誰でも知っている事実を足してみましょう。」各世紀の世界日本史の裏話オンパレード。とても読み易いので歴史好きな方なら年齢を問わず入れるし、受験生にも役立つと思う。ただ自分の「もっと知りたい」という欲望がさらに出てきてしまったので自戒をこめて満点にはしなかった。
レビュー
3日後に受領しました。
視点がユニークでとても面白い!
特にまあまあの日本人と野蛮な西洋人の違いがよく分かった。
レビュー
ウン、ウン、分かりやすい内容でとても面白かったです。

倉山満のおすすめ本・書籍並べて学べば面白すぎる 世界史と日本史を読みたい方はこちら↓

レビュー・口コミの詳細を見る

『並べて学べば面白すぎる 世界史と日本史』を読む

スポンサーリンク

4位. 倉山満のおすすめ本・書籍│『2時間でわかる政治経済のルール (講談社+α新書)』

倉山満のおすすめ本・書籍レビュー│『2時間でわかる政治経済のルール (講談社+α新書)』

レビュー
倉山満先生のご著書を初めて読みました。政治経済にはほとんど知識の無いような普通の主婦でもスラスラと読み進むことができました。日本の政治を動かしている、ほんとうの主役は誰なのか。この数年、ネット配信番組を熱心に多々見てきましたが、そこでも聞いたことが無い、初めて知ることばかりでした。ひとりの普通の主婦が、このことを知って、さて、どのように自分の生活に生かし、日本をよい方向へ持っていくために何ができるのか。。。でも、このことを知る国民が一人でも増えて、やがて多数になれば、日本の政治も変わっていくのではないか。このレビューへの書き込みはその一歩、と思っております。
レビュー
楽しく、スラスラ読み進められる良本です。
難しいものも、簡単に説明してありますので、読むのは、まったく苦になりません。
また、細かく節を区切っているので、少しづつでも読み進められます。

「人を殺してはいけませんよね」という質問に、トランプ、習、プーチンがなんと答えるかは。全く同感でした。

特に、第五章の後半部は必読です。

著者は、こうも言っています『2時間後に読み終わった時には、社会のことが手に取るようにわかっていると思いま
す。』恥ずかしながら、私は、”2日”かかりました。

レビュー
他の方も書かれていますが、倉山氏関連の著書や動画を見ている人には、焼き直しのような内容で、あえて買ってまでして、読む必要はないかなと感じます。

ただ、日々のニュースを読み解くうえで、手軽に読めて勉強にもなるのでおススメしたいですね。

レビュー
日本の憲法改正、経済、権力者など重要な項目を挙げてそれが完璧に繋がった論を展開している。自身の不勉強を恥じました。そしてまやかしでない日本のこうあるべきという姿を描いている本書に応えられるようこれから取り組んでいこう、そう思わせてもくれるものです。

倉山満のおすすめ本・書籍2時間でわかる政治経済のルール (講談社+α新書)を読みたい方はこちら↓

レビュー・口コミの詳細を見る

『2時間でわかる政治経済のルール (講談社+α新書)』を読む

5位. 倉山満のおすすめ本・書籍│『お役所仕事の大東亜戦争』

倉山満のおすすめ本・書籍レビュー│『お役所仕事の大東亜戦争』

レビュー
「侵略」とか「聖戦」ではなく、あの戦争を「お役所仕事」という観点で見直した意欲的な研究である。
一般書なので、典拠となる史料を提示していないので実証性という点に難点はあるものの、日露戦争終結後から太平洋戦争終結時の鈴木内閣まで、内閣ごとに論評されている。
昭和に入ってひどくなるのは、政治家の劣化、官僚の台頭である。
予算を獲得するために、海軍は英米を仮想敵にしたとか、戦時なのに平時の年功序列的な人事配置など、まさに「お役所仕事」のオンパレードだと気づかされる。
一貫性も何もなく、行き当たりばったりで敗戦まで。
レビュー
内容は素晴らしい。テキストでなく、画像なのは何故なのか。ここだけが惜しい。
レビュー
読んでいて、腹が立ってきましたが、今まで知らされていた歴史観とは全く違っていました。
現代の、日本の政治状況にも当てはまる事象が多々あるので、注意しなければならないと感じました。
レビュー
ある意味で爽快なタイトルです。
そうです。軍部の暴走でもなく、ましてや陸軍が戦争を始めて海軍は止めようとしていたなんてことはなくて、政治家も軍人もお役所仕事だったから戦争を止められなくなってしまったんでしょう。
(ただし、近衛文麿は除く)
順送り人事、派閥抗争、天皇の政治利用などなど、道を誤った様々な要素が内閣・軍部の人事を追うことで明らかになっていきます。
もちろん、他国の陰謀論、挑発など、戦争の理由は様々言われていますが、お役所仕事という切り口は見事だと思います。

倉山満のおすすめ本・書籍お役所仕事の大東亜戦争を読みたい方はこちら↓

レビュー・口コミの詳細を見る

『お役所仕事の大東亜戦争』を読む

スポンサーリンク

6位. 倉山満のおすすめ本・書籍│『嘘だらけの日韓近現代史 (SPA!BOOKS新書)』

倉山満のおすすめ本・書籍レビュー│『嘘だらけの日韓近現代史 (SPA!BOOKS新書)』

レビュー
どうして日本が韓国を併合したのか、そのやむを得ない当時の事情が書かれており、学校の歴史教育がいかに片手落ちであるかがわかります。結局は、朝鮮王族の自国統治能力のなさと、新羅以来千年以上に渡る事大主義の自立できない文化と、ロシアの満州・朝鮮への進出が、併合の原因でした。日本は、世界基準からしたら、優し過ぎます。
レビュー
「嘘だらけシリーズ」の第3弾です。
今回は日韓とありますが、韓国だけのことではなく、「韓半島」
という「場」を巡る歴史記述となります。

このシリーズにある、日米、日中、日露、日英ほど、著者は乗
り気では無いようですが、内容的には十分に満足させてくれま
す。

この著者独特の史観は、かつての大英帝国の帝国主義者の視点
に基づいていると思われますが、その鋭さには全く感心させら
れます。
その信頼感は、岡田英弘氏や毛利敏彦氏の著作を推しているこ
とからも明らかです。

明治維新後、韓国併合時、満州事変後、大戦後等々、朝鮮半島
の近現代史についての、蒙が啓かれること必定の本と言えます。

レビュー
著者の主張の全てが正しいとまでは思ってませんが、日本の教育では教えてくれない日韓の歴史を知るには良い本だと思いました。
韓国の日本に対する強烈な反骨心やライバル心、事実を歪めてまでも認めたくない訳…とても良い勉強になりました。

国策で反日教育をしている韓国人と関わる事が、隣国として避けられないなら、日本人は予備知識として読んでおくと良いと思いました。

レビュー
韓国の歴史教科書から見る彼らの自画像の説明で何か今の彼らの中のフラストレーションなのか分かるような気がした。

半島統治をした日本人がいかにナイーブだったか。。多民族を統治するための冷淡さとハッキリした自他との区別。いい事をしたら恨む人達が居る事など。実に納得させられるシャープな論調が気にいりました。相手の国は自分達の思うような国ではない。想像で相手を決めてはいけません。

倉山満のおすすめ本・書籍嘘だらけの日韓近現代史 (SPA!BOOKS新書)を読みたい方はこちら↓

レビュー・口コミの詳細を見る

『嘘だらけの日韓近現代史 (SPA!BOOKS新書)』を読む

7位. 倉山満のおすすめ本・書籍│『誰も教えてくれない 真実の世界史講義 古代編』

倉山満のおすすめ本・書籍レビュー│『誰も教えてくれない 真実の世界史講義 古代編』

レビュー
帯に書かれている通りですが、チャイナ史観の東洋史でもなく、白人史観の西洋史でもない、本当の世界史(古代)です。全体的にざっくりとした解説ですが、知っておくべきポイントや雑学を交えつつ、いつもの”倉山節”で皮肉たっぷりに書かれています。
並列して、当時の日本も触り程度に比較説明がありますので、イメージしやすいかと思います。私は世界史の復習に読ませて頂いてますが、歴史に興味がある中高生も、世界史の理解を深めるのに役に立つかもしれません。
大陸と海を隔てていたお陰で、こんなのと深く関わらずに済んでいた日本は幸せだったのになぁ。(溜息
レビュー
本書で倉山満氏も述べられている通り
日本の世界史教科書は
西欧と中華様が世界の中心であるかのように書かれている。

中華様に関しては、大人になって勉強して
「教科書と違うじゃないか」とうっすら感じていたが
恥ずかしながら、西欧については教科書を信じていた。

古代の世界史では西欧が最も先進的な地域だと
思い込まされていた。

しかし、本書を読んで漸く目が覚めた。

ネタばらしになってしまうので内容には踏み込まないが
キーワードを3つ挙げておきたい。

「オリエント」
「ペルシャ」
「イスラム」

通史の形式なので一つひとつの歴史的出来事に
深入りはしていないが
世界史の全体像を俯瞰するための良書だと思う。

より狭いテーマの書籍を読む前の肩慣らしにお薦めしたい。

「真実の世界史講義中世編」も面白かったよ。

続編が待ち遠しい。

レビュー
古代の世界史をコンパクトに重要事項に絞って記載した本。
これ読むと古代の世界史の流れがよくわかる。
世界史はヨーロッパ、中国がメインと思われている方が読むとビックリでしょう。
学校では習わなかった真実の世界史がここにあります。
レビュー
倉山満の本は一次資料をきちんと積み上げています。積み上げるだけではなく、それを第三者の目で検証しています。

倉山満のおすすめ本・書籍誰も教えてくれない 真実の世界史講義 古代編を読みたい方はこちら↓

レビュー・口コミの詳細を見る

『誰も教えてくれない 真実の世界史講義 古代編』を読む

倉山満のおすすめ本・書籍ランキング│まとめ

『倉山満のおすすめ本・書籍ランキング』いかがでしたでしょうか?

ぜひ、気になった倉山満の本・書籍を読んで、あなたの実生活に役立ててみてくださいね!

ぴんと
さいごまで読んでいただき、ありがとうございました!
【Amazon】本を無料で読む方法!

 本を読むときは『Audible』の
『30日間無料体験』がおすすめです!

ライトノベル・小説・ビジネス書など、
400,000冊以上の本が聴き放題!

ぴんと
毎日の料理やジョギング、通勤中など、いつでもどこでも好きな時に聴けるので、1日1冊ラクに本が読めちゃう!
ぴんこ
再生した後でも何回も交換OKだから、
実質無料の「聴き放題サービス」ね!

また、あのメンタリストDaiGoさんも
本を聴くことで1日に3冊は読めるとおすすめしています!

読書やPC作業で目が疲れたときもインプットが続けられますし、移動時間も無駄にならない。

通勤に時間がかかる人なら、少なくても1日1冊分は聴けるんじゃないでしょうか。

テキストをフラットに聴くことにより、文章や論理の構造まできれいに頭に入るので、本がまるごと頭の中に入るような喜びが体感できます。

それによって話すことがうまくなり、言葉も出てきやすくなるので、本を耳で聴くのはおすすめですよ。

引用:なぜDaiGoは「目より耳」で本を読むのか

さらに、人気俳優・声優のボイスが、
本の魅力をさらに引き出しているので、
スキマ時間を有効活用したい人は、この機会をお見逃しなく! 

 
\忙しいあなたも、耳は意外とヒマしてる!/

小説 ビジネス書 ラノベ
40万冊を無料体験で聴く!

スポンサーリンク
スポンサーリンク