【2021年】ペットロスのおすすめ本・書籍ランキング7冊!年400冊読む書評ブロガーが紹介!

こんちわ、柿田ぴんとです!

今回は、ペットロスのおすすめ本・書籍ランキング7冊を、高評価レビューも加えてご紹介します!

目次

\30日間 無料体験中!/
小説 ビジネス書 ライトノベル
40万冊を「無料体験」で聴く

1位. ペットロスのおすすめ本・書籍│『ありがとう。また逢えるよね。 ペットロス 心の相談室』

ペットロスのおすすめ本・書籍レビュー│『ありがとう。また逢えるよね。 ペットロス 心の相談室』

レビュー
最近愛犬を亡くしました。
辛くてどうしようもなくて毎日泣いて泣いてぬけがらのようになっていた時にこちらの本を購入してみました。
正直にいいますと、こういう本を読んだところでどうにもならないだろうなんて思っていたのですが・・
読んだことによりだいぶ気持ちが軽くなりました。言葉が優しいので傷つくことがありません。
文言のくりかえしはおそらく何度も言い聞かせることにより確信させる意味があるのかなと思います。
いつも枕元に置いて、夜中に急に目が覚めて悲しくなってしまった時に読んで気持ちを落ち着かせています。
レビュー
救われた気持ちになれました。
11歳の愛犬の突然死で、自責、後悔の思いから2週間ほど食事も喉を通らず愛犬の元へと行きたい気持ちから、全てのあらゆる事が「どうなってもいい」と完全なペットロスに陥っていました。
四十九日を過ぎてもまだ気持ちの整理がつかないままです。
実話の涙する感動ストーリーは、ただただ悲しみを誘うだけだし、その手の本は飽きていたので自分の心境を本当に理解してくれて、この悲痛な思いを和らげてもらえる本を求めていました。
レビューを参考に購入しましたが、最初のまえがきからポタポタと涙が零れ落ち、紙面が涙でグショグショにたってしまいました。(笑
救えた命だったかも知れないという自責の思いから ”ごめんね” ”ごめんね” と謝ってばかり・・
でも、この本を読み終えた後は本当の意味で救われた気持ちから「ありがとう!絶対にまた逢おうね」と、仏壇に毎日手を合わせています。
レビュー
初めて飼った猫…とても大好きだった愛猫を急病で亡くしました。
仕事なんか休んで早く病院に行ってればもしかして助かっていたのでは…死ぬ日の辛そうなぐったりした姿が目に焼き付いて自分を責めて責めてどうしようもなくつらかったです。
藁にもすがる思いでこちらの本を読んでみました。
声を上げて泣きました。
ペットは飼い主を悲しませるために出会ったわけじゃないんですよね。
それ以上に楽しい思い出の方がたくさんあって、定められた短い寿命の中でそばにいてたくさん愛をくれたんだって気づきました。
まだ辛くてふとした時に涙が止まらなくなりますが、何回も読み返していきたいと思います。
愛猫にありがとうが言えるようになって幸せの涙を流せるようになったら、また、次の猫ちゃんをお迎えしてみようかと思います。
レビュー
最近いろいろなこういう本を何冊か読みましたが、この本が一番心に感銘を受けました。ちょうど一年前に愛犬を亡くした私にとって、今でもさまざまな思いが心に残っており、なかなか心安らぐことがなかったのですが、この本を読んで心を救われ、また心が洗われたようなそんな気持ちになりました。もし、今私のように愛犬、愛猫を亡くされた方で心に少しでもモヤがかかっている人、いまだにペットロスから立ち直れない人、今病気で苦しんでいる飼い主さん、これから動物を飼おう思っている人、今ただ何事もなく平穏に動物と暮らしておられる人すべての人に、ぜひこの本は読んでほしいなって思いました。私は小さい時から犬と暮らしてきたのですが、いつもそのときに暮らしてワンコに一つずついろいろなことを教えてもらいました。でも、それぞれの愛犬がいろいろなパターンで亡くなってるので、その都度心が痛く、悲しい思いをしてきましたが、でもこの本を読んで「あー、動物ってこう思っていたんだ。自分のしてきたことはあの子たちにとって悲しく、苦しいことではなかったのかもしれないな」って思えるようになりました。心からあの仔たちに一緒にいてくれてありがとうといえるようになりました。

ペットロスのおすすめ本・書籍ありがとう。また逢えるよね。 ペットロス 心の相談室を読みたい方はこちら↓

レビュー・口コミの詳細を見る

『ありがとう。また逢えるよね。 ペットロス 心の相談室』を読む

スポンサーリンク

2位. ペットロスのおすすめ本・書籍│『また、犬と暮らして。』

ペットロスのおすすめ本・書籍レビュー│『また、犬と暮らして。』

レビュー
同じ犬飼いとして、犬に対する愛情に共感し、また、犬の面白さ、犬と人との関係が思わずクスッと笑ってしまう文章で書かれていて、一度読み終わっても、また読み返しています。
レビュー
突然愛犬を亡くし、現実を受け入れるのが怖くていきなり大きな喪失感におそわれた。
辛くて苦しくてどうしようもないときにこの本に出会いました。
こんな思いをしてるのは自分だけではないんだと少し安堵しました。

犬は大好きだけど、亡くなった時犬はもう一生飼えないかもと思った。
でもこの本を読んでいつか自分もまた犬と暮らせる日が来るのかなとふと思えました。
ペットロスになりこんな思いをするとは想像以上でこのままだったら・・・と焦りもあったけど、この本に一番救われました。
たまに手に取って、ちょくちょく読み返しています。
穴澤さん、ありがとうございました。

レビュー
愛犬を亡くして落ち込んでいる中でこの本を読みましたが、とても気持ちが楽になりました。同じ著者の「またね、富士丸」はちょっと暗い場面が多くて厳しかったですが、こちらは「あるある」と微笑みながら読めました。犬好きな人はさらに犬好きに、犬を飼ったことがない人は飼いたくなる内容です。穴澤さんは自分の考えをけして押し付けない書き方なので好感が持てますね。
レビュー
とてもいい本です。 穴澤さんのほんの中で一番好きです。 ペットロスを経験してまた犬を飼い始めた私にはひとつひとつ納得の本です。
犬とのいい関係を築いて人間も犬も幸せになりたいです。 穴澤さん、いい本書いてくれてありがとう。

ペットロスのおすすめ本・書籍また、犬と暮らして。を読みたい方はこちら↓

レビュー・口コミの詳細を見る

『また、犬と暮らして。』を読む

3位. ペットロスのおすすめ本・書籍│『心がほっとする 虹の橋への贈り物: 私達は愛する家族と365日いつでも繋がっている』

ペットロスのおすすめ本・書籍レビュー│『心がほっとする 虹の橋への贈り物: 私達は愛する家族と365日いつでも繋がっている』

レビュー
愛犬を見送りまもなく一年が経とうとしています。

寂しさに押し潰されそうな時
会いたくてたまらなくなった時

このお話に出会えた事に感謝致します。

私達の大切な家族は
目には見えない世界で
きっと穏やかな幸せな時間に
包まれている……。

そう信じられる心温まるストーリーです。

レビュー
今年愛犬を亡くしたばかりで日々をぼんやり過ごしていた時にこのお話にインスタで出会いました。うちのジョーも私が送ったハートのベッドで寝てるかな?愛犬を思い出し、涙しましたが心が温かくなりました。描き下ろしのお話も感動的でまた泣いちゃいました。愛犬を思う全ての方々に是非読んでもらいたい素敵なお話です!
レビュー
愛犬を飼っている方や、愛犬が虹の橋を渡った方には、特にお勧めです。
3話目は、我が家庭と環境が似ており、ボロ泣きしました。

愛犬も自分も旅立った後、この様な世界があると思うと、夢があります。

レビュー
うちの子も、こんな風に楽しくハートのベッドで眠りながら虹の橋のふもとで私のことを待っていてくれているのかと思うと安心できます。そしていつか再会できるのだと希望が持てます。

ペットロスのおすすめ本・書籍心がほっとする 虹の橋への贈り物: 私達は愛する家族と365日いつでも繋がっているを読みたい方はこちら↓

レビュー・口コミの詳細を見る

『心がほっとする 虹の橋への贈り物: 私達は愛する家族と365日いつでも繋がっている』を読む

スポンサーリンク

4位. ペットロスのおすすめ本・書籍│『あと何回ペットロスになればいいですか? (本当にあった笑える話)』

ペットロスのおすすめ本・書籍レビュー│『あと何回ペットロスになればいいですか? (本当にあった笑える話)』

レビュー
中古品でしたが、とても綺麗で新品同様でした!良かったです。ペットロスの話も松苗先生らしく触れてらっしゃいますが、昭和のペットの立ち位置など面白く読めました^^

ペットロスのおすすめ本・書籍あと何回ペットロスになればいいですか? (本当にあった笑える話)を読みたい方はこちら↓

レビュー・口コミの詳細を見る

『あと何回ペットロスになればいいですか? (本当にあった笑える話)』を読む

5位. ペットロスのおすすめ本・書籍│『喪失学~「ロス後」をどう生きるか?~ (光文社新書)』

ペットロスのおすすめ本・書籍レビュー│『喪失学~「ロス後」をどう生きるか?~ (光文社新書)』

レビュー
「死生学」という学問分野があることを初めて知りました。「生者必滅、会者定離」といわれるように、出生から自分自身の死まで、人生は喪失の連続であることを改めて考えさせられました。そこで、喪失とどう向き合うのか、第3章から山場になります。自分をゆるす・人に頼ってみる・身体をやすめる・あきらめる・気持ちを言葉にする・後ろ向きのままでもいい・自分のための時間をつくる・これからやるべきことのリストを作る・物事の良い側面に目を向ける・体験者同士でつながる・相談サービスを利用するetc.感銘を受けたのは、9歳で失明し、18歳で聴力も失った盲ろう者である東京大学教授福島智先生の「後ろ向きになったまま、後ずさりする」です。喪失は人生の一部であり、それを前提としたうえで、いかに折り合いをつけていくか、小さい頃から家庭や学校で学んでいく必要があるのではないでしょうか。
はじめに
序 章 人生は失うことばかり
第1章 喪失とは何か
第2章 喪失がもたらす影響
第3章 喪失と向き合うために必要なこと
第4章 「そのあと」をどう生きるか?
第5章 喪失に備える
第6章 自分の喪失を振り返る
おわりに
レビュー
ある精神的支柱を失い、心の建て直し方を知りたくて購入しました。いつかその時は来るだろうと思ってはいましたが、予想以上に早く来て、パニックを起こし、精神科を受診するほどではないものの、軽いうつ状態になってしまいました。予測し想像することと、実際に起きて体験することとは雲泥の差があります。
避けられないなりゆきであり、対象喪失によって新たなよりよい道が開かれる側面もある、喪失は解放でもあるのだ、と頭では理解していても、ふとした瞬間にどうしようもなく涙がこぼれることがあります。
まだ途中までしか読んでいませんが、悲しみで疲弊した脳にも、わかりやすく沁み入るように入ってくるやさしい文章で、今の辛い過程を乗り越えるのに、大きな支えとなってくれそうです。心が折れそうになったら、繰り返し読むことで、自分の気持ちを整理していこうと思います。このような著作を世に出して下さった坂口先生に、心より感謝申し上げます。
レビュー
事例が多く良い。
学術的、実証的ではありますが読みやすかった。
 
レビュー
大変参考になりました。

ペットロスのおすすめ本・書籍喪失学~「ロス後」をどう生きるか?~ (光文社新書)を読みたい方はこちら↓

レビュー・口コミの詳細を見る

『喪失学~「ロス後」をどう生きるか?~ (光文社新書)』を読む

スポンサーリンク

6位. ペットロスのおすすめ本・書籍│『ペットロスと死後のペットたち ~死は別離じゃない ペットたちの輪廻転生~』

ペットロスのおすすめ本・書籍レビュー│『ペットロスと死後のペットたち ~死は別離じゃない ペットたちの輪廻転生~』

レビュー
最近、私も愛犬2匹を亡くしました。
悲しみにくれるなか、出会ったこの本の「死は別離じゃない」という言葉に胸を打たれました。たしかに、亡くなった愛犬は還ってはきませんが、さよならではないんですよね…。
あの子たちは、ずっと私の中にいます。
亡くしたあの子たちを思いだし…いえ、近くに感じられて久しぶりに泣いてしまいました。
そうですよね。「死は別離じゃない」
心から、そう思えました。
悲しんでばかりじゃ、あの子たちが可哀想。
立ち上がる力をくれた、この本に感謝します…。
レビュー
ただただ悲しみに暮れている時、一筋の光を見たような気がしました。またいつか会えると信じていたいと思います。
レビュー
ペットロスの人への勇気づけには、立ち直りのきっかけとなる一冊だと思いました。ただ、死後のペット達の魂がどのようになっているのか知りたくて読んでいましたが、そういう内容ではなかったのですね。私の選択ミスでもありますね。

ペットロスのおすすめ本・書籍ペットロスと死後のペットたち ~死は別離じゃない ペットたちの輪廻転生~を読みたい方はこちら↓

レビュー・口コミの詳細を見る

『ペットロスと死後のペットたち ~死は別離じゃない ペットたちの輪廻転生~』を読む

7位. ペットロスのおすすめ本・書籍│『ペットは生まれ変わって再びあなたのもとにやってくる “光の国に還った魂”からのメッセージ (大和出版)』

ペットロスのおすすめ本・書籍レビュー│『ペットは生まれ変わって再びあなたのもとにやってくる “光の国に還った魂”からのメッセージ (大和出版)』

レビュー
天国のペットとの交信ができる杉真理子さんが、これまでの経験、お客様とのエピソードから感じた動物たちの真意を紹介されています。

家族の一員であるペットを失ってしまうと、大きな悲しみに襲われますが、周りには理解してもらいにくいという悩みもお聞きします。

この本では悲しみとの向き合い方や、天国に行ったペットがどのような思いで飼い主を眺めているかが書かれています。ペットを失った方には、目には見えなくても傍にいることをより感じるきっかけになるのではないでしょうか?
飼い主と動物との絆、ペットロスが辛い理由、動物の死生観と死後の世界など著者がペットから直接聞いた話や、亡くなったペットから聞いたことなどがつづられています。

印象に残ったのは「悲しみの5段階」
・ショック樹
・喪失期
・引きこもり期
・回復期
・再生期
回復のステップがよく分かりました。

レビュー
アニマルコミュニケーターであり、アニマルセラピスト、ヒーラーでもある杉真理子さんの、お人柄が垣間見えるような、優しい、心に染み入る文調で、す〜っと入って来ます。
この5月に愛猫を亡くし、なかなか立ち直れずにいるときに、最善のタイミングでこの本が出版され、速攻で読みました。気持ちがとても軽くなり、これからどうやって悲しみに向き合えばよいのかが、だんだんとわかって来たように思いますし、自分の今のこの状況を、悲しみの5段階に置き換えたりすると、自分を客観的に見ることもでき、様々なことに気付かせてくれます。
動物と暮らしている方には、お薦めの一冊です。
レビュー
わたしはこれまでに 鳥さんやワンちゃん達との別れを味わいました。どん底の悲しみから立ち直るのに随分時間がかかりました。でも亡くなっていった子たちにいろんなことを教えてもらい 愛をもらい 幸せをもらいました。あの子たちにまた合える、と言うよりあの子たちは ずっとわたしの中にいる、わたしはあの子たちの中にいる、そんな気がしています。それを確信させてくれた本でした。
レビュー
前書きから涙が出てしまいました。
大切な大切な存在について、見えなくなったあとについて。
語りかけるような優しい文が涙の向こうに希望をくれる。
優しさに溢れています。
かけがえのない小さな宝物がいる方みんなに読んでもらいたい一冊です。

ペットロスのおすすめ本・書籍ペットは生まれ変わって再びあなたのもとにやってくる “光の国に還った魂”からのメッセージ (大和出版)を読みたい方はこちら↓

レビュー・口コミの詳細を見る

『ペットは生まれ変わって再びあなたのもとにやってくる “光の国に還った魂”からのメッセージ (大和出版)』を読む

ペットロスのおすすめ本・書籍ランキング│まとめ

『ペットロスのおすすめ本・書籍ランキング』いかがでしたでしょうか?

ぜひ、気になったペットロスの本・書籍を読んで、あなたの実生活に役立ててみてくださいね!

ぴんと
さいごまで読んでいただき、ありがとうございました!
【Amazon】本を無料で読む方法!

 本を読むときは『Audible』の
『30日間無料体験』がおすすめです!

ライトノベル・小説・ビジネス書など、
400,000冊以上の本が聴き放題!

ぴんと
毎日の料理やジョギング、通勤中など、いつでもどこでも好きな時に聴けるので、1日1冊ラクに本が読めちゃう!
ぴんこ
再生した後でも何回も交換OKだから、
実質無料の「聴き放題サービス」ね!

また、あのメンタリストDaiGoさんも
本を聴くことで1日に3冊は読めるとおすすめしています!

読書やPC作業で目が疲れたときもインプットが続けられますし、移動時間も無駄にならない。

通勤に時間がかかる人なら、少なくても1日1冊分は聴けるんじゃないでしょうか。

テキストをフラットに聴くことにより、文章や論理の構造まできれいに頭に入るので、本がまるごと頭の中に入るような喜びが体感できます。

それによって話すことがうまくなり、言葉も出てきやすくなるので、本を耳で聴くのはおすすめですよ。

引用:なぜDaiGoは「目より耳」で本を読むのか

さらに、人気俳優・声優のボイスが、
本の魅力をさらに引き出しているので、
スキマ時間を有効活用したい人は、この機会をお見逃しなく! 

 
\忙しいあなたも、耳は意外とヒマしてる!/

小説 ビジネス書 ラノベ
40万冊を無料体験で聴く!

スポンサーリンク
スポンサーリンク