【2020年】斎藤孝のおすすめ本ランキング7冊!年400冊読む書評ブロガーが紹介!

こんちわ、柿田ぴんとです!

今回は、斎藤孝のおすすめ本ランキング7冊を、高評価レビューも加えてご紹介します!

目次

\30日間 無料体験中!/
小説 ビジネス書 ライトノベル
40万冊を「無料体験」で聴く

1位. 斎藤孝のおすすめ本│『人生は「2周目」からがおもしろい』

斎藤孝のおすすめ本レビュー│『人生は「2周目」からがおもしろい』

レビュー
人生100年時代の折り返し50歳からの人生を2周目と捉え、それまでの50年とひとあじ違う面白い人生を送るための物の見方、人間関係、お金、教養の付け方などのコツが満載です。

その中にサポーターとして生きる事が書かれています。
気に入っているものにお金を使って、社会に還元する。
医者やお店なら定期的に通ったり、好きな作家の本を買うとか地元や故郷を応援するとか、見返りや報酬を求めずサポートし助ける。
私の好きなものを応援すると考えるだけでも、やる事いっぱいだなぁと生きる力が湧いて来ます。
面白さはホントに身近な所に転がっていると思わせてくれました。

他にも色んなものが転がっていることを教えてくれます。
学生の例も載っているので、どの年齢でもヒントになると思います。

レビュー
相変わらず読みやすく分かりやすい(過ぎる)齋藤本。ブックガイドとして、幾つか読みたい本を教示してもらえたのと同時に、次の4点についてなるほどと思いましたね。

「本当の学問の目的である真善美の追究は、そんな社会システムに距離を置くことができる2周目から可能になる。」(208頁、同旨6頁・206頁)
「愚か者は簡単な仕事を複雑にする。普通の人は普通の仕事を普通にこなす。一流の人物は難しい仕事をシンプルにこなす」(60頁)
「人生の2周目は、他者基準から自分基準へとシフトして生きる時期。会社の評価で自分の価値を判断するのではなく、自分自身の評価で自分の価値を判断する。」(113頁、同旨120頁)
(たくさんの物理公式を覚えての)「計算はできなくてもものの考え方、概念はわかる。それが世界観を広げ視野を広げてくれるというのが大きいのです。」(213頁)

なお、215頁の『英文法標準問題精講』は『英文標準問題精講』の誤記ではないでしょうか。

レビュー
50代後半の齋藤教授が、若い頃より50過ぎてからのほうが面白いと言い切っている。勇気をもらえた。
教授も50半ばで気力体力の衰えを感じ、ふうとため息が出ることが増えたとか。きれいごとじゃない内容で一気に読めた。

教授とはちがう、名もない勤め人や主婦は、長い2周目をどう生きればいいかとずっと考えていた。2千万問題もあるし。流行りの学び直しも、仕事に関係ないならただの暇つぶしだと。この本はどう仕事につなげるかを書いたノウハウ本ではないが、本の背(裏)にあるように、先細りやシュリンクしないで生きていくためのヒントや視点は詰まっている、そろってるような気がする。あとはそれぞれが考えていくしかない。50すぎて「教えて」では恥ずかしいし。

同級生や同年代に会ったらぜひすすめたい。

斎藤孝のおすすめ本人生は「2周目」からがおもしろいを読みたい方はこちら↓

『人生は「2周目」からがおもしろい』を読む

スポンサーリンク

2位. 斎藤孝のおすすめ本│『読書する人だけがたどり着ける場所 (SB新書)』

斎藤孝のおすすめ本レビュー│『読書する人だけがたどり着ける場所 (SB新書)』

レビュー
読書は『自己を形成し、人生を豊かにするのに欠かせない』もの。
自分の人生の実体験は1つしかできないけど、読書によって別の時代や他国の人の人生を追体験させてもらえます。
体験が増える分、人生が豊かになると著者は言います。

トキメキが少ないと1年があっと言う間に過ぎるといいますが、確かに読書をしていると追体験のせいかワクワクする事が多く、時もゆっくり進むような気がします。

『(半端ない読書家の)谷崎潤一郎の本を1冊読むだけでも、その背景にある大量の本がガーッとなだれこんでくるような感じです』

今更ながら一冊の本は著者1人の考えではないことに気づきました。
良質で大量の蓄積から本はできていること。(この本もそうですね)
それを分けていただけるなんて幸せなことです。
これからは読書家の方の本を読むことを心がけていきたいと思います。

著者による参考文献の紹介文(レビュー?)も素晴らしいです。
レビューを書く人には興味深いと思います。

レビュー
読書好きです。タイトルに惹かれて購入。
タイトルほど大袈裟な内容ではありませんが、本好きには膝を打つ箇所が多々あります。
本の読み方も指南してくれます。好きな文章を3つ探そう、とか、ポップを作って人に薦めよう、とか。なるほどそういう読み方をすれば理解が深まるし、印象にも残りやすい。

2時間足らずで読める平易な文章は、読書が苦手な人への配慮でしょうか。
子ども(中学生)にも読ませます。

レビュー
一気に読めて、読みやすいです。オススメの書籍がたくさん紹介されているので次につながる読書が出来ました!

斎藤孝のおすすめ本読書する人だけがたどり着ける場所 (SB新書)を読みたい方はこちら↓

『読書する人だけがたどり着ける場所 (SB新書)』を読む

3位. 斎藤孝のおすすめ本│『大人の語彙力ノート 誰からも「できる!」と思われる』

斎藤孝のおすすめ本レビュー│『大人の語彙力ノート 誰からも「できる!」と思われる』

レビュー
大人になったら語彙は増えるものかと思っていましたけど、
結局そういう機会がないといつまでも覚えません。

また、もうある程度の年齢になったら誰かが直してくれることもないので、間違って覚えていてもスルーされます。

新しい言葉も知らないと流れてしまいますし、覚えておくに越したことがないでしょう。
この齋藤孝先生の語彙力ノートが売れたものだから、大量に語彙力ノートが発売されていますが、まずはここからでしょう。

この「ノート」の方は、使い方がメインに書かれているのでいいです。
前書は用例が少なかったのですが、こちらの方が実践的です。
なお、ノートと書かれていますが、書き込み式なわけではありません。

レビュー
他の語彙関連の本と比べると、仕事で普段から使っている言葉を関連づけて紹介されており、この本で良かったと思いました。
レビュー
「語彙」本は多々あれど、なぜこの本だけがこんなに売れているのか。
一読してよくわかりました。

何より、深掘りがすごいです。
単に言い回しのバリエーションを紹介するだけでなく、その語源や歴史にまでさかのぼって用法を紹介していく。
言語好き(まさに私がそうなのですが)にとっては、実用書というより読み物として十二分に楽しめるのです。
むしろ、実用性だけを考えれば、もっとシンプルでコンパクトな本であってよかったはず。
ビジネス書の枠にとらわれない、魅惑的な一冊です。

斎藤孝のおすすめ本大人の語彙力ノート 誰からも「できる!」と思われるを読みたい方はこちら↓

『大人の語彙力ノート 誰からも「できる!」と思われる』を読む

スポンサーリンク

4位. 斎藤孝のおすすめ本│『思考を鍛えるメモ力 (ちくま新書)』

斎藤孝のおすすめ本レビュー│『思考を鍛えるメモ力 (ちくま新書)』

レビュー
日常生活で、特に後期高齢者になると記憶力が急激に低下し、いらつく事がしばしば。
以前,齋藤 孝先生の「三色ボールペンで読む日本語」を読んで、客観重要、客観最重要、主観大切を三色のボールペンで線を引き、文脈をとらえる。この方法を発展させ、日常生活で有効活用する”メモ力”を理解できた。
レビュー
書く作業を習慣化したいと思いました。実践あるのみですね。
手で、iPadminiに書くのもアリかも?
実用的に使ってる人、探してみよう。
レビュー
メモの大切さやメモの仕方を知ることが出来明日から実践したいと思いました。
ありがとうございます。

斎藤孝のおすすめ本思考を鍛えるメモ力 (ちくま新書)を読みたい方はこちら↓

『思考を鍛えるメモ力 (ちくま新書)』を読む

5位. 斎藤孝のおすすめ本│『齋藤孝の「ガツンと一発」シリーズ 第4巻 頭がよくなる必殺! 読書術 (斎藤孝の「ガツンと一発」シリーズ)』

斎藤孝のおすすめ本レビュー│『齋藤孝の「ガツンと一発」シリーズ 第4巻 頭がよくなる必殺! 読書術 (斎藤孝の「ガツンと一発」シリーズ)』

レビュー
子供向けの本だと侮るなかれ、十分、大人の鑑賞にも耐えるものです
レビュー
児童向けのいい本です。
保護者・教員にも参考になるでしょう。
大人なら1時間以内で読めるでしょう。
レビュー
文句なく☆五つです!
本を読む大切さについて考えさせてくれました。

頭がいい人は文脈力がある。
文脈力とは、話と話のつながりをキャッチする力のことと作者は、いいます。
それを鍛える為の一番の方法が読書。

知識があるのは、悪いことではない。でも、一番大事なことは、知識と知識の間につながりがあること。

本を読んで行く中で、伏線を見つける。
「これが、あるからあれがある。あれがあるから、これがある。」そのつながりを見つけていく仮定が大切だと感じました。
本を読むことで、作者の意図してることを考える力がく。
その力が実生活で、他人が、何でいまこの話をしてるのか、考えながら聞く力がつく。
そういうことの積み重ねが人を成長させるんだなと感じました。

そんな、文脈力が身につく秘訣がたくさん書いてあります。
子供向けの本と、いうこともあり読書が、得意でない私も、スラスラ楽しく読めました。

読書が好きになれそうなよい本に出会えました。

斎藤孝のおすすめ本齋藤孝の「ガツンと一発」シリーズ 第4巻 頭がよくなる必殺! 読書術 (斎藤孝の「ガツンと一発」シリーズ)を読みたい方はこちら↓

『齋藤孝の「ガツンと一発」シリーズ 第4巻 頭がよくなる必殺! 読書術 (斎藤孝の「ガツンと一発」シリーズ)』を読む

スポンサーリンク

6位. 斎藤孝のおすすめ本│『頭のよさはノートで決まる』

斎藤孝のおすすめ本レビュー│『頭のよさはノートで決まる』

レビュー
腕組みしてうなっていても、思考は堂々巡りするばかり。
ところが、考えていることをどんどん書き出してみると、頭の中がすっきり整理され、悩んでいて前に進まない状態から、問題を解決していく状態に移行できます。
この本を読んで、ノートを積極的に使うようになってから(月に1冊のペースでA4サイズ70枚のノートを使い切ります)仕事が早くなってことを実感しています。
ノートに書き出すことは、同僚や上司に相談しているちに、具体的なアドバイスをもらったわけでもないのにいつの間にか問題解決方法がわかったみたいな状態に似ているように感じます。
レビュー
どうやって頭を働かせるのか?というテクニックが簡潔に紹介されてます。ペンを使って、とにかく本に書き込みを入れていこう。というテクは、勇気を出してつらつらと試してみたら、内容が頭に入ってくること、入ってくること、、、。これからも齋藤流で読書してみようと思います。
レビュー
身近の人を観察して思ったのですが、いろいろ問題のある人や伸びない人は手帳も使っていなかったり、ノートを使って考えるなどしてなかったです。どんなことをどんな風に書くか・・・そこの所の初めの一歩を理解できる本あり、ずっとノートを愛用していく道筋を解説してくれています。これから社会人になる人に、ぜひお勧めの本です。また、自分を高めたい人は必読書です。

斎藤孝のおすすめ本頭のよさはノートで決まるを読みたい方はこちら↓

『頭のよさはノートで決まる』を読む

7位. 斎藤孝のおすすめ本│『齋藤孝の「ガツンと一発」シリーズ 第5巻 家族はチームだ もっと会話をしろ!』

斎藤孝のおすすめ本レビュー│『齋藤孝の「ガツンと一発」シリーズ 第5巻 家族はチームだ もっと会話をしろ!』

レビュー
家族というのは、なんなんだろう?という単純な疑問をいささか、過激な文面で子供にもわかる文章で解説しています。親の私達にも共感させる家族を見つめ直す、基本的な本ではないでしょうか?この本を読んで食事中にテレビを見る事を止めました。”お茶の間”は大事な場所ですね。
レビュー
子供が大きくなるにつれて、会話が少なくなっていくので、つまづいたときに読み返すといい。
レビュー
この本を読んで、家族の大切さが改めて分かりました。
「家族は、暖炉であり子供は薪である」というところは名言である
と感じました。子供が隊長として、家族の会話をリードしていく
ことにより、家族はあったかくなれるのだという説におおきく共感
しました。家族をチームと置き換えると、リーダもいてなおかつ
メンバーもそれぞれが役割を持っていくというところで非常に考え
方がシンプルになります。
そういった意味でいるとそれは、今現在子供である人に向けた本で
あると同時にかつて子供であった今現在の親に向けて書かれている
と考えるとなお一層読み方が変わってくる不思議な本です

斎藤孝のおすすめ本齋藤孝の「ガツンと一発」シリーズ 第5巻 家族はチームだ もっと会話をしろ!を読みたい方はこちら↓

『齋藤孝の「ガツンと一発」シリーズ 第5巻 家族はチームだ もっと会話をしろ!』を読む

斎藤孝のおすすめ本ランキング│まとめ

『斎藤孝のおすすめ本ランキング』いかがでしたでしょうか?

ぜひ、気になった斎藤孝の本を読んで、あなたの実生活に役立ててみてくださいね!

ぴんと
さいごまで読んでいただき、ありがとうございました!
【Amazon】本を無料で読む方法!

 本を読むときは『Audible』の
『30日間無料体験』がおすすめです!

ライトノベル・小説・ビジネス書など、
400,000冊以上の本が聴き放題!

ぴんと
毎日の料理やジョギング、通勤中など、いつでもどこでも好きな時に聴けるので、1日1冊ラクに本が読めちゃう!
ぴんこ
再生した後でも何回も交換OKだから、
実質無料の「聴き放題サービス」ね!

また、あのメンタリストDaiGoさんも
本を聴くことで1日に3冊は読めるとおすすめしています!

読書やPC作業で目が疲れたときもインプットが続けられますし、移動時間も無駄にならない。

通勤に時間がかかる人なら、少なくても1日1冊分は聴けるんじゃないでしょうか。

テキストをフラットに聴くことにより、文章や論理の構造まできれいに頭に入るので、本がまるごと頭の中に入るような喜びが体感できます。

それによって話すことがうまくなり、言葉も出てきやすくなるので、本を耳で聴くのはおすすめですよ。

引用:なぜDaiGoは「目より耳」で本を読むのか

さらに、人気俳優・声優のボイスが、
本の魅力をさらに引き出しているので、
スキマ時間を有効活用したい人は、この機会をお見逃しなく! 

 
\忙しいあなたも、耳は意外とヒマしてる!/

小説 ビジネス書 ラノベ
40万冊を無料体験で聴く!

スポンサーリンク
スポンサーリンク