【2020年】食育のおすすめ絵本ランキング5冊!年400冊読む書評ブロガーが紹介!

こんちわ、柿田ぴんとです!

今回は、食育のおすすめ絵本ランキング5冊を、高評価レビューも加えてご紹介します!

\30日間 無料体験中!/
小説 ビジネス書 ライトノベル
40万冊を「無料体験」で聴く

1位. 食育のおすすめ絵本│『たべるのだいすき!―みんなげんき (げんきをつくる食育えほん)』

食育のおすすめ絵本レビュー│『たべるのだいすき!―みんなげんき (げんきをつくる食育えほん)』

レビュー
こどもたちに読んであげるととても興味をもってくれる内容でした。食育にはもってこいの絵本だと思います
レビュー
子どもにもわかりやすく、非常に良い内容です。子どもの食育に利用させて頂いてます。
レビュー
偏食の子供の為に購入しました。笑って読んでくれて、今後の食に期待できそうです☆
レビュー
子どもたちに分かりやすく、食べ物と体の関係が説明してあり、仕事で使っています。子どもたちも、とても興味をもって見ていますよ。

食育のおすすめ絵本たべるのだいすき!―みんなげんき (げんきをつくる食育えほん)を読みたい方はこちら↓

『たべるのだいすき!―みんなげんき (げんきをつくる食育えほん)』を読む

スポンサーリンク

2位. 食育のおすすめ絵本│『やさい (幼児絵本シリーズ)』

食育のおすすめ絵本レビュー│『やさい (幼児絵本シリーズ)』

レビュー
1977年が初版の絵本です。
迫力のある、素晴らしい絵です。
野菜が畑で育っている姿、そして八百屋に並ぶ姿。

ただ、この本に出てくるような八百屋さんは、もう、見かけなくなってきましたね。
買い物と言えば商店街だった頃をかろうじて覚えている親としては、
「そういえば、トマトなんかはこういうカゴに入っていたなぁ」
とか、懐かしく思うわけですが、今の子にはピンと来ないかもしれません。

レビュー
くだものが良い本だったのでこちらも買いました。何と言ってもこの力強い生き生きとしたイラスト!写真を超えた説得力があります。大人も鑑賞出来る程なので、何度も読んであげようという気になります。ちなみに一歳の娘はくだものよりこっちのが好きで近所の畑を通りかかると指をさしてはしゃいでいます。野菜は土の中から出来るということを感覚的に学べるかな?
レビュー
 私自身、田舎育ちで家族がお米や野菜を作っていたので、どのように育ち、またどれだけの手間ひまがかかっているのか、当たり前のことのように思っていましたが、都会に住む子供はそのような光景は見られないし、なかなか触れる機会もないかも…と思い購入しました。やはりというか、畑のほうれん草に子供は「これはなあに?」と聞いてきます。さつまいもは知っているけど、土の中にあるとさつまいもとは確信できない様子です。
 もう少し大きくなったら田舎の畑で野菜を育てたいと思いつつ、今はこの絵本でどの野菜にしようか?と子供と計画を立てて楽しんでいます。
レビュー
評判の良さに惹かれて子供が生まれる前に購入した初めての絵本です。2ヵ月の子供はじーっと非常に興味深そうに見ていました。現在6ヵ月ですが、今でもじーっと見ています。最近ではただ読むだけではなく、野菜の数を数えたり、実物を見せるなどして読み聞かせています。また、離乳食を開始したのでこの絵本にでてくるフレーズを言いながら食べさせたりしています。子供に見せるには抽象的な絵では物足りないし、写真ではリアル過ぎる…という方には、ちょうどいい絵本だと思います。生まれて間もない赤ちゃんの読み聞かせにもおススメです。

食育のおすすめ絵本やさい (幼児絵本シリーズ)を読みたい方はこちら↓

『やさい (幼児絵本シリーズ)』を読む

3位. 食育のおすすめ絵本│『もったいないばあさんの いただきます (講談社の創作絵本)』

食育のおすすめ絵本レビュー│『もったいないばあさんの いただきます (講談社の創作絵本)』

レビュー
以前働いていた保育園でも人気だったので自分の息子にも購入しました。
世のお母さんの言いたいことがつまってる気がします。
いやいや期の息子は、母の言うことは聞きませんが(笑)もったいないばあさんの言うことは聞きます。。
レビュー
好き嫌いがなぜいけないかが伝わる本です。こどもが大好きな本のひとつになりました。
レビュー
食育の原点「いただきます」の言葉に含まれた食事を食べるという意味を分かりやすく示された内容の本です
レビュー
偏食の子がいる幼稚園のクラスで読みました。とても心に残ったようで少しずつですが食べようという気持ちが育ってきています

食育のおすすめ絵本もったいないばあさんの いただきます (講談社の創作絵本)を読みたい方はこちら↓

『もったいないばあさんの いただきます (講談社の創作絵本)』を読む

スポンサーリンク

4位. 食育のおすすめ絵本│『たべることがめちゃくちゃ楽しくなる! 栄養素キャラクター図鑑』

食育のおすすめ絵本レビュー│『たべることがめちゃくちゃ楽しくなる! 栄養素キャラクター図鑑』

レビュー
食が細く、食わず嫌いの小4の娘に、食に興味を持ってもらいたくて購入しました。
今では、食事をしながら何の栄養素が含まれてるとか、摂りたい栄養素がどんな食材に含まれるかを調べるようになり、
少しづつですが色んなものを食べるようになってきています。
レビュー
栄養素に興味があったので、購入。かわいいキャラがたくさん!入門に良いと思います。これを読んでからというもの、食事に気を使うようになりました。納豆も食べるようになりましたよ。まずいけど‥‥お子様にもおすすめの本です!
レビュー
栄養素について、とてもわかりやすくまとめられていて、小さな子どもたちや、支援級の生徒たちにも使いやすい図鑑だと思います。
調理に関する授業を担当することになり、いろいろ探した結果本署にたどり着き、購入して良かったと思いました。
レビュー
病院の待合室に置いてあって面白かったので買ってしまいました。本屋さんだと絵本コーナーにあったから子供が見るせいか表紙の帯が破れてたりだけどAmazonなら安心。
あんまり栄養素とか真剣に考えて無かったんだけどこの栄養素はこういうのに良い、とか取りすぎるとこんな弊害がとか可愛い絵と一緒に乗っていて食事気をつけないとなー、と思ってきます。
色々シリーズでてるけどこれが一番面白いかも?

食育のおすすめ絵本たべることがめちゃくちゃ楽しくなる! 栄養素キャラクター図鑑を読みたい方はこちら↓

『たべることがめちゃくちゃ楽しくなる! 栄養素キャラクター図鑑』を読む

5位. 食育のおすすめ絵本│『たべもののたび (かこさとし からだの本)』

食育のおすすめ絵本レビュー│『たべもののたび (かこさとし からだの本)』

レビュー
”にこにこよくかんでなんでもよくたべていると、たべものたちは…(略)…たびを、たのしむことでしょう。”

食物たちが栄養の荷物を持って口、食道、胃、小腸、大腸の5箇所を巡る話を中心に、その栄養が体を作ったり力の元になると説明する。
子どもの「どうして好き嫌いはいけないの?」といった問いも、消化吸収と栄養摂取という基礎的な知識を持たせていれば、グッと説明しやすくなる。
本書では栄養は一括して「きいろいトランクやカバン」という表現だが、絵を見るとハンドバッグやリュックサックなど食物ごとにキチンと描き分けてあり、将来的な(より高度な)学習内容とも矛盾が生じないような配慮が嬉しい。

本書を贈る4歳姪は大のジェットコースター好きなので、良く噛んでしっかり唾と混ぜておけば一層ドロドロになり、更に小腸ジェットコースターのスピードがでる、といった説明をしてあげようと思う。
言葉でも十分説明出来ることであっても、絵本により視覚的・物語的に理解出来る意義は決して小さくはなかろう。

レビュー
ご飯を食べ残そうとする我が子にはいつも、「そんなんじゃ大きくならないよ」「えいようが足りなくなるよ」等
そういって「最後まで食べなさいの指示」をして食事させていました。
でも、なんか本人は納得行ってない様子。「えいようって??」「なんで大きくならないんだろ?」って。
アマゾンで絵本を探していたら、コレがヒットしました。
あ、見たことある!!
小さな頃ガッツリ読んでいたことを思い出し、これは今の我が子にちょうどいい内容なのでは?と購入。
狙いは当たりました。「えいよう」の意味、食べると体の中で食べ物がどうなっていくのかが
本当に良く分かる内容です。
あと、かこさとし先生の絵、メチャクチャ丁寧ですよね。
愛情あふれる絵といいますか、読者の小さな子(命)を大切に思い、大切なことを伝えたい、良い子に育ってほしい、
そんな愛を感じます。親が読んでも面白いです。
いつかどこかで読んだ本。改めてその良さを実感しました。
「なんで?」が広がる世代の子供たちにはかこ先生のこのシリーズはおススメかもしれません。
レビュー
子供が三才の時買いました。それから一年以上ずっと読んでいます。
親子ともども大のお気に入りです。
食べ物をよく噛んで食べるよう説明するのに、よく噛んでよく唾液と混ぜると、食べ物の旅が素晴らしくなるという言い方をするところに惚れ込みました。
レビュー
食べること、排雪することに興味を持ったので、からだのつくりを3歳児でも分かりやすく、説明してあるものをさがしてました。栄養素という目に見えないものを上手く表現してあり、つい感心してしまいます。これ以上分かりやすい絵本はないと思いました。

食育のおすすめ絵本たべもののたび (かこさとし からだの本)を読みたい方はこちら↓

『たべもののたび (かこさとし からだの本)』を読む

スポンサーリンク

食育のおすすめ絵本ランキング│まとめ

『食育のおすすめ絵本ランキング』いかがでしたでしょうか?

ぜひ、気になった食育の絵本を読んで、あなたの実生活に役立ててみてくださいね!

ぴんと
さいごまで読んでいただき、ありがとうございました!
【Amazon】本を無料で読む方法!

 本を読むときは『Audible』の
『30日間無料体験』がおすすめです!

ライトノベル・小説・ビジネス書など、
400,000冊以上の本が聴き放題!

ぴんと
毎日の料理やジョギング、通勤中など、いつでもどこでも好きな時に聴けるので、1日1冊ラクに本が読めちゃう!
ぴんこ
再生した後でも何回も交換OKだから、
実質無料の「聴き放題サービス」ね!

また、あのメンタリストDaiGoさんも
本を聴くことで1日に3冊は読めるとおすすめしています!

読書やPC作業で目が疲れたときもインプットが続けられますし、移動時間も無駄にならない。

通勤に時間がかかる人なら、少なくても1日1冊分は聴けるんじゃないでしょうか。

テキストをフラットに聴くことにより、文章や論理の構造まできれいに頭に入るので、本がまるごと頭の中に入るような喜びが体感できます。

それによって話すことがうまくなり、言葉も出てきやすくなるので、本を耳で聴くのはおすすめですよ。

引用:なぜDaiGoは「目より耳」で本を読むのか

さらに、人気俳優・声優のボイスが、
本の魅力をさらに引き出しているので、
スキマ時間を有効活用したい人は、この機会をお見逃しなく! 

 
\忙しいあなたも、耳は意外とヒマしてる!/

小説 ビジネス書 ラノベ
40万冊を無料体験で聴く!

スポンサーリンク
スポンサーリンク