【2022年】武田信玄のおすすめ本・書籍ランキング7冊!年400冊読む書評ブロガーが紹介!

こんちわ、柿田ぴんとです!

今回は、武田信玄のおすすめ本・書籍ランキング7冊を、高評価レビューも加えてご紹介します!

\30日間 無料体験中!/
小説 ビジネス書 ライトノベル
40万冊を「無料体験」で聴く

1位. 武田信玄のおすすめ本・書籍│『武田信玄 伝説的英雄像からの脱却 (中公新書)』

武田信玄のおすすめ本・書籍レビュー│『武田信玄 伝説的英雄像からの脱却 (中公新書)』

レビュー
良い本に出会えたと喜んでいます。機会あるごとに読み返すと思います。
レビュー
武田信玄の後年の外交戦略や軍事行動は
自ら滅亡への道を突き進んでいるようにしか思えず
勝頼が直面した四面楚歌は、信玄が生み出したようなものとしか言いようが無い
この本のように、もう少し冷静に
等身大の武田信玄をあぶり出すアプローチが必要だと思う
でないと、重荷(信玄の判断ミス)を背負わされ滅亡に追い込まれた勝頼が不憫でならない
そろそろ家康による神格化という呪縛から脱却すべき時期に来ているのではないだろうか
レビュー
まさに看板に偽りなしの本で 戦国大名としての信玄についての考察がなされている本、ただ、信玄がなぜ 親爺をこすことができたのか?そこまで噺を勧められれば おもしろかったのにと思う。問題は なぜ 伝説になれたのかじゃないかと思う。

武田信玄のおすすめ本・書籍武田信玄 伝説的英雄像からの脱却 (中公新書)を読みたい方はこちら↓

レビュー・口コミの詳細を見る

『武田信玄 伝説的英雄像からの脱却 (中公新書)』を読む

スポンサーリンク

2位. 武田信玄のおすすめ本・書籍│『武田信玄 風の巻』

武田信玄のおすすめ本・書籍レビュー│『武田信玄 風の巻』

レビュー
井上靖の風林火山は甲陽軍艦が取材源なため、山本勘助が中心となっていて奇妙な印象を与えるが、新田次郎はそのようなことはなく、自然に読める。もちろん、歴史小説なので推測に基づく記述は避けられないであろうが、より、真実に近い印象をもった。
レビュー
武田信玄が何となく好きなので読み初めました。
才能を発揮した初陣については描かれておらず意外でした。
信玄の有名な敗戦がこの巻です。
あと正室が、、、
レビュー
新田次郎は山岳小説以外にも幾つか歴史物を書いていますが、なかでも『武田信玄』は不朽の名作だと思います。本作はNHKで大河ドラマ化され、そちらも名作だとは思いますが、やはり小説でみると、大河には出てこないような人物にも一人一人に味があって面白い。満洲の気象台に勤めていたことから、気象条件や地理など、戦いの細部がリアルに描かれています。4冊通して読むのは少々骨が折れますが、歴史物が好きなら是非。『武田勝頼』もkindle化されたので、そちらも読んでみます。
レビュー
たまたま、山岡荘八の「伊達政宗」を紙の本でお風呂で、こちらをキンドルで外出先で併読しました。

同じ戦国時代で、登場人物も少々重なり、舞台は甲斐、奥羽→大阪→江戸と、2冊併せて日本のほぼ半分以上の土地で展開する事象や事件を読むのはダイナミックで意外や面白かったです。

新田次郎の武田信玄の重厚さは武田信玄の重厚さなのか、新田次郎の重厚さか。山岡荘八の伊達政宗は秀吉の登場以降は政宗自身は外交官と化し、言ってみれば軽妙、会話主体。登場人物、皆、よくしゃべる。小説もエンターテイメント仕立てで、同じ時代小説・同じ戦国時代ながら、全く趣きが異なり、併読していてワクワクしました。

こちらの本は伊達政宗のほぼ半分の長さ。飽きない絶妙な長さで無駄がない。信玄の病魔との闘いと並行する西上は、結果を知っていても緊迫感に溢れ、私は山岡荘八より、新田次郎が好みでした。エンタメがお好きな方は山岡荘八かもしれません。
いずれにしても、昨今の時代小説はスカスカで、行間に漂う時代の匂いや風情もないのを思うと、お二人の作品共に素晴らしい出来映えでした。

武田信玄のおすすめ本・書籍武田信玄 風の巻を読みたい方はこちら↓

レビュー・口コミの詳細を見る

『武田信玄 風の巻』を読む

3位. 武田信玄のおすすめ本・書籍│『武田信玄(2)』

武田信玄のおすすめ本・書籍武田信玄(2)を読みたい方はこちら↓

レビュー・口コミの詳細を見る

『武田信玄(2)』を読む

スポンサーリンク

4位. 武田信玄のおすすめ本・書籍│『武田信玄 林の巻』

武田信玄のおすすめ本・書籍レビュー│『武田信玄 林の巻』

レビュー
武田信玄を書いた新田次郎は、山岳小説で馴染みもあり、歴史に疎い私でも分かり易く読めた。秀逸!
レビュー
信濃征服を目前に甲軍と越軍の対決がメインになる林の巻。
川中島の戦いの決着まで描かれます。
レビュー
見出しの通りである。
信玄しかり、誰か特定の人間を誇張するようなことはなく
明日の仕事を忘れ、本を読み終えるのもほぼ同時にネクタイをするほどであった。
レビュー
25年振りに読み返した。全4巻中、川中島の合戦の当巻が1番盛り上がる。中でもお気に入りのエピソードは1から9までの足し算のやり方で判明する天才型の謙信と秀才型の信玄。戦術では天才に負けるが戦略で秀才が勝つ論理も分かりやすい。

武田信玄のおすすめ本・書籍武田信玄 林の巻を読みたい方はこちら↓

レビュー・口コミの詳細を見る

『武田信玄 林の巻』を読む

5位. 武田信玄のおすすめ本・書籍│『武田信玄(4)』

武田信玄のおすすめ本・書籍武田信玄(4)を読みたい方はこちら↓

レビュー・口コミの詳細を見る

『武田信玄(4)』を読む

スポンサーリンク

6位. 武田信玄のおすすめ本・書籍│『武田信玄(6)』

武田信玄のおすすめ本・書籍武田信玄(6)を読みたい方はこちら↓

レビュー・口コミの詳細を見る

『武田信玄(6)』を読む

7位. 武田信玄のおすすめ本・書籍│『武田信玄(3)』

武田信玄のおすすめ本・書籍武田信玄(3)を読みたい方はこちら↓

レビュー・口コミの詳細を見る

『武田信玄(3)』を読む

武田信玄のおすすめ本・書籍ランキング│まとめ

『武田信玄のおすすめ本・書籍ランキング』いかがでしたでしょうか?

ぜひ、気になった武田信玄の本・書籍を読んで、あなたの実生活に役立ててみてくださいね!

ぴんと
さいごまで読んでいただき、ありがとうございました!
【Amazon】本を無料で読む方法!

 本を読むときは『Audible』の
『30日間無料体験』がおすすめです!

ライトノベル・小説・ビジネス書など、
400,000冊以上の本が聴き放題!

ぴんと
毎日の料理やジョギング、通勤中など、いつでもどこでも好きな時に聴けるので、1日1冊ラクに本が読めちゃう!
ぴんこ
再生した後でも何回も交換OKだから、
実質無料の「聴き放題サービス」ね!

また、あのメンタリストDaiGoさんも
本を聴くことで1日に3冊は読めるとおすすめしています!

読書やPC作業で目が疲れたときもインプットが続けられますし、移動時間も無駄にならない。

通勤に時間がかかる人なら、少なくても1日1冊分は聴けるんじゃないでしょうか。

テキストをフラットに聴くことにより、文章や論理の構造まできれいに頭に入るので、本がまるごと頭の中に入るような喜びが体感できます。

それによって話すことがうまくなり、言葉も出てきやすくなるので、本を耳で聴くのはおすすめですよ。

引用:なぜDaiGoは「目より耳」で本を読むのか

さらに、人気俳優・声優のボイスが、
本の魅力をさらに引き出しているので、
スキマ時間を有効活用したい人は、この機会をお見逃しなく! 

 
\忙しいあなたも、耳は意外とヒマしてる!/

小説 ビジネス書 ラノベ
40万冊を無料体験で聴く!

スポンサーリンク
スポンサーリンク