【2021年】山口絵理子のおすすめ本・書籍ランキング7冊!年400冊読む書評ブロガーが紹介!

こんちわ、柿田ぴんとです!

今回は、山口絵理子のおすすめ本・書籍ランキング7冊を、高評価レビューも加えてご紹介します!

目次

\30日間 無料体験中!/
小説 ビジネス書 ライトノベル
40万冊を「無料体験」で聴く

1位. 山口絵理子のおすすめ本・書籍│『Third Way 第3の道のつくり方 (ハフポストブックス)』

山口絵理子のおすすめ本・書籍レビュー│『Third Way 第3の道のつくり方 (ハフポストブックス)』

レビュー
カンブリア宮殿をたまたまみて、すごく心を打たれて翌日マザーハウス行き素敵なバッグを購入しました。何度か行っていますが、スタッフさんがとてもイキイキしていていいなーといつも感じます。
どうしたらそういう店作りができるのか?と思っていましたが、この本を読んでその理由がわかりましたね。
関わるすべての人がどうしたら幸せになるのかを常に考えて実践されている山口さんは本当に素晴らしいなと思います。
レビュー
本を読み、出版記念講演も聴かせていただきました。現在、本当にたくさんの二項対立の間でどうしたらいいのかわからなくなっている事象・社会的課題がいくつもある。自分自身にも、自分の対軸に置いて、毛嫌いしているものがある。全てに陰陽があり、二面性を持つものだけど、どちらの面も認めて新しい選択肢を作ろうというサードウェイの考え方は、これからの時代にとてもとても大事だと思うし、ビジネスの新しいアイデアも生まれるはず。ぜひ多くの方に読んでいただきたいです^^
レビュー
企業とはを知りたくて、購入しました。
レビュー
素晴らしい。
私が今まで読んできた経営者によって書かれた本のなかでベストじゃないかと思わせるくらい読み応えがあった。

経営をしていくなかで心がけていること「二項対立を越えてお互いの良さをどう掛け合わせるか(=サードウェイ)」が、五つのテーマごとに書かれている。
思考法自体は真新しいものではないのだが、著者が現場を回り経営を行いながら実践してきたという事実と、心に訴えかける文章力が非常に強いメッセージを伝えてくれる。

サードウェイが実践できているのは、「途上国から世界に通用するブランドを作る」という壮大なビジョンがこの会社に根付いてるからだろうと感じた。意見の対立があったときに、核となる優先事項を再確認することの大切さがわかる。

ここ最近、amazonやgoogleなどがビジョン経営の代表として取り上げられることが多く、対する日本企業はビジョンがないから衰退しているという論調をみかけることもしばしば。
だが、この会社は確固たるビジョン経営を体現している。

読後、思わずこのブランドの鞄を買ってみたい、持ちたいという強い衝動に駆られる一冊。

山口絵理子のおすすめ本・書籍Third Way 第3の道のつくり方 (ハフポストブックス)を読みたい方はこちら↓

レビュー・口コミの詳細を見る

『Third Way 第3の道のつくり方 (ハフポストブックス)』を読む

スポンサーリンク

2位. 山口絵理子のおすすめ本・書籍│『裸でも生きる2 Keep Walking私は歩き続ける (講談社+α文庫)』

山口絵理子のおすすめ本・書籍レビュー│『裸でも生きる2 Keep Walking私は歩き続ける (講談社+α文庫)』

レビュー
マザーハウスの創設者が書く本。
現場の最前線で活躍する社長が発する言葉だからこそ、素直かつ正直ナ言葉で表現されています。

この本を読んで、改めて日本にはチャンスがたくさんあってそれに気づけないことが多いことを私が痛感しました。
目指せる環境があることと、生きることを選べることは貴重で有り選べるからこそ迷ってしまう現場があると思いました。

日本を出ることで本当に価値のあるものはなんなのかを気づかせてくれる良書です。
印象に残ったのは【想いは勝たなきゃ】というフレーズです。
自分がやっていることに想いがのって人が関わっているからこそ、その想いを形にして成就させるという
筆者の本気さに感動しました。

ありがとうございます。

レビュー
裸でも生きるに感動し、こちらも読んでみました。
前作があまりにパワフルだったので、パワーダウンしているかと心配していましたが、相変わらず大変なことになっていました。
理念を持って前に突き進む重要性を改めて学びました。
また、前作が会社の創成期に対し、今作は成長期へと進化する中で、出てくる問題の質や規模が変わっていくところは、ビジネス書としても興味深いです。
とにかく、絶対読んで損しないので、騙されたと思って読んでください。
レビュー
「裸でも生きる」を読み終えてそのまますぐにKindleでダウンロードしました。
ここでもやはりバングラでの事業の大変さを痛感しましたが、個人的にはあと一週間で工場を出て行かなくなった時に、山口さんが副社長の山崎さんに電話をかけ、そこですぐに山崎さんがバングラディッシュに駆けつけたエピソードが未だ胸に残っています。
ひとりでは最速で、みんなとではもっと遠くへたどり着ける。という言葉があるように、まさに仲間に支えられる事で今のマザーハウスが実現できたのだなぁと感じました。これからも応援しています。
レビュー
前作に続いて、こちらも拝見させて頂きました。
流石に、前作ほどの無茶なことはないだろうと思っていましたが、事実は小説より奇なりというように、「今回は、前作よりも酷くないですか!?」と、いうような内容です。
日本に生まれ育って、本当に幸せだと感じました。
まるで、サスペンスアクション映画みたいです。次回作も、非常に楽しみです。

山口絵理子のおすすめ本・書籍裸でも生きる2 Keep Walking私は歩き続ける (講談社+α文庫)を読みたい方はこちら↓

レビュー・口コミの詳細を見る

『裸でも生きる2 Keep Walking私は歩き続ける (講談社+α文庫)』を読む

3位. 山口絵理子のおすすめ本・書籍│『自分思考 (講談社+α文庫)』

山口絵理子のおすすめ本・書籍レビュー│『自分思考 (講談社+α文庫)』

レビュー
バングラディッシュで「援助ではなく働く人たちが誇りを持てる仕事をつくる」ことを目的にビジネスを立ち上げた著者。
苦労はありつつもそこから学んだことをエッセイとして本書にまとめている。
著者も言っているが、動いてみなければすべてが始まらなく、「動いてみる」ことで知り得たことがたくさんあったという。
今考えてみても「社長」の辛さをしっていたら、絶対に社長にならなかったというが、踏み出したことに対する後悔はないと言い切る。
覚悟を持って挑戦するということが何よりも大切なのだろう。

挑戦に迷いがあるという方におすすめ。

レビュー
年間100冊程度読むが、なかなか良本には出会えない。そんな中、久しぶりに、ビビッとくる良本に出会った。山口絵理子さん!言葉の選び方が抜群。鋭い。でも、相手を思いやりながら書いていることを感じる。きっと、ひとりで書いていても、山口絵理子さんの前には誰かが居て、その誰かに向けて、優しく強く訴えているのだと感じる^^
レビュー
試行錯誤のなかで、まさに戦いながらもがきながら、ここまできたということが、伝わってきます。
小田急百貨店の店舗に行ってみてますますファンになりました。
迷っているときに、この本に戻ってみる。これからそういう機会が増えそうです。
レビュー
昔、裸でも生きる1を読んだことがあり、がんばらなきゃいけない感が出て、きつくなった記憶があります。すごい人だなぁ・・・という他人事のような。
それから何年もたった今、友人がブログでおすすめしたいたので、改めて山口さんの本を読んでみました。
自分自身も成長し、今後世の中を変えていきたいと思いだした今、山口さんの言葉がすべて頭に入ってきました。
図書館で借りたのですが、何度も読み直したい本なので、購入しました。

一歩踏み出したい方、前に進む勇気が欲しい方に読んで欲しい一冊です。

山口絵理子のおすすめ本・書籍自分思考 (講談社+α文庫)を読みたい方はこちら↓

レビュー・口コミの詳細を見る

『自分思考 (講談社+α文庫)』を読む

スポンサーリンク

4位. 山口絵理子のおすすめ本・書籍│『裸でも生きる ~25歳女性起業家の号泣戦記~ (講談社+α文庫)』

山口絵理子のおすすめ本・書籍レビュー│『裸でも生きる ~25歳女性起業家の号泣戦記~ (講談社+α文庫)』

レビュー
「裸でも生きる」というあまり意味がわからないタイトルでおススメに出てきたので購入しました。
読み終えて、タイトルの意味が理解でき、
作者の行動力と想いに感動すら覚えました。
初めてマザーハウスというブランドも知り、HPも見て、このブランドを1から立ち上げたのかと驚くと共に、想いがあれば夢は叶うんだなと改めて思いました。
すごいなーという言葉を何度、口にしたことか笑
日本以外の国で行うビジネスの難しさと日本といういかに恵まれた環境に生きているのを痛感させられました。
でも、ブランドを立ち上げて成長させていくって辛いのはもちろん、やっぱりやりがいはめちゃくちゃあるんだろなー。
憧れの人が1人増えました。
そして来年は必ず海外に行くぞと誓いました。
そして明日からも頑張ろうと勇気ももらえた素晴らしい自伝です!
レビュー
自分の将来を考えている時に出会った本です。
当時アジア最貧国と言われていたバングラディッシュに単身のりこみ、デザイン性の高いカバンを作って発展途上国の産業を育てる。
このたった一行がどれだけ大変なことで、不安か。周囲から反対を受けても馬鹿にされても、また、努力に努力を重ねても裏切られ、辛い思いをしたとしても、自分の心に問いかけて一歩ずつ形にしていく姿は同年代として胸を打つ以上のものがありました。
ゴールテープが見えていれば人は努力ができます。でも見えないからこそ難しく、自分にはできないんじゃないかと途中で諦めてしまう。
けれど、この本を読んで、どんな状況にあっても、もっと自分の気持ちを向き合えば、その都度答えを見つけながら進んでいけるんじゃないかと前向きに思えるようになりました。
まさに人生を支える本です。
レビュー
テレビ出演されているところを、初めて、たまたま見掛け、何て魅力的な人!!と思い、すぐに著書をAmazonでポチりました!

あんまり勢いよくポチったため、書籍版を買うつもりで誤って電子書籍の方を買ってしまいましたが…( ̄▽ ̄;)

読んで、最高に感動しました。
とてもストレートで飾らない、パンチに溢れた人生と文章!
私には真似することが出来ないけれど、姿勢も考え方も生き方も、とても憧れます!
若い頃は、そんな女性に、なりたかったなぁ~。
シリーズの本は全部読もうと思いました!
読むと元気出ます!ありがとう!

レビュー
山口さんの感情の豊かさが本を通してもひしひしと伝わってきました。感情豊かとは行動力の高さと比例していると思います。頭でこれをしたらこうなる、ああなると考えるような話とは違って全てが実際にやったらこうだったという体験談。そこから出る心の声に何度も体が震えました。特に最後の環境にめげず、精一杯日々を生きるために生きているバングラデシュの人の目が「そんなに恵まれて幸福なのに、何故やりたいことをやらないんだ」といっているように思えるという件はかなり衝撃をうけました。この本を書いたのが今の僕と同じ年齢だと思うと、、、マジで凄すぎです。自分の中の何かを変えてもらいました。

山口絵理子のおすすめ本・書籍裸でも生きる ~25歳女性起業家の号泣戦記~ (講談社+α文庫)を読みたい方はこちら↓

レビュー・口コミの詳細を見る

『裸でも生きる ~25歳女性起業家の号泣戦記~ (講談社+α文庫)』を読む

5位. 山口絵理子のおすすめ本・書籍│『輝ける場所を探して 裸でも生きる3 ダッカからジョグジャ、そしてコロンボへ』

山口絵理子のおすすめ本・書籍レビュー│『輝ける場所を探して 裸でも生きる3 ダッカからジョグジャ、そしてコロンボへ』

レビュー
20年程前に私はバングラデシュの国の人と結婚していた事があり、その当時のバングラデシュは大変なところだとは知っていました。日本にいながらも差別と偏見に私達は戦っていました。そしてテレビで山口絵里子さんがバングラデシュで頑張っている姿をみて若い女性が一人で!とびっくりしていました。
それから何年かたち又テレビでみてお店を何店舗もふやし立派な起業家になっている事に驚きました。どんなバックなのだろうと興味をもち横浜元町のお店に見に行ったらなんてオシャレなバックなんだろうと感激してしまいました。そして山口絵里子さんの本3冊を購入し読ませて頂きました。
バングラデシュ、ネパール、インドネシアの国民性が同じアジアでも違うという事がかかれてあり勉強になりました。そして何よりこの本を読んで良かったと思う事は、良いものを作り上げる事が大事だという事。そして沢山の人達の協力得て諦めずに頑張り続ける事が大切だとわかりました。
レビュー
前作1、2を読んで感動し、こちらも続けている読みました。
流石に、前作までの大ピンチ的な派手さはないですが、山口さんの創造に対する貪欲さが1ミリも衰えていないのが爽快です。
会社が創立10年ということで、成熟期から場合によっては衰退期へ後退しがちな時期ですが、そうならないための攻めの姿勢についての見本にもなります。
レビュー
裸でも生きる1と2も読みました。
特に1を読んだ際は人生観が変わったような気がしました。事業を起こし、利益が出ることを目標に頑張るが、根底には貧しいアジアの国の人々の為になるという目的がありました。

本書は大きくなったマザーハウスのさらなる発展がどのように進んできたのかについて、山口さんの行動とともに語られています。

特徴の一つは、書かれていることのほとんどが具体的なことであります。どこの国で誰に会ったのか、なぜその国にしたのか、どんな商品ができたのか等々すべて固有名詞付きで手に取るようにわかりました。
具体的であることによって、いろんなできごとが記憶に残り、関わった人々の個性や人柄が印象深いものとなっています。

レビュー
山口さんの本は「裸でも生きる」「自分思考」と読んでおります。
しかしながらすでにマザーハウスは軌道に乗り一人の成功者となっている山口さんの活動内容です。
そのため「裸でも生きる」のようなガムシャラさが本書からは感じ取ることができなかった。

本としては読みやすく、山口さんらしい書き方です。
裸でも生きると比べてしまい物足りなさを感じてしまったので✩4つとさせて頂きました。

山口絵理子のおすすめ本・書籍輝ける場所を探して 裸でも生きる3 ダッカからジョグジャ、そしてコロンボへを読みたい方はこちら↓

レビュー・口コミの詳細を見る

『輝ける場所を探して 裸でも生きる3 ダッカからジョグジャ、そしてコロンボへ』を読む

スポンサーリンク

6位. 山口絵理子のおすすめ本・書籍│『ダンゼン得する 知りたいことがパッとわかる 会社設立のしかたががよくわかる本』

山口絵理子のおすすめ本・書籍レビュー│『ダンゼン得する 知りたいことがパッとわかる 会社設立のしかたががよくわかる本』

レビュー
設立の順番に沿った構成で、
チェックリストを埋めていくと会社設立ができていました。
説明も丁寧かつわかりやすく、素晴らしい出来です。
レビュー
とりあえず、何もわからなかったのでこちらを購入しました。わかりやすい文書でしたのでラインを引きながら読んでいます
レビュー
会社設立の流れがポイントを押さえて説明してある。合同会社の説明が少ないとの評があるが、まずは全体の流れをつかむことが大切だろう。
適切な分量,構成だと思う。
レビュー
本屋で購入。
最初司法書士さんに依頼しようと思っていましたが、経費削減のため自力でつくることに。
この1冊書いてある通りにおこなり出来ました!
完結にわかりやすく、図解入りでかいてあるので、この本にしました。
全く知識がないところからのスタートなので、この本をさらっと読むことで全体像がつかめて、非常に役立ちました。

山口絵理子のおすすめ本・書籍ダンゼン得する 知りたいことがパッとわかる 会社設立のしかたががよくわかる本を読みたい方はこちら↓

レビュー・口コミの詳細を見る

『ダンゼン得する 知りたいことがパッとわかる 会社設立のしかたががよくわかる本』を読む

山口絵理子のおすすめ本・書籍ランキング│まとめ

『山口絵理子のおすすめ本・書籍ランキング』いかがでしたでしょうか?

ぜひ、気になった山口絵理子の本・書籍を読んで、あなたの実生活に役立ててみてくださいね!

ぴんと
さいごまで読んでいただき、ありがとうございました!
【Amazon】本を無料で読む方法!

 本を読むときは『Audible』の
『30日間無料体験』がおすすめです!

ライトノベル・小説・ビジネス書など、
400,000冊以上の本が聴き放題!

ぴんと
毎日の料理やジョギング、通勤中など、いつでもどこでも好きな時に聴けるので、1日1冊ラクに本が読めちゃう!
ぴんこ
再生した後でも何回も交換OKだから、
実質無料の「聴き放題サービス」ね!

また、あのメンタリストDaiGoさんも
本を聴くことで1日に3冊は読めるとおすすめしています!

読書やPC作業で目が疲れたときもインプットが続けられますし、移動時間も無駄にならない。

通勤に時間がかかる人なら、少なくても1日1冊分は聴けるんじゃないでしょうか。

テキストをフラットに聴くことにより、文章や論理の構造まできれいに頭に入るので、本がまるごと頭の中に入るような喜びが体感できます。

それによって話すことがうまくなり、言葉も出てきやすくなるので、本を耳で聴くのはおすすめですよ。

引用:なぜDaiGoは「目より耳」で本を読むのか

さらに、人気俳優・声優のボイスが、
本の魅力をさらに引き出しているので、
スキマ時間を有効活用したい人は、この機会をお見逃しなく! 

 
\忙しいあなたも、耳は意外とヒマしてる!/

小説 ビジネス書 ラノベ
40万冊を無料体験で聴く!

スポンサーリンク
スポンサーリンク