【2021年】アンネフランクのおすすめ本・書籍ランキング7冊!年400冊読む書評ブロガーが紹介!

こんちわ、柿田ぴんとです!

今回は、アンネフランクのおすすめ本・書籍ランキング7冊を、高評価レビューも加えてご紹介します!

目次

\30日間 無料体験中!/
小説 ビジネス書 ライトノベル
40万冊を「無料体験」で聴く

1位. アンネフランクのおすすめ本・書籍│『アンネの日記 増補新訂版』

アンネフランクのおすすめ本・書籍レビュー│『アンネの日記 増補新訂版』

レビュー
偽物説を必死で唱えていらっしゃる方がいますが、私は間違いなく本物だと思います。おませな思春期の少女でないと、このような見方は出来ません。彼女は裕福な家庭に生まれ、本もたくさん読んでいたことから、文才があっても全く不思議ではありません。もし万が一偽物だとしても、本書の価値は下がりません。「戦争小説」としての傑作であることには変わりありません。彼女は年頃の女の子らしく、いかにも人間的で様々な悩みや考え事をしています。ユダヤ人だというだけで、普通の少女が命を奪われるなんて、あんまりです。この本がより多くの人に読まれることを願います。
レビュー
 多感な時期の女の子であるアンネが内面を赤裸々に書き綴っています。
個人的な日記であるため、性のことや母親への愛情が薄れていることなど世間的には言いづらいようなことも、すごくストレートにその心情を表しています。14歳の女の子の日記であるため、途中読んではいけないものを読んでいるような罪悪感も感じてしまいました。
 一方でアンネが日記を書き続けた理由の一つに、ナチスドイツ統治下でユダヤ人がどのような潜伏生活を送っていたのかを世の中に知ってもらもということもあったようで、とてもリアルにその日常が描写されています。
 とても残酷な暮らしを送っていた当事者の日記であるため、普通であれば「あ〜なんて可哀想な」とただただ同情してしまいそうですが、アンネの文章能力の高さと、あるいはサバサバした性格からか、とても冷静に読み進めることができました。
レビュー
娘に読みたいと言われ購入しました。
その時代の映画を授業でみたようで読み終わった後色々教えてもらいました
レビュー
フランクル「夜と霧」からの芋づる式読書。戦争の悲惨さとか、潜伏生活の苛酷さとかを一切抜きにして、思春期の少女の心の動きに、時代や宗教を超えて共感できる不思議。
潜伏生活の様子については、現代日本人の感覚として理解し切れない部分も多々あったが、その点に関しては訳者あとがきでフォローがされており、より理解が深まった。

アンネフランクのおすすめ本・書籍アンネの日記 増補新訂版を読みたい方はこちら↓

レビュー・口コミの詳細を見る

『アンネの日記 増補新訂版』を読む

スポンサーリンク

2位. アンネフランクのおすすめ本・書籍│『小学館版 学習まんが人物館 アンネ・フランク 小学館版 学習まんが人物館』

アンネフランクのおすすめ本・書籍レビュー│『小学館版 学習まんが人物館 アンネ・フランク 小学館版 学習まんが人物館』

レビュー
小学生の娘に買いました。イラストがかわいいので内容が重くても最後まで読めたようです。
レビュー
丁度破られ騒ぎがありましたので、読んでみたくなりました。
孫にも読ませようと、あえて漫画を選びました。
レビュー
この本は、アンネがドイツで過ごした幼年時代、オランダでの幼稚園時代、小学校時代、そして隠れ家での生活、逮捕後のホロコーストでの悲劇…戦争、ナチスのユダヤ人迫害という難しいテーマを、明るく可愛らしい少女アンネの成長の経過と、戦争とユダヤ人迫害という時代の影を一緒に描いている。極端に残酷な場面を描くことは避けながらも、比較的上手に、迫害の理不尽さと残酷さ、迫害される側の心理が、子供にも分かるように工夫されている。正直なところ、小学校低学年の娘に『アンネの日記』は早すぎると思っていたが、この小学館版学習まんが人物館『アンネ・フランク』を読んだ上でなら、ある程度はアンネに共感できると思う。大人が読んでも、いろいろ考えさせられる内容だと思う。
レビュー
第2次世界大戦においてヒットラー率いるナチスの政策のため、
次々とユダヤ人が捕えられ、殺されていった頃、
ユダヤ人であるアンネ・フランクとその家族が
ユダヤ人狩りから逃れるために隠れ家で過ごす様子をマンガで描いたもの。

世界中でベストセラーとなった「アンネの日記」の著者でもあるが、
幼い少女がナチスから逃れるため、
物音を立てないように家の奥の隠し部屋に潜みながら生活を送る様子や
いかにユダヤ人が迫害されていたかがわかりやすく描かれている。

あくまで一個人を主人公に、せいぜい家族の範囲内での話なので
戦争全体の流れや他国の動きなどを知りたい場合は他の書籍を頼るべきだが、
逆に、生活観あふれる戦時中の様子が細かくつかめるのは良い。
実話を元にしているし、最後まで救いがない展開が続くが、
戦争で被害を受けた人々の悲惨さや
アンネの明るい性格を知ることができる。

アンネフランクのおすすめ本・書籍小学館版 学習まんが人物館 アンネ・フランク 小学館版 学習まんが人物館を読みたい方はこちら↓

レビュー・口コミの詳細を見る

『小学館版 学習まんが人物館 アンネ・フランク 小学館版 学習まんが人物館』を読む

3位. アンネフランクのおすすめ本・書籍│『まんが人物伝 アンネ・フランク 日記で平和を願った少女 (角川まんが学習シリーズ)』

アンネフランクのおすすめ本・書籍レビュー│『まんが人物伝 アンネ・フランク 日記で平和を願った少女 (角川まんが学習シリーズ)』

レビュー
娘に買いました
このシリーズは絵がとても可愛くて気に入っている娘
ヘレンケラー、マリアントワネットなど何回も読み直して歴史にも詳しくなりました
もっと種類を増やして欲しいです

アンネフランクのおすすめ本・書籍まんが人物伝 アンネ・フランク 日記で平和を願った少女 (角川まんが学習シリーズ)を読みたい方はこちら↓

レビュー・口コミの詳細を見る

『まんが人物伝 アンネ・フランク 日記で平和を願った少女 (角川まんが学習シリーズ)』を読む

スポンサーリンク

4位. アンネフランクのおすすめ本・書籍│『アンネ・フランクの記憶 (角川文庫)』

アンネフランクのおすすめ本・書籍レビュー│『アンネ・フランクの記憶 (角川文庫)』

レビュー
はじめてアンネの日記を読んでから 30年来の夢であった アンネフランクハウスに この秋 行きました。
気持ちは中学生のころと変わっていずに ただ本棚の向こうに隠された「隠れ家」に好奇心と ミステリアスな雰囲気だけを この目で確かめたいと 悲惨な歴史的背景や 戦争のもたらした悲劇など 考えることもなく物見遊山で 出かける予定をしていた時に この本に出会いました。私と
小川洋子さんとは ほぼ同年代で アンネの日記を 読まれた時期も ほぼ同じす。
ただ 小川洋子さんは アンネの日記を読んだことが きっかけで 作家を目指されました。そして 私のように ただの同情や 感傷ではなく 
アンネを親友のように感じられておられます。この本を読まないままで アンネフランクハウスを訪れなくて ほんとうに良かったと思います。
アンネの短い生涯をたどる旅の紀行文ですが 小川洋子さんのアンネに対する篤い思いと 優しさが 天国に召されたアンネにも きっと届いて
いると感じました。そして 今回は 観光の一部分でしか 行けなかった 私も 小川洋子さんと一緒に アンネの冥福を祈ることができた一冊でした。
レビュー
この二人へのインタビューがある大変貴重な本です。
今ではもう話が聞けないのが残念です。彼女のことを直接知っている人達の
何人もが戦後も沈黙を守って亡くなっているのが残念でもあります。
レビュー
小川洋子さんのアンネとその周囲の人々への愛情あふれる1冊だと思います。
悲劇の少女というだけではなく、生き生きとした、アンネが生きた時間が伝わる内容。
表紙がここに掲載されているものではなかったのがちょっと残念。
この表紙のアンネの写真にも惹かれていたので・・・。
そういう点で☆ひとつマイナスです。本書の内容は☆5つ!
レビュー
小川さんのアンネへの強い愛情を感じました。また自信と同じ母であるエーディットをはじめ、隠れ家に暮らした人たちへの思いやりがありました。

アンネフランクのおすすめ本・書籍アンネ・フランクの記憶 (角川文庫)を読みたい方はこちら↓

レビュー・口コミの詳細を見る

『アンネ・フランクの記憶 (角川文庫)』を読む

5位. アンネフランクのおすすめ本・書籍│『The Diary of Anne Frank (The Definitive Edition)』

アンネフランクのおすすめ本・書籍The Diary of Anne Frank (The Definitive Edition)を読みたい方はこちら↓

レビュー・口コミの詳細を見る

『The Diary of Anne Frank (The Definitive Edition)』を読む

スポンサーリンク

6位. アンネフランクのおすすめ本・書籍│『The Story of Anne Frank アンネ・フランク物語 ラダーシリーズ』

アンネフランクのおすすめ本・書籍レビュー│『The Story of Anne Frank アンネ・フランク物語 ラダーシリーズ』

レビュー
伝記はラダーシリーズ全体的にみても比較的、簡単に読めます。初心者にとってlevel2にしては長くて読み終えるのに時間がかかりました。第二次世界対戦中の、ヒトラー政権によるナチス迫害の背景を英語で読むことができます。簡単な英語でも響くものがあり、心を傷めました。登場人物が多いので少しややこしかったです。
レビュー
アンネフランクの一生を英語で読みたい人にオススメです!
レビュー
重たい話ですが、英語初心者でも引き込まれる本だとおもいます。
レビュー
語学学習教材。アンネの日記の著者であるアンネ・フランクの生い立ちや日記の書き始めた頃の著者の感性などを、日記や周囲の人々の証言などを元にして編纂した書籍である。
第二次世界大戦中のナチスによるユダヤ人虐殺強制収用に関わる人権問題絡みの話であり、幼少期に困難な状況を生き抜くことで、思春期と言う感受性の高い時期に様々な経験をし成人並みの感性を構築した著者の様子が書き綴られている。
若干専門用語が出てくるものの、概ね単語や使用構文は簡素なものであり高校生程度の語学力があれば読み進めることが出来るレベルである。

アンネフランクのおすすめ本・書籍The Story of Anne Frank アンネ・フランク物語 ラダーシリーズを読みたい方はこちら↓

レビュー・口コミの詳細を見る

『The Story of Anne Frank アンネ・フランク物語 ラダーシリーズ』を読む

7位. アンネフランクのおすすめ本・書籍│『学研まんが NEW世界の伝記4 アンネ・フランク』

アンネフランクのおすすめ本・書籍レビュー│『学研まんが NEW世界の伝記4 アンネ・フランク』

レビュー
さすがにアンネ・フランクを可愛く書きすぎやろ…もはや原型がねえ!
って感じだが構成もうまく手堅くアンネを理解できる。

巻末には語録や年表などもありフォローしている。

少女漫画的な演出が多く、死亡シーンでは花や光が飛ぶ(笑)。

アンネフランクのおすすめ本・書籍学研まんが NEW世界の伝記4 アンネ・フランクを読みたい方はこちら↓

レビュー・口コミの詳細を見る

『学研まんが NEW世界の伝記4 アンネ・フランク』を読む

アンネフランクのおすすめ本・書籍ランキング│まとめ

『アンネフランクのおすすめ本・書籍ランキング』いかがでしたでしょうか?

ぜひ、気になったアンネフランクの本・書籍を読んで、あなたの実生活に役立ててみてくださいね!

ぴんと
さいごまで読んでいただき、ありがとうございました!
【Amazon】本を無料で読む方法!

 本を読むときは『Audible』の
『30日間無料体験』がおすすめです!

ライトノベル・小説・ビジネス書など、
400,000冊以上の本が聴き放題!

ぴんと
毎日の料理やジョギング、通勤中など、いつでもどこでも好きな時に聴けるので、1日1冊ラクに本が読めちゃう!
ぴんこ
再生した後でも何回も交換OKだから、
実質無料の「聴き放題サービス」ね!

また、あのメンタリストDaiGoさんも
本を聴くことで1日に3冊は読めるとおすすめしています!

読書やPC作業で目が疲れたときもインプットが続けられますし、移動時間も無駄にならない。

通勤に時間がかかる人なら、少なくても1日1冊分は聴けるんじゃないでしょうか。

テキストをフラットに聴くことにより、文章や論理の構造まできれいに頭に入るので、本がまるごと頭の中に入るような喜びが体感できます。

それによって話すことがうまくなり、言葉も出てきやすくなるので、本を耳で聴くのはおすすめですよ。

引用:なぜDaiGoは「目より耳」で本を読むのか

さらに、人気俳優・声優のボイスが、
本の魅力をさらに引き出しているので、
スキマ時間を有効活用したい人は、この機会をお見逃しなく! 

 
\忙しいあなたも、耳は意外とヒマしてる!/

小説 ビジネス書 ラノベ
40万冊を無料体験で聴く!

スポンサーリンク
スポンサーリンク