【2019年】ブランディングのおすすめ本ランキング7冊!年400冊読む書評ブロガーが紹介!

こんちわ、柿田ぴんとです!

今回は、ブランディングのおすすめ本ランキング7冊を紹介していきます!

目次

\30日間 無料体験中!/
小説 ビジネス書 ライトノベル
40万冊を「無料体験」で聴く

1位. おすすめ本│『「その他大勢」から一瞬で抜け出す技術 過小評価されているあなたを救うスピード・ブランディング』

「その他大勢」から一瞬で抜け出す技術 過小評価されているあなたを救うスピード・ブランディングは、「○○のことなら、あなたに」

○○を埋めるセルフブランディングのヒントを紹介しています!

1 あなたの「売値」はなぜ低いのか?
2 誰でもできるスピード・ブランディングの考え方
3 一瞬で「すごい人」だと思わせる魅せ方
4 一気に周りを味方にする人間関係のつくり方
5 小さな世界でナンバーワンになるブランドの築き方
6 「その他大勢」に差をつけるメディアの使い方
7 ブランディングの達人に学ぶ成功事例インタビュー

など、今の世の中は、「もの」だけでなく「自分」という個人もブランドになり、価値を高めて売っていく方法が満載!

起業したての人はもちろん、起業予備軍、一段上の仕事力をつけたい人におすすめの1冊です!

おすすめ本レビュー│『「その他大勢」から一瞬で抜け出す技術 過小評価されているあなたを救うスピード・ブランディング』

レビュー
ちょっとしたことだけど、確かにやってみると自分がワンランク上の人間になった気になると思う。

そんなに難しいことではない方法で。

自分では何も特徴の無い人間だと思っていても、人はそれぞれ違うもの。

それに自分では気が付いてないだけ。

どうせなら目だって評価されたい!

そこを気づかせて導いてくれる本。

レビュー
「その他大勢」から抜け出したいという気持ちを持っている人は多いと思います。
しかし、そのための心構えや実際にどのような行動に移せば良いのかまで教えてくれている本は多くありません。
この本の素晴らしいところは、読んだ今日から実践できるノウハウが山のように詰め込まれている点です。
ついノウハウの方に目がいってしまいがちなのですが、ビジネスに対する姿勢や心構えも大変参考になりました。
できることからどんどん実践して自分のブランディングにつなげていきたいと思います。

また『「その他大勢」から一瞬で抜け出す技術 過小評価されているあなたを救うスピード・ブランディング』を無料で読みたい人は、

Kindle Unlimited 』の『30日間 無料体験』がおすすめです!

無料体験後も、月額980円で
マンガ・小説・雑誌・ビジネス書など、
1,200,000冊以上の本がいつでも読み放題!

ぴんと
1ヵ月換算すると…
32.6円で好きなだけ本が読める!?
ぴんこ
書店で買うと1500円以上するから、1冊でも読みたい本が見つかれば元が取れる『破格のサービス』ね!

PCやスマホ、さまざまな端末で利用できるので
お得に本を楽しみたい人は、この機会をお見逃しなく!

0円で読み放題!30日間 無料体験する 『「その他大勢」から一瞬で抜け出す技術 過小評価されているあなたを救うスピード・ブランディング』を無料で読む \今なら0円で120万冊が読み放題!/
おすすめ本│『「その他大勢」から一瞬で抜け出す技術 過小評価されているあなたを救うスピード・ブランディング』

スポンサーリンク

2位. おすすめ本│『「売る」から、「売れる」へ。水野学のブランディングデザイン講義』

「売る」から、「売れる」へ。水野学のブランディングデザイン講義は、あらゆるビジネスパーソンが抱えるこの課題をデザイン視点から解決する、

慶應義塾大学の名物講義「ブランディングデザイン」を紹介しています!

第1講 なぜ、いいものをつくっても売れないのか?
(どんな仕事にもデザインの視点が必要になる;デザインを武器としたコンサルティング ほか)

第2講 デザインは誰にでも使いこなせる
(“美大”にひるむのはなぜか;そもそもセンスとはなにか ほか)

第3講 ブランディングでここまで変わる
(世の中をあっと驚かせてはいけない;ブランド力がある企業の3条件とは ほか)

第4講 「売れる魅力」の見つけ方
(“似合う服”を着せる;「らしさ」は「なか」にある ほか)

など、コンサルタントとしても活躍するクリエイティブディレクターの水野学が、
ビジネスや経営における「デザインの正しい使い方」をわかりやすく解説したおすすめの1冊です!

おすすめ本レビュー│『「売る」から、「売れる」へ。水野学のブランディングデザイン講義』


レビュー
「世間をあっと言わせてはいけない」という冒頭の言葉はとても意外だった。「ブランド」とは「らしさ」であり、「見え方のコントロール」なのだそうだ。
水野学氏は自身が考える「ブランディング」とは何か、具体例を多数挙げ、経験談を沢山盛り込んで、分かりやすく解説している。企業の「らしさ」を引き出すのを大切にしている、というのが格好良く感じられた。そのために時間と手間を掛けて企業や周辺について徹底的に調べて「らしさ」のヒントを見いだすという地道で手堅い方法、純粋にクライアントのためにアイデアを練る過程にも感心した。一つ一つの仕事を大切に、クライアントとの信頼関係を築いてきたのだろう。企業に似合う服を着せる、クリエイティブディレクターという仕事の将来性と必要性を強く感じさせてくれる本だった。
レビュー
とても分かりやすくて、参考になりました。専門分野の難しいことを難しい言葉で表現しているものではなく、私のような一般人でも一気に読めました。この分野に興味がなくても面白く、勉強になる内容だと思います。個人的にはもう1つ仕事例があると更に理解を深められたかなと思いました。買ってよかったです!

ブランディングのおすすめ本「売る」から、「売れる」へ。水野学のブランディングデザイン講義を読みたい方はこちら↓

『「売る」から、「売れる」へ。水野学のブランディングデザイン講義』を読む

3位. おすすめ本│『そのサロンには、ヘアカラーがない。: 美容室のためのブランディングのヒント』

そのサロンには、ヘアカラーがない。: 美容室のためのブランディングのヒントは、全ての美容室の魅力をわかりやすい言葉に変える方法を紹介しています!

第一章:人は欲しいものにお金を使い、必要なものを節約する
①美容室年間利用回数5.6回が証明する現実
②欲しいものと必要なもの
③お客様は違いがわからないと価格でしか選べない

第二章:マイナスはゼロに戻すのではなくプラスまで引き上げる
①失客の理由があるのではなく再来店の理由が無い
②髪は伸びてないけど行きたくなる美容室へ
③美容室に行く理由を増やし続ける

第三章:スタッフが明日も行きたくなる美容室には何があるのか?
①人材は育たない?
②企業理念を翻訳する
③全ての女性の為の店に全ての女性は来ない

第四章:あたりまえの檻の外で魅力的な違和感をつくる
①今までの発想の範囲の中では悩みは解決しない
②あたりまえの檻の外に出る方法
③成功事例の罠

第五章:髪は伸びてないけど行きたい美容室のつくり方
①まず企業理念を翻訳する
②翻訳した強み・役割・めざす姿から、誰の為の店なのかを具体化する
③魅力的な違和感のあるサービス・メニューをつくる

など、髪が伸びるのが楽しみなくらいの、
髪が伸びていなくても行きたくなるくらいのお店づくりがわかるおすすめの1冊です!

おすすめ本レビュー│『そのサロンには、ヘアカラーがない。: 美容室のためのブランディングのヒント』

レビュー
ついつい美容師は技術屋さんになってしまいがち
かと言って接客屋さんでもない
果たしてその答えは。。。
がここにあると思います!
レビュー
とにかく読み易く、あっという間に読破してしまいました。
美容業界にいる人間であれば、誰もが成し遂げたい!と思っている「理想像」を実直に追いかけている作者の姿勢に共感しました。
しかも本編の中では、「具体的」に行うことも明確に書かれているため、本当の意味で明日からの取り組みに役立つ一冊だと思います。
美容業界の方だけではなく、ブランディングを必要とする全ての経営者の方にお勧め出来る内容です。

しかも、今なら『Kindle Unlimited』が
30日間 無料体験中』なのでそのサロンには、ヘアカラーがない。: 美容室のためのブランディングのヒント
が無料で読めるのもポイント!

ぴんと
マンガ・小説・雑誌・ビジネス書120万冊以上の本がいつでもどこでも読めるので、この機会をお見逃しなく!

0円で読み放題!30日間 無料体験する 『そのサロンには、ヘアカラーがない。: 美容室のためのブランディングのヒント』を無料で読む \30日間 無料体験中!/
おすすめ本│『そのサロンには、ヘアカラーがない。: 美容室のためのブランディングのヒント』

スポンサーリンク

4位. おすすめ本│『デジタル時代の基礎知識『ブランディング』 「顧客体験」で差がつく時代の新しいルール』

デジタル時代の基礎知識『ブランディング』 「顧客体験」で差がつく時代の新しいルール(MarkeZine BOOKS)は、

「ブランドとは?」
「ブランド戦略とは?」
「強いブランドを持つ利点は?」

こういったブランディングに関する疑問を丁寧に解説しています!

INTRODUCTION どんな会社でもブランド戦略が必要な理由
1 ブランドって何?
2 ブランド戦略って何?
3 デジタルで進化するブランド戦略
4 ブランド戦略の実行
5 ブランド戦略の定着と組織的学習

など、ブランド戦略の基礎やPDCAの回し方が満載!

新時代にふさわしいブランド戦略の基礎と
顧客体験の考え方が身につくおすすめの1冊
です!

おすすめ本レビュー│『デジタル時代の基礎知識『ブランディング』 「顧客体験」で差がつく時代の新しいルール』

レビュー
入門書っぽい感じの装丁ですが、ブランディングのベーシックな考え方と、実用的なノウハウが詰まった本です。
ブランディングはなかなか奥が深いのでこれを読んだだけで実践することは難しいと思いますが、業界のプロの思考方法を理解することは、すべてのビジネスパーソンに有効だと思います。
レビュー
MBAを学んでいたので、真新しいものが多いわけではありませんでしたが、とても分かりやすく書かれていて良かったです。
良い振り返りにもなりましたし、ゼロから学ぶ方には特にインプットしやすいと思いますので、おすすめです!

ブランディングのおすすめ本デジタル時代の基礎知識『ブランディング』 「顧客体験」で差がつく時代の新しいルール(MarkeZine BOOKS)を読みたい方はこちら↓

『デジタル時代の基礎知識『ブランディング』 「顧客体験」で差がつく時代の新しいルール(MarkeZine BOOKS)』を読む

5位. おすすめ本│『ブランディングの基本 この1冊ですべてわかる』

ブランディングの基本 この1冊ですべてわかるは、ブランドの意味、マーケティングやプロモーションとの違いなどの基本から、SNSの効果、ブランド・ストーリーのつくり方、顧客との絆の築き方、ブランディング業務の進め方を紹介しています!

第1章 ブランディングに欠かせない要素(ブランドとは?―消費者の頭の中にあるという点で商品とは異なる;ブランド価値1 消費者にとってのブランド価値とは? ほか)
第2章 ブランディング実務への準備段階(ブランディング実務の全体像をみる―顧客満足を高め、収益の貢献に転換させる;ブランディング実務の準備1 ブランディングの背景―ブランドをブレないものにするための必須条件 ほか)
第3章 ブランディングと顧客ステージ(顧客ステージ区分について―ステージごとに顧客の状態と意識は異なる;顧客の意識を把握する―こちらを向いているときの投資効率がもっとも高い ほか)
第4章 価値創造のためのアプローチ方法(ブランド価値創造のための8つの方向―ブランド・ストーリーから外れずにアイデアを効率よくまとめる;コンテンツ提供価値を創るための4つの方向―「逸話」「情景」「提案」「証明」の扱い方 ほか)
第5章 ブランディング・プロジェクト推進の実務ポイント(全社共有のポイント1 プロジェクトとして進行する―“4軸8視点”を満たすメンバーで進めるのが理想;全社共有のポイント2 プロジェクトでの価値創造―複雑な状況下でどうやって回答らしきものをみつけるのか ほか)

など、実例も豊富なので、
広報・PR担当者、コンサルタントの実務にも役立つ実用書として、幅広くおすすめの1冊です!

おすすめ本レビュー│『ブランディングの基本 この1冊ですべてわかる』

レビュー
ブランディングについて、ここまで綺麗に整理できている本は見たことがないと思います。
抽象的に論じている本は沢山あるのですが、それが具体例でまとめられていて、大変勉強になりました。私は会社を経営しているのですが、
社員全員にこの本を買わせて意識を統一することにしました。特に、ブランドストーリーとの一貫性の部分は、ともすると忘れてしまう部分なので、こういった本があると非常に便利です。
著者の他の本も読んでみたくなる本でした。
レビュー
以前、組織でマーケティング部員として苦労してきた身分からしても、安原氏の本は信頼できます。専門的知識を初心者にもわかりやすく噛み砕くのは大変なこと。氏の本はマーケティング初心者にも教科書として取り入れる会社が多いと聞いていますが、うなずける。今回もそんな本!ブランディングというふわっとした言葉をしっかり定義してあり、さらにはそれに取組むワークショップ手法まで書かれていて、なんとも中身の分厚い本でした。といっても、ただの素人にはやはりテーマが難解だと思います。実務に携わる人達にはおすすめの本です。筆者個人的には前書きを読むだけでも、がつん!と来ました。

ブランディングのおすすめ本ブランディングの基本 この1冊ですべてわかるを読みたい方はこちら↓

『ブランディングの基本 この1冊ですべてわかる』を読む

スポンサーリンク

6位. おすすめ本│『戦わずして勝つ、ビジネスブランディング術』

戦わずして勝つ、ビジネスブランディング術: これが「口コミ」と「紹介」のみで成功する、ビジネスの本質である! (Arch Core Publishing)は、企業・個人問わず、ビジネスブランディングを手がけてきた、第一人者、

多陀賢二がデザインやコンサルティングを通して携わってきたことを紹介しています!

<第一章 ビジネスをはじめる前に>
■ 戦わずして勝つということ
■ すべては「見た目」からはじまる
■ デザインを変えたら、儲かるか?
■ ビジネスブランディングでスタートダッシュする
■ そして、絶対に売り込まない
■ ブランディングで大切なのは「素材」
■ プロフィール写真は「好み」ではなく「相応しいかどうか」
■ やるべきことをやる
■ 値決めがその後を左右する
■ 考えるなと言われても考えるくらい好きなことか
■ 強みを見つけるためのワーク

<第二章 伝えることからしか、はじまらない>
■ まず「伝えること」からはじめよう
■ 自分のそのままを出すこと
■ 他人の目を気にする日本人
■ どんなものにも段階があることを知る
■ できないことは考えてはいけない、できることにのみフォーカスする
■ 何事も「やってみる」「言ってみる」からはじめる
■ あなたが本当に考えなければならないこととは?
■ わかりやすい判断基準を身につけよう
■ 誰も売り込みたくないし、売り込まれたくない
■ カタチにしないと何もはじまらない
■ 時代の波に乗る
■一手間も二手間もかける
■ 紹介しやすい人になる
■ 前世喫茶から学ぶ「口コミ」の仕組み
■ 紹介してもらいやすい仕組みづくり
■ 説明しないとわからないはダメ、一目でわかるが大事

<第三章 あなたのビジネスを一気に加速する!>
■ 今まで逃していた損失見込み客がいることを知る
■ 何でも叶う! 究極の優先順位の付け方
■ 勝つしかないプレゼンの極意
■ お客様の言うことを聞いてはいけない
■ 本当の顧客満足度とは
■ 数字だけが結果ではない、もうひとつの結果とは
■ 仕事をした後に必ずもらわなければならないもの
■ 質の良い「お客様の声」をいただく工夫
■ 文句を言うより、言われる人になろう
■ 仕事とは、人をシアワセにすること

など、ビジネスをやっているすべての人におすすめの1冊です!

おすすめ本レビュー│『戦わずして勝つ、ビジネスブランディング術』

レビュー
こんなビジネス書を待っていました。
とにかく理解しやすく実践に活かしやすい!!

専門用語や横文字もなく、実にシンプルで的を得た内容です。

ワークショップ形式の部分は、是非とも書き留めながら読み進める事をお勧めします。

速読することなく、じっくりと読み進めて欲しい本です。

正直、ライバル、同業者には教えたくないですね(笑)

これまでのビジネス書の中で、No.1です!!

レビュー
題名は難しそうですが、とってもわかりやすい。

冒頭に書いていたのですが『言われれば当たり前』でも『言われなければ一生気がつかない』

そこに気がついてなかった~。気付くと行動が変わります。

面白かったです

Kindle Unlimited』の30日間 無料体験中』なら戦わずして勝つ、ビジネスブランディング術: これが「口コミ」と「紹介」のみで成功する、ビジネスの本質である! (Arch Core Publishing)が無料で読めるので、この機会をお見逃しなく!

0円で読み放題!30日間 無料体験する 『戦わずして勝つ、ビジネスブランディング術: これが「口コミ」と「紹介」のみで成功する、ビジネスの本質である! (Arch Core Publishing)』を無料で読む \今なら0円で120万冊が読み放題!/
おすすめ本│『戦わずして勝つ、ビジネスブランディング術: これが「口コミ」と「紹介」のみで成功する、ビジネスの本質である! (Arch Core Publishing)』

7位. おすすめ本│『体験デザインブランディング コトの時代の、モノの価値の作り方』

体験デザインブランディング コトの時代の、モノの価値の作り方は、本当に強い企業だけが知っているブランド戦略「体験デザイン」を紹介しています!

第1章 ブランドと体験
第2章 体験デザイン―企業のブランディング事例
第3章 ブランディングにおけるデザインとプレーヤーの役割
第4章 体験デザインのつくり方
第5章 体験デザインの実践―「一番搾りフローズンガーデン」
第6章 デザインイノベーションへの挑戦―「表参道布団店。」

など、これまで語られることのなかった「体験」によるブランディングの方法論が満載!

戦略、シナリオから、デザインに落とし込むまでの視点や手法を解説するおすすめの1冊です!

おすすめ本レビュー│『体験デザインブランディング コトの時代の、モノの価値の作り方』

レビュー
巷で言われる「体験型」や「ブランドエクスペリエンス」という言葉を体系化しようとしている本です。広告会社で空間デザインを取り組んでいた著者が、「体験」という視点で様々なブランドを分析し、著者自身の業務実例を交えて「体験つくり」の実践方法等を解説しています。ブランドに関わる仕事をしていれば一つの視点として参考になる内容だと思います。
レビュー
現在、様々なブランディングの本がありますが、大手広告代理店出身の著者の実体験をベースに、ブランディングそのものを追求していく内容でとても分かりやすく面白かったです。

Kindle Unlimited』の30日間 無料体験中』なら体験デザインブランディング コトの時代の、モノの価値の作り方が無料で読めるので、この機会をお見逃しなく!

0円で読み放題!30日間 無料体験する 『体験デザインブランディング コトの時代の、モノの価値の作り方』を無料で読む \今なら0円で120万冊が読み放題!/
おすすめ本│『体験デザインブランディング コトの時代の、モノの価値の作り方』

ブランディングのおすすめ本ランキング│まとめ

『ブランディングのおすすめ本ランキング7冊』いかがでしたか?

ぜひ、気になったブランディングの本を読んで、あなたの人生に役立ててみてくださいね!

ぴんと
さいごまで読んでいただき、ありがとうございました!
【Amazon】本を無料で読む方法!

 本を読むときは『Audible』の
『30日間無料体験』がおすすめです!

ライトノベル・小説・ビジネス書など、
400,000冊以上の本が聴き放題!

ぴんと
毎日の料理やジョギング、通勤中など、いつでもどこでも好きな時に聴けるので、1日1冊ラクに本が読めちゃう!
ぴんこ
再生した後でも何回も交換OKだから、
実質無料の「聴き放題サービス」ね!

また、あのメンタリストDaiGoさんも
本を聴くことで1日に3冊は読めるとおすすめしています!

読書やPC作業で目が疲れたときもインプットが続けられますし、移動時間も無駄にならない。

通勤に時間がかかる人なら、少なくても1日1冊分は聴けるんじゃないでしょうか。

テキストをフラットに聴くことにより、文章や論理の構造まできれいに頭に入るので、本がまるごと頭の中に入るような喜びが体感できます。

それによって話すことがうまくなり、言葉も出てきやすくなるので、本を耳で聴くのはおすすめですよ。

引用:なぜDaiGoは「目より耳」で本を読むのか

さらに、人気俳優・声優のボイスが、
本の魅力をさらに引き出しているので、
スキマ時間を有効活用したい人は、この機会をお見逃しなく! 

 
\忙しいあなたも、耳は意外とヒマしてる!/

小説 ビジネス書 ラノベ
40万冊を無料体験で聴く!

スポンサーリンク
スポンサーリンク