【2019年】量子力学のおすすめ本ランキング8冊!年400冊読む書評ブロガーが紹介!

こんちわ、柿田ぴんとです!

今回は、量子力学のおすすめ本ランキング8冊を紹介していきます!

目次

\30日間 無料体験中!/
小説 ビジネス書 ライトノベル
40万冊を「無料体験」で聴く

1位. おすすめ本│『「量子論」を楽しむ本 ミクロの世界から宇宙まで最先端物理学が図解でわかる!』

「量子論」を楽しむ本 ミクロの世界から宇宙まで最先端物理学が図解でわかる! (PHP文庫)は、素粒子のしくみから宇宙創生までを解明する鍵となる物理法則「量子論」を紹介しています!

序章 量子論の世界へようこそ
1章 量子の誕生―量子論前夜
2章 原子の中の世界へ―前期量子論
3章 見ようとすると見えない波―量子論の完成
4章 自然の本当の姿を求めて―量子論の本質に迫る
5章 枝分かれしていく世界―解釈問題を追う
6章 究極の理論へ向けて―量子論が切り開く世界

など、量子力学のポイントを平易な文章と図解を駆使して徹底解説!

図やイラストを多数使って初心者向けにわかりやすく、
最先端物理学の不思議な世界を手軽に味わうことができるおすすめの1冊です!

おすすめ本レビュー│『「量子論」を楽しむ本 ミクロの世界から宇宙まで最先端物理学が図解でわかる!』

レビュー
入門書としては好適だと思う。
量子の発見から、量子論としての発展経緯を追いながら、基本的な議論の内容を知ることができます。
各章の始めにイントロダクションが、終わりにまとめがあります。始めではそれまでの内容とのつながりと章の説明概要が分かり、終わりの部分では章の内容をまとめてくれるので頭の中が整理されて読みやすいです。
また通常の解説書とは語り口がかなり違うので執筆者の努力を感じます。たとえて言えば、学校で講師に直接講義を受けているような感じがします。難しい議論や数式の誘導はあっさりと切り離しているのも良かったです。
巻末には参考文献、しかも一般的な啓蒙書の範囲、がリストアップされているのも好感が持てます。
レビュー
数式を極力省いた解説であるにも関わらず、極端な消化不良も起こすことなく、最後まですっきりと読めました。なんといっても、説明がうまい!と思わずうなってしまうような文章の構成でした。それぞれの章ごとに、頭に概説をもってきておいて、それを一気に説明する方法は、読んでいる方としては非常に頭に入ってきやすいものでした。単純にお勧めできます。

量子力学のおすすめ本「量子論」を楽しむ本 ミクロの世界から宇宙まで最先端物理学が図解でわかる! (PHP文庫)を読みたい方はこちら↓

『「量子論」を楽しむ本 ミクロの世界から宇宙まで最先端物理学が図解でわかる! (PHP文庫)』を読む

スポンサーリンク

2位. おすすめ本│『ねこ耳少女の 量子論 萌える最新物理学』

ねこ耳少女の 量子論 萌える最新物理学は、人気テレビ番組「たけしのコマ大数学科」の解説でおなじみの「猫好き科学ライター」竹内薫氏原作による、萌え量子論コミック

耳、とがってますけど!
量子は挙動不審です
量子は『態度』なんだよね
量子には個性がないのです
量子テレポーテーション!?
量子はデジタルな感じデス
光は波でツブで量子です
超ひも理論ってなんですか?
量子の天気予報
シュレディンガーはヒドイです
量子の暗号なら安心です
さよなら、あいりちゃん
彼女のいない世界

など、ストーリー漫画を読み進むうちに、
まるで脳にしみこむように自然に量子論のイロハが理解できてしまうおすすめの1冊です!

おすすめ本レビュー│『ねこ耳少女の 量子論 萌える最新物理学』

レビュー
原子とか素粒子についての理論の簡単な全体像が見えるようになります。
少しでも興味がある人は読んで損はないでしょう。
高校で物理や化学を勉強してる人に是非読んでほしい。
表紙その他で変な先入観を持たれやすいかもしれませんが
内容はしっかりしています。
これで500円は安いと思います。
レビュー
コンビニで見かけて立ち読みしてみたが実に良くできた本だと思う。
量子力学や量子化学に入る前の量子論概論が
マンガでわかりやすく解説されており大学の教養課程で躓きかけた人などは
一度この本に縋ってみるのもよいだろう。
小難しい数式は出てこないので試験対策にはならないが
「不確定性原理」とか「電子の粒子性と波動性」などを概念的には理解できるはず。
監修がしっかりしている点と価格が500円とリーズナブルな点も評価が高い。
「シュレーディンガーの猫って何だったっけ?」という人は一度手に取ってみてはいかがだろうか。

また『ねこ耳少女の 量子論 萌える最新物理学』を無料で読みたい人は、

Kindle Unlimited 』の『30日間 無料体験』がおすすめです!

無料体験後も、月額980円で
マンガ・小説・雑誌・ビジネス書など、
1,200,000冊以上の本がいつでも読み放題!

ぴんと
1ヵ月換算すると…
32.6円で好きなだけ本が読める!?
ぴんこ
書店で買うと1500円以上するから、1冊でも読みたい本が見つかれば元が取れる『破格のサービス』ね!

PCやスマホ、さまざまな端末で利用できるので
お得に本を楽しみたい人は、この機会をお見逃しなく!

0円で読み放題!30日間 無料体験する 『ねこ耳少女の 量子論 萌える最新物理学』を無料で読む \今なら0円で120万冊が読み放題!/
おすすめ本│『ねこ耳少女の 量子論 萌える最新物理学』

3位. おすすめ本│『量子力学で生命の謎を解く』

量子力学で生命の謎を解くは、量子力学が明らかにする生命現象の畏るべき秘密を紹介しています!

第1章 はしがき
第2章 生命とは何か?
第3章 生命のエンジン
第4章 量子のうなり
第5章 ニモの家を探せ
第6章 チョウ、ショウジョウバエ、量子のコマドリ
第7章 量子の遺伝子
第8章 心
第9章 生命の起源
第10章 量子生物学―嵐の緑の生命
エピローグ 量子革命

など、生物の持つさまざまな謎を取り上げ、
量子力学の不気味な世界について平たく解説しながら、

量子力学を使ってどのようにして生命の謎を解決できるかをひもとくおすすめの1冊です!

おすすめ本レビュー│『量子力学で生命の謎を解く』

レビュー
古い知識を更新せず「量子生物学」という概念の存在も知らず、若者達と会話した時に「あ、この人古い情報知識を更新しない人なんだ」と思われたくなかったら必読と思われます(笑)。めっちゃ面白い。

量子力学のおすすめ本量子力学で生命の謎を解くを読みたい方はこちら↓

『量子力学で生命の謎を解く』を読む

スポンサーリンク

4位. おすすめ本│『量子論に聞いてみよう: エネルギーの観点から眺めると世界が違って観えてきます。』

量子論に聞いてみよう: エネルギーの観点から眺めると世界が違って観えてきます。は、量子論を、学術的な見地から離れて紹介しています!

あらゆるモノの本質は、エネルギーで出来ていることに気づくおすすめの1冊です!

おすすめ本レビュー│『量子論に聞いてみよう: エネルギーの観点から眺めると世界が違って観えてきます。』

レビュー
これはわかりやすい!
量子論をここまでわかりやすく日常の例を
あげながら書いている本も少ないと思う。
かなりおすすめです。
レビュー
量子論ってだけで、苦手意識がありましたが、blogを読んで、著書を読んでみると分かりやすく書いてあることがすごく分かります。量子ちゃんとよんだり、かわいい❤️と思って楽しく読ませていただきました!もっと繰り返し読んで量子ちゃんをちゃんと自分のものにしたい内容だと思いました。

しかも、今なら『Kindle Unlimited』が
30日間 無料体験中』なので量子論に聞いてみよう: エネルギーの観点から眺めると世界が違って観えてきます。
が無料で読めるのもポイント!

ぴんと
マンガ・小説・雑誌・ビジネス書120万冊以上の本がいつでもどこでも読めるので、この機会をお見逃しなく!

0円で読み放題!30日間 無料体験する 『量子論に聞いてみよう: エネルギーの観点から眺めると世界が違って観えてきます。』を無料で読む \30日間 無料体験中!/
おすすめ本│『量子論に聞いてみよう: エネルギーの観点から眺めると世界が違って観えてきます。』

5位. おすすめ本│『マンガでわかる量子力学』

マンガでわかる量子力学は、量子力学のストーリーをわかりやすく紹介しています!

プロローグ 一寸法師とおやゆび姫
第1章 「半分の半分の半分…」は?
第2章 原子が「アトム」ではなくなったとき
第3章 原子の中はどうやって探る?
第4章 量子力学がなければ原子は壊れてしまう
第5章 物質の正体を突きつめていくとオバケになる?
エピローグ 量子力学は「他の世界」にも及んでいる
巻末付録 シュレーディンガー方程式を解いてみよう!

など、物理学者になりたかったという著者の渾身の作だけあって、内容を理解して描いており、読者に自分で解かせて理解させようとする熱意が感じられるおすすめの1冊です!

おすすめ本レビュー│『マンガでわかる量子力学』

レビュー
文系理系関係なくわかりやすいと思います。
文系ならば数式は無視してストーリーを読むだけでも、量子力学のストーリーが分かります。
極小世界を支配する技術は、日本がアメリカやドイツと並んで進んでおり、理論の応用に触れていないのが欠点だと思います。
理系で物理や化学、確立などの数式も含めて、理解できることは、やはり理系では量子力学が最大のステータスです。
量子力学さえ分かれば、世界中のどこでも仕事があるのです。
相対性理論では天文学を扱いますが、そちらは理解してもはっきり言ってステータスにはあまりなりません。
レビュー
なぜ量子力学というような一見奇妙な物理理論が発展してきたのかを歴史的に明示してくれるので、非常に分かりやすいです。量子力学に至るまでの研究者たちの思考を追体験できるイメージです。

量子力学のおすすめ本マンガでわかる量子力学を読みたい方はこちら↓

『マンガでわかる量子力学』を読む

スポンサーリンク

6位. おすすめ本│『マンガでわかる量子力学 日常の常識では計りしれないミクロな世界の現象を解き明かす (サイエンス・アイ新書)』

マンガでわかる量子力学 日常の常識では計りしれないミクロな世界の現象を解き明かす (サイエンス・アイ新書)は、量子論の理解が一段ずつ深まった順に一歩一歩解説しています!

第1章 量子論以前のミクロな世界―古典論の描像
第2章 ミクロな世界は非常識!―古典論の破綻
第3章 ミクロな世界は跳び跳びだ!―量子論の夜明け
第4章 ミクロな世界は2つの顔をもつ―波と粒子の二重性
第5章 2つあった正しい道―量子力学の完成
第6章 ミクロな世界は不確定で確率的!―新しい考え
第7章 身の周りは量子だらけ!?―量子論が支える現代文明
第8章 対称な世界―素粒子物理学の発展
第9章 時空と世界の理―量子論の将来
第10章 量子論的には月はそこにあるのか?―量子論のパラドックス

など、ニュートン力学や万有引力などのさまざまな物理理論が満載!

ミクロな世界の不思議を理解できるおすすめの1冊です!

おすすめ本レビュー│『マンガでわかる量子力学 日常の常識では計りしれないミクロな世界の現象を解き明かす (サイエンス・アイ新書)』

レビュー
分かりやすく面白かったです。内容は当然難しいのですが、萌え絵のミニマンガで頭をクールダウンできます。最新科学の現状を知れて参考になりました。

量子力学のおすすめ本マンガでわかる量子力学 日常の常識では計りしれないミクロな世界の現象を解き明かす (サイエンス・アイ新書)を読みたい方はこちら↓

『マンガでわかる量子力学 日常の常識では計りしれないミクロな世界の現象を解き明かす (サイエンス・アイ新書)』を読む

7位. おすすめ本│『単位が取れる量子力学ノート』

単位が取れる量子力学ノート (KS単位が取れるシリーズ)は、量子力学の単位を取りたい大学生のために、試験に頻出する問題を紹介しています!

量子力学の学び方
高校物理で解ける量子力学
粒子性と波動性
波動の基本
シュレーディンガー方程式を導く
波動関数の確率解釈
シュレーディンガー方程式を解く
水素原子(角ψ方向の解;角θ方向の解;γ方向の解)
角運動量
量子力学の構造(演算子・固有値・固有関数;不確定性原理と交換子;マトリックス表示とスピン)
エピローグ―哲学風考察
付録 やさしい数学の手引き

など、イメージをはぐくむ豊富なイラストと、
いままでになかった懇切丁寧な解説で、
量子力学の不思議な世界をたっぷり堪能できるおすすめの1冊です!

おすすめ本レビュー│『単位が取れる量子力学ノート』

レビュー
量子力学を独習している1理系人間です。量子力学の本って啓蒙書(数式無しでもって言う奴)かそれを過ぎるといきなり物理科向けの専門書になってしまい中間が少ないように感じていました。この本はまさしく私のような中間層向けですね。大学初年度程度の数学の知識はあった方が良いです-必ずしも必要とされていませんが-。物理の人間でなくとも計算してみようという気にさせてくれる本です
レビュー
3年経った今でもたまに読みたくなる名著。
大学1年で習う力学と電磁気の知識と高校物理の知識があれば読める本であり、量子力学の本質が理解できる本。量子力学をゼロから学びたい人はまずこれを読んでほしい。全体を通してわかりやすいし素晴らしいの一言ですが特に、付録のラプラシアンの導出が素晴らしいです。

量子力学のおすすめ本単位が取れる量子力学ノート (KS単位が取れるシリーズ)を読みたい方はこちら↓

『単位が取れる量子力学ノート (KS単位が取れるシリーズ)』を読む

8位. おすすめ本│『完全独習量子力学 前期量子論からゲージ場の量子論まで』

完全独習量子力学 前期量子論からゲージ場の量子論まで (KS物理専門書)は、エネルギー量子の発見、波動関数・行列力学の成立から、くりこみ群、ヒッグス機構を紹介しています!

第1部 前期量子論(粒子と波動の二重性)
第2部 量子力学(行列力学と波動力学;量子力学の一般的定式化;量子力学の初等的応用;スピンの発見;量子統計;ディラック方程式)
第3部 相対論的場の量子論(素粒子の場の量子化;量子電気力学と経路積分による量子化;くりこみ理論)
第4部 非可換ゲージ場の量子論(非可換ゲージ場理論―量子色力学;電弱相互作用―電磁力と弱い力の統一)

など、前期量子論から始まる基礎を網羅し、
量子力学のハイレベルな理解にたどり着くおすすめの1冊です!

おすすめ本レビュー│『完全独習量子力学 前期量子論からゲージ場の量子論まで』

レビュー
数学は重力方程式であるべきか?
数理はS^2で閉じれるか?
物理は、開いているか。閉じているか?

以上に関する、論破を楽しむべきです。

近代建築様式以来の画期的宇宙論入門として、現代人の必携です。

量子力学のおすすめ本完全独習量子力学 前期量子論からゲージ場の量子論まで (KS物理専門書)を読みたい方はこちら↓

『完全独習量子力学 前期量子論からゲージ場の量子論まで (KS物理専門書)』を読む

量子力学のおすすめ本ランキング│まとめ

『量子力学のおすすめ本ランキング8冊』いかがでしたか?

ぜひ、気になった量子力学の本を読んで、あなたの人生に役立ててみてくださいね!

ぴんと
さいごまで読んでいただき、ありがとうございました!
【Amazon】本を無料で読む方法!

 本を読むときは『Audible』の
『30日間無料体験』がおすすめです!

ライトノベル・小説・ビジネス書など、
400,000冊以上の本が聴き放題!

ぴんと
毎日の料理やジョギング、通勤中など、いつでもどこでも好きな時に聴けるので、1日1冊ラクに本が読めちゃう!
ぴんこ
再生した後でも何回も交換OKだから、
実質無料の「聴き放題サービス」ね!

また、あのメンタリストDaiGoさんも
本を聴くことで1日に3冊は読めるとおすすめしています!

読書やPC作業で目が疲れたときもインプットが続けられますし、移動時間も無駄にならない。

通勤に時間がかかる人なら、少なくても1日1冊分は聴けるんじゃないでしょうか。

テキストをフラットに聴くことにより、文章や論理の構造まできれいに頭に入るので、本がまるごと頭の中に入るような喜びが体感できます。

それによって話すことがうまくなり、言葉も出てきやすくなるので、本を耳で聴くのはおすすめですよ。

引用:なぜDaiGoは「目より耳」で本を読むのか

さらに、人気俳優・声優のボイスが、
本の魅力をさらに引き出しているので、
スキマ時間を有効活用したい人は、この機会をお見逃しなく! 

 
\忙しいあなたも、耳は意外とヒマしてる!/

小説 ビジネス書 ラノベ
40万冊を無料体験で聴く!

スポンサーリンク
スポンサーリンク