【2021年】dtmのおすすめ本・書籍ランキング7冊!年400冊読む書評ブロガーが紹介!

こんちわ、柿田ぴんとです!

今回は、dtmのおすすめ本・書籍ランキング7冊を、高評価レビューも加えてご紹介します!

目次

\30日間 無料体験中!/
小説 ビジネス書 ライトノベル
40万冊を「無料体験」で聴く

1位. dtmのおすすめ本・書籍│『いちばんわかりやすいDTMの教科書 改訂版 (MIDI、AUDIOデータダウンロード対応)』

dtmのおすすめ本・書籍レビュー│『いちばんわかりやすいDTMの教科書 改訂版 (MIDI、AUDIOデータダウンロード対応)』

レビュー
いい本を手頃に買えて良かったです。何回も読み直して、勉強してます。
レビュー
Cubaseを使ってます。初心者にも分かりやすい構成でハードウェアの変遷も参考になります。
データを参考に実践してゆけるので時間をかけてゆっくりとスキルを身につけることが可能です。
DTMの解説書籍の中では分かりやすい一冊です。
レビュー
色々なソフトを紹介している。図も豊富。情報は更新してくれれば星5。

dtmのおすすめ本・書籍いちばんわかりやすいDTMの教科書 改訂版 (MIDI、AUDIOデータダウンロード対応)を読みたい方はこちら↓

レビュー・口コミの詳細を見る

『いちばんわかりやすいDTMの教科書 改訂版 (MIDI、AUDIOデータダウンロード対応)』を読む

スポンサーリンク

2位. dtmのおすすめ本・書籍│『DTM打ち込みフレーズ制作技法』

dtmのおすすめ本・書籍レビュー│『DTM打ち込みフレーズ制作技法』

レビュー
ドラムは打ち込みパターンは勿論、フィルインのパターンまで記載されています。それもAメロ終わりの軽いフィルイン、サビ行く前の流れを変えるフィルインなどフィルインの種類の豊富です。フィルインのパターンを掲載されているのはこの本だけだと思います。ロックやバラードならさまざまなジャンルのドラムパターンがあるので、自作の合うパターンを選んで、曲の節目(イントロ、Aメロ、Bメロ終わり)にそれぞれフィルインを差し込めばそれでドラムパターンは完成です。あとはそのリズムパターンを元にベースやギターストロークやアルペジオを入れていけば、それだけで自作曲は、大まかではありますが、完成します。
かなり重宝する本ですので、特にDTMで作曲してみたい初心者には超おすすめです。
レビュー
配送業者は迅速でお手紙もありほっこりしました。
中の内容は色々あり便利そうですが、まだしっかり読めてません(⌒-⌒;)
多分初心者にはオススメです。
レビュー
結構厚い本ですが、扱っている楽器やジャンルも様々なので
とりあえずそれぞれのポイントのみを押さえる感じです。
たとえばストリングスなど特定のパートで打ち込み経験はある程度あるけれど
どうも難しくてうまく行かないと言った場合には
そのパート専門に勉強できる教材を入手した方が良いように思います。

各楽器にそれほど沢山の譜例があるわけではないので
自分が打ち込んでいる曲に応用する場合、それなりの知識が必要になります。
そのためか、楽器にそったボイシングの解説などもついています。
読み手にもガッツを要求しますが、作者もかなりの困難に挑む覚悟で書いている印象を受けます。

自分が親しんできたジャンルや楽器については
どうしても物足りなくなると思いますが
普段使わない音色に手をだしたり
なんとかっぽさが欲しいといった状況で手元にあると役立つ
ありそうでなかった本です。

レビュー
とにかく打ち込み技術がパートごとにもりだくさんなので

教科書として活用できるかと思います。

実際、打ち込まれたデータを読み込むこともできるので

この打ち込みからヒントが得られることは間違いないかと思います。

ただ自分の場合はソナー8,5でスティックが960なのに対し
本書では480スティックであるために、ずらして打ち込むのに注意深く
観なければならない所があります。

これは仕方のないことですが・・・

dtmのおすすめ本・書籍DTM打ち込みフレーズ制作技法を読みたい方はこちら↓

レビュー・口コミの詳細を見る

『DTM打ち込みフレーズ制作技法』を読む

3位. dtmのおすすめ本・書籍│『サウンド&レコーディング・マガジン 2019年3月号』

dtmのおすすめ本・書籍レビュー│『サウンド&レコーディング・マガジン 2019年3月号』

レビュー
電気グルーヴのカレンダー欲しさに購入しました。2人は仲良くてそのおかげで私の大好きな音が出来上がっている。もう最高!
レビュー
マルチコアとDAWに関する知識があやふやでしたので購入しました。
Macなので多分関係ないと思いますがDPCスパイクとUSBとの兼ね合いも記事になったら読みたい気も。
レビュー
MacBookProがDAWに使ってる重いプラグインでシンドイ場面に遭遇する度に、コンピューター
の買い替え時かな?と考えていたが、どんなスペックのCPUやコア数が自分にとって適切なのかを
判断するための得難い情報が得られ、大変役立ちました。
レビュー
Primeリーディング、何回表示しなおしても
表紙がめくれず中が読めない、悲しい思いをしました。
CDの販売や配信停止もかなり衝撃でしたが、
DGが表紙だからって雑誌まで規制されるなんて!

…いやー、右開きだったんですね(笑)。

PCの前で、レビューには到底書けないような単語を連ねて
口汚く罵りまくってしまい本当に申し訳ありません。
巻頭インタビューの2人が仲良すぎて嫉妬。
わりと真面目な音楽談義につい油断して
「まりん・マンソンの。」でキーボードにお茶をこぼしました。

dtmのおすすめ本・書籍サウンド&レコーディング・マガジン 2019年3月号を読みたい方はこちら↓

レビュー・口コミの詳細を見る

『サウンド&レコーディング・マガジン 2019年3月号』を読む

スポンサーリンク

4位. dtmのおすすめ本・書籍│『Cubase Pro』

dtmのおすすめ本・書籍レビュー│『Cubase Pro』

レビュー
表紙が黄色なので如何なものかとも思ったが、
ほかと読み比べると、一番平行のとれた内容でした。

深くは突っ込んでいないけど、かもなく不可もない出来。
ただ後半の実践編は個人の趣味によるので、とばしましたけど。

まずは、この本で学んで実践するのがいいと思います。

レビュー
まさに、今、役に立っています。ソフトの見た目に威圧されていてはお金がもったいないですよね。そんな方(それは私のことなんですが)、自分でビギナーだと自覚している方には純粋にオススメですよ。そんな難しくばかりには造られていませんよねCubasePro9は、きっと。
レビュー
音楽の勉強のために購入
結構わかりやすくてよかった
レビュー
内容はわかりやすく見やすく、直感的に理解できます。基礎知識から丁寧に説明されており、広く音を取り扱う分野に応用して利用しています。コラムでより深く著者の考えが書かれており、キーワードが自身の作業のヒントになっています。

dtmのおすすめ本・書籍Cubase Proを読みたい方はこちら↓

レビュー・口コミの詳細を見る

『Cubase Pro』を読む

5位. dtmのおすすめ本・書籍│『ボカロビギナーズ!ボカロでDTM入門 第二版 (NextPublishing)』

dtmのおすすめ本・書籍レビュー│『ボカロビギナーズ!ボカロでDTM入門 第二版 (NextPublishing)』

レビュー
まだまだ読み込みが足りないところもありますがそれでも基礎の大事なところは知ることができました。初心者にオススメです。

dtmのおすすめ本・書籍ボカロビギナーズ!ボカロでDTM入門 第二版 (NextPublishing)を読みたい方はこちら↓

レビュー・口コミの詳細を見る

『ボカロビギナーズ!ボカロでDTM入門 第二版 (NextPublishing)』を読む

スポンサーリンク

6位. dtmのおすすめ本・書籍│『DAWで学ぶリズム打ち込み入門 Cubase / Studio One /』

dtmのおすすめ本・書籍レビュー│『DAWで学ぶリズム打ち込み入門 Cubase / Studio One /』

レビュー
リズムについて全くの初心者ですがかなり参考になりました。購入してとても良かったです。

dtmのおすすめ本・書籍DAWで学ぶリズム打ち込み入門 Cubase / Studio One /を読みたい方はこちら↓

レビュー・口コミの詳細を見る

『DAWで学ぶリズム打ち込み入門 Cubase / Studio One /』を読む

7位. dtmのおすすめ本・書籍│『Logic Pro Xで始めるDTM&曲作り ビギナーが中級者になるまで使える操作ガイド+楽曲制作テクニック』

dtmのおすすめ本・書籍レビュー│『Logic Pro Xで始めるDTM&曲作り ビギナーが中級者になるまで使える操作ガイド+楽曲制作テクニック』

レビュー
わかりやすい!
内容も豊富で、勉強になる!
他の本よりも見やすくておすすめ
レビュー
著者のLogicProXの使い方は、初心者である私には「こんなことも、出来るのか」と、非常に参考になりました。
よくLogicProXは、MIDI編集機能が優れていると聞きますが、その意味が本書で分かりました。
今後の続編があれば是非とも購入したいと思います。
レビュー
わかりやすく書かれており、なおかつ見やすい配置なので初心者でも抵抗なく理解できるようにしてあってよかった‼︎
レビュー
この本だけで基本的なLogicの使い方がだいたいわかりました。ありがとうございます。
挫折したレビュアーの方もいらっしゃるようなので、これから手に取る方に僭越ながらアドバイスさせていただきます。
前半の黄色いページは適当に目を通して「どの辺に何が書いてあるか」だけ把握しておき、後半の赤いページに真剣に取り組むのが良いと思います。
疑問が出たときにだけ黄色いページに戻ればいいでしょう。

dtmのおすすめ本・書籍Logic Pro Xで始めるDTM&曲作り ビギナーが中級者になるまで使える操作ガイド+楽曲制作テクニックを読みたい方はこちら↓

レビュー・口コミの詳細を見る

『Logic Pro Xで始めるDTM&曲作り ビギナーが中級者になるまで使える操作ガイド+楽曲制作テクニック』を読む

dtmのおすすめ本・書籍ランキング│まとめ

『dtmのおすすめ本・書籍ランキング』いかがでしたでしょうか?

ぜひ、気になったdtmの本・書籍を読んで、あなたの実生活に役立ててみてくださいね!

ぴんと
さいごまで読んでいただき、ありがとうございました!
【Amazon】本を無料で読む方法!

 本を読むときは『Audible』の
『30日間無料体験』がおすすめです!

ライトノベル・小説・ビジネス書など、
400,000冊以上の本が聴き放題!

ぴんと
毎日の料理やジョギング、通勤中など、いつでもどこでも好きな時に聴けるので、1日1冊ラクに本が読めちゃう!
ぴんこ
再生した後でも何回も交換OKだから、
実質無料の「聴き放題サービス」ね!

また、あのメンタリストDaiGoさんも
本を聴くことで1日に3冊は読めるとおすすめしています!

読書やPC作業で目が疲れたときもインプットが続けられますし、移動時間も無駄にならない。

通勤に時間がかかる人なら、少なくても1日1冊分は聴けるんじゃないでしょうか。

テキストをフラットに聴くことにより、文章や論理の構造まできれいに頭に入るので、本がまるごと頭の中に入るような喜びが体感できます。

それによって話すことがうまくなり、言葉も出てきやすくなるので、本を耳で聴くのはおすすめですよ。

引用:なぜDaiGoは「目より耳」で本を読むのか

さらに、人気俳優・声優のボイスが、
本の魅力をさらに引き出しているので、
スキマ時間を有効活用したい人は、この機会をお見逃しなく! 

 
\忙しいあなたも、耳は意外とヒマしてる!/

小説 ビジネス書 ラノベ
40万冊を無料体験で聴く!

スポンサーリンク
スポンサーリンク