【2019年】梶井基次郎のおすすめ作品・書籍ランキング7冊!年400冊読む書評ブロガーが紹介!

こんちわ、柿田ぴんとです!

今回は、梶井基次郎のおすすめ作品・書籍ランキング7冊を紹介していきます!

\30日間 無料体験中!/
小説 ビジネス書 ライトノベル
40万冊を「無料体験」で聴く

1位. おすすめ作品・書籍│『梶井基次郎 「檸檬」』梶井基次郎

【作品・書籍の内容】
―その檸檬の冷たさはたとえようもなくよかった。 その頃私は肺尖を悪くしていていつも身体に熱が出た。 その熱い故だったのだろう、握っている掌から身内に浸み透ってゆくようなその冷たさは快いものだった― 得体の知れない不安に心をおさえつけられ、好きであった音楽や丸善に辛抱がならなくなる。誰もいないところへ逃れたいと願い彷徨い歩いていた折、以前から好きであった暗い果物屋に珍しく並んでいた檸檬を目にする。ただひとつだけ買ったその檸檬は、不思議と心の不安を和ませ、心を幸福な感情で満たしていった。

『梶井基次郎 「檸檬」』の詳細内容はこちら

おすすめ作品・書籍レビュー│『梶井基次郎 「檸檬」』梶井基次郎

 
レビュー
感覚や映像の表現が鮮烈で、いつ読んでも自然に想起される。
子供の頃読んだときは背景にある焦燥が理解できなかったが、大人になった今では似たような経験も幾らかしており、新鮮な気持ちで読むことができた。
レビュー
たった一つの果実をここまで物語に反映させ、違和感もなく、緊張を伴う色、一定のテンションを作品全体に保たせられる繊細と才能。
純粋な故の、残酷さや傷心を短編作品に封じ込められる特別な人です。残念にも夭逝しており、もしも梶井がもっと長く生きていたら、どんな作品を書いただろうかと思うと残念でなりません。
 

また『梶井基次郎 「檸檬」(梶井基次郎)』を無料で読みたい人は『Audible』の『30日間 無料体験』がおすすめです!

ライトノベル・小説・ビジネス書など、
400,000冊以上の本がいつでも聴き放題!

ぴんと
毎日の料理やジョギング、通勤中など、 いつでもどこでも好きな時に聴けるので、1日1冊ラクに本が読めちゃう!
ぴんこ
再生した後でも何回も交換OKだから、
実質無料の「聴き放題サービス」ね!

また、人気俳優・声優のボイスが、
本の魅力をさらに引き出しているので、
スキマ時間を有効活用したい人は、この機会をお見逃しなく!

0円で聴き放題!30日間 無料体験する 『梶井基次郎 「檸檬」』を無料で聴く \今なら0円で40万冊が読み放題!/
おすすめ作品・書籍│『梶井基次郎 「檸檬」』

スポンサーリンク

2位. おすすめ作品・書籍│『桜の樹の下には』梶井基次郎

【作品・書籍の内容】
「桜の樹の下には屍体が埋まっている!」。桜の花の美しさは、人間も含めた動物の死によってなりたっているのだと“俺”は考える。死によってこそ、美しさが信じられる。死に考えを巡らせることに喜びを感じる。梶井の悪鬼の憂鬱は、美しさの底を暴いてみせる。暴かれた桜は一段と美しく咲くしかあるまい。

『桜の樹の下には』の詳細内容はこちら

おすすめ作品・書籍レビュー│『桜の樹の下には』梶井基次郎

レビュー
別に花が特に好きな訳ではない。

唯、酒を飲みはじめて解った。

櫻の美しさは異常だ、
異常すぎる。

この作品を読んで
自分も心、和やかになった。

 
レビュー
これぞ梶井基次郎。
俺の心は梶井に飢えているし
梶井を得たときにはじめて俺の心は完成する。

主人公は孤独だろう。
美しさを素直に受け入れられない。
しかし樹の下に屍体が埋まっている。
人はその屍を知らずに花を楽しんでいる。
人は桜を楽しみ
主人公は屍と桜のコントラストを楽しむ

訳アリな花見は主人公の孤独を癒やす。

 

また『桜の樹の下には(梶井基次郎)』を無料で読みたい人は、

Kindle Unlimited 』の『30日間 無料体験』がおすすめです!

無料体験後も、月額980円で
マンガ・小説・雑誌・ビジネス書など、
1,200,000冊以上の本がいつでも読み放題!

ぴんと
1ヵ月換算すると…
32.6円で好きなだけ本が読める!?
ぴんこ
書店で買うと1500円以上するから、1冊でも読みたい本が見つかれば元が取れる『破格のサービス』ね!

PCやスマホ、さまざまな端末で利用できるので
お得に本を楽しみたい人は、この機会をお見逃しなく!

0円で読み放題!30日間 無料体験する 『桜の樹の下には』を無料で読む \今なら0円で120万冊が読み放題!/
おすすめ作品・書籍│『桜の樹の下には』

3位. おすすめ作品・書籍│『冬の蠅』梶井基次郎

【作品・書籍の内容】
谷間の温泉宿で「蝿と日光浴をする男」は、また「日光浴をしながらの太陽を憎んでいる男」でもあった。なぜなら平等な太陽が、病気の“私”を生かさないことを知っているからだ。蝿の生を通して、自らの死を自覚せざるを得なかった男の尖鋭な神経が語る作品。

『冬の蠅』の詳細内容はこちら

おすすめ作品・書籍レビュー│『冬の蠅』梶井基次郎

レビュー
あのころ印象に残っていた本でしたので、キンドルを購入してもう一度読んで見たいと思い出しました。ゆっくりゆっくり文章を楽しみながら読むことができました。若かった頃より何倍も楽しむことができました。皆さんにお勧めです。後悔はさせません。
 
 

しかも、今なら『Kindle Unlimited』が
30日間 無料体験中』なので冬の蠅(梶井基次郎)
が無料で読めるのもポイント!

ぴんと
マンガ・小説・雑誌・ビジネス書120万冊以上の本がいつでもどこでも読めるので、この機会をお見逃しなく!

0円で読み放題!30日間 無料体験する 『冬の蠅』を無料で読む \30日間 無料体験中!/
おすすめ作品・書籍│『冬の蠅』

スポンサーリンク

4位. おすすめ作品・書籍│『『梶井基次郎全集・48作品⇒1冊』』梶井基次郎

【作品・書籍の内容】
「檸檬」「桜の木の下には」「冬の蠅」などの代表作を含め、梶井基次郎の「48作品」を収録した大全集。

『『梶井基次郎全集・48作品⇒1冊』』の詳細内容はこちら

おすすめ作品・書籍レビュー│『『梶井基次郎全集・48作品⇒1冊』』梶井基次郎

レビュー
いくつかの作は何度読み返しても素晴らしい(ただ世評の高い「檸檬」は私にはよさがわからない)。そして全作品が手軽に読めることはありがたい。
ただ、彼の場合は若くして死期が近いことを悟った、いわゆる末期の目がどの程度作品に影を落とすのかということを理解しながら読みたいので、年代順の編纂が望ましい。
 

梶井基次郎のおすすめ作品・書籍『梶井基次郎全集・48作品⇒1冊』(梶井基次郎)を読みたい方はこちら↓

『『梶井基次郎全集・48作品⇒1冊』』を読む

5位. おすすめ作品・書籍│『蒼穹』梶井基次郎

【作品・書籍の内容】
ある晩春の午後、絶望的な順序で消えゆく肉体を持った“私“は、土提からの風景に自分の意識を投影していく。この光と闇の作品を三島由紀夫は「青春の憂鬱の何と言う明晰な知的表出であろう。白昼の只中に闇を見るその感覚は、少しも病的なものはなく、明晰さのきはまった目が、当然見るべきものをみてゐるのである。」と評価した

『蒼穹』の詳細内容はこちら

おすすめ作品・書籍レビュー│『蒼穹』梶井基次郎

レビュー
渓と山に囲まれた山村で、見渡す世界を感じたままに言葉で素直に描き、自然の理のままに移ろっ
ていく木々の営みや風景を滋味豊かでありながらも淡々と語ります。そして蒼穹、あの底の知れな
い藍色の怖さ。

どんな気持ちでそうしたくなったかは人それぞれでしょうが、モラトリアムか、それに類する様な
境遇で吸い込まれる様な青空を飽くこと無く眺め続けたことがある者ならば理解出来る感覚だと思う。

作品全体は無駄を極力省いて小さく纏めようとした様な硬く締まった感じが在り、歯を立てる処が見つからずに中々咀嚼が進みにくいかもしれない。

ただ、作者の正直で清廉な文体は健在で、読み込めば風景の描写から自らの心象の描写へと、とりとめもなく拡がっていく散文詩的な良さが伝わってくると思います。

 

Kindle Unlimited』の30日間 無料体験中』なら蒼穹(梶井基次郎)が無料で読めるので、この機会をお見逃しなく!

0円で読み放題!30日間 無料体験する 『蒼穹』を無料で読む \今なら0円で120万冊が読み放題!/
おすすめ作品・書籍│『蒼穹』

スポンサーリンク

6位. おすすめ作品・書籍│『檸檬 ─まんがで読破─』梶井基次郎

【作品・書籍の内容】
美しいだけのものなどいらない。不吉な塊が心を終始おさえつけていた──。なぜ人間は見すぼらしく壊れたものに魅きつけられるのか? 梶井基次郎は生涯死と隣合わせに生きながら、表題の『檸檬』をはじめ『桜の樹の下には』『冬の蝿』などで、そんな人間の心の深淵を詩情豊かに表現し続けた──。「近代日本文学の古典」とも言われる小品群をあわせて漫画化。

『檸檬 ─まんがで読破─』の詳細内容はこちら

おすすめ作品・書籍レビュー│『檸檬 ─まんがで読破─』梶井基次郎

レビュー
今現在の社会病、または社会問題で言えば、ストーカー、危険ドラッグ、DV(家庭内暴力)をおそらく犯すであろう人格であり、社会観を持った登場人物の話だといえよう。また、この物語が高い評価を受けていること自体が、現代日本人の歪んだ社会観をにじませている。まことに残念だ。
レビュー
高校生の時の授業で読んだ時の衝撃が忘れられなくて、昔の記憶と漫画になるとどんな感じになるだろうかと再読しました。

おもしろかったです。

 

梶井基次郎のおすすめ作品・書籍檸檬 ─まんがで読破─(梶井基次郎)を読みたい方はこちら↓

『檸檬 ─まんがで読破─』を読む

7位. おすすめ作品・書籍│『Kの昇天』梶井基次郎

【作品・書籍の内容】
大正から昭和期の作家、梶井基次郎の小説。初出は「青空」(大正十五年十月号)。本文のタイトルは〈Kの昇天(或はKの溺死)〉。満月の夜、療養地のN海岸で“私”は、人影―K君と親しくなるが、“私”がN海岸から去ったとき、K君は溺死する。“私”は、K君の魂が月へ昇天していったのだと信じる。月が妖しくも美しい。

『Kの昇天』の詳細内容はこちら

おすすめ作品・書籍レビュー│『Kの昇天』梶井基次郎

レビュー
僅かな頁の小編に、K君との月夜の浜での奇妙な出会いから徐々に親交を深める様子や、彼の趣味志向、一種の危うさを孕んだ影の実験、そしてそこで生じる精神の月への飛翔に傾倒していく人となりまですっかり描き出しており、作者の短編を紡ぐ才能に今更ながら舌を巻く。

そしてそれをさらりと現しているからこそ、月光の下でのK君の死の顛末を見ていたかの様な理路整然とした迷い無き推察の語りが説得力を持つのでしょう。

それは似たような境遇の、言わば戦友の様な彼の生き様の名誉を守る語りの様にも受け取れますが、自身を投影したK君と言う虚構の幻影で、分岐したかも知れない別の自分の結末を試した。穿った見方をすればそんな小編にも見えます。

そこには病んだ体からの離脱と救済を切望する悲しい願望があったのかもしれない。

 

Kindle Unlimited』の30日間 無料体験中』ならKの昇天(梶井基次郎)が無料で読めるので、この機会をお見逃しなく!

0円で読み放題!30日間 無料体験する 『Kの昇天』を無料で読む \今なら0円で120万冊が読み放題!/
おすすめ作品・書籍│『Kの昇天』

梶井基次郎のおすすめ作品・書籍ランキング│まとめ

『梶井基次郎のおすすめ作品・書籍ランキング7冊』いかがでしたか?

ぜひ、気になった梶井基次郎の作品・書籍を読んで、あなたの人生に役立ててみてくださいね!

ぴんと
さいごまで読んでいただき、ありがとうございました!
【Amazon】本を無料で読む方法!

 本を読むときは『Audible』の
『30日間無料体験』がおすすめです!

ライトノベル・小説・ビジネス書など、
400,000冊以上の本が聴き放題!

ぴんと
毎日の料理やジョギング、通勤中など、いつでもどこでも好きな時に聴けるので、1日1冊ラクに本が読めちゃう!
ぴんこ
再生した後でも何回も交換OKだから、
実質無料の「聴き放題サービス」ね!

また、あのメンタリストDaiGoさんも
本を聴くことで1日に3冊は読めるとおすすめしています!

読書やPC作業で目が疲れたときもインプットが続けられますし、移動時間も無駄にならない。

通勤に時間がかかる人なら、少なくても1日1冊分は聴けるんじゃないでしょうか。

テキストをフラットに聴くことにより、文章や論理の構造まできれいに頭に入るので、本がまるごと頭の中に入るような喜びが体感できます。

それによって話すことがうまくなり、言葉も出てきやすくなるので、本を耳で聴くのはおすすめですよ。

引用:なぜDaiGoは「目より耳」で本を読むのか

さらに、人気俳優・声優のボイスが、
本の魅力をさらに引き出しているので、
スキマ時間を有効活用したい人は、この機会をお見逃しなく! 

 
\忙しいあなたも、耳は意外とヒマしてる!/

小説 ビジネス書 ラノベ
40万冊を無料体験で聴く!

スポンサーリンク
スポンサーリンク