【2019年】石田衣良のおすすめ作品・書籍ランキング7冊!年400冊読む書評ブロガーが紹介!

こんちわ、柿田ぴんとです!

今回は、石田衣良のおすすめ作品・書籍ランキング7冊を紹介していきます!

\30日間 無料体験中!/
小説 ビジネス書 ライトノベル
40万冊を「無料体験」で聴く

1位. おすすめ作品・書籍│『娼年』石田衣良

【作品・書籍の内容】
恋愛にも大学生活にも退屈し、うつろな毎日を過ごしていたリョウ、20歳。会員制ボーイズクラブのオーナー・御堂静香と出会い、とまどいながらも「娼夫」となり、さまざまな女性の中にひそむ欲望の不思議に魅せられていく…。20歳の夏を鮮烈に描き出す恋愛小説。石田衣良本人による朗読でお楽しみください。

『娼年』の詳細内容はこちら

おすすめ作品・書籍レビュー│『娼年』石田衣良

レビュー
ラストの
「どこまでも正しいメグミは強制をやめないのに
法や常識の外にいる咲良は最後の瞬間までぼくの自由を大切にしてくれる。」
この文がすごく頭に残りました。
「正しい」ってことは人を思いやる時には
「間違い」になることもあるよな~と
最近感じることが多かったので
共感できました。
法や常識って時代や国で変わるものだし・・。
レビュー
タイトルやあらすじを読んだ時のような過激な感じはなく、水のようにさらさらと、止まれずに一気読みしました。
性愛の描写が多いにも関わらず、男性作家が書いたとは思えないほど、上品で透明感にあふれている作品です。
主人公の大学生リョウは、男娼となり、色々な女性の欲望に向かい合っていくのですが、リョウが映し出すそれぞれの女性の姿はリアルで美しく、共感を覚えました。
リョウ自身も、経験を重ねて上を目指すサクセスを求めているよりは、ただ欲望の果てを見てみたいという、思春期特有の自分探しの旅のようで、痛々しく応援したくなってしまいます。
この疾走感に、どんなラストを持ってこれるのだろうと思っていたら、
個人的には、どうかな?という終わり方でした。でも、どんな終わり方でもピンと来ないかも。季節がいつの間にか移り変わっているように、物語も、青春もいつしか別の時代に入っているものだから。

また『娼年(石田衣良)』を無料で読みたい人は『Audible』の『30日間 無料体験』がおすすめです!

ライトノベル・小説・ビジネス書など、
400,000冊以上の本がいつでも聴き放題!

ぴんと
毎日の料理やジョギング、通勤中など、 いつでもどこでも好きな時に聴けるので、1日1冊ラクに本が読めちゃう!
ぴんこ
再生した後でも何回も交換OKだから、
実質無料の「聴き放題サービス」ね!

また、人気俳優・声優のボイスが、
本の魅力をさらに引き出しているので、
スキマ時間を有効活用したい人は、この機会をお見逃しなく!

0円で聴き放題!30日間 無料体験する 『娼年』を無料で聴く \今なら0円で40万冊が読み放題!/
おすすめ作品・書籍│『娼年』

スポンサーリンク

2位. おすすめ作品・書籍│『池袋ウエストゲートパーク』石田衣良

【作品・書籍の内容】
ミステリーの「今」を読みたければ、池袋を読め。刺す少年、消える少女、マル暴に過激ジャーナリスト、カリスマダンサー……駅西口公園、通称ウエストゲートパークを根城にする少年少女たちが、発熱する都会のストリートを軽やかに疾走する。若者たちの現在をクールに、そして鮮烈に描く大人気シリーズの第一作。青春小説の爽快感とクライムノヴェルの危険な味わいを洗練させ、新しい世代から絶大な支持を得て話題となった連続ドラマの原作。

『池袋ウエストゲートパーク』の詳細内容はこちら

おすすめ作品・書籍レビュー│『池袋ウエストゲートパーク』石田衣良

レビュー
本書は著者のデビュー作です。
「独特の軽い形容詞」、「多用される体言止め」は確かに気になりますが、
若者が共感する文章の「かっこよさ(クールさ)」、「スピード感」
などのエンターテイメント性は本書が読書の入門書としての役割も担
うことができると感じさせます。
著者自身もNHKのテレビ番組「トップランナー」出演時に、
「今は書けば書くほどうまくなる時期」と述べています。
そうです、著者は発展途上なのです。
確かに本書の続編では格段に洗練された著者の文書に出会うことができます。
レビュー
最初の1ページからぐいぐいと物語の中に引き込まれてしまった。生き生き生きと躍動感を感じさせる文章。ちょっとクールだけど友達想いのマコトが主人公の短編集です。読み進むうちに池袋の街で暮らす少年達の息づかいまで感じられそう。事件が起こってマコトが解決する謎解きも面白いけれど、登場人物の性格付けがとても魅力的。特に主人公が格好いい。母と二人で池袋の駅前で果物屋さんをやってるんだけど、頭の回転が速くて頼りになるやつ。最初の事件でクラシック好きになったので、事件ごとに、マコトが何のクラシックを聴くかを読むのも、楽しみの一つです、私も思わずラヴェルの「亡き王女のためのパヴァーヌ」買ってしまいました。本を通してクラシックを聴くって言うのも素敵です。
 

また『池袋ウエストゲートパーク(石田衣良)』を無料で読みたい人は、

Kindle Unlimited 』の『30日間 無料体験』がおすすめです!

無料体験後も、月額980円で
マンガ・小説・雑誌・ビジネス書など、
1,200,000冊以上の本がいつでも読み放題!

ぴんと
1ヵ月換算すると…
32.6円で好きなだけ本が読める!?
ぴんこ
書店で買うと1500円以上するから、1冊でも読みたい本が見つかれば元が取れる『破格のサービス』ね!

PCやスマホ、さまざまな端末で利用できるので
お得に本を楽しみたい人は、この機会をお見逃しなく!

0円で読み放題!30日間 無料体験する 『池袋ウエストゲートパーク』を無料で読む \今なら0円で120万冊が読み放題!/
おすすめ作品・書籍│『池袋ウエストゲートパーク』

3位. おすすめ作品・書籍│『40 翼ふたたび』石田衣良

【作品・書籍の内容】
人生の半分が終わってしまった。それも、いいほうの半分が。会社を辞めて、投げやりにプロデュース業を始めた喜一・40歳の元を訪れる、40代の依頼人たち。凋落したIT企業社長、やりての銀行マン、引きこもり……。生きることの困難とその先にある希望を見つめて、著者が初めて同世代を描いた感動長編。

『40 翼ふたたび』の詳細内容はこちら

おすすめ作品・書籍レビュー│『40 翼ふたたび』石田衣良

レビュー
ときどき、涙ぐみながら、読んだ。
「余計な荷物を捨ててしまっても、人生には残るものがある。それは気持ちよく晴れた空や、吹き寄せる風や、大切な人のひと言といった、ごくあたりまえのかんたんなことばかりだ。そうした『かんたん』を頼りに生きていけば、幸せは誰にでも手の届くところにあるはずだ。」
その言葉がとても心に響いた。
お金は確かに必要だし、ほしいけど、そのためだけに働くのでは幸せは感じられない。そう思いながら読んだ。
レビュー
ラスト、成功に涙する主人公より前に、私が涙していた。甲斐性ない、40歳喜一が人生折り返し地点で始めたプロデュース業だが、結局なんでも屋まがい。ここまでは「IWGP」と同じ(笑)

彼がプロデュース(人助け?)する依頼者は、どうしようもない困ったさん。社会のアブレモノの40歳たち、光の当たらない場所の住人たちだ。

が、外からはそう見えるが、彼らは実は熱いものを持っている。そんな彼らが必至にギリギリのところで持ち続けている光を、喜一はプロデュースしていく。そして彼ら40歳の一発逆転・起死回生の物語が始まる。あらゆる人生の「途中者」に読んで欲しい。

 

しかも、今なら『Audible』が
30日間 無料体験中』なので、
40 翼ふたたび(石田衣良)』を無料で聴けるのもポイント!

ぴんと
また、メンタリストDaiGoさんも、
本を聴くことで1日に3冊は読めるようになるとおすすめしています!

読書やPC作業で目が疲れたときもインプットが続けられますし、移動時間も無駄にならない。

通勤に時間がかかる人なら、少なくても1日1冊分は聴けるんじゃないでしょうか。

テキストをフラットに聴くことにより、文章や論理の構造まできれいに頭に入るので、本がまるごと頭の中に入るような喜びが体感できます。

それによって話すことがうまくなり、言葉も出てきやすくなるので、本を耳で聴くのはおすすめですよ。

引用:なぜDaiGoは「目より耳」で本を読むのか

ぴんこ
しかも『Audible』は、
再生した後でも何回も交換OKだから、
実質無料の「聴き放題サービス」なの!
ぴんと
ライトノベル、小説、ビジネス書、
40万冊以上の本がいつでもどこでも聴けるので、この機会をお見逃しなく!

0円で聴き放題!30日間 無料体験する 『40 翼ふたたび』を無料で聴く \忙しいあなたも、耳は意外とヒマしてる!/
おすすめ作品・書籍│『40 翼ふたたび』

スポンサーリンク

4位. おすすめ作品・書籍│『4TEEN(新潮文庫)』石田衣良

【作品・書籍の内容】
東京湾に浮かぶ月島。ぼくらは今日も自転車で、風よりも早くこの街を駆け抜ける。ナオト、ダイ、ジュン、テツロー、中学2年の同級生4人組。それぞれ悩みはあるけれど、一緒ならどこまでも行ける、もしかしたら空だって飛べるかもしれない――。友情、恋、性、暴力、病気、死。出会ったすべてを精一杯に受けとめて成長してゆく14歳の少年達を描いた爽快青春ストーリー。直木賞受賞作。

『4TEEN(新潮文庫)』の詳細内容はこちら

おすすめ作品・書籍レビュー│『4TEEN(新潮文庫)』石田衣良

 
レビュー
どの世代の人が読んでもその人なりのとらえ方が出来て
面白いと思います。
主人公の子は
どこにでもいそうなフツーの子で、
繊細で、悩みがあって、でも言えなくて。
恐らく青春物とでも分類されるのだろうけど
説教くさくなく描かれていて、
大人になったであろう私から見ても
今でも共感できるキモチや、
「こういうことあったなぁ」というキモチが
たくさんつまっています。
是非、主人公の彼と同じ中学生に読んでもらいたいです。
読書感想文とか、そういうの関係なしにね。
レビュー
14歳の4人グループの、
オムニバス小説。
最近の小説にありがちな
やたら頭が良くて生意気で、
そして人生をやたらと達観している中学生の
話かと思いきや、さにあらず。
重い病気にかかっているナオトが
グループにいるからでしょうか、
お互いを思いやる気持ちが強い。
だからといって大甘なお涙頂戴ストーリーでも
なく、その思いが照れつつ小出しにされて
嫌味な感じは受けません。
笑いあり、涙あり、そしてHへの
尽きない興味ありの、上質な中学生エンターテイメント
に仕上がってます。
 

石田衣良のおすすめ作品・書籍4TEEN(新潮文庫)(石田衣良)を読みたい方はこちら↓

『4TEEN(新潮文庫)』を読む

5位. おすすめ作品・書籍│『東京DOLL』石田衣良

【作品・書籍の内容】
マスター・オブ・ゲーム=MGと呼ばれる天才ゲームソフト制作者・相良は、新作のモデルに翼のタトゥを背負った少女・ヨリを選ぶ。映像モデルとして完璧な「人形」ぶりを発揮するヨリに、MGの孤独は癒されていく。だが、彼女には愛する男の不幸が見えるという異能があった。東京の今を描いた長編恋愛小説。

『東京DOLL』の詳細内容はこちら

おすすめ作品・書籍レビュー│『東京DOLL』石田衣良

レビュー
いわゆる石田衣良的だと思う。
2005年のITブームの起きた六本木地区、おしゃれなウォータフロント湾岸地区
そしてTXで盛り上がった秋葉原地区、おたくにゲームにネット株、ちょこっとH、etc
そこに石田衣良のスパイスを効かせたら、
こんな感じかな?と。
出てくる人たちは庶民とは無縁も無縁で、
庶民が思う派手な人たちの世界のイメージを描きました、ってとこかな?
たまにはこういう週刊誌的なのも暇つぶしにいい。
喜多嶋隆や赤川次郎と同系統の本。
あとから思う、「そういえば2005年ってこんな感じ」的な時代本。
レビュー
I.W.G.Pのような少年物(といったら語弊がありそうですが)と一味違った味わいになっている。
舞台はゲーム会社。今までは自分たちが作りたかったものをつくり、それが受け入れられてきた。しかし自分たちの年齢などを考え、大会社への吸収、そして安定化への道を手に入れたほうがよいのではないか。そういった転換期を迎えた局面にあわられるのが予知能力と背中に翼のタトゥを持つ少女「ヨリ」。
ゲームという世界観を作るMGとリアルな世界のMG。どちらも一人の人間。そして登場人物一人一人がしっかりと生きていて、ストーリーがある。うわべだけではない、しっかりとした一冊に仕上がっていると感じる。

しかも、今なら『Audible』が
30日間 無料体験中』なので、
東京DOLL(石田衣良)』が無料で聴けるのもポイント!

ぴんこ
Audible』は、
再生した後でも何回も交換OKだから、
実質無料の「聴き放題サービス」なの!
ぴんと
ライトノベル、小説、ビジネス書、
40万冊以上の本がいつでもどこでも聴けるので、この機会をお見逃しなく!

0円で聴き放題!30日間 無料体験する 『東京DOLL』を無料で聴く \今なら0円で40万冊が読み放題!/
おすすめ作品・書籍│『東京DOLL』

スポンサーリンク

6位. おすすめ作品・書籍│『西一番街ブラックバイト 池袋ウエストゲートパーク12 (文春文庫)』石田衣良

【作品・書籍の内容】
池袋の雑居ビルで若者が飛びおり自殺を図る。彼は急成長したチェーン店の従業員だった。無能の烙印を押され、退職を強要された末にヤケになった若者。そして、次の犠牲者が――。耳触りのいい言葉で若者を洗脳し、つかい潰すブラック企業の闇に、マコトとタカシが斬りこむ! 表題作ほか3篇を収録のIWGPシリーズ第12作。

『西一番街ブラックバイト 池袋ウエストゲートパーク12 (文春文庫)』の詳細内容はこちら

おすすめ作品・書籍レビュー│『西一番街ブラックバイト 池袋ウエストゲートパーク12 (文春文庫)』石田衣良

レビュー
長年の愛読者です。今回は、廃校学校アートギャラリーの作品が損壊される事件、ユーチューバーが引き起こす事件、整形にからむ事件、ブラック企業事件の4編。今の社会の陰の部分をまた勉強?させてもらいました。
マコトが変わらないのが嬉しい。キングが静かにキレるところはかっこよかった。タカシにとってはマコトとお母さんは本当に大切な人なんだと。キング誕生も読んでるので、なんかタカシが純なところが垣間見えるとじいんとします。今回はタカシのほうが活躍目立っていたかな?あと、なにげにマコトとタカシの携帯会話でじゃれてる感じがすきです。マコトの恋は無かったけど、もういいんじゃないか?タカシで。(笑)
スピード感&読後の爽快感は相変わらず。これからも読み続けます。
レビュー
待ちに待った新作である 自分はこのシリーズのファンであり支持者である 時代を切り取る小説としてマコトがあまり年を取らないようだとどうしても違和感を感じる事になるんだろうね 作品は作者のモノ出しあれこれ言うべきではないと思うけど 次の作品’を読んだ時に自分はどうこの作品の事を思うのだろうか? 衣良サンを信じて次作も期待しています 今作もマコトやキングやおふくろさんは魅力的に描かれていました 次作がでる時には自分も50才を超えます 今度久しぶりに池袋に行って見よう
 

石田衣良のおすすめ作品・書籍西一番街ブラックバイト 池袋ウエストゲートパーク12 (文春文庫)(石田衣良)を読みたい方はこちら↓

『西一番街ブラックバイト 池袋ウエストゲートパーク12 (文春文庫)』を読む

7位. おすすめ作品・書籍│『LAST』石田衣良

【作品・書籍の内容】
外国人窃盗団に雇われ、通帳から現金をおろす出し子の男が最後に打った手は(「ラストドロー」)。住宅ローンに押し潰されそうな主婦が選んだ最後の仕事とは(「ラストジョブ」)。リアルで凶暴な世界に、ぎりぎりまで追い詰められた者たちが、最後に反撃する一瞬の閃光を描く。明日への予感に震える新境地の連作集。

『LAST』の詳細内容はこちら

おすすめ作品・書籍レビュー│『LAST』石田衣良

レビュー
読みながら、時折こみ上げてくるこの苦しさはなんなのだろうか?
そんなに苦痛になるなら、読まなければいい。
読むことから逃げたいのなら、いっそこの本を投げてしまえばいい。

……そう思うくらい、時々旨の奥底で骨がきしむような嫌な胸騒ぎ
を覚えた。

……逆にいうと、それくらい引きつけてくれる短編集ということに
なる。面白い、どこにどんでん返しが待っている???と、自分な
りにストーリーをつくりながら、物語を追いかけていっても、まっ
たく想像もしえなかった結末が待っている。これだからやめられな
くなる、癖になります。

ちょっとした小説という名の媚薬として、触れてみるのも面白いか
と……。
本読んでいて、逃げ出したくなる感覚なんて、そうそう味わえない
ですよ。

レビュー
石田衣良の才能については充分認めつつも、個人的に「池袋ウエストゲートパーク」シリーズのあの文体にはちょっと違和感やあざとさを感じていた。しかしこの作品集『LAST』にはすんなりと入ってゆけた。他の方が指摘しているように、内容は確かに暗いものかもしれない。しかし、小説として考えれば、読んでいる最中はスリリングで、読後はなにかしら余韻が残る。「今」を描いた傑作だと思う。
 

しかも、今なら『Audible』が
30日間 無料体験中』なので、
LAST(石田衣良)』が無料で聴けるのもポイント!

ぴんと
ライトノベル、小説、ビジネス書、
40万冊以上の本がいつでもどこでも聴けるので、この機会をお見逃しなく!

0円で聴き放題!30日間 無料体験する 『LAST』を無料で聴く \忙しいあなたも、耳は意外とヒマしてる!/
おすすめ作品・書籍│『LAST』

石田衣良のおすすめ作品・書籍ランキング│まとめ

『石田衣良のおすすめ作品・書籍ランキング7冊』いかがでしたか?

ぜひ、気になった石田衣良の作品・書籍を読んで、あなたの人生に役立ててみてくださいね!

ぴんと
さいごまで読んでいただき、ありがとうございました!
【Amazon】本を無料で読む方法!

 本を読むときは『Audible』の
『30日間無料体験』がおすすめです!

ライトノベル・小説・ビジネス書など、
400,000冊以上の本が聴き放題!

ぴんと
毎日の料理やジョギング、通勤中など、いつでもどこでも好きな時に聴けるので、1日1冊ラクに本が読めちゃう!
ぴんこ
再生した後でも何回も交換OKだから、
実質無料の「聴き放題サービス」ね!

また、あのメンタリストDaiGoさんも
本を聴くことで1日に3冊は読めるとおすすめしています!

読書やPC作業で目が疲れたときもインプットが続けられますし、移動時間も無駄にならない。

通勤に時間がかかる人なら、少なくても1日1冊分は聴けるんじゃないでしょうか。

テキストをフラットに聴くことにより、文章や論理の構造まできれいに頭に入るので、本がまるごと頭の中に入るような喜びが体感できます。

それによって話すことがうまくなり、言葉も出てきやすくなるので、本を耳で聴くのはおすすめですよ。

引用:なぜDaiGoは「目より耳」で本を読むのか

さらに、人気俳優・声優のボイスが、
本の魅力をさらに引き出しているので、
スキマ時間を有効活用したい人は、この機会をお見逃しなく! 

 
\忙しいあなたも、耳は意外とヒマしてる!/

小説 ビジネス書 ラノベ
40万冊を無料体験で聴く!

スポンサーリンク
スポンサーリンク