【2021年】詩集のおすすめ作品・書籍ランキング7冊!年400冊読む書評ブロガーが紹介!

こんちわ、柿田ぴんとです!

今回は、詩集のおすすめ作品・書籍ランキング7冊を、高評価レビューも加えてご紹介します!

\30日間 無料体験中!/
小説 ビジネス書 ライトノベル
40万冊を「無料体験」で聴く

1位. 詩集のおすすめ作品・書籍│『繰り返し読みたい日本の名詩一〇〇』

詩集のおすすめ作品・書籍レビュー│『繰り返し読みたい日本の名詩一〇〇』

レビュー
日本語の素晴らしさを改めて体感したいと思い、購入しました。
今やWebで探せば幾らでも検索出来ますが、紙で纏めて読むとやはり感じ方が違う様に思いますし、その事自身にも価値があります。
気持ちを落ち着けたい時や美意識を磨きたい時にオススメです。
レビュー
繰り返し、声を出して読んでいます。常々私が声を出して読む詩とこの本で紹介された詩との間には、若干の差があるものの、矢張り詩を声に変えてみる必要があることを痛切に感じています。
レビュー
学生時代習った詩もあり、あらためて感銘した詩もありまして、素晴らしいです。
レビュー
詩にはあまり興味が無かったけれど、あるきっかけがあって本書を購入。
 中原中也氏の詩はとても有名ですが、他の詩も美しいものばかり。僕は高村光太郎氏や石垣りん氏の詩が特に気に入りました。
 小説ばかり読んでいますが、たまには詩を読んでみるのもいいものです。
■蛇足:おかげで、現代詩文庫を作家ごとに購入してみようか、という気になりました。

詩集のおすすめ作品・書籍繰り返し読みたい日本の名詩一〇〇を読みたい方はこちら↓

レビュー・口コミの詳細を見る

『繰り返し読みたい日本の名詩一〇〇』を読む

スポンサーリンク

2位. 詩集のおすすめ作品・書籍│『世界はうつくしいと』

詩集のおすすめ作品・書籍レビュー│『世界はうつくしいと』

レビュー
幾度も読み返しました。見開きにある詩の題名を指でなぞると、その詩の中の言葉たちが静かにこちらを振り向いてくれるくらいに。読むたびに新しい言葉に出会い、新しい風景が広がります。今日咲いた花はもう明日は咲かないかもしれないけど、いつかまた次の花が開くように、じっと待って、そして、またページをめくります。 
レビュー
今この時代こそこの詩を。言葉の美しさの陰にあるするどい時評。心に刺さります、不易流行。
レビュー
とても素敵な詩集でした。
長田さんの、人はかつて樹だった、という本も気になるので、買ってみたいと思います。
ありがとうございました。
レビュー
書店で見ていたので内容は解っていました。ずっと手元に置いておきたい本だと思っていました。一つ一つの言葉が心に染みてきます。

詩集のおすすめ作品・書籍世界はうつくしいとを読みたい方はこちら↓

レビュー・口コミの詳細を見る

『世界はうつくしいと』を読む

3位. 詩集のおすすめ作品・書籍│『特選 小さな名詩集』

詩集のおすすめ作品・書籍特選 小さな名詩集を読みたい方はこちら↓

レビュー・口コミの詳細を見る

『特選 小さな名詩集』を読む

スポンサーリンク

4位. 詩集のおすすめ作品・書籍│『詩集 すみわたる夜空のような (角川文庫)』

詩集のおすすめ作品・書籍レビュー│『詩集 すみわたる夜空のような (角川文庫)』

レビュー
購入されたかたのこんな素敵な文がありました、を読んで購入を決めました。1人日帰り旅行のお供にしました。以前から好きな作者さんでしたがますます大好きになりました。
レビュー
とてもインパクトを受けました。本の中でちりばめられてる言葉の一つ一つが私の中に響いてきて、その1ページ全体が豊かな想像の広がりをもたらすものでした。どの詩もホントに素敵です。
この本と出会ったきっかけは「ふと書店で、たまたま見かけて手にとってみた」という偶然でした。今はとても、その出会いに感謝しています。
レビュー
昨日の夜、なかなか眠れなくて、
なんとなく本棚から取って、ページを開いた。

印象に残った箇所2つ

「行く道」
今、好きな場所
好きな花

今、好きな色
好きな匂い

今、好きな声
好きな人

今、好きな本
好きな歌

それらは何を意味するか

それら全部が
今、行く道を教えてくれる
行くべき道を教えてくれる

好きなものは刻々変わる
とるべき道も刻々変わる

「君へ」
君は好きなことを、
好きなふうにやるべきだ。
(省略)
その行為が同時に君を救うだろう。
その行為は同時に人をも救うだろう。

(本文より)

レビュー
人間関係、行為、好き、男女…。

夜、一人でいるときに、

ふと湧き起こる想いの数々。

それは、一途な想いであったり、秘めたる決意や
沈むような悲しみなのかもしれない。

一時の感傷かもしれないし、隠れていたものが
露わになっただけかもしれない。

すみわたる夜空のように、しんと静まり返るような
言葉たちがあなたを包みこむ、そんな詩集です。

詩集のおすすめ作品・書籍詩集 すみわたる夜空のような (角川文庫)を読みたい方はこちら↓

レビュー・口コミの詳細を見る

『詩集 すみわたる夜空のような (角川文庫)』を読む

5位. 詩集のおすすめ作品・書籍│『ポケット詩集』

詩集のおすすめ作品・書籍レビュー│『ポケット詩集』

レビュー
普段詩は全く読まないのですが、ジブリ美術館の図書コーナーに置いてありなんとなく読んだのがきっかけでした。
有名な作品も適度に含まれていてとても読みやすく、手元に置いておきたいと思い購入しました。
疲れた時や、背中を押して欲しい時など人生のいろんなタイミングで読み返したくなる詩集です。
レビュー
10年程前にお寺の住職さんにいただきました。当時、鬱でありましたので、なかなか手に取り読むということは出来なかったのですが、今、手にしてみると、涙が止まりませんでした。本というのは、自分が歳を重ねるごとに、読み終えた後の感じ方が全く異なったりすると、
ちょっと、成長したかなぁ〜と嬉しくなったりします。
良い本は、自分への成長の物差しですね。
レビュー
選者のセンス、素晴らしい

大人も子どももハッとさせられる
潤いを運んでくれる素晴らしい詩ばかり

レビュー
図書館で借りて良いと思ったので、手元に置いて繰り返し読んでみたいので購入しました。状態も良く満足しています。

詩集のおすすめ作品・書籍ポケット詩集を読みたい方はこちら↓

レビュー・口コミの詳細を見る

『ポケット詩集』を読む

スポンサーリンク

6位. 詩集のおすすめ作品・書籍│『空が青いから白をえらんだのです ―奈良少年刑務所詩集― (新潮文庫)』

詩集のおすすめ作品・書籍レビュー│『空が青いから白をえらんだのです ―奈良少年刑務所詩集― (新潮文庫)』

レビュー
この種の本は、寄り添いすぎるのはだめです。下にみたり特別にみたりは論外です。白でも黒でもなく、あるがままに人をみる視点で描く筆者の人間性がこの本をすばらしいものにしています。
レビュー
数々の詩に心臓をぐっと掴まれ、抉られたような気がしました。一遍一遍読むごとに、しゃべっているのに声が出ない、泣いているのに涙が出ないような感覚に捕らわれました。
書いたのはどんな子なんだろうか。想像しようとしても、顔が闇に沈んでしまう。なのに吸い着けられるように、詩の言葉から目を逸らすことが出来ませんでした。
「頑張って生きて行って欲しい」などと簡単に言えません。希望はいつでもあると思う一方、自分の心に残った苦しさを表す言葉を探しています。
レビュー
犯罪を犯した少年たちが心を開いていく過程がとても印象的、感動的であった。人はそれぞれの人生があり、個性というかそれぞれの価値観を受け止めていくことで社会が良くなっていく。日本を含め、全体に余裕がなくいびつになっているが、何かのきっかけで変わるはずである。
レビュー
誰もが幸せでありたいと願う、当たり前のことを大切にしたい

詩集のおすすめ作品・書籍空が青いから白をえらんだのです ―奈良少年刑務所詩集― (新潮文庫)を読みたい方はこちら↓

レビュー・口コミの詳細を見る

『空が青いから白をえらんだのです ―奈良少年刑務所詩集― (新潮文庫)』を読む

7位. 詩集のおすすめ作品・書籍│『茨木のり子詩集 (岩波文庫)』

詩集のおすすめ作品・書籍レビュー│『茨木のり子詩集 (岩波文庫)』

レビュー
日常において、自分が感じたことはあるが言葉には出来なかった様々な思いを詩に表されていて、「あの思いはまさにこれだった」と読んでいて嬉しくなる。その深い洞察力は素晴らしい。
「みずうみ」「一人は賑やか」「自分の感受性くらい」が特に気に入りました。
レビュー
読めば読むほど、好きな詩が増えていきます。
茨木のり子さんは颯爽としていて素敵な方だったんだなぁと他の詩集も読んでみたくなりました。
旦那さまの事を書かれた詩はとても深い愛情が感じられて、羨ましいほど。
特に(存在)や[急がなければ]が好きです。
今1番好きな詩は[行方不明の時間]。
ユーモアがあって、素敵です。
レビュー
茨木のり子さんの詩がすごく好きです。
強くて、でも優しくて、ユーモアもあって、女性らしく魅力的な人だったんだろうなって思うのです。
中学生の頃から自分の感受性くらいや私がいちばんきれいだったときが好きだったんですが、大学生の時に、亡くなったご主人に向けた詩の数々を知りました。

芯のある逞しい女性というイメージだったのですが、ご主人を想って書いた詩を読むと、彼女の強さの裏にある弱さや繊細さ、ご主人への愛情が伝わってきました。

わたしの中にあった茨木のり子という女性がより深く、より複雑で、より魅力的な存在になりました。

彼女の強さも弱さも優しさも読めるこの詩集はわたしのベッドのお供です。

レビュー
凜としているのに柔軟、目をそらさないのにお茶目、クールなのに情熱的、質素だけどグルメだった戦後を代表する女性詩人の作品集。「自分はこう世の中を見て、味わっている」という姿勢をはっきり出すのだけれど、決して迎合ではなく、押しつけでもない。人間は独りであること。そしてそれぞれ違うこと。そして愛することができること。自分と社会を見つめ、生きる意味をきっぱりとした言葉で追い続けた詩人のこころざしに胸が熱くなるのです

詩集のおすすめ作品・書籍茨木のり子詩集 (岩波文庫)を読みたい方はこちら↓

レビュー・口コミの詳細を見る

『茨木のり子詩集 (岩波文庫)』を読む

詩集のおすすめ作品・書籍ランキング│まとめ

『詩集のおすすめ作品・書籍ランキング』いかがでしたでしょうか?

ぜひ、気になった詩集の作品・書籍を読んで、あなたの実生活に役立ててみてくださいね!

ぴんと
さいごまで読んでいただき、ありがとうございました!
【Amazon】本を無料で読む方法!

 本を読むときは『Audible』の
『30日間無料体験』がおすすめです!

ライトノベル・小説・ビジネス書など、
400,000冊以上の本が聴き放題!

ぴんと
毎日の料理やジョギング、通勤中など、いつでもどこでも好きな時に聴けるので、1日1冊ラクに本が読めちゃう!
ぴんこ
再生した後でも何回も交換OKだから、
実質無料の「聴き放題サービス」ね!

また、あのメンタリストDaiGoさんも
本を聴くことで1日に3冊は読めるとおすすめしています!

読書やPC作業で目が疲れたときもインプットが続けられますし、移動時間も無駄にならない。

通勤に時間がかかる人なら、少なくても1日1冊分は聴けるんじゃないでしょうか。

テキストをフラットに聴くことにより、文章や論理の構造まできれいに頭に入るので、本がまるごと頭の中に入るような喜びが体感できます。

それによって話すことがうまくなり、言葉も出てきやすくなるので、本を耳で聴くのはおすすめですよ。

引用:なぜDaiGoは「目より耳」で本を読むのか

さらに、人気俳優・声優のボイスが、
本の魅力をさらに引き出しているので、
スキマ時間を有効活用したい人は、この機会をお見逃しなく! 

 
\忙しいあなたも、耳は意外とヒマしてる!/

小説 ビジネス書 ラノベ
40万冊を無料体験で聴く!

スポンサーリンク
スポンサーリンク