【2019年】坂口安吾のおすすめ作品・書籍ランキング7冊!年400冊読む書評ブロガーが紹介!

こんちわ、柿田ぴんとです!

今回は、坂口安吾のおすすめ作品・書籍ランキング7冊を紹介していきます!

\30日間 無料体験中!/
小説 ビジネス書 ライトノベル
40万冊を「無料体験」で聴く

1位. おすすめ作品・書籍│『織田信長』坂口安吾

【作品・書籍の内容】
「人間50年、天下のうちをくらぶれば、夢幻の如くなり…」。信長は舞いながら具足を身につけ、濃姫や待女たちが見送るひまもない素速さで出陣した。めざすは今川義元の陣を敷く田楽狭間。やがて、信長は馬前に義元の首をもたせて、清洲への道をいそぐ―。尾張那古屋城の大馬鹿少年織田信長が、斎藤道三の娘濃姫と結婚し、天下の覇者をめざし成長してゆく颯爽たる雄姿を、独自の視点から描いた異色歴史小説。

おすすめ作品・書籍レビュー│『織田信長』坂口安吾

レビュー
坂口安吾の信長論。未完で終了しているのが惜しい。信長とは死を生きる上での定めと捉え、ならばいつなん時でも死んでも構わないように死をかけて楽しもうとした男だと坂口は言っている。今から400年以上前に生きた人間信長、実際にどんな方だったのか興味は尽きない。だけど、死が今よりも隣り合わせだった時代だからその分生きることに対する熱量はとても高かったに違いない。。
レビュー
未完であり、短い本ですが、
織田信長の人物像をクッキリと描ききっていました。

信長の生涯を描いた伝記でもなく、
歴史を語った本でもありませんが、、
信長の心の芯が何であったのかが
よくわかりました

初めて織田信長を理解できたように思います。

また『織田信長(坂口安吾)』を無料で読みたい人は『Audible』の『30日間 無料体験』がおすすめです!

ライトノベル・小説・ビジネス書など、
400,000冊以上の本がいつでも聴き放題!

ぴんと
毎日の料理やジョギング、通勤中など、 いつでもどこでも好きな時に聴けるので、1日1冊ラクに本が読めちゃう!
ぴんこ
再生した後でも何回も交換OKだから、
実質無料の「聴き放題サービス」ね!

また、人気俳優・声優のボイスが、
本の魅力をさらに引き出しているので、
スキマ時間を有効活用したい人は、この機会をお見逃しなく!

0円で聴き放題!30日間 無料体験する 『織田信長』を無料で聴く \今なら0円で40万冊が読み放題!/
おすすめ作品・書籍│『織田信長』

スポンサーリンク

2位. おすすめ作品・書籍│『堕落論』坂口安吾

【作品・書籍の内容】
昭和初期に活躍した「無頼派」の代表的作家である坂口安吾の評論。初出は「新潮」[1946(昭和21)年]。「日本文化史観」や「教祖の文学」と並ぶ、安吾の代表的評論。「半年のうちに世相は変った」という有名な書き出しを枕に、戦後直後の日本人が自らの本質をかえりみるためには、「堕落」こそが必要だ、と説いたことで世間を賑わせた。現在も賛否両論を集める、過激な評論作品。

おすすめ作品・書籍レビュー│『堕落論』坂口安吾

レビュー
 坂口安吾はよく太宰治と一緒にされ「無頼派」などと呼ばれている。しかし、太宰の堕落と安吾の堕落はベクトルが全然別の方を向いている。ひとことでいえば太宰は死を、安吾は生を指向している。
「生きろ」。
これが安吾のメッセージである。大義のために美しく死ぬのではなく、たとえ堕落しても、醜くとも生きることを安吾は主張する。これはまさしく戦後日本の原点にある健全な生の思想である。終戦直後、多くの日本人が同じことを考えたのではないだろうか。私はここに焼け跡の上にある青空を見るのである。
レビュー
NHK100分で名著を見て興味を持ち、kindleで無料なので、
読みました。
鋭い洞察力と文学的な表現で
短編 ですが、読み応えがありました。

人が己を律することや
道徳は 人が堕落するものであるから必要だという事と、

中途半端な堕落では無く 落ちる所まで己を堕落させた時
本当の人間がありありと見えてくる、
と説いています。

堕落するのが人間なのだから 敗戦を機に
堕落を恐れず 落ちる所まで堕落すれば、

堕落しきった所に 真の人間の姿 日本の姿が見えるのではないか、と

堕落の先に 人間の本質があり、恐らくそれは美しい…
今の時代にも通ずる 観念があると思いました。

また『堕落論(坂口安吾)』を無料で読みたい人は、

Kindle Unlimited 』の『30日間 無料体験』がおすすめです!

無料体験後も、月額980円で
マンガ・小説・雑誌・ビジネス書など、
1,200,000冊以上の本がいつでも読み放題!

ぴんと
1ヵ月換算すると…
32.6円で好きなだけ本が読める!?
ぴんこ
書店で買うと1500円以上するから、1冊でも読みたい本が見つかれば元が取れる『破格のサービス』ね!

PCやスマホ、さまざまな端末で利用できるので
お得に本を楽しみたい人は、この機会をお見逃しなく!

0円で読み放題!30日間 無料体験する 『堕落論』を無料で読む \今なら0円で120万冊が読み放題!/
おすすめ作品・書籍│『堕落論』

3位. おすすめ作品・書籍│『坂口安吾「青春論」』坂口安吾

坂口安吾「青春論」(坂口安吾)は、を紹介しています!

【作品・書籍の内容】
『青春論』 青春とは誰もが一度は経験する一生の中で激しくも短い曖昧な時間を、無頼派で知られる作家・坂口安吾が、独自の感性で、宮本武蔵の逸話を例に出しながら青春というものは何かを語る。
誰もが納得しうるような文章は、同時に誰の言葉にも似ることがなく、安吾の放つ言葉にはいつの時代も斬新さと人間の奥深さを秘めている。

おすすめ作品・書籍レビュー│『坂口安吾「青春論」』坂口安吾

レビュー
青春時代の思い出と言えば、なんだか苦い思い出もたくさんあるかと思いますが、やはり一生に1度の大切な思い出ですよね。それを思い出させてくれました。とても懐かしい気分になりましたね。
レビュー
大いに感動したことは言葉で表現できないようなものがあり、それを表現しようとして初めて言葉の不自由さを知る。これは恋愛感情を告白するときにも同じように生じ、青春を過ごすことは一方で清く輝き喜びに満ち溢れているが、他方では苦労や苦悩が絶えない時期を過ごすことなのだと理解した。また、理想についての論も深く同意できる面があった。
レビュー
青春、って何か恥ずかしくなる単語だなあと思いつつも購入して聞いてみたが、若者に留まらずその上の世代の方々にも響くことが多い一本。物事を、言葉を深く読み込んで理解するとはこういうことかと思い知らされた作品。

しかも、今なら『Audible』が
30日間 無料体験中』なので、
坂口安吾「青春論」(坂口安吾)』を無料で聴けるのもポイント!

ぴんと
また、メンタリストDaiGoさんも、
本を聴くことで1日に3冊は読めるようになるとおすすめしています!

読書やPC作業で目が疲れたときもインプットが続けられますし、移動時間も無駄にならない。

通勤に時間がかかる人なら、少なくても1日1冊分は聴けるんじゃないでしょうか。

テキストをフラットに聴くことにより、文章や論理の構造まできれいに頭に入るので、本がまるごと頭の中に入るような喜びが体感できます。

それによって話すことがうまくなり、言葉も出てきやすくなるので、本を耳で聴くのはおすすめですよ。

引用:なぜDaiGoは「目より耳」で本を読むのか

ぴんこ
しかも『Audible』は、
再生した後でも何回も交換OKだから、
実質無料の「聴き放題サービス」なの!
ぴんと
ライトノベル、小説、ビジネス書、
40万冊以上の本がいつでもどこでも聴けるので、この機会をお見逃しなく!

0円で聴き放題!30日間 無料体験する 『坂口安吾「青春論」』を無料で聴く \忙しいあなたも、耳は意外とヒマしてる!/
おすすめ作品・書籍│『坂口安吾「青春論」』

スポンサーリンク

4位. おすすめ作品・書籍│『堕落論・白痴 ─まんがで読破─』坂口安吾

【作品・書籍の内容】
「それは人間の真実の美しさではない」
本当の人間らしさとは何か? 美しさとは何か? 武士道、天皇制、道徳など、古代からの為政者たちが制度化してきた「カラクリ」を暴き、人間の再生を説く… 敗戦後の焼跡、闇市に象徴される混迷の日本に衝撃を与えたエッセイ『堕落論』。その小説版とも言える異色作品『白痴』。無頼派作家・坂口安吾の存在を世に知らしめた代表作2編を漫画化!

おすすめ作品・書籍レビュー│『堕落論・白痴 ─まんがで読破─』坂口安吾

レビュー
「堕落論」なんて現代人が読んでも共感できるわけがないです。
なぜ「堕落論」「白痴」が戦後の国民に衝撃を与えることができたのか?
それは当時の読者がまさに戦争の体験者だったからです。

本作では原作にはない戦時中の具体的なエピソードや安吾の他の随筆の要素を交えて、現代人にも非常にわかりやすく構成されています。
「堕落論」から同時収録の「白痴」への繋がりが見事で、制作担当者の努力に拍手を送りたい。
戦争を知らない世代のためにアレンジされたマンガ版「堕落論」。
おすすめです。
でも当時の戦争を知っている先輩達には当然原作がおすすめですが……。

レビュー
まさに現代版の小林よしのりのような内容である。
戦前の日本の美しさを虚しい美しさと言い表していて、前後のギブミーチョコレートや闇市、売春婦などの社会風刺を落ちるところまで落ちるのは人間だからしょうがないとしている。
マンガのタッチも小林よしのりに似ているため、とてもスムーズに楽しく読めた。
堕落論,白痴という題名からおもしろくなさそう先入観をもっていたが、実におもしろかった。
レビュー
私は悪い試みではないと思いました。

渋谷109の上を戦闘機が飛ぶ理由は理解できませんでしたが、
白痴の女を”実際に”描いて貰えたのは良かったですね。
文章の末端に書かれた小さい設定も、割かし忠実に再現して貰えました。

勿論原作にない部分の描き足しも見られましたが、
安吾観を土台から揺るがすような点は見つかりませんでした。
ファンがニヤニヤできる小ネタも仕込んであります。

然しながら、できれば未読の方には原作を先に読んで欲しいです。
『堕落論』も『白痴』も小品です。すぐ読めますから。

坂口安吾のおすすめ作品・書籍堕落論・白痴 ─まんがで読破─(坂口安吾)を読みたい方はこちら↓

『堕落論・白痴 ─まんがで読破─』を読む

5位. おすすめ作品・書籍│『坂口安吾・人生ギリギリの言葉』坂口安吾

坂口安吾・人生ギリギリの言葉(坂口安吾)は、安吾文学にひそむ名言をアッと驚く形でを紹介しています!

【作品・書籍の内容】
「本音で好きなように生きる。それこそが人間の真実だ」……坂口安吾については、「堕落論」の作者として知っている人が多いであろう。無頼派作家として太宰治とならんで愛され、酒と女とクスリにおぼれたりして、かなりメタメタな人生を送った人物だ。あまりの無茶がたたったか、48歳の若さで死んでしまった。とにかく、当時は薬局で売っていた覚せい剤を打ちながら書きまくっていたというのだから凄い。

坂口安吾の、自分の気持を原稿用紙に叩きつけたかのような名言がギュウギュウに詰まっているおすすめの1冊です!

おすすめ作品・書籍レビュー│『坂口安吾・人生ギリギリの言葉』坂口安吾

レビュー
不況になると、坂口安吾の本が売れる、という話を聞いたことがあります。
今の時代が、また坂口安吾を欲しているのでしょう。

この本は、坂口安吾の主著書を読み込んで自分の頭の中に坂口安吾が住み着いてしまったような
状態になった長尾氏の、脳内坂口安吾との対話です。

対話の形を使って安吾の思想を紹介している、という方が普通の言い方かも。
でも、それよりは踏み込んでいます。
対話の形をとることで、坂口安吾の言葉の理解のための補助線を引きやすくなっている。

坂口安吾の入門編としては最適かもしれません。

しかも、今なら『Kindle Unlimited』が
30日間 無料体験中』なので坂口安吾・人生ギリギリの言葉(坂口安吾)
が無料で読めるのもポイント!

ぴんと
マンガ・小説・雑誌・ビジネス書120万冊以上の本がいつでもどこでも読めるので、この機会をお見逃しなく!

0円で読み放題!30日間 無料体験する 『坂口安吾・人生ギリギリの言葉』を無料で読む \30日間 無料体験中!/
おすすめ作品・書籍│『坂口安吾・人生ギリギリの言葉』

スポンサーリンク

6位. おすすめ作品・書籍│『不連続殺人事件 (角川文庫)』坂口安吾

【作品・書籍の内容】
戦後間もないある夏、詩人・歌川一馬の招待で、山奥の豪邸に集まったさまざまな男女。作家、詩人、画家、劇作家、女優など、いずれ劣らぬ変人・奇人ぞろい。邸内に異常な愛と憎しみが交錯するうちに、世にも恐るべき、八つの殺人が生まれた!不連続殺人の裏に秘められた悪魔の意図は何か?鬼才安吾が読者に挑んだ不滅のトリック!多くのミステリ作家が絶賛する、日本推理小説史に輝く傑作。第2回探偵作家クラブ賞受賞作。

おすすめ作品・書籍レビュー│『不連続殺人事件 (角川文庫)』坂口安吾

レビュー
この本を読んでいて初めに思った事はとにかく登場人物がごまんとで出来てとにかくややこしい本当にこの物語はちゃんと最後に収集がついて終わるのかと腹を立てて読んでいましたが、最後まで読み終わると自分の見落としにハッとさせられてしまう。そんな作品です。安吾のほかの推理小説を読みなれているひとでもこの小説にはかなり衝撃を受けると思います。何でも病室の中で書き上げたというのだから驚きです。
レビュー
初めて坂口安吾という人の作品を読みました。
ここにレビューを書かれる方たちほど、この時代の作品を読んだこともないので僭越ですがこんなビギナーの私でもすごく楽しめました。
なんというか・・・これが昭和22年の作品とはとても思えない。この登場人物のキャラクターの濃さにまずヤラれます。そのキャラを楽しむだけでページをめくる手が止まらない!!登場人物はかなり多いですが、それもあまり気にならないくらいの面白さ。

久しぶりに一気読みしてしまいました。推理小説もあまり読まない私なので思いっきり意外でした・・・
巨勢博士かっこいいなぁ。

ラストはあまりに切ないです。

レビュー
この作品は連続殺人を扱ったものの中で最高傑作です
犯人が意図せざる殺人と意図した殺人を繰り返しながら
それを一つの文様として意味をなしていく、迫真の事件性
犯人看破の心理的証拠の見事さ
そして、日本文学の大家が描く美しい日本語どれをとっても
傑作です

坂口安吾のおすすめ作品・書籍不連続殺人事件 (角川文庫)(坂口安吾)を読みたい方はこちら↓

『不連続殺人事件 (角川文庫)』を読む

7位. おすすめ作品・書籍│『桜の森の満開の下』坂口安吾

【作品・書籍の内容】
なぜ、それが“物語・歴史”だったのだろうか―。おのれの胸にある磊塊を、全き孤独の奥底で果然と破砕し、みずからがみずから火をおこし、みずからの光を掲げる。人生的・文学的苦闘の中から、凛然として屹立する、“大いなる野性”坂口安吾の“物語・歴史小説世界”。

おすすめ作品・書籍レビュー│『桜の森の満開の下』坂口安吾

レビュー
ようやく坂口安吾の純文学を読んだ。

不思議な物語である。

確かに満開の桜の木下というものは、狂気を含んでいる。

春とはいえ急に冷たい風がひゅーと吹いてくれば、なにかゾクっとするものが感じられるはずだ。

それも山の奥で、誰もいないとなると、逃げ出したくなる気持ちになるだろう。

だが、それはあくまで頭の中での世界で、本当はあぁ~綺麗とか何とか口走るのだろが。

そう、この物語はあくまで現実離れした想像の中だけの物語なのである。

御伽噺に近いだろう。

男女の仲というものの本質を、観念的に描いている。

心理描写はわざとアッサリかかれていて、残酷であるべき殺人の場面も実に淡白である。

なのに、女の怖さ、男の怖さが不気味に伝わってくる。

不思議と心に残る、短編である。

レビュー
タイトルを見て、ふと読み直したくダウンロードしました。Kindleにて手軽に読める環境を含め、星5としています。
お花見は、日本人ならみんなが知る国民的行事だと思います。しかし、昔から桜に込められた思い、意味は、あまり現代では意識されていないような気がします。この作品は、そういった桜の持つ意味を下敷きにした物語だと理解しています。
実際、狂わんばかりの夜桜を独り眺める機会があれば、静寂のなかの喧噪というか、焦燥感というか、そんな独特のなんとも言えない感じは分かると思います。そういう理解の仕方を提示する意味でも、面白い作品だとおもいます。
なお、私は坂口安吾の作品は、この作品しか知りませんので、個人的な解釈とご理解ください。

Kindle Unlimited』の30日間 無料体験中』なら桜の森の満開の下(坂口安吾)が無料で読めるので、この機会をお見逃しなく!

0円で読み放題!30日間 無料体験する 『桜の森の満開の下』を無料で読む \今なら0円で120万冊が読み放題!/
おすすめ作品・書籍│『桜の森の満開の下』

坂口安吾のおすすめ作品・書籍ランキング│まとめ

『坂口安吾のおすすめ作品・書籍ランキング7冊』いかがでしたか?

ぜひ、気になった坂口安吾の作品・書籍を読んで、あなたの人生に役立ててみてくださいね!

ぴんと
さいごまで読んでいただき、ありがとうございました!
【Amazon】本を無料で読む方法!

 本を読むときは『Audible』の
『30日間無料体験』がおすすめです!

ライトノベル・小説・ビジネス書など、
400,000冊以上の本が聴き放題!

ぴんと
毎日の料理やジョギング、通勤中など、いつでもどこでも好きな時に聴けるので、1日1冊ラクに本が読めちゃう!
ぴんこ
再生した後でも何回も交換OKだから、
実質無料の「聴き放題サービス」ね!

また、あのメンタリストDaiGoさんも
本を聴くことで1日に3冊は読めるとおすすめしています!

読書やPC作業で目が疲れたときもインプットが続けられますし、移動時間も無駄にならない。

通勤に時間がかかる人なら、少なくても1日1冊分は聴けるんじゃないでしょうか。

テキストをフラットに聴くことにより、文章や論理の構造まできれいに頭に入るので、本がまるごと頭の中に入るような喜びが体感できます。

それによって話すことがうまくなり、言葉も出てきやすくなるので、本を耳で聴くのはおすすめですよ。

引用:なぜDaiGoは「目より耳」で本を読むのか

さらに、人気俳優・声優のボイスが、
本の魅力をさらに引き出しているので、
スキマ時間を有効活用したい人は、この機会をお見逃しなく! 

 
\忙しいあなたも、耳は意外とヒマしてる!/

小説 ビジネス書 ラノベ
40万冊を無料体験で聴く!

スポンサーリンク
スポンサーリンク