【2019年】宮部みゆきのおすすめ作品・書籍ランキング7冊!年400冊読む書評ブロガーが紹介!

こんちわ、柿田ぴんとです!

今回は、宮部みゆきのおすすめ作品・書籍ランキング7冊を紹介していきます!

\30日間 無料体験中!/
小説 ビジネス書 ライトノベル
40万冊を「無料体験」で聴く

1位. おすすめ作品・書籍│『火車』宮部みゆき

【作品・書籍の内容】
休職中の刑事、本間俊介は遠縁の男性に頼まれて彼の婚約者、関根彰子の行方を捜すことになった。自らの意思で失踪、しかも徹底的に足取りを消して――なぜ彰子はそこまでして自分の存在を消さねばならなかったのか? いったい彼女は何者なのか? 謎を解く鍵は、カード社会の犠牲ともいうべき自己破産者の凄惨な人生に隠されていた。山本周五郎賞に輝いたミステリー史に残る傑作。

おすすめ作品・書籍レビュー│『火車』宮部みゆき

レビュー
哀しい名作。
休職中の刑事が、親戚の若者から頼まれたのは、失踪した婚約者を探すことだった。苦労して婚約者の知り合いを見つけ出して話を聞き、最後に写真を見せると…「別人です。あなたは別人の話をしている」。もはやただの失踪事件ではなくなっていた…
カードやサラ金地獄を背景に描かれる、現代の人間の悲劇。
読み終った時、言葉に出来ない割り切れなさを感じた。哀しいようないらだち。それは何だったのか。
本当に悪いのは、罪を犯した犯人ではなく、その人を犯罪へと追い込んだものたち。しかし裁かれるのはいつもその人だけで、犯罪へと追い込んだものたちは、その後も、何も変わらずに続いていく。
一体、誰が彼女を責められるのか。誰も彼女を救えなかったのに。
ちょっと冗舌なのが気になったが、おすすめです。
レビュー
そこそこの長編だがあまりの面白さに一気に読めてしまう。まさにミステリー史に残る傑作だと思う。自己破産やカードローンなど金融関係の用語が多く、現代の社会情勢をテーマにした内容で難しく感じるかもしれないが、心配することはないでしょう。ともすれば、説明的になる部分も、そこは著者の力量で面白く読めた。後半にかかるとスピード感はアップし、ぐいぐいストーリーに引き込まれていった。そして罪を犯すものにもそれぞれの人生があり、皆必死で「生きている」のだと感じた。ラストシーンはもうこれ以上ないのではないかと思えるほどかっこいい終わりかた。最後の1行まで楽しめた稀有な傑作。

また『火車(宮部みゆき 著)』を無料で読みたい人は『Audible』の『30日間 無料体験』がおすすめです!

ライトノベル・小説・ビジネス書など、
400,000冊以上の本がいつでも聴き放題!

ぴんと
毎日の料理やジョギング、通勤中など、 いつでもどこでも好きな時に聴けるので、1日1冊ラクに本が読めちゃう!
ぴんこ
再生した後でも何回も交換OKだから、
実質無料の「聴き放題サービス」ね!

また、人気俳優・声優のボイスが、
本の魅力をさらに引き出しているので、
スキマ時間を有効活用したい人は、この機会をお見逃しなく!

0円で聴き放題!30日間 無料体験する 『火車』を無料で聴く \今なら0円で40万冊が読み放題!/
おすすめ作品・書籍│『火車』

スポンサーリンク

2位. おすすめ作品・書籍│『理由』宮部みゆき

【作品・書籍の内容】
東京都荒川区の超高層マンションで起きた凄惨な殺人事件。殺されたのは「誰」で「誰」が殺人者だったのか。そもそも事件はなぜ起こったのか。事件の前には何があり、後には何が残ったのか。ノンフィクションの手法を使って心の闇を抉る宮部みゆきの最高傑作がついに文庫化。

おすすめ作品・書籍レビュー│『理由』宮部みゆき

レビュー
競売を扱った小説としてこの「理由」を一番に上げます。
ワタシは競売を業として扱っていますが、競売と小説を融合させた作品としての出来は本作がピカ一です。
ルポルタージュ形式には賛否両論がありますし、冗長であるという批判もありますが、競売の現実を知る上では、冷静な第三者の目で状況を見るというその方法が最適であると思います。
ちなみに今年の春以降には改正法が施行されますので、「理由」に描かれている状況とは大幅に変わり、事件発端の前提である「短期賃借権」の存在がなくなります。
ゆえに臨場感溢れる状況で本作を読むのは今が最後のチャンスだ、とワタシは思います。
レビュー
この本は直木賞受賞作だそうです。事件であるにも拘わらず、そもそも誰が被害者なのかさえはっきりしないというところから始まり、沢山の関係者がそれぞれに困った事情を抱え、別々に関わっている糸を解きほぐしていくという、ストーリー展開になっています。宮部さんらしい人を引き込むような勢いがありますので、すぐに読むことができると思います。ただ少し物足りないと思ったのは、ラストで分かった真犯人像の描き方が漠然としていてよく分からないところです。この点は、「模倣犯」とも共通していますが、宮部さんは、現代の若者に対して、ぞっとするような残酷さを持ち合わせていることを指摘したいのかな、という気がしました。

しかも、今なら『Audible』が
30日間 無料体験中』なので、
理由(宮部みゆき 著)』を無料で聴けるのもポイント!

ぴんと
また、メンタリストDaiGoさんも、
本を聴くことで1日に3冊は読めるようになるとおすすめしています!

読書やPC作業で目が疲れたときもインプットが続けられますし、移動時間も無駄にならない。

通勤に時間がかかる人なら、少なくても1日1冊分は聴けるんじゃないでしょうか。

テキストをフラットに聴くことにより、文章や論理の構造まできれいに頭に入るので、本がまるごと頭の中に入るような喜びが体感できます。

それによって話すことがうまくなり、言葉も出てきやすくなるので、本を耳で聴くのはおすすめですよ。

引用:なぜDaiGoは「目より耳」で本を読むのか

ぴんこ
しかも『Audible』は、
再生した後でも何回も交換OKだから、
実質無料の「聴き放題サービス」なの!
ぴんと
ライトノベル、小説、ビジネス書、
40万冊以上の本がいつでもどこでも聴けるので、この機会をお見逃しなく!

0円で聴き放題!30日間 無料体験する 『理由』を無料で聴く \忙しいあなたも、耳は意外とヒマしてる!/
おすすめ作品・書籍│『理由』

3位. おすすめ作品・書籍│『あやかし草紙 三島屋変調百物語伍之続』宮部みゆき

【作品・書籍の内容】
固く封じ込めたはずのわだかまりが、どこまでも追いかけてくる。一歩を踏みだすために、人は胸につかえる秘事を吐き出し心の重荷をそっと下ろす。「語ってしまえば、消えますよ」

おすすめ作品・書籍レビュー│『あやかし草紙 三島屋変調百物語伍之続』宮部みゆき

レビュー
ネタバレ含みます。

翌月祝言てことは、やっぱり勘一の寿命の長短が背景に?
てか、聞き役のおちかが婚約者の勘一に支えられ、助けられたり、そんなストーリーもあって良かったんじゃないのかしら。
二人があれからめでたく婚約して、あと数話は聞き役がおちかのままでも全然読者としては違和感無いのになあ。若先生が消えたw時もだったけど、何か大人の事情ぽいw
小旦那は嫌じゃないですよ、でも彼だっていつまでも三島屋にいるわけにもいかないですよね…いや先の事はともかく、とりあえず次回を楽しみにお待ちしていますよ。

レビュー
 一気に読ませてしまう語り口のうまさは手練れの技ですね。そして「だんまり姫」や、「金目の猫」では、相変わらず優しさに思わず涙腺が緩んでしまう。
 おちかが幸せになるのはうれしいけど、ちょっと寂しい気もする。でも、瓢箪古堂の若旦那の謎もあり、新たな展開も期待できそう。
 百物語の聴き手は、これから富次郎になるわけだけど、私の予想としては、お勝が重要な役割を演じていくのではないかと期待が膨らみます。お勝は、疱瘡のためにひどいあばたなのですが、実は、ろうたけたすごい美女なのです。
 今回は「金目の猫」で、富次郎の兄の伊一郎も登場し、そしておそらく著者が好きなのだろう、可愛い猫も出てきてうれしかった。

宮部みゆきのおすすめ作品・書籍あやかし草紙 三島屋変調百物語伍之続(宮部みゆき 著)を読みたい方はこちら↓

『あやかし草紙 三島屋変調百物語伍之続』を読む

スポンサーリンク

4位. おすすめ作品・書籍│『模倣犯 1』宮部みゆき

【作品・書籍の内容】
墨田区・大川公園で若い女性の右腕とハンドバッグが発見された。やがてバッグの持主は、三ヵ月前に失踪した古川鞠子と判明するが、「犯人」は「右腕は鞠子のものじゃない」という電話をテレビ局にかけたうえ、鞠子の祖父・有馬義男にも接触をはかった。ほどなく鞠子は白骨死体となって見つかった―。未曾有の連続誘拐殺人事件を重層的に描いた現代ミステリの金字塔、いよいよ開幕。

おすすめ作品・書籍レビュー│『模倣犯 1』宮部みゆき

レビュー
文庫本五冊という分量ながら、読み始めると常に次の展開が気になって、一気に最後まで読んでしまう。中だるみの部分はない。読んでいる最中、「模倣犯」と言うタイトルが頭の中から完全に飛んでいたが、最後になってその意味するところがわかる。このひねりを加えたタイトル自体、なかなかのものである。読後の余韻が去った後、いくつかの腑に落ちない箇所も気になってきたが、最高のエンタテインメント作品であることは間違いない。

(これは全巻を通してのレビューです。)

レビュー
単行本で読んだが、今回の文庫化で再読。一気に読んだ。
内容については、今さらどんな言葉を持ってきても足りない。
だから、ここではあえて違うことを言いたい。
ったく、なんでこれから読もうとする内容をわざわざ本の裏に書くかなぁ?
頭にきます。
初めて読む方は、絶対に絶対に本の裏と帯は封印してから読んで下さいね。

しかも、今なら『Audible』が
30日間 無料体験中』なので、
模倣犯 1(宮部みゆき 著)』が無料で聴けるのもポイント!

ぴんこ
Audible』は、
再生した後でも何回も交換OKだから、
実質無料の「聴き放題サービス」なの!
ぴんと
ライトノベル、小説、ビジネス書、
40万冊以上の本がいつでもどこでも聴けるので、この機会をお見逃しなく!

0円で聴き放題!30日間 無料体験する 『模倣犯 1』を無料で聴く \今なら0円で40万冊が読み放題!/
おすすめ作品・書籍│『模倣犯 1』

5位. おすすめ作品・書籍│『昨日がなければ明日もない』宮部みゆき

【作品・書籍の内容】
杉村三郎vs.“ちょっと困った”女たち。自殺未遂をし消息を絶った主婦、訳ありの家庭の訳ありの新婦、自己中なシングルマザー。『希望荘』以来2年ぶりの杉村シリーズ第5弾!

おすすめ作品・書籍レビュー│『昨日がなければ明日もない』宮部みゆき

レビュー
杉村三郎シリーズは身近な社会の闇をテーマにしている感があるので、今回も内容が苦手と思われる方も少なからずおられるかもしれません。ただ、第一話目から人の尊厳を踏みにじる胸が焼けそうな加害者たちばかりが登場するものの、人物描写は相変わらず秀逸で最終的には被害者たちが多少なりとも苦しみから解放される(手段は悲劇的ですが)あたりは素直に感情移入が出来ますし、悪党(と表現してもいいような人間)共も然るべき報い(天罰?)を受けますから、少々腑に落ちなくとも読後感はそれなりによろしいのではないかと。
卓越した筆力とストーリー構成は健在ですので、このシリーズを全て読んでいる、または宮部みゆきさんファンの方には十分に楽しめる作品かと思います。
レビュー
まず、後味が悪いとの評価がありますが、概ね同意します。ただし、本当に後味が悪いと感じたのは「絶対零度」で、「華燭」は逆に好ましいエンディングと感じました。この本の題名にもなっている「昨日がなければ明日もない」は、やりきれない話ではありますが、もっとも杉村シリーズらしい話ではないかと思います。
どれも素晴らしい短編ですが、個人的には初版限定附録の「杉村三郎シリーズガイド」が収穫でした。その中の著者インタビューがいいですね。いや、シリーズ第二作の「名もなき毒」のあたりで、いつかは私立探偵を職業にさせるのかなと思ってましたけど、第三作までが杉村を私立探偵にするための前振りだったとは!こういう展開を最初から考えていたのかと思うと・・・。作家さんは怖いなあ。

宮部みゆきのおすすめ作品・書籍昨日がなければ明日もない(宮部みゆき 著)を読みたい方はこちら↓

『昨日がなければ明日もない』を読む

スポンサーリンク

6位. おすすめ作品・書籍│『ソロモンの偽証 第Ⅰ部 事件 上』宮部みゆき

【作品・書籍の内容】
クリスマス未明、一人の中学生が転落死した。柏木卓也、14歳。彼はなぜ死んだのか。殺人か。自殺か。謎の死への疑念が広がる中、“同級生の犯行”を告発する手紙が関係者に届く。さらに、過剰報道によって学校、保護者の混乱は極まり、犯人捜しが公然と始まった―。一つの死をきっかけに膨れ上がる人々の悪意。それに抗し、死の真相を求める生徒達を描く、現代ミステリーの最高峰。

おすすめ作品・書籍レビュー│『ソロモンの偽証 第Ⅰ部 事件 上』宮部みゆき

レビュー
ハードカバーだと持ち歩くのに重いので、文庫になるのを待ってました。
久しぶりの宮部みゆき作品です。
その語り口がやや冗長に思える箇所もあったので
今後に期待して☆−1にしています。
宮部作品では時に現実にはいないだろう、いやいるかもしれない
と思わせる恐ろしい人が出てきますが、本作品にも出てきましたね。
わたしにも同世代の子どもがいるので親目線でも
いろいろ考えさせられる内容です。
第2部以降も早く読みたいです。
レビュー
年が明けてすぐに、久々に立ち寄った書店で何か読もうかと、久々に手にした宮部みゆきさんの小説「ソロモンの偽証」、全六巻ある文庫本にとまどいつつ、目にした冒頭の文章
『十二月二十四日、クリスマス・イブの夜のことだった。午(ひる)過ぎから厚く空を覆っていた鈍色(にびいろ)の雲が、自分自身の重さに耐えかね、次第次第に低くたれこめてきて、とうとう我慢しきれなくなったかのように小雪がちらつき始めた。』
この一節の情景描写で、引き込まれるように購入してしまいました。
現実味がないかもしれない大筋を、現実の如く表現する描写で、目の前にある映像を見ているかのような錯覚に囚われながら読みました。

しかも、今なら『Audible』が
30日間 無料体験中』なので、
ソロモンの偽証 第Ⅰ部 事件 上(宮部みゆき 著)』が無料で聴けるのもポイント!

ぴんと
ライトノベル、小説、ビジネス書、
40万冊以上の本がいつでもどこでも聴けるので、この機会をお見逃しなく!

0円で聴き放題!30日間 無料体験する 『ソロモンの偽証 第Ⅰ部 事件 上』を無料で聴く \忙しいあなたも、耳は意外とヒマしてる!/
おすすめ作品・書籍│『ソロモンの偽証 第Ⅰ部 事件 上』

7位. おすすめ作品・書籍│『さよならの儀式』宮部みゆき

【作品・書籍の内容】
親子の救済、老人の覚醒、30年前の自分との出会い、仲良しロボットとの別れ、無差別殺傷事件の真相、別の人生の模索……淡く美しい希望が灯る。宮部みゆきの新境地、心ふるえる作品集。

おすすめ作品・書籍レビュー│『さよならの儀式』宮部みゆき

レビュー
私は宮部みゆきが好きだ。
作品が、物語が、文章が、好きだ。そして、なにより彼女の作品に出てくる人びとが、真っ当に生きているのがいい。
短編が収録されているこの本、どの作品素晴らしいが、なかでも「戦闘員」がとても良かった。
仕事と子育てを終えパートナーを見送り、ひとり真っ当に生きている主人公が思いもよらないものと戦う。そこには、年を重ねていく寂しさもありながら、それでもここから生きていくという強い気持ちを感じる。勇気をもらった。
宮部みゆきさんの作品には、そういう、年齢を超えて真っ当に生きている普通の人びとが物語を動かすことがよくある。「模倣犯」のおじいさんのように。
本を読み終わるのがもったいないと思える作者だ。
レビュー
軽めのSF短編小説集。私はあまりSF小説は得意ではないが1日で読みおえてしまった。
傑作はなかったが、すべて標準以上に面白かった。
身近な家庭内の話や自身の生き方の問題、あるいは高齢化社会など現代の社会問題も扱っており、
SFは舞台設定という面が強かったので、SFが苦手な人でも楽しめると思う。
個人的には最後に収録されている(保安官の明日)が一番よかった。
著者の最高傑作ではないだろうがとても楽しめた。

宮部みゆきのおすすめ作品・書籍さよならの儀式(宮部みゆき 著)を読みたい方はこちら↓

『さよならの儀式』を読む

宮部みゆきのおすすめ作品・書籍ランキング│まとめ

『宮部みゆきのおすすめ作品・書籍ランキング7冊』いかがでしたか?

ぜひ、気になった宮部みゆきの作品・書籍を読んで、あなたの人生に役立ててみてくださいね!

ぴんと
さいごまで読んでいただき、ありがとうございました!
【Amazon】本を無料で読む方法!

 本を読むときは『Audible』の
『30日間無料体験』がおすすめです!

ライトノベル・小説・ビジネス書など、
400,000冊以上の本が聴き放題!

ぴんと
毎日の料理やジョギング、通勤中など、いつでもどこでも好きな時に聴けるので、1日1冊ラクに本が読めちゃう!
ぴんこ
再生した後でも何回も交換OKだから、
実質無料の「聴き放題サービス」ね!

また、あのメンタリストDaiGoさんも
本を聴くことで1日に3冊は読めるとおすすめしています!

読書やPC作業で目が疲れたときもインプットが続けられますし、移動時間も無駄にならない。

通勤に時間がかかる人なら、少なくても1日1冊分は聴けるんじゃないでしょうか。

テキストをフラットに聴くことにより、文章や論理の構造まできれいに頭に入るので、本がまるごと頭の中に入るような喜びが体感できます。

それによって話すことがうまくなり、言葉も出てきやすくなるので、本を耳で聴くのはおすすめですよ。

引用:なぜDaiGoは「目より耳」で本を読むのか

さらに、人気俳優・声優のボイスが、
本の魅力をさらに引き出しているので、
スキマ時間を有効活用したい人は、この機会をお見逃しなく! 

 
\忙しいあなたも、耳は意外とヒマしてる!/

小説 ビジネス書 ラノベ
40万冊を無料体験で聴く!

スポンサーリンク
スポンサーリンク