【2021年】pmbok プロジェクトマネジメントのおすすめ本・書籍ランキング7冊!年400冊読む書評ブロガーが紹介!

こんちわ、柿田ぴんとです!

今回は、pmbok プロジェクトマネジメントのおすすめ本・書籍ランキング7冊を、高評価レビューも加えてご紹介します!

目次

\30日間 無料体験中!/
小説 ビジネス書 ライトノベル
40万冊を「無料体験」で聴く

1位. pmbok プロジェクトマネジメントのおすすめ本・書籍│『PMBOK対応 童話でわかるプロジェクトマネジメント』

pmbok プロジェクトマネジメントのおすすめ本・書籍レビュー│『PMBOK対応 童話でわかるプロジェクトマネジメント』

レビュー
いわゆる仕事ができる人になるためにはどうなるかの本です。人にはそれぞれ役割がありますが、個々に動いているだけではパフォーマンスは発揮できない。チーム医療を構築していくうえでも非常に重要な考え方がちりばめられていると思います。

羽田には1分おきに美しく飛行機が着陸し、東京に行くたびに新しいビルが建つ。自分は何やってんだろうなーとは日々思っています(><)

PM流行ってますが、とっつきにくい。でも人生諦めてない人におすすめです(^^)

レビュー
仕事に限らず家事や育児にも参考になる内容でした。例えばウサギとカメのお話では、目標を相手に勝つことと設定してしまったウサギと、目的地に早く着くことと設定したカメについての例を用いてゴール設定の重要性について述べられます。
つい他人と比較してしまい、本来の目的を見失いがちな私はハッとさせられました。
「童話でわかる」というだけあって、大変読みやすいですが、専門知識が土台にあるため内容が濃いです。桃太郎がイヌサルキジにダメだしするところなど、クスリとさせられる場面もたくさんあって楽しく読めます。
読み進めるうちに著者のサービス精神と明るさに引っ張られて、前向きになれる一冊です。
自分が取り組んでいる目の前のことに対して、具体的に目標を立てたり、進捗を管理してみようと思わせてくれます。
レビュー
子供の頃に、読み聞かせされた童話は大人になった今でも、ストーリーから登場人物まで記憶しているものである。初めてプロジェクトマネジメントに関与した人向けに、敷居を下げる目的で、有名なお話をプロジェクトマネジメントの要点に連携するように内容が練られている。まず、本書に取り上げられるストーリーはよく知られたものばかりであるため、すぐに想起できる。次にプロマネを知ると人との仕事に役立てられる。最後にプロジェクトマネジメントを遂行する上で重要なポイントである、ステークスホルダーの期待に沿うことの大切さもきちんと網羅されている。個人的にはこの章が、全体としてはとても重要であると感じられた。PMBOKを収得する前の、全体像を把握するためにとても役立書籍である。
レビュー
PMBOKの勉強をする際、会社から分厚い本を渡されましたが、
実感の薄いまま勉強するのはまずいと感じて当該本を購入しました。

結果、全てがピンポイントとは言えないのでしょうが、非常に身近に感じます。
その実感と今までの経験が相まって納得が深まったため、読んで良かったと思っています。

童話にアレンジが加わってますが、そういうイメージなのか分かり、
PMBOKの導入やプロジェクトマネジメントがどのようなものなのか把握する上で
適した本だと思います。おすすめ。

pmbok プロジェクトマネジメントのおすすめ本・書籍PMBOK対応 童話でわかるプロジェクトマネジメントを読みたい方はこちら↓

レビュー・口コミの詳細を見る

『PMBOK対応 童話でわかるプロジェクトマネジメント』を読む

スポンサーリンク

2位. pmbok プロジェクトマネジメントのおすすめ本・書籍│『図解 これ以上やさしく書けない プロジェクトマネジメントのトリセツ (Panda Publishing)』

pmbok プロジェクトマネジメントのおすすめ本・書籍レビュー│『図解 これ以上やさしく書けない プロジェクトマネジメントのトリセツ (Panda Publishing)』

レビュー
丁度プロジェクトを立ち上げる必要があり、関係各部に声をかけてプレスタートしていたのですが、
オーナーが不在状態でプロジェクトとして話を進めることが難しく、焦って週次会議までもがく中でこの本を読みました。
まさにオーナー不在や計画段階が最も重要であること等が述べられており、説得力MAXの内容で、
その中でWBS等の代表的なツールの使い方の要点やフェーズの切り方等、実践的でタメになる内容に溢れていました。
レビュー
ストーリー仕立てで分かりやすい。
レビュー
とにかく初心者への優しさ重視です。
少しでもプロジェクトマネジメントの知識を持っている人には不要だと思います。サンプルで読める内容と同じレベルで最後まで続きます。
素人の私には丁度良かったです。
レビュー
新システム導入を検討していたので、事例が酷似していて非常に役に立った。

pmbok プロジェクトマネジメントのおすすめ本・書籍図解 これ以上やさしく書けない プロジェクトマネジメントのトリセツ (Panda Publishing)を読みたい方はこちら↓

レビュー・口コミの詳細を見る

『図解 これ以上やさしく書けない プロジェクトマネジメントのトリセツ (Panda Publishing)』を読む

3位. pmbok プロジェクトマネジメントのおすすめ本・書籍│『プロジェクトマネジメント標準 PMBOK入門 PMBOK第6版対応版』

pmbok プロジェクトマネジメントのおすすめ本・書籍レビュー│『プロジェクトマネジメント標準 PMBOK入門 PMBOK第6版対応版』

レビュー
PMBOKの構成と、PMBOKが何であるかは理解できたと思う。当たり前かもしれないが、身につけるにはこれ以外にもPMBOKの勉強と実践が必要。
レビュー
PMBOKに初めて触れるものとしてとても分かり易かった。ただ読み進めてる上で、多少マネジメント全般の知識がある前提の本だと感じた。
レビュー
本書記載事項を実践してみている。PMBOKにのっとって動くのは初めてだが、理解しやすく乗りやすい。
レビュー
特にコラムが著者の実体験に基づくと思われる話題をチョイスしており、参考になる。
初学者として読むのであれば、プロジェクトマネジメントとはどういったことをするのか、イメージだけで怖気づいてしまうことをやめるためにこの本を読んでみればよいと思う。一方でプロマネ業をこれまでに経験した人であれば復習を兼ねて、第三者の考えるプロマネとは何かを知るためのベンチマークとして使えるのではないか。プロマネのプロであれば立ち読みで十分であろう。
実戦的な手法については何一つ語られていなので、心構えどまりであり、これ一冊ですべて賄えな得るという本ではない。
それでも、読む価値が十分にあると感じたので、星4つとした。

pmbok プロジェクトマネジメントのおすすめ本・書籍プロジェクトマネジメント標準 PMBOK入門 PMBOK第6版対応版を読みたい方はこちら↓

レビュー・口コミの詳細を見る

『プロジェクトマネジメント標準 PMBOK入門 PMBOK第6版対応版』を読む

スポンサーリンク

4位. pmbok プロジェクトマネジメントのおすすめ本・書籍│『担当になったら知っておきたい「プロジェクトマネジメント」実践講座』

pmbok プロジェクトマネジメントのおすすめ本・書籍レビュー│『担当になったら知っておきたい「プロジェクトマネジメント」実践講座』

レビュー
初心者にとってプロジェクトマネジメントは一体何なのかをプロジェクトの全体像を俯瞰視する感覚で説明している。分かりやすく重点を素早く掴むことができると思います。
足りない点はあくまで俯瞰視する視点なので概念的なものが多く具体的にどうすれば良いのか例とか可決方法が曖昧
レビュー
プロジェットマネジメントに始めて取り組む人にはぴったりの内容。基本を抑え実践に活用できる内容になっている。中級レベルのPM向けではない。
レビュー
プロジェクトマネジメントについて幅広く解説してあります。
どれも平易で分かりやすいと思います。
レビュー
新しいプロジェクトに参加するため、買いました。
理解しやすいです。
実戦例がもっと増えたら、助かると思いますが。

pmbok プロジェクトマネジメントのおすすめ本・書籍担当になったら知っておきたい「プロジェクトマネジメント」実践講座を読みたい方はこちら↓

レビュー・口コミの詳細を見る

『担当になったら知っておきたい「プロジェクトマネジメント」実践講座』を読む

5位. pmbok プロジェクトマネジメントのおすすめ本・書籍│『マンガでわかるプロジェクトマネジメント』

pmbok プロジェクトマネジメントのおすすめ本・書籍レビュー│『マンガでわかるプロジェクトマネジメント』

レビュー
漫画が良かったので早く読み進めたくなり1日で読破できました。PMBOKに沿っているのでPMBOKガイドの前に読む一冊として、私はこの本をお勧め致します。

漫画の人間関係や伏線の回収が気になり一気に読めました。
ラストも綺麗に終わっていて良い作品だと感じました。
初めてPMを務めるにあたりPMBOKガイドの前に読んだ次第ですが大正解でした!
漫画家さんはじめこの本の制作に関わった全ての方に感謝!

レビュー
システム開発を行う上で上流工程に携わるものであれば
PMBOKの領域に関する話は必ずといっていいほど出てきます。

その際に話についていけなくてはお客様の信頼を失うことにつながります。
得ていて100%役に立つ知識とはいいませんが、信頼を失わないために必須の知識です。
これからエンジニアになる方は文章で理解することは難しいと思います。
この商品はマンガで体系的に学べるよう構成されています。
おすすめです。

レビュー
プロジェクトマネージャ試験の勉強開始時に読みました。マンガが挟まれており、通勤電車の中で数日ほどで読了。プロジェクトの流れが一通り把握できるので、おすすめです!
試験を受けない方にもプロジェクトなどに関わる方には読んで損はない本だと思います。
レビュー
荘厳なプロジェクトマネージメントの本は沢山あるが、マンガで簡単に説明しようとする姿勢が
全面に出ていて良かった。単純に読みやすいし、初心者プロジェクトマネージャとしては助かる記述が多いと思います。
マンガ→解説文の繰り返しですが、解説文が復習代わりになるので知識としても定着しやすいです。
こういった本が増えるといいなと思います。

pmbok プロジェクトマネジメントのおすすめ本・書籍マンガでわかるプロジェクトマネジメントを読みたい方はこちら↓

レビュー・口コミの詳細を見る

『マンガでわかるプロジェクトマネジメント』を読む

スポンサーリンク

6位. pmbok プロジェクトマネジメントのおすすめ本・書籍│『FACTFULNESS(ファクトフルネス)10の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習慣』

pmbok プロジェクトマネジメントのおすすめ本・書籍レビュー│『FACTFULNESS(ファクトフルネス)10の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習慣』

レビュー
人間の本能を10種類(分析本能、ネガティブ本能、直線本能、恐怖本能、過大視本能、パターン化本能、宿題本能、単純化本能、犯人探し本能、焦り本能)に分類し、それにより世の中の事実が歪んでしまっていることが書かれてました。そして、それぞれの本能への抑止方法(気づきやアドバイス)が載っています。

データ分析者にとっては当然の事も多々載っていましたが、私の場合は、そういった中でも、本能で判断していて改めなければいけないことがいくつも紹介されていました。今後はこの本にあるアドバイスを強く意識していくことになりそうです。

とても読みやすい本なので、データ分析者以外の多くの方へ気づきを与えてくれる価値のある一冊だと思います。

レビュー
8時間ほどで読めた。

ファクトフルネスとは事実に基づく世界をみることのようです。

思い込みや本能のようなもので、正しく世界の出来事を捉えることが難しいという事実をデータやクイズで教えてくれました。

人の命にかかわる判断をしないといけなかった筆者からのデータを基に判断するための方法を広める使命めいたものを読み取れてきました。

他にも業務等、例えばGoogleのSREのようなデータドリブンで仕事をすることにも通じると思いました。

世界が良くなっているのか悪くなっているのかこの本を読むとわかるようになるのかもしれません。

レビュー
分量はありますが文体が軽いため面白く読めました。
真実とは異なる思い込みで物事を判断しないように、数字や事実へ目を向けよう、知識をアップデートしよう、という姿勢はダイジだなと改めて思いました。
まずは自分の身の回り、仕事や家庭において様々な思い込みがないか意識していきたいです。不満に思っていることも、良くなっている途中かもしれないという再評価が必要かも。
また記録の重要性も再確認しました。あいまいな記憶しかないような状態ではファクトにたどり着けません。

pmbok プロジェクトマネジメントのおすすめ本・書籍FACTFULNESS(ファクトフルネス)10の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習慣を読みたい方はこちら↓

レビュー・口コミの詳細を見る

『FACTFULNESS(ファクトフルネス)10の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習慣』を読む

7位. pmbok プロジェクトマネジメントのおすすめ本・書籍│『予定通り進まないプロジェクトの進め方』

pmbok プロジェクトマネジメントのおすすめ本・書籍レビュー│『予定通り進まないプロジェクトの進め方』

レビュー
PMBKの教科書的なプロジェクトマネジメント論を批判的に考察しつつ、著者が開発した「プ譜」を使用したプロジェクトの進め方を提唱している。著者の考え方の根底にはプロジェクトは思い通りに動かないもの、という思想があり、動きに応じていかに戦略を打ち立てるかを、将棋や戦の事例を巧みに引き合いに出しながら説明する方法は秀逸である。ただし、実際に理解して使用するとなると意識的習慣や実践・修練が必要となり、一筋縄では身につかないと感じた。
レビュー
本書を読み、筆者のセミナーに参加し、プロジェクト譜、つまり、プロジェクトの経過を残しておくことの重要ポイントを感じた。以下にあげたい。

1.プロジェクトのイメージ化
最終的なゴールをまず書き込み、そこまでの過程を書き込むことで、頭で整理できないものを、イメージ化できる。

2.ウィークポイントの発見
経過を書き込む事で、自分のウィークポイントを知ることができる。

3.説明資料の土台となる
自分の企画を他者(上司)に話し、納得してもらう前準備として活用できる

以上のことより、プロジェクト譜をお勧めしたいし、一度本書を読んで頂ければと考える。

レビュー
著者の前田さんの講座を受講したことが、本を知るきっかけ。NPOを立ち上げて3年目、ルーチンワークはひとつもなく、どうしたらスタッフやインターン学生と上手く共有ができるか、実施結果を組織として蓄積できるか、毎日がプロジェクト管理と試行錯誤の日々です。企画書、アンケート結果など色々作りましたが、これから「プ譜」を書いて可視化していこうという気持ちになりました。
レビュー
世の中、プロジェクト管理に関する本は多いけど、この本は毛色が違う。
独自に編み出された「プロジェクト譜」というツールも納得感のある仕上がりで、スグに活用してみたい。
プロジェクト管理に自信があり、俺に任せておけ的な人には、どのように映るのか分からないが、私のような修行中の身には、指標にも支えにもなると思いました。

pmbok プロジェクトマネジメントのおすすめ本・書籍予定通り進まないプロジェクトの進め方を読みたい方はこちら↓

レビュー・口コミの詳細を見る

『予定通り進まないプロジェクトの進め方』を読む

pmbok プロジェクトマネジメントのおすすめ本・書籍ランキング│まとめ

『pmbok プロジェクトマネジメントのおすすめ本・書籍ランキング』いかがでしたでしょうか?

ぜひ、気になったpmbok プロジェクトマネジメントの本・書籍を読んで、あなたの実生活に役立ててみてくださいね!

ぴんと
さいごまで読んでいただき、ありがとうございました!
【Amazon】本を無料で読む方法!

 本を読むときは『Audible』の
『30日間無料体験』がおすすめです!

ライトノベル・小説・ビジネス書など、
400,000冊以上の本が聴き放題!

ぴんと
毎日の料理やジョギング、通勤中など、いつでもどこでも好きな時に聴けるので、1日1冊ラクに本が読めちゃう!
ぴんこ
再生した後でも何回も交換OKだから、
実質無料の「聴き放題サービス」ね!

また、あのメンタリストDaiGoさんも
本を聴くことで1日に3冊は読めるとおすすめしています!

読書やPC作業で目が疲れたときもインプットが続けられますし、移動時間も無駄にならない。

通勤に時間がかかる人なら、少なくても1日1冊分は聴けるんじゃないでしょうか。

テキストをフラットに聴くことにより、文章や論理の構造まできれいに頭に入るので、本がまるごと頭の中に入るような喜びが体感できます。

それによって話すことがうまくなり、言葉も出てきやすくなるので、本を耳で聴くのはおすすめですよ。

引用:なぜDaiGoは「目より耳」で本を読むのか

さらに、人気俳優・声優のボイスが、
本の魅力をさらに引き出しているので、
スキマ時間を有効活用したい人は、この機会をお見逃しなく! 

 
\忙しいあなたも、耳は意外とヒマしてる!/

小説 ビジネス書 ラノベ
40万冊を無料体験で聴く!

スポンサーリンク
スポンサーリンク