【2019年】浅田真央のおすすめ本ランキング7冊!年400冊読む書評ブロガーが紹介!

こんちわ、柿田ぴんとです!

今回は、浅田真央のおすすめ本ランキング7冊を紹介していきます!

\30日間 無料体験中!/
小説 ビジネス書 ライトノベル
40万冊を「無料体験」で聴く

1位. おすすめ本│『浅田真央 さらなる高みへ』

浅田真央 さらなる高みへは、苦悩や葛藤、悔しさを、前に進むエネルギー、そして笑顔に変えて、浅田真央の、ソチ五輪に向けての新たな物語を紹介しています!

笑顔の誕生
天才少女
世界へ
真央フィーバー
アイスキャッスル
世界女王
耐えるシーズン
スランプ
復活への道
夢舞台
さらなる高みへ

など、ンクーバー五輪で頬をつたった「悔し涙」は必見!

浅田真央が感じた、すべての喜び、苦しみ、悔しさ、そして、感謝の思いが伝わるおすすめの1冊です!

おすすめ本レビュー│『浅田真央 さらなる高みへ』

レビュー
真央選手の本は結構出版されており、作者も違うし今回はどうかなあ?と思って購入しました。
中身は期待以上に読み応えがあり、たぶん発売されている真央選手の本の中では最高の部類に入る書籍だと思います。
新聞や他の書籍・週刊誌では含みを持たせた曖昧な内容が、今回明確に書かれており、
真実はこうだったのかという内容の多さにビックリしています。
真央選手の演技が他の選手と何かが違う理由も明確に記載してくれた内容は、目からうろこ状態です。
長久保コーチや小塚コーチ、姉の舞さん達の人間の暖かさが伝わる内容であり、
ソチを一緒に目指す佐藤コーチの言葉も大変素晴らしいです。
レビュー
とても良い本でした。購入して良かったです。
浅田選手が努力する天才であることは、痛いほど理解していたつもりですが、
この本を読むと、彼女の選手そして、人間としての凄みを改めて思い知らされました。
何事も決して言い訳をしない彼女が、舞台裏で困難を乗り越え成長していく過程は、涙を流さずにはいられません。
また、彼女に手を差し伸べる人々のエピソードも素晴らしく、心を打たれました。
序文から著者のあとがきまでが心に残る、そんな1冊です。
浅田選手の幸せと活躍を心から願い、彼女の夢が叶うその日まで応援し続けたいと思います。

また『浅田真央 さらなる高みへ』を無料で読みたい人は、

Kindle Unlimited 』の『30日間 無料体験』がおすすめです!

無料体験後も、月額980円で
マンガ・小説・雑誌・ビジネス書など、
1,200,000冊以上の本がいつでも読み放題!

ぴんと
1ヵ月換算すると…
32.6円で好きなだけ本が読める!?
ぴんこ
書店で買うと1500円以上するから、1冊でも読みたい本が見つかれば元が取れる『破格のサービス』ね!

PCやスマホ、さまざまな端末で利用できるので
お得に本を楽しみたい人は、この機会をお見逃しなく!

0円で読み放題!30日間 無料体験する 『浅田真央 さらなる高みへ』を無料で読む \今なら0円で120万冊が読み放題!/
おすすめ本│『浅田真央 さらなる高みへ』

スポンサーリンク

2位. おすすめ本│『浅田真央は何と戦ってきたのか』

浅田真央は何と戦ってきたのか – フィギュアの闇は光を畏れた – <電子版限定特典付き> (ワニブックスPLUS新書)は、

彼女のシニアデビューから引退までの11シーズンを詳細なデータとともに振り返り、かつ世界そして日本のフィギュアスケート界で何が起きていたのかの分析を重ね合わせ、

フィギュアスケートというスポーツの不可思議さを紹介しています!

第1章 バンクーバー五輪 最強のスケーターは誰だ
第2章 キムヨナ神話の崩壊
第3章 フィギュアスケートの採点はわかりにくい?
第4章 平昌五輪とルール改正
第5章 新採点システムの問題点
第6章 すべてはソルトレイクシティから始まった
第7章 金メダルは「組織の勝利」なのか
第8章 浅田真央が戦ってきたもの

など、フィギュアスケートの採点に釈然としなかったファンにおすすめの1冊です!

浅田真央のおすすめ本浅田真央は何と戦ってきたのか – フィギュアの闇は光を畏れた – <電子版限定特典付き> (ワニブックスPLUS新書)を読みたい方はこちら↓

『浅田真央は何と戦ってきたのか – フィギュアの闇は光を畏れた – <電子版限定特典付き> (ワニブックスPLUS新書)』を読む

3位. おすすめ本│『浅田真央 そして、その瞬間へ』

浅田真央 そして、その瞬間へ 読み物単品は、「さらなる高みへ」以降の浅田真央の足跡を追ったノンフィクションを紹介しています!

第1章 決意
第2章 約束
第3章 進化
第4章 封印
第5章 別れ
第6章 試練
第7章 心の階段
第8章 連続優勝
第9章 復活への軌道
第10章 究極への道

など、浅田真央が感じた、喜びと悲しみ、挫折感と達成感。
そして、たどりつく希望が垣間見えるおすすめの1冊です!

おすすめ本レビュー│『浅田真央 そして、その瞬間へ』

レビュー
いつもテレビではにこにこと愛想が良く、どんなに失礼な質問にも誠実に受け答えをする姿。一切の言い訳をせず「がんばります」と凛とした姿を見せていた浅田真央さん。私たちの知らないところでどれだけの苦悩と戦ってきたのか、この選手の本当のすごさが分かる本です。涙なしには読めませんでした。え?あのときケガしてたの?体調悪かったの?こんな風に思っていたなんて・・・・!と驚かされることばかり。「なんて強い人なんだろう」が一番の感想です。
レビュー
感情論ではなく、事実を一つづつ並べて書かれた素敵な本です。
ライトなファンの方にも判り易く、詳しいファンには書かれている事実から
想像できる事柄に涙、涙です。

写真も程良くあり、インターネットを活用しない方達には見た事の無い
写真も多いのではないかと思います。
ローリーの家に招待された時の写真などは、真央ちゃんHPに載っていた
ものです。ローリーの心遣いがよく判る好きな写真です。

浅田真央のおすすめ本浅田真央 そして、その瞬間へ 読み物単品を読みたい方はこちら↓

『浅田真央 そして、その瞬間へ 読み物単品』を読む

スポンサーリンク

4位. おすすめ本│『Life on Ice 浅田真央』

Life on Ice 浅田真央 (扶桑社ムック)は、20年間の秘蔵写真で振り返る浅田真央さん「氷上の人生」を紹介しています!

★Part1 笑顔の記憶
Column1 ジュニア史上初のトリプルアクセル成功
Column2 バンクーバー五輪、自分の信じる道を歩み続けた
Column3 多くの人との出会いが結実したソチ五輪

★Part2 新たな挑戦
Interview再録 2015 「私は、私の道をはばたいていく」
Interview再録 2016 「最後のオリンピックまで悔いなくやりきりたい」

★Part3 現役引退
Column4 スケートと自分を裏切らない強い信念を感じた会見

★Message to Mao
髙橋大輔――僕のやりたいことに真央の存在は不可欠。ゆっくりでもいいから戻ってきてほしい。
小塚崇彦――積み重ねてきた技術を、ぜひ子どもたちに伝えていってほしい。
村上佳菜子――今までできなかったことを存分に楽しんで。それを一緒に共有できたら嬉しいです。

★Part4 THE ICEとともに 2007-2017 Playback

など、彼女を長年撮影してきたカメラマンたちの20年間に及ぶ写真をメインに、
浅田真央のスケート人生の軌跡をたどりつつ、再出発への歩みを追ったおすすめの1冊です!

おすすめ本レビュー│『Life on Ice 浅田真央』

レビュー
小さい時からの写真が満載で衣装をみるだけで思い出され涙が出ます。
インタビューも近くで見てた人の温かい言葉が良かったです。
この本を読みながらもうこんなスケーターは出てこないだろうなぁと
改めて思いました。
レビュー
どのシーンも、当時のことを鮮明に思い出し素敵な記憶にひたれました。

インタビューした元選手の人選もばっちり、幼い頃から共に過ごし戦ってきた彼らならではの温かい言葉が読めて何よりです。
欲を言えばもう少しショット数(つまりページ数)を多くして欲しかったかな。
同じシーズンで衣装を変えた時など片方した掲載が無くて惜しいなと思いました。
どのショットも美しく強くて今さらながら驚いてます。
真央ちゃんこそ不世出の天才スケーターだなと思い、真央ちゃんの現役時代をこの目で見ることが出来て私は果報者です。

浅田真央のおすすめ本Life on Ice 浅田真央 (扶桑社ムック)を読みたい方はこちら↓

『Life on Ice 浅田真央 (扶桑社ムック)』を読む

5位. おすすめ本│『浅田真央 夢の軌跡 ~ドリームのきせき~』

浅田真央 夢の軌跡 ~ドリームのきせき~は、快進撃を続ける今季の最新プログラムはもちろん、浅田真央がこれまで滑ってきた名プログラムの数々を美しい写真で完全収録

プロローグ 感謝の思いを
第1章 一段と強く美しく
第2章 バンクーバー・オリンピック
第3章 スケート人生の原点

など、浅田真央自身がひとつひとつのプログラムへの思いを語るおすすめの1冊です!

おすすめ本レビュー│『浅田真央 夢の軌跡 ~ドリームのきせき~』

レビュー
1999年からの大会記録や、2002年の「クスコ」までのせられていて大感激です。毎シーズンのSPとFPの写真が載せられている思いでの一冊になりました!宝箱のように毎晩眠る前に見開いて、真央さんを応援させていただいた日々を思い出しては涙しています。カレンダーつき、こんなにすばらしい写真がいっぱいで大満足です。本当にありがとうございます。
レビュー
いつもテレビなどで動く真央ちゃんの、舞い踊る姿ばかり観ていました。
今回はじめて、美の一瞬一瞬をとらえた、絵画のような真央ちゃんを
この一冊で観ることができました。

正直心が洗われ、魅了されました。

妖精のように華やかに、綺羅びやかに、舞う真央ちゃんも最高です。
でも、その中の一瞬の緊張、一瞬の興奮、一瞬の美を映し出した、
この一冊は素晴らしく、そして美しかったです。

というか、やっぱり真央ちゃんは、何してても可愛いですね!!!

浅田真央のおすすめ本浅田真央 夢の軌跡 ~ドリームのきせき~を読みたい方はこちら↓

『浅田真央 夢の軌跡 ~ドリームのきせき~』を読む

スポンサーリンク

6位. おすすめ本│『浅田真央 私のスケート人生』

浅田真央 私のスケート人生は、不世出のフィギュアスケーター・浅田真央が、現役引退の決断に揺れ続けた想いを紹介しています!

プロローグ 引退発表
1 浅田真央、引退
(現役引退まで;スケートをやめる)
2 浅田真央、「フィギュアスケーター・浅田真央」を語る
(トリプルアクセル;ルーツ;世界の表彰台へ;二度のオリンピック;真央を支えた人々;スケートとは)
3 次のステップ
(もう一度、スケートとともに;ポジティブ・シンキング;あきらめない心、感謝の心)

など、浅田真央が語るトリプルアクセル、ルーツ、二度のオリンピック…秘話満載!

いま再び前に進みはじめた浅田真央が、輝かしいスケート人生を自ら語るおすすめの1冊です!

おすすめ本レビュー│『浅田真央 私のスケート人生』

レビュー
この本を読めば浅田真央のスケート人生が理解できるし
、また彼女のスケートに対する新たな思想や取り組み方
などが説明されているのでいろいろな意味でためになる
と思います。いずれにせよこれからは違った形で彼女の
スケーティングが楽しめるわけだからこんなにうれしい
ことはありません。
レビュー
「浅田真央」を一言で例える言葉がなかったが、本誌で「不屈」という表現が正にアスリート浅田真央を相応しい言葉であると
納得した。
愛される天性の表現者から、取り巻く環境の激変、数少ないであろう愛ある理解者に支えられ、
不撓不屈の精神でわずか10代で挑んでいったことは恐れ入る。
マスゴミに晒されながら、挑み続けたトリプルアクセルに対する思い。
あの笑顔の中にはとんでもない決意とアスリートとしての矜持があった。
そして誰よりも誠実であろうとする強い意志。
誰よりも悩み深き魂ゆえ、不屈を貫いた姿は
世界中を感動を巻き起こす存在にまで昇華した。
にわかではあるが浅田真央のファンで良かった。
ずっと応援してきたファンも本当に応援し甲斐のある人に出会えて幸せだと思う。

不屈の魂、ここにあり。

浅田真央のおすすめ本浅田真央 私のスケート人生を読みたい方はこちら↓

『浅田真央 私のスケート人生』を読む

7位. おすすめ本│『浅田真央、18歳』

浅田真央、18歳は、若き女王の戦う姿と18歳の素顔を紹介しています!

第1章 天才と妖精
第2章 ふたつの達成
第3章 見えた課題
第4章 大舞台へ
Records 2008‐2009シーズン

など、オリンピックイヤー前年、
浅田真央は何を胸にリンクに上がっていたのかがわかるおすすめの1冊です!

おすすめ本レビュー│『浅田真央、18歳』

レビュー
「アスリート浅田真央」と真摯に向き合い
彼女の競技への愛情、ストイックな姿勢を誠実に伝えている本です。
客観性を保ちながらも暖かみのある文体で
ここ数年の偏向報道に辟易していた私には心が洗われるようでした。
著者はスポーツライターとしてとても公正な目を持っており
五輪後発売されたNUMBERでも採点基準の不可解さについて冷静に言及されています。
中でもフィギュアスケートの競技としての衰退を憂いた一文
「挑戦を忘れた競技に輝きはない」にスポーツライターとしての信念を感じました。
浅田選手を応援する全ての方にお勧めしたい本です。
レビュー
贔屓目で書かれていない本だと思いました。
昨シーズンの裏側が解る内容で、真央ちゃんとタチアナコーチの事、試合の時の事などが細かに書かれています。
この本を読んで更に真央ちゃんファンになりました。
テレビの様に偏った内容ではない様に感じます。一読の価値ありです。

浅田真央のおすすめ本浅田真央、18歳を読みたい方はこちら↓

『浅田真央、18歳』を読む

浅田真央のおすすめ本ランキング│まとめ

『浅田真央のおすすめ本ランキング7冊』いかがでしたか?

ぜひ、気になった浅田真央の本を読んで、あなたの人生に役立ててみてくださいね!

ぴんと
さいごまで読んでいただき、ありがとうございました!
【Amazon】本を無料で読む方法!

 本を読むときは『Audible』の
『30日間無料体験』がおすすめです!

ライトノベル・小説・ビジネス書など、
400,000冊以上の本が聴き放題!

ぴんと
毎日の料理やジョギング、通勤中など、いつでもどこでも好きな時に聴けるので、1日1冊ラクに本が読めちゃう!
ぴんこ
再生した後でも何回も交換OKだから、
実質無料の「聴き放題サービス」ね!

また、あのメンタリストDaiGoさんも
本を聴くことで1日に3冊は読めるとおすすめしています!

読書やPC作業で目が疲れたときもインプットが続けられますし、移動時間も無駄にならない。

通勤に時間がかかる人なら、少なくても1日1冊分は聴けるんじゃないでしょうか。

テキストをフラットに聴くことにより、文章や論理の構造まできれいに頭に入るので、本がまるごと頭の中に入るような喜びが体感できます。

それによって話すことがうまくなり、言葉も出てきやすくなるので、本を耳で聴くのはおすすめですよ。

引用:なぜDaiGoは「目より耳」で本を読むのか

さらに、人気俳優・声優のボイスが、
本の魅力をさらに引き出しているので、
スキマ時間を有効活用したい人は、この機会をお見逃しなく! 

 
\忙しいあなたも、耳は意外とヒマしてる!/

小説 ビジネス書 ラノベ
40万冊を無料体験で聴く!

スポンサーリンク
スポンサーリンク