【2021年】ハンナアーレントのおすすめ本・書籍ランキング7冊!年400冊読む書評ブロガーが紹介!

こんちわ、柿田ぴんとです!

今回は、ハンナアーレントのおすすめ本・書籍ランキング7冊を、高評価レビューも加えてご紹介します!

目次

\30日間 無料体験中!/
小説 ビジネス書 ライトノベル
40万冊を「無料体験」で聴く

1位. ハンナアーレントのおすすめ本・書籍│『悪と全体主義 ハンナ・アーレントから考える (NHK出版新書)』

ハンナアーレントのおすすめ本・書籍レビュー│『悪と全体主義 ハンナ・アーレントから考える (NHK出版新書)』

レビュー
以下の実験結果は重要事項。
・ミルグラム実験 アイヒマン裁判の翌一九六二年、アメリカのイェール大学の心理学者スタンレー・ミルグラムがアイヒマンらナチス戦犯の心理に興味をもって試した実験。アイヒマン実験ともいう。ドイツ人は特殊だと考えていたアメリカ人にも同じ傾向が認められたという。    
・スタンフォード監獄実験 一九七一年、アメリカのスタンフォード大学の心理学者フィリップ・ジンバルドーが行った実験。一般人二十一人を看守役十一人と囚人役十人に分け、刑務所に似せた施設で生活させる。被験者は役割に合わせて行動しはじめるが、度を超して暴力が行われるようになったため、二週間の予定が六日間で中止された。
レビュー
法律を守っていても裁かれることについて、哲学的見地から詳しく記述されていた。法律、権力は暴力と結び付いていると、物理学者の書いた手紙を本で読んだが、人間として何も考えずに安易に生きていてはいけないなと、社会における不祥事についても、またかではなく、何故起きるのだろうという疑問を持つ事が人間として成長するチャンスだと気付かされた。
レビュー
まさに”悪の陳腐さ”を徹底的に、かつ分かりやすく掘り下げた名著。
社会においても、”複数性”の居心地の悪さに耐えていない人が散見される。
自分とは異なる意見を単に異端とみなし、血の浄化を図ろうとする。
まさに、アイヒマンに向けられた憎悪のレッテルは、それこそがユダヤ人へのホロコーストの構図と何ら変わらない、
という事態はごく日常的に生じていると考えられる。
アトム化や自由からの逃走に陥らないためにも、必読の書だろう。
レビュー
以前、「全体主義の起源」(3冊本)を購入して読み始めたものの、
難解で先に進めず、読むのを断念しました。
この本はその難解な本を分かり易く解説してくれます。
アーレントがアイヒマン裁判後に受けた批判の意味については
考えさせられました。

ハンナアーレントのおすすめ本・書籍悪と全体主義 ハンナ・アーレントから考える (NHK出版新書)を読みたい方はこちら↓

レビュー・口コミの詳細を見る

『悪と全体主義 ハンナ・アーレントから考える (NHK出版新書)』を読む

スポンサーリンク

2位. ハンナアーレントのおすすめ本・書籍│『ハンナ・アーレント ──屹立する思考の全貌 (ちくま新書)』

ハンナアーレントのおすすめ本・書籍レビュー│『ハンナ・アーレント ──屹立する思考の全貌 (ちくま新書)』

レビュー
素晴らしい本です。
ハンナ・アーレントの考え、考え方、生き方が素晴らしいためではあるけど、それを、わかりやすく伝えています。

まず構成がよく、最初に、「手摺(てすり)なき思考」や「経験の尊重」「世界疎外」などアーレントの考えの、今日の意義が書かれて、引き込まれます。
次に、彼女の主張の概要が書かれ、自分の頭の中で、全体像ができるから、後の話が入って来やすい。
その上で、主な作品の紹介、ユダヤ人問題、アイヒマン騒動と歴史との関わりがざっくり書かれて、読者はのめり込んで行くのです。

本論は、主な作品の解説と論評で、とても良いわけですが、ここでは到底うまく書けませんが、わかりやすくて、為になります。

リベラリズムが消えそうな今日、そして、同調圧力の強い日本で生きる私たちには、とても素晴らしい本です。

ハンナアーレントのおすすめ本・書籍ハンナ・アーレント ──屹立する思考の全貌 (ちくま新書)を読みたい方はこちら↓

レビュー・口コミの詳細を見る

『ハンナ・アーレント ──屹立する思考の全貌 (ちくま新書)』を読む

3位. ハンナアーレントのおすすめ本・書籍│『全体主義の起原1 新版――反ユダヤ主義 全体主義の起原 新版』

ハンナアーレントのおすすめ本・書籍全体主義の起原1 新版――反ユダヤ主義 全体主義の起原 新版を読みたい方はこちら↓

レビュー・口コミの詳細を見る

『全体主義の起原1 新版――反ユダヤ主義 全体主義の起原 新版』を読む

スポンサーリンク

4位. ハンナアーレントのおすすめ本・書籍│『アレント入門 (ちくま新書)』

ハンナアーレントのおすすめ本・書籍アレント入門 (ちくま新書)を読みたい方はこちら↓

レビュー・口コミの詳細を見る

『アレント入門 (ちくま新書)』を読む

5位. ハンナアーレントのおすすめ本・書籍│『エルサレムのアイヒマン 新版――悪の陳腐さについての報告』

ハンナアーレントのおすすめ本・書籍エルサレムのアイヒマン 新版――悪の陳腐さについての報告を読みたい方はこちら↓

レビュー・口コミの詳細を見る

『エルサレムのアイヒマン 新版――悪の陳腐さについての報告』を読む

スポンサーリンク

6位. ハンナアーレントのおすすめ本・書籍│『全体主義の起原2 新版――帝国主義 全体主義の起原 新版』

ハンナアーレントのおすすめ本・書籍レビュー│『全体主義の起原2 新版――帝国主義 全体主義の起原 新版』

レビュー
久しぶりに再読開始。前回よりこなれていてかつ緻密に経緯などを説明している。日本人の研究者は凄い。

ハンナアーレントのおすすめ本・書籍全体主義の起原2 新版――帝国主義 全体主義の起原 新版を読みたい方はこちら↓

レビュー・口コミの詳細を見る

『全体主義の起原2 新版――帝国主義 全体主義の起原 新版』を読む

7位. ハンナアーレントのおすすめ本・書籍│『新版 ナチズムとユダヤ人 アイヒマンの人間像 (角川新書)』

ハンナアーレントのおすすめ本・書籍レビュー│『新版 ナチズムとユダヤ人 アイヒマンの人間像 (角川新書)』

レビュー
1960年代に出版、70年代に文庫化された作品に、原著者の息子さんによる解説を追加して復刊したもののようです。
前半はアイヒマン裁判における収容所を生き残ったユダヤ人たちの証言集。
後半はナチス時代のアイヒマンの伝記的な内容になっています。

前半の証言が凄まじいです。
あまりの生々しさと残酷さに文章を読んでいるだけでも気分が悪くなりました。
ある意味ホロコーストの記録としては見事な出来の本と言えるかもしれません。

解説によると明らかな誤りでない限り、極力原文を残しているようで
そのせいか若干古臭く感じられる表現が散見されるのが惜しい。
また裁判記録自体は英語であればインターネットで公開されているようです。
ただそれらを考慮しても、人類史上に残る愚行についての日本語での記録の復刊は十分に意味のあることだと思いました。

ハンナアーレントのおすすめ本・書籍新版 ナチズムとユダヤ人 アイヒマンの人間像 (角川新書)を読みたい方はこちら↓

レビュー・口コミの詳細を見る

『新版 ナチズムとユダヤ人 アイヒマンの人間像 (角川新書)』を読む

ハンナアーレントのおすすめ本・書籍ランキング│まとめ

『ハンナアーレントのおすすめ本・書籍ランキング』いかがでしたでしょうか?

ぜひ、気になったハンナアーレントの本・書籍を読んで、あなたの実生活に役立ててみてくださいね!

ぴんと
さいごまで読んでいただき、ありがとうございました!
【Amazon】本を無料で読む方法!

 本を読むときは『Audible』の
『30日間無料体験』がおすすめです!

ライトノベル・小説・ビジネス書など、
400,000冊以上の本が聴き放題!

ぴんと
毎日の料理やジョギング、通勤中など、いつでもどこでも好きな時に聴けるので、1日1冊ラクに本が読めちゃう!
ぴんこ
再生した後でも何回も交換OKだから、
実質無料の「聴き放題サービス」ね!

また、あのメンタリストDaiGoさんも
本を聴くことで1日に3冊は読めるとおすすめしています!

読書やPC作業で目が疲れたときもインプットが続けられますし、移動時間も無駄にならない。

通勤に時間がかかる人なら、少なくても1日1冊分は聴けるんじゃないでしょうか。

テキストをフラットに聴くことにより、文章や論理の構造まできれいに頭に入るので、本がまるごと頭の中に入るような喜びが体感できます。

それによって話すことがうまくなり、言葉も出てきやすくなるので、本を耳で聴くのはおすすめですよ。

引用:なぜDaiGoは「目より耳」で本を読むのか

さらに、人気俳優・声優のボイスが、
本の魅力をさらに引き出しているので、
スキマ時間を有効活用したい人は、この機会をお見逃しなく! 

 
\忙しいあなたも、耳は意外とヒマしてる!/

小説 ビジネス書 ラノベ
40万冊を無料体験で聴く!

スポンサーリンク
スポンサーリンク