【2021年】石ノ森章太郎のおすすめ作品・書籍ランキング7冊!年400冊読む書評ブロガーが紹介!

こんちわ、柿田ぴんとです!

今回は、石ノ森章太郎のおすすめ作品・書籍ランキング7冊を、高評価レビューも加えてご紹介します!

\30日間 無料体験中!/
小説 ビジネス書 ライトノベル
40万冊を「無料体験」で聴く

1位. 石ノ森章太郎のおすすめ作品・書籍│『サイボーグ009 BGOOPARTS DELETE 1 (1) (チャンピオンREDコミックス)』

石ノ森章太郎のおすすめ作品・書籍サイボーグ009 BGOOPARTS DELETE 1 (1) (チャンピオンREDコミックス)を読みたい方はこちら↓

レビュー・口コミの詳細を見る

『サイボーグ009 BGOOPARTS DELETE 1 (1) (チャンピオンREDコミックス)』を読む

スポンサーリンク

2位. 石ノ森章太郎のおすすめ作品・書籍│『仮面ライダーDVDコレクション 21号 (劇場版仮面ライダー対じごく大使、仮面ライダーV3第1話~第4話)』

石ノ森章太郎のおすすめ作品・書籍仮面ライダーDVDコレクション 21号 (劇場版仮面ライダー対じごく大使、仮面ライダーV3第1話~第4話)を読みたい方はこちら↓

レビュー・口コミの詳細を見る

『仮面ライダーDVDコレクション 21号 (劇場版仮面ライダー対じごく大使、仮面ライダーV3第1話~第4話)』を読む

3位. 石ノ森章太郎のおすすめ作品・書籍│『仮面ライダーV3/X 1973-74 [完全版]』

石ノ森章太郎のおすすめ作品・書籍仮面ライダーV3/X 1973-74 [完全版]を読みたい方はこちら↓

レビュー・口コミの詳細を見る

『仮面ライダーV3/X 1973-74 [完全版]』を読む

スポンサーリンク

4位. 石ノ森章太郎のおすすめ作品・書籍│『総特集 石ノ森章太郎: 萬画の天才、誰がために闘う。 (文藝別冊)』

石ノ森章太郎のおすすめ作品・書籍レビュー│『総特集 石ノ森章太郎: 萬画の天才、誰がために闘う。 (文藝別冊)』

レビュー
この本は蔦屋書店で見つけ、速攻で買いました。
自称「石森マニア」です。
この手の「石森研究本」は、新刊・古書で必ず手に入れることにしています。

今回の本で一番興味を持って読んだのは・・・
「石森章太郎」と「永井豪」の師弟関係の部分です。
どんな経緯で弟子になったとか、どんな作品にかかわっていたのかとかがよくわかる内容だったので、長年のモヤモヤがスッキリしました。
※永井豪の初期作品の「ヤダモン」「魔王ダンテ」などもリアルタイムで読んでいました

今回の本では「漫画作品」に関する考察を編集したものでした。
できれば、「アニメ作品」「特撮作品」でも同様の特集を考えてほしいものです。

最後にお勧め作品を挙げておきます。
・「サイボーグ009暗殺者編」
・「佐武と市捕物控 ビッグコミック版」
・「ファンタジーワールドジュン COM版」
・「ミュータント・サブ」
・「さるとびエッちゃん」

レビュー
多作でアニメ化も多い。これもそうだったのかと再認識させられた。
映画監督志望で、漫画は本業ではないと語ってますが、結果的には漫画家そのもの。
ホントに働き過ぎなのか、60歳はもったいないですよね。
あらためて漫画家としての能力の凄さ。色んな漫画家がいますけど、その違いを見せつけられました。
やっぱり本気で仕事された方ですよね。ほとんどの漫画家は本気じゃないんですよ。笑
元気になったら石巻の記念館にも行ってみます。凄い日本人の1人ですよ。

石ノ森章太郎のおすすめ作品・書籍総特集 石ノ森章太郎: 萬画の天才、誰がために闘う。 (文藝別冊)を読みたい方はこちら↓

レビュー・口コミの詳細を見る

『総特集 石ノ森章太郎: 萬画の天才、誰がために闘う。 (文藝別冊)』を読む

5位. 石ノ森章太郎のおすすめ作品・書籍│『別冊NHK100分de名著 果てしなき 石ノ森章太郎』

石ノ森章太郎のおすすめ作品・書籍別冊NHK100分de名著 果てしなき 石ノ森章太郎を読みたい方はこちら↓

レビュー・口コミの詳細を見る

『別冊NHK100分de名著 果てしなき 石ノ森章太郎』を読む

スポンサーリンク

6位. 石ノ森章太郎のおすすめ作品・書籍│『連載再現版 サイボーグ009(上) (KCデラックス)』

石ノ森章太郎のおすすめ作品・書籍レビュー│『連載再現版 サイボーグ009(上) (KCデラックス)』

レビュー
 今年は、「サイボーグ009」連載55周年記念ということで、
 雑誌連載再現版として「サイボーグ009」が出版されました・・以下、これを講談社版とします・・・。
 今までこれに近いコンセプトとして出版されたものとしては、
 復刊ドットコム版の「サイボーグ009」があり、
 今回比較するためにこれを参照したのですが、おなじくB5判の雑誌サイズなのですが、印象はかなりかわります。
 基本的には両者同じなのですが、先ずインクの色が違うのです。
 それに、講談社版は、カラー・ページ、扉絵、等は当然再現されているのですが、
 それに付け加え、次回予告、広告、柱、しかも雑誌掲載時のノンブルまであり、
 作品に掲載順位、人気度までがある程度わかるのです。
 というわけで、雑誌掲載時の雰囲気を味わいたいのなら、講談社版が圧倒的に上という感じがします。
 なお上下2巻分冊で、上巻には、プロローグから、1966年の第18回分までが収録されています。
レビュー
当時の連載時と同じ仕様で、50年以上経ってから読めるとは思いませんでした。マガジンに連載時は、小学生だったので、毎号買えず、しばらく経って単行本で読んでいました。毎号の扉のイラストも見た事が無いものもあり、余白部分のコメントなども、そのままで、小学生時代に戻った気持ちで、ワクワクしながら読みました!
もう60才を過ぎましたが、子供時代にこの作品に出会えた事は、その後の人生の大きな心の糧のひとつになりました。
レビュー
皆様が書いておられるように以前。復刻ドットコムより同じコンセプトで出版されました。しかし、復刻ドットコムは雑誌連載版に近い復刻で少々がっかりしたました。
その理由としては、雑誌連載時にはアミがかかっていなかった。にもかかわらず復刻ドットコムは単行本と同じ仕様でアミをかけていた点。そこが兎に角気に入らなかった。
今回のは、まさに連載バージョンで満足しています。お値段も復刻ドットコムより押さえられている点も好印象。しいていえば、抽選プレゼントのアナザーカバーで出版してもよかったのではと思いました。

石ノ森章太郎のおすすめ作品・書籍連載再現版 サイボーグ009(上) (KCデラックス)を読みたい方はこちら↓

レビュー・口コミの詳細を見る

『連載再現版 サイボーグ009(上) (KCデラックス)』を読む

7位. 石ノ森章太郎のおすすめ作品・書籍│『仮面ライダー 連載第1回 <漫画原稿再生叢書>』