【2021年】いわむらかずおのおすすめ絵本ランキング5冊!年400冊読む書評ブロガーが紹介!

こんちわ、柿田ぴんとです!

今回は、いわむらかずおのおすすめ絵本ランキング5冊を、高評価レビューも加えてご紹介します!

\30日間 無料体験中!/
小説 ビジネス書 ライトノベル
40万冊を「無料体験」で聴く

1位. いわむらかずおのおすすめ絵本│『ゆきのひはあついあつい (至光社国際版絵本―こりすのシリーズ)』

いわむらかずおのおすすめ絵本レビュー│『ゆきのひはあついあつい (至光社国際版絵本―こりすのシリーズ)』

レビュー
私が子供の頃に読んでた、ぱろぴこぽろのシリーズ
本当に大好きで、子供ができてから1冊ずつ全部揃えました。子供もこのシリーズは全てお気に入りです。四季折々の自然描写が美しく隅々までじっくり絵を堪能したくなるのがいわむらかずおさんの絵本ですね。虫が大っ嫌いな私ですがいわむらかずおさんの絵本に出てくる虫はリアルに描かれてるけどどこか
かわいさも残ってて不思議と受け入れられます。
レビュー
話自体は、3匹の子リスとお父さんリス、お母さんリスがソリ遊びをするというものです。
雪が積もった朝、子リスたちは外で遊びたくてたまりません。
でもお父さんは寒いのはいや、お母さんは忙しいと言って一緒に遊んでくれません。
自分たちだけでソリ遊びをしようとしますが、うまくいかず無理やりお父さんを引っ張り出します。
ソリ遊びを始めると、お父さんもだんだん楽しくなって・・・

お父さんはだんだん熱くなってマフラーを取り、
帽子を、おーばーを脱いでいきます。
お父さんがつけているものが一つ減るたびに
子どもたちがだんだん「あついあつい」ことになっていく
それを言葉ではなく絵で読者に語っているところが好きです。

「あついあつい」は体だけでなく
物事に夢中になっていく心のことも含まれているんでしょうね。

レビュー
14ひきシリーズが有名ですが、このシリーズは初めて読みました。
登場人物はりすのお父さん、お母さんと3びきの子りすで、場面は冬の森。
「さむさむさむーい」と言っていたお父さんが雪遊びで温まる様子やほかの家族も暖かく感じるようすが雪景色のシンプルな背景の中で描かれています。
2歳の男の子に読み聞かせましたが、登場人物も少なく、シンプルな設定でわかりやすかったようで、そりで坂を滑り降りて雪だるまになるところは楽しそうに笑っていました。遊んでいると体があったかくなることも理解できたようすで、14匹シリーズよりも小さい子でもわかりやすいかなと思います。
レビュー
小さい頃読んだねずみシリーズが大好きでした。
ストーリーもほのぼのしていますが、
絵の描き込みも楽しくて、
おとうさん、おかあさんのマフラーがどこへ行ったのか?(子どもが持ってる)など
目で追っていくとまた違った楽しみがあります。

雪遊びを楽しむ子どもがおとうさん、おかあさんを誘って、
寒いから、忙しいから、といいつつ渋々つき合ったら、
結局親の方が楽しくなってはしゃいでしまう、という
実体験でもありそうなお話です。
季節のシリーズでそろえたいです。

いわむらかずおのおすすめ絵本ゆきのひはあついあつい (至光社国際版絵本―こりすのシリーズ)を読みたい方はこちら↓

レビュー・口コミの詳細を見る

『ゆきのひはあついあつい (至光社国際版絵本―こりすのシリーズ)』を読む

スポンサーリンク

2位. いわむらかずおのおすすめ絵本│『もう はるですね (国際版絵本―こりすのシリーズ)』

いわむらかずおのおすすめ絵本レビュー│『もう はるですね (国際版絵本―こりすのシリーズ)』

レビュー
こりすのシリーズで探していたのがあって良かった。状態もきれいでした。
レビュー
「14ひき」シリーズほど有名ではないけれど、とてもよい絵本だと思います。
3兄妹が「雪は春になるとどうなるのか」を探るため、森を探検します。
絵が美しいし、文章も穏やかで、読み聞かせていて心地よい絵本です。
子供は3兄妹と一緒に森を探検している気分になるんじゃないかな?
季節の移り変わりや自然の美しさを表現するのは、岩村先生が一番上手いと思います。
レビュー
こりすのぱろぴこぽろシリーズの1冊です。こりす達は、冬の間に積もった雪が一体どこへ行くのか調べてみる為に森の中を冒険します。雪がとけて水になり、水が集まって川となり、海となる様子が子供達にもよく理解出来る絵本です。シリーズは他に「よるのともだち」「ゆきのひはあついあつい」「まっかなせーたー」「もりのあかちゃん」「ゆうだちのともだち」
レビュー
雪はいったいどこへ行くのか?子リスたちは冒険します。ちょっぴりドキドキハラハラ。大きな池に出てしまったときは、「えー!どうやってかえるの?!」と本当に子供は心配そうでした。いわむらかずおさんの絵がとっても素敵です。

いわむらかずおのおすすめ絵本もう はるですね (国際版絵本―こりすのシリーズ)を読みたい方はこちら↓

レビュー・口コミの詳細を見る

『もう はるですね (国際版絵本―こりすのシリーズ)』を読む

3位. いわむらかずおのおすすめ絵本│『どこへいくの? To See My Friend! (単行本絵本)』

いわむらかずおのおすすめ絵本レビュー│『どこへいくの? To See My Friend! (単行本絵本)』

レビュー
日本語を勉強しているアメリカ人の友人のために買いました。大人でも予想外の構成で、大喜びしてくれましたよ。
レビュー
図書館で出会って欲しくなりました。手元の来たくなった絵本です。

いわむらかずおのおすすめ絵本どこへいくの? To See My Friend! (単行本絵本)を読みたい方はこちら↓

レビュー・口コミの詳細を見る

『どこへいくの? To See My Friend! (単行本絵本)』を読む

スポンサーリンク

4位. いわむらかずおのおすすめ絵本│『2020 14ひきのカレンダー (童心社のキャラクターグッズ)』

いわむらかずおのおすすめ絵本レビュー│『2020 14ひきのカレンダー (童心社のキャラクターグッズ)』

レビュー
毎年、このカレンダーを購入しています。絵を見て癒やされています。
絵本よりも綺麗な印刷のような気がします。
レビュー
ねずみ年をもじって購入。
絵本と同じく、14匹が何をしてるか見て楽しめる絵。毎月、季節感のある絵も満足。
絵本が好きな人なら満足できるカレンダー。

配送も速く、しっかり包装されてる。

レビュー
可愛いし、ねずみたちのシールもついているので、家族の誕生日に貼っています。
もう、十年以上のリピーターです。

いわむらかずおのおすすめ絵本2020 14ひきのカレンダー (童心社のキャラクターグッズ)を読みたい方はこちら↓

レビュー・口コミの詳細を見る

『2020 14ひきのカレンダー (童心社のキャラクターグッズ)』を読む

5位. いわむらかずおのおすすめ絵本│『The Family of Fourteen 14ひきのシリーズ・英語版(5冊セット)』

いわむらかずおのおすすめ絵本The Family of Fourteen 14ひきのシリーズ・英語版(5冊セット)を読みたい方はこちら↓

レビュー・口コミの詳細を見る

『The Family of Fourteen 14ひきのシリーズ・英語版(5冊セット)』を読む

スポンサーリンク

いわむらかずおのおすすめ絵本ランキング│まとめ

『いわむらかずおのおすすめ絵本ランキング』いかがでしたでしょうか?

ぜひ、気になったいわむらかずおの絵本を読んで、あなたの実生活に役立ててみてくださいね!

ぴんと
さいごまで読んでいただき、ありがとうございました!
【Amazon】本を無料で読む方法!

 本を読むときは『Audible』の
『30日間無料体験』がおすすめです!

ライトノベル・小説・ビジネス書など、
400,000冊以上の本が聴き放題!

ぴんと
毎日の料理やジョギング、通勤中など、いつでもどこでも好きな時に聴けるので、1日1冊ラクに本が読めちゃう!
ぴんこ
再生した後でも何回も交換OKだから、
実質無料の「聴き放題サービス」ね!

また、あのメンタリストDaiGoさんも
本を聴くことで1日に3冊は読めるとおすすめしています!

読書やPC作業で目が疲れたときもインプットが続けられますし、移動時間も無駄にならない。

通勤に時間がかかる人なら、少なくても1日1冊分は聴けるんじゃないでしょうか。

テキストをフラットに聴くことにより、文章や論理の構造まできれいに頭に入るので、本がまるごと頭の中に入るような喜びが体感できます。

それによって話すことがうまくなり、言葉も出てきやすくなるので、本を耳で聴くのはおすすめですよ。

引用:なぜDaiGoは「目より耳」で本を読むのか

さらに、人気俳優・声優のボイスが、
本の魅力をさらに引き出しているので、
スキマ時間を有効活用したい人は、この機会をお見逃しなく! 

 
\忙しいあなたも、耳は意外とヒマしてる!/

小説 ビジネス書 ラノベ
40万冊を無料体験で聴く!

スポンサーリンク
スポンサーリンク