【2021年】ジェンダーのおすすめ本・書籍ランキング7冊!年400冊読む書評ブロガーが紹介!

こんちわ、柿田ぴんとです!

今回は、ジェンダーのおすすめ本・書籍ランキング7冊を、高評価レビューも加えてご紹介します!

目次

\30日間 無料体験中!/
小説 ビジネス書 ライトノベル
40万冊を「無料体験」で聴く

1位. ジェンダーのおすすめ本・書籍│『ジェンダーレス男子に愛されています。(1)【電子限定特典付】 (FEEL COMICS swing)』

ジェンダーのおすすめ本・書籍レビュー│『ジェンダーレス男子に愛されています。(1)【電子限定特典付】 (FEEL COMICS swing)』

レビュー
かわいくて美しい彼氏と普通の彼女。
昔だったら彼女が「私なんか…」とうざったく悩んで行方を眩まし、彼氏や彼女を(なぜか)慕う周囲が「そんなことないよ!」と追いかけ背後から抱き締めて彼女を大絶賛していたんでしょう。
でもこの作品はそんな馬鹿みたいなことはしません。

「私なんか」と自分の外見を嘆く彼女に、彼氏は「美しさは僕で間に合ってるから」と返し、彼女もころっと、だよね~と返して終わるのです。

ふんわりとした漫画でありながら、登場人物がみんなちゃんと脳みそが詰まってて嬉しいです。

自分に自信がない主人公がハイスペックな第三者からヨシヨシされてるのが好きな人には向かない漫画でしょうね。

レビュー
すごい好きな絵。
男の子も女の子もどの人物も魅力的。
周りのキャラがぶっ飛んでて、表紙のめぐる君が一番まともな人。
BL作品でお見かけする作家さんだが、こっちのお話の方が面白かった。もっといろんな作品を読んでみたい。
レビュー
ファンです。ほのぼのとしていて読みやすく、キャラクターも魅力的です。こんな彼氏が欲しい(笑)個人的には絡んでいるシーンがカットしてある所が良かった。
ただ、タイトルで「ジェンダーレス」と言い切っている所に引っかかる人がいるかもしれないなと思いました。例えが微妙で申し訳ないのですが、ジェンダーレス系?とか何か言い変えてぼかした方が角が立たない気がします。
レビュー
こんなに可愛い子が好きな女の子の前ではかっこいい男の子になる所がたまらなくすきです。

ジェンダーのおすすめ本・書籍ジェンダーレス男子に愛されています。(1)【電子限定特典付】 (FEEL COMICS swing)を読みたい方はこちら↓

レビュー・口コミの詳細を見る

『ジェンダーレス男子に愛されています。(1)【電子限定特典付】 (FEEL COMICS swing)』を読む

スポンサーリンク

2位. ジェンダーのおすすめ本・書籍│『ジェンダー/セクシュアリティ (思考のフロンティア)』

ジェンダーのおすすめ本・書籍ジェンダー/セクシュアリティ (思考のフロンティア)を読みたい方はこちら↓

レビュー・口コミの詳細を見る

『ジェンダー/セクシュアリティ (思考のフロンティア)』を読む

3位. ジェンダーのおすすめ本・書籍│『「ほとんどない」ことにされている側から見た社会の話を。』

ジェンダーのおすすめ本・書籍レビュー│『「ほとんどない」ことにされている側から見た社会の話を。』

レビュー
クソフェミニスト…そんな言葉がネット上で飛び交う。ちょっと前までテレビに出ていたタジマ女史にも、そんな声が浴びせられていた気がする。
性暴力や性差別とは何かを、自分自身も実際に性暴力の被害にあった著者が、同じような被害に遭難した方々との沢山のインタビュー活動で見聞した内容をまとめた本です。また日常にあるハラスメントについても斬り込んでいます。
私は男ですが、職場や家庭、世の中にあるマッチョな男根主義を冷静に描いています。耳に痛い、その通りという内容でした。
実はこの内容は、全ての弱者、サイレントマジョリティーの声なき声を代表するものであって、捕食する側である加害者・安全な場所にいて、その小さな声を葬ろうとする暴力の構造を糾弾する作品だと思います。この本が出版されなくてはならない、今の世の中を変えるためにも、私たちは黙っていてはならない。声を上げよう!
レビュー
想像しよう、とジョン・レノンは歌った。しかし、経験したことの無い他者の痛みはわからない。ましてや、痛いと思っていることすら知らないならなおさら。まずは耳を傾けたい。
レビュー
本書を読み進めるうちに、被害者への同情と加害者への怒りが込み上げてくる。だがその思いも、強者側の視点であり、被害者と同位置には無いのではと思えてくる。「日本は安全だから、加害が見えにくい」と後書きにあるが、その安全神話を崩したく無いが故に「性被害を可視化しない、されない、見ないふり」を大多数の無自覚が今の状況を作り出しているのかなと。「見えないから、ないって事はないんだよ」著者から、そんな言葉を言われたような気がする。
レビュー
近年、SNSでの炎上案件やニュースで話題になったことなどを改めておさらいできる感じで読みやすい。取り上げている個々の題材については、もう少し掘り下げてもいいかなと思う一方で、これぐらいの方が入りやすい気も。この本に興味を持った人なら、ここから自分でそれぞれの問題について考察したり、他の本を読むきっかけになるのではないでしょうか。フェミニズムやジェンダー等々に関する本をたくさん読んでいる人にとっては物足りないとは思う。

ジェンダーのおすすめ本・書籍「ほとんどない」ことにされている側から見た社会の話を。を読みたい方はこちら↓

レビュー・口コミの詳細を見る

『「ほとんどない」ことにされている側から見た社会の話を。』を読む

スポンサーリンク

4位. ジェンダーのおすすめ本・書籍│『ボーイズ 男の子はなぜ「男らしく」育つのか』

ジェンダーのおすすめ本・書籍レビュー│『ボーイズ 男の子はなぜ「男らしく」育つのか』

レビュー
目からうろこです。めちゃくちゃ勉強になりました。
男の子の親、女の子の親、男が嫌いな人、フェミニスト、フェミニストが嫌いな人、その辺の問題に興味がある方みんな読んで欲しい。
レビュー
ジェンダーやマスキュリニティについての本だが、アメリカの政治的状況を理解する上でもとても参考になる一冊だ。(そのままそっくり当てはまるわけではないが、日本社会の様々な問題についても理解が深まるだろう。目から鱗が落ちるような気分を何度も味わった)
例えば、今までアメリカ社会のマジョリティとして優遇されてきた白人男性が今覚えている不安感が、現状を維持しようとする超保守への流れを生み出していることを想像するのは難しくない。
また、格差や教育の問題についても様々な鋭い指摘があった。例えば、ロールモデルの影響力の強さについても考えさせられた。(私の周囲の子供も、誰にすすめられたわけでもないのに、周囲の身近な同性の大人を自然とロールモデルにしていた。)

多くの人に読んでほしい名著。

ジェンダーのおすすめ本・書籍ボーイズ 男の子はなぜ「男らしく」育つのかを読みたい方はこちら↓

レビュー・口コミの詳細を見る

『ボーイズ 男の子はなぜ「男らしく」育つのか』を読む

5位. ジェンダーのおすすめ本・書籍│『はじめてのジェンダー論 有斐閣ストゥディア』

ジェンダーのおすすめ本・書籍レビュー│『はじめてのジェンダー論 有斐閣ストゥディア』

レビュー
まず最初に、賛否両論があるにしても、
この本が非常に優れた良書であることは間違いない。
一番の強みは、

『人はなぜ,男か女かという性別にこだわるのか。
人々はその〈分類〉をいかに意味づけ,相互行為の中から構成されてゆく意味づけを通じ、
どのように社会制度としても組み込んでいるのか』

という「問い」(どのようにして/なぜその自明性が流通するのか)
を探求していくきっかけ(明晰な概念道具)やテーマを提供してくれるところに
「最大の主眼」があると私は読んでいて感じた。

上記のシンプルな問いに立ち返った上で
この本で丁寧に整理されている「分析のための概念道具」を通じて見えてくる
ジェンダー/セクシュアリティに関する実践、〈自明性〉への違和感に対する自らの「問い」は、
この本を読んだ個々人にあえて宿題として、「バトンを託している部分」もあるのではないだろうか。

ここから先はこの本をステップにしてそれぞれが考えを深めて欲しいというように。
私は読後感としてそう受け取った。

ジェンダーのおすすめ本・書籍はじめてのジェンダー論 有斐閣ストゥディアを読みたい方はこちら↓

レビュー・口コミの詳細を見る

『はじめてのジェンダー論 有斐閣ストゥディア』を読む

スポンサーリンク

6位. ジェンダーのおすすめ本・書籍│『知らないと恥ずかしい ジェンダー入門』

ジェンダーのおすすめ本・書籍レビュー│『知らないと恥ずかしい ジェンダー入門』

レビュー
わかりやすい書き方で書かれており、入門書として大変いいと思います。
また、単なる入門書として表面をさらうだけでなく、きちんとしたエビデンスを示しながら、考え方を示してくれるため、読むたびに発見や考えさせられる点があります。
何度も読んでいますが、これからも読み続けたいと思います。
レビュー
美品が届いて、感謝してます。初心者にとって、分かりやすく、とても有益でした。有難うございます。

ジェンダーのおすすめ本・書籍知らないと恥ずかしい ジェンダー入門を読みたい方はこちら↓

レビュー・口コミの詳細を見る

『知らないと恥ずかしい ジェンダー入門』を読む

7位. ジェンダーのおすすめ本・書籍│『お姫様とジェンダー ――アニメで学ぶ男と女のジェンダー学入門 (ちくま新書)』

ジェンダーのおすすめ本・書籍お姫様とジェンダー ――アニメで学ぶ男と女のジェンダー学入門 (ちくま新書)を読みたい方はこちら↓

レビュー・口コミの詳細を見る

『お姫様とジェンダー ――アニメで学ぶ男と女のジェンダー学入門 (ちくま新書)』を読む

ジェンダーのおすすめ本・書籍ランキング│まとめ

『ジェンダーのおすすめ本・書籍ランキング』いかがでしたでしょうか?

ぜひ、気になったジェンダーの本・書籍を読んで、あなたの実生活に役立ててみてくださいね!

ぴんと
さいごまで読んでいただき、ありがとうございました!
【Amazon】本を無料で読む方法!

 本を読むときは『Audible』の
『30日間無料体験』がおすすめです!

ライトノベル・小説・ビジネス書など、
400,000冊以上の本が聴き放題!

ぴんと
毎日の料理やジョギング、通勤中など、いつでもどこでも好きな時に聴けるので、1日1冊ラクに本が読めちゃう!
ぴんこ
再生した後でも何回も交換OKだから、
実質無料の「聴き放題サービス」ね!

また、あのメンタリストDaiGoさんも
本を聴くことで1日に3冊は読めるとおすすめしています!

読書やPC作業で目が疲れたときもインプットが続けられますし、移動時間も無駄にならない。

通勤に時間がかかる人なら、少なくても1日1冊分は聴けるんじゃないでしょうか。

テキストをフラットに聴くことにより、文章や論理の構造まできれいに頭に入るので、本がまるごと頭の中に入るような喜びが体感できます。

それによって話すことがうまくなり、言葉も出てきやすくなるので、本を耳で聴くのはおすすめですよ。

引用:なぜDaiGoは「目より耳」で本を読むのか

さらに、人気俳優・声優のボイスが、
本の魅力をさらに引き出しているので、
スキマ時間を有効活用したい人は、この機会をお見逃しなく! 

 
\忙しいあなたも、耳は意外とヒマしてる!/

小説 ビジネス書 ラノベ
40万冊を無料体験で聴く!

スポンサーリンク
スポンサーリンク