【2021年】空海のおすすめ本・書籍ランキング7冊!年400冊読む書評ブロガーが紹介!

こんちわ、柿田ぴんとです!

今回は、空海のおすすめ本・書籍ランキング7冊を、高評価レビューも加えてご紹介します!

目次

\30日間 無料体験中!/
小説 ビジネス書 ライトノベル
40万冊を「無料体験」で聴く

1位. 空海のおすすめ本・書籍│『眠れないほど面白い 空海の生涯―――1200年前の巨人の日常が甦る! (王様文庫)』

空海のおすすめ本・書籍レビュー│『眠れないほど面白い 空海の生涯―――1200年前の巨人の日常が甦る! (王様文庫)』

レビュー
空海というとあまりに立派過ぎるイメージで近寄りがたい感じがしていたが、この本を読んで、天才には違いないが人間らしい一面もあったんだと思った。

それは年上の女性、善道尼とのエピソードで、心を通わせていたと受け取れるような描かれ方だった。史実と想像を混ぜて書かれているのだろうが、若い男性が自分よりちょっと年上の女性に思いを寄せるのは俗世でよくあることなので、それが身近に感じる由縁だと思う。恋愛感情や彼女から学ぶこと、互いに刺激をしあえた間柄であったことをこの本では紹介している。

私の場合、空海は歴史の教科書に出てくる程度のことしか知らなかったので、この本をきっかけに空海についてもっと知りたいと思うようになった。

レビュー
日本人で空海の名前を聞いたことがない人はいないでしょう。それだけ有名な人物である空海について知ることができる本です。解説だけではなく、物語と一緒に文章が展開されていくので頭にすっと入ってきます。解説と小説の合体のようなイメージですね。おもしろい表現の仕方だと思いました。

特筆すべきことは善道尼の存在でしょうか。このような人物を登場させることによって、空海の人間味を感じることができています。

空海の生涯だけではなく、空海が生きた時代の政治状況、宗教、当時の人の物の考え方、最澄について知ることができてとても興味深いです。少しでも歴史や小説が好きな人なら楽しめるのではないでしょうか。

レビュー
我が家も真言宗なので、空海さんには幼き頃から親しみを持っておりました。親に言われるまま南無大師遍昭金剛と唱えるだけでしたが、此の本を読んで空海さんがより身近に感じられるようになりました。そして益々好きになりました。
レビュー
最初の生い立ちの部分は読むのが辛い。第三,四部以降は面白い。日本文化は中国の影響を受けたのではなく、中国を真似た訳だが、何度か中国に行ってみるとそれが分かる。内容的には、空海の人間性が読み取れることはないが、空海の歴史はなぞれる。ただ、紙が分厚いから本が分厚い。だから持ち運び難い。

空海のおすすめ本・書籍眠れないほど面白い 空海の生涯―――1200年前の巨人の日常が甦る! (王様文庫)を読みたい方はこちら↓

レビュー・口コミの詳細を見る

『眠れないほど面白い 空海の生涯―――1200年前の巨人の日常が甦る! (王様文庫)』を読む

スポンサーリンク

2位. 空海のおすすめ本・書籍│『空海は、すごい 超訳 弘法大師のことば』

空海のおすすめ本・書籍レビュー│『空海は、すごい 超訳 弘法大師のことば』

レビュー
おおよそ、比較的スラスラ読めます。
空海さんにたいしての誘ないの本と言えます。
空海さんに精通されている方は、物足りないのかも知れません。
逆に、
空海さんをあまりご存知ない方にはオススメ致します。
最終章の橋渡し部分・・・苫米地氏の見解を述べてあり、秀逸です。
レビュー
苫米地英人さんの本は、本当に優しく解りやすい。
とても、面白い内容でした。
レビュー
大変面白い内容です。とにかく分かりやすく、次々と興味や関心が広がります。本は無いのでしょうか?
レビュー
チョー訳までしなくても良かったのではと思いますが、それでも何回も読み直して教えを乞いたい本です。

空海のおすすめ本・書籍空海は、すごい 超訳 弘法大師のことばを読みたい方はこちら↓

レビュー・口コミの詳細を見る

『空海は、すごい 超訳 弘法大師のことば』を読む

3位. 空海のおすすめ本・書籍│『Discover Japan 2019年5月号「はじめての空海と曼荼羅」 [雑誌]』

空海のおすすめ本・書籍レビュー│『Discover Japan 2019年5月号「はじめての空海と曼荼羅」 [雑誌]』

レビュー
這期的DiscoverJapan
詳細介紹了空海大師的一生
以及其畢生代表作
“立體曼荼羅”的相關知識
非常推薦大師紛絲購入收藏:D
レビュー
東博での空海展に合わせ各雑誌が特集組んでいるがここまでわかりやすい説明はなかった

空海のおすすめ本・書籍Discover Japan 2019年5月号「はじめての空海と曼荼羅」 [雑誌]を読みたい方はこちら↓

レビュー・口コミの詳細を見る

『Discover Japan 2019年5月号「はじめての空海と曼荼羅」 [雑誌]』を読む

スポンサーリンク

4位. 空海のおすすめ本・書籍│『空海の風景 上巻 (改版) 空海の風景 (改版)』

空海のおすすめ本・書籍レビュー│『空海の風景 上巻 (改版) 空海の風景 (改版)』

レビュー
最近、国内旅行で訪れた町や村で、よく弘法大師のお寺があることに気が付くようになった。このように全国の至る所に弘法大師をまつった寺があることに、今更ながら驚くようになり、空海のことを知りたくなった。司馬遼太郎のファンなので、こちらを購入。まだ読み終わってませんが、空海や空海が生きた時代のことが理解できる良い本です。
レビュー
初めてこんな小説読んだ。空海という仏教界の巨人を様々な文献や実際に司馬氏が現地の風景を見分した感覚を粘土にして肉付けしていく作業を読者も一緒に経験していく。それにしても、作家という存在の凄さ!その空想力、妄想力に心から感服した。

もともと、夢枕獏氏の空海が主人公の本を読んで身近にありながら知らない空海という人物に興味を覚え、この本を購入した。上巻は空海が唐に渡るまでの時間が描かれている。今でいうなら役人への第一歩である大学に入りながら、「俺の居場所じゃない」とさっさと捨てて、山野を跋扈する乞食旅に出る。その時に周囲を黙らせるために書いた日本最古の戯曲「三教指帰」。自分に乞食僧の役割をあて、自分の正当性を理論的に解き明かしてゆく。18才でこれを書いたらしい!唐に渡る時には唐語をマスターしており通訳の要らない状態であったとか・・驚くべき才能、莫大なエネルギー!まさに巨人の台頭。さていよいよ入唐。下巻に期待大。

レビュー
司馬遼太郎さんの「空海の風景」。
空海に興味を持っており、しかも司馬さんが書かれた本ということで、購入しました。
司馬さんの歴史観も伴った、空海が生きていた当時の生き様や出逢い等々、興味深く読ませて頂きました。
司馬さん好き、もしくは、空海に興味をお持ちの方、お勧めです。
レビュー
『直ぐに手に入るものは、直ぐに無くなる』との思いから、空海が唐にて
たった二年で得たものの大きさに疑問を感じて、この本を読んだ。
著者の洞察にて、より深く当時の時代背景や時の権力者、関連する人々の
思惑を理解することができた。

空海のおすすめ本・書籍空海の風景 上巻 (改版) 空海の風景 (改版)を読みたい方はこちら↓

レビュー・口コミの詳細を見る

『空海の風景 上巻 (改版) 空海の風景 (改版)』を読む

5位. 空海のおすすめ本・書籍│『図解 早わかり! 空海と真言宗 (知的生きかた文庫)』

空海のおすすめ本・書籍レビュー│『図解 早わかり! 空海と真言宗 (知的生きかた文庫)』

レビュー
空海を詳しく知りたくて購入しました。本当に入門書向けです。時系列記載と何年に何をした等。深くは追求せず触りだけ。その為、読み易いです。本格的に「空海」を調べたいので有れば、別の本を購入する方が良いです。私みたいに全く知らない者には、丁度良い入門書になりました。
レビュー
いろいろな解説書を読みましたが、これが一番でした。本当によくわかりますし、図がよかった。
レビュー
勉強するようにと言われて購入。なんか良いです。信仰心はあまりないのですが…漠然とした良心が確定できたような気がします。一晩で読めるボリュームも◎!
レビュー
わかりやすい内容です。
自炊してipaminiで持ち歩きです。

空海のおすすめ本・書籍図解 早わかり! 空海と真言宗 (知的生きかた文庫)を読みたい方はこちら↓

レビュー・口コミの詳細を見る

『図解 早わかり! 空海と真言宗 (知的生きかた文庫)』を読む

スポンサーリンク

6位. 空海のおすすめ本・書籍│『空海に学ぶ仏教入門 (ちくま新書)』

空海のおすすめ本・書籍レビュー│『空海に学ぶ仏教入門 (ちくま新書)』

レビュー
今まで 解説書を種々読んだが
心底から理解できなかった
今回 この書に出会い 筋道を
つけてもらったと思う
レビュー
読んでいると不思議に気持ちが落ちついて息が深く楽になります。なにかが伝わってくるようです。
レビュー
空海の著作『十住心論』を解説した本だということで、古典の解説書なのかと思いましたが、いい意味で裏切られました。

仏教の教えに従って心を育てるための具体的な階梯について、チベットやインドも含む広範な資料を参照しながら、一歩一歩、読む人に寄り添うように説いています。現代語訳された空海さんの言葉が、やさしくじんわり伝わってきます。ある意味、実用書のような側面すらあります。

日本仏教についての知識は、高校の日本史レベルで止まっていたのですが、この本(つまり空海の説明)によって、アジア全土から見渡してどのように位置づけられているのか認識することもできました。まさに『空海に学ぶ仏教入門』だったのです。

余談ですが、この本を読んでいるときに到着した2冊の本が、ともに偶然『十住心論』を取り上げていたとあとで気付き、驚きました(唯識の本と気功の本)。さすが空海さんです。

空海のおすすめ本・書籍空海に学ぶ仏教入門 (ちくま新書)を読みたい方はこちら↓

レビュー・口コミの詳細を見る

『空海に学ぶ仏教入門 (ちくま新書)』を読む

7位. 空海のおすすめ本・書籍│『空海【3冊 合本版】 『三教指帰』『秘蔵宝鑰』『般若心経秘鍵』 ビギナーズ 日本の思想 (角川ソフィア文庫)』

空海のおすすめ本・書籍空海【3冊 合本版】 『三教指帰』『秘蔵宝鑰』『般若心経秘鍵』 ビギナーズ 日本の思想 (角川ソフィア文庫)を読みたい方はこちら↓

レビュー・口コミの詳細を見る

『空海【3冊 合本版】 『三教指帰』『秘蔵宝鑰』『般若心経秘鍵』 ビギナーズ 日本の思想 (角川ソフィア文庫)』を読む

空海のおすすめ本・書籍ランキング│まとめ

『空海のおすすめ本・書籍ランキング』いかがでしたでしょうか?

ぜひ、気になった空海の本・書籍を読んで、あなたの実生活に役立ててみてくださいね!

ぴんと
さいごまで読んでいただき、ありがとうございました!
【Amazon】本を無料で読む方法!

 本を読むときは『Audible』の
『30日間無料体験』がおすすめです!

ライトノベル・小説・ビジネス書など、
400,000冊以上の本が聴き放題!

ぴんと
毎日の料理やジョギング、通勤中など、いつでもどこでも好きな時に聴けるので、1日1冊ラクに本が読めちゃう!
ぴんこ
再生した後でも何回も交換OKだから、
実質無料の「聴き放題サービス」ね!

また、あのメンタリストDaiGoさんも
本を聴くことで1日に3冊は読めるとおすすめしています!

読書やPC作業で目が疲れたときもインプットが続けられますし、移動時間も無駄にならない。

通勤に時間がかかる人なら、少なくても1日1冊分は聴けるんじゃないでしょうか。

テキストをフラットに聴くことにより、文章や論理の構造まできれいに頭に入るので、本がまるごと頭の中に入るような喜びが体感できます。

それによって話すことがうまくなり、言葉も出てきやすくなるので、本を耳で聴くのはおすすめですよ。

引用:なぜDaiGoは「目より耳」で本を読むのか

さらに、人気俳優・声優のボイスが、
本の魅力をさらに引き出しているので、
スキマ時間を有効活用したい人は、この機会をお見逃しなく! 

 
\忙しいあなたも、耳は意外とヒマしてる!/

小説 ビジネス書 ラノベ
40万冊を無料体験で聴く!

スポンサーリンク
スポンサーリンク