【2019年】村田沙耶香のおすすめ作品・書籍ランキング6冊!年400冊読む書評ブロガーが紹介!

こんちわ、柿田ぴんとです!

今回は、村田沙耶香のおすすめ作品・書籍ランキング6冊を紹介していきます!

\30日間 無料体験中!/
小説 ビジネス書 ライトノベル
40万冊を「無料体験」で聴く

1位. おすすめ作品・書籍│『コンビニ人間』村田沙耶香

【作品・書籍の内容】
36歳未婚女性、古倉恵子。大学卒業後も就職せず、コンビニのバイトは18年目。これまで彼氏なし。日々食べるのはコンビニ食、夢の中でもコンビニのレジを打ち、清潔なコンビニの風景と「いらっしゃいませ!」の掛け声が、毎日の安らかな眠りをもたらしてくれる。ある日、婚活目的の新入り男性、白羽がやってきて、そんなコンビニ的生き方は恥ずかしいと突きつけられるが…。「普通」とは何か?現代の実存を軽やかに問う衝撃作。第155回芥川賞受賞。

『コンビニ人間』の詳細内容はこちら

おすすめ作品・書籍レビュー│『コンビニ人間』村田沙耶香

レビュー
この本のレビューで「主人公はサイコパスのような、この世に生まれたはいけない人間なんだ」と書いている方がいて、その感想に「いいね」が沢山ついていました。
自分はそれを見て複雑だったのですが、そんな感想を持てる人はこの世界では多分「普通の人」側の人間であり、そんな人が正直羨ましくもあります。
私は多分主人公程極端ではないけど、主人公側の少数派の人間です。誰にも迷惑をかけていないし、自分は幸せなのに それでも「そんな事ではいけない」と口を出してくる人がいます。
そのことにずっと悩んでいました。自分はいけない生き方をしているのか・・・?
でもこの本を読んで救われました。
ラストの主人公のふっきれが本当に気持ちがいいです!
自分は「少数派」側の人間で肩身が狭く生きている方におすすめしたい一冊です
レビュー
主人公はアスペっぽい女性。幼少期からの失敗体験から「普通」や「一般常識」を学習し、周囲の表情や会話内容をコピペして社会適応していく。しかし加齢に伴い要求される「普通」は「結婚」や「バイトではない就労」と変わっていく。これに応じるためにとる彼女の手段がそれこそ「普通」ではない。
じゃあ普通を押し付けようとする周囲の人間は正常なのか。コンビニでの仕事を全うするために前日は体を休め、仕事場では客の一挙手一投足、視線の先まで神経を研ぎ澄ませ、ベストに対応し、売上に貢献するべく走り回る彼女は異常なのか。コンビニのマニュアルの中で呼吸できる彼女をどうかそっとしておいて欲しい。
もう一人の「普通」ではない男が「縄文時代から変わってない常識」に異を唱えながらもがく姿が、極めて醜悪でありながら「真実」だとも思う。もっと個々が自由に生きられる世界が待ち望まれる。

また『コンビニ人間(村田沙耶香)』を無料で読みたい人は『Audible』の『30日間 無料体験』がおすすめです!

ライトノベル・小説・ビジネス書など、
400,000冊以上の本がいつでも聴き放題!

ぴんと
毎日の料理やジョギング、通勤中など、 いつでもどこでも好きな時に聴けるので、1日1冊ラクに本が読めちゃう!
ぴんこ
再生した後でも何回も交換OKだから、
実質無料の「聴き放題サービス」ね!

また、人気俳優・声優のボイスが、
本の魅力をさらに引き出しているので、
スキマ時間を有効活用したい人は、この機会をお見逃しなく!

0円で聴き放題!30日間 無料体験する 『コンビニ人間』を無料で聴く \今なら0円で40万冊が読み放題!/
おすすめ作品・書籍│『コンビニ人間』

スポンサーリンク

2位. おすすめ作品・書籍│『生命式』村田沙耶香

【作品・書籍の内容】
夫も食べてもらえると喜ぶと思うんで――死んだ人間を食べる新たな葬式を描く表題作のほか、村田沙耶香自身がセレクトした、脳そのものを揺さぶる12篇。文学史上、最も危険な短編集!

『生命式』の詳細内容はこちら

おすすめ作品・書籍レビュー│『生命式』村田沙耶香

 
レビュー
知っているような世界の中で異常なことが、当然のごとく行われていました。
現実味があって生命式を読んだ直後は食欲が湧きませんでした。
でも、街を食べるで回復しました。私は野菜が食べたくなりました。

違和感を感じ、気持ち悪いとすら思っているのに、どこか納得していたり合理的だと思ってしまう。
全編とも独特な世界観に浸かり不思議な体験ができました。

レビュー
12編が12編とも面白く読めました。
こんなに楽しく読める短編集にはめったに出会わない。
村田ワールド全開、かっ飛ばしていますねー。
短いのもあり拾い読みもできるので、いろんな人にお勧めできます。
 

村田沙耶香のおすすめ作品・書籍生命式(村田沙耶香)を読みたい方はこちら↓

『生命式』を読む

3位. おすすめ作品・書籍│『コンビニエンスストア様』村田沙耶香

【作品・書籍の内容】
「コンビニ人間」で155回(2016年上半期)芥川賞を受賞し話題沸騰!
村田沙耶香さんが、愛するコンビニエンスストアに向け綴ったラブレター形式のエッセイ

『コンビニエンスストア様』の詳細内容はこちら

おすすめ作品・書籍レビュー│『コンビニエンスストア様』村田沙耶香

レビュー
優れた作家である。今後も見守っていきたい。女性の感性がいい意味で控えめに発露している。
レビュー
こんなに、コンビニへの愛を語れるのは村田さん他いないと思います。まず擬人化して、それを恋人にしてしまった。それは、ただのアイディアなのか。または本気なのか。思うに、どうやら著者とコンビニストア氏は真剣交際に違いない。読後、これを笑って良いのか悩みます。どなたか、マンガにしてくれる事を願います。
 

しかも、今なら『Audible』が
30日間 無料体験中』なので、
コンビニエンスストア様(村田沙耶香)』を無料で聴けるのもポイント!

ぴんと
また、メンタリストDaiGoさんも、
本を聴くことで1日に3冊は読めるようになるとおすすめしています!

読書やPC作業で目が疲れたときもインプットが続けられますし、移動時間も無駄にならない。

通勤に時間がかかる人なら、少なくても1日1冊分は聴けるんじゃないでしょうか。

テキストをフラットに聴くことにより、文章や論理の構造まできれいに頭に入るので、本がまるごと頭の中に入るような喜びが体感できます。

それによって話すことがうまくなり、言葉も出てきやすくなるので、本を耳で聴くのはおすすめですよ。

引用:なぜDaiGoは「目より耳」で本を読むのか

ぴんこ
しかも『Audible』は、
再生した後でも何回も交換OKだから、
実質無料の「聴き放題サービス」なの!
ぴんと
ライトノベル、小説、ビジネス書、
40万冊以上の本がいつでもどこでも聴けるので、この機会をお見逃しなく!

0円で聴き放題!30日間 無料体験する 『コンビニエンスストア様』を無料で聴く \忙しいあなたも、耳は意外とヒマしてる!/
おすすめ作品・書籍│『コンビニエンスストア様』

スポンサーリンク

4位. おすすめ作品・書籍│『地球星人』村田沙耶香

【作品・書籍の内容】
地球では「恋愛」がどんなに素晴らしいか、若い女はセックスをしてその末に人間を生産することがどんなに素敵なことか、力をこめて宣伝している。地球星人が繁殖するためにこの仕組みを作りあげたのだろう。私はどうやって生き延びればいいのだろう――。芥川賞受賞作『コンビニ人間』をはるかに超える衝撃の受賞第一作。

『地球星人』の詳細内容はこちら

おすすめ作品・書籍レビュー│『地球星人』村田沙耶香

レビュー
すこしだけおかしいことは、言葉にするのが難しい。
変なレビューを書いたら『工場』の人たちに追いかけられるかもしれない。そう思ったりしながらも何故かここにレビューを書いている。
③なにがあってもいきのびること
単純に地球星人はみな、それだけを考えて見たくないものも見て生きているのかもしれない。
終末論だとか秘密結社だとかそんなものは全て後付けで、個々が③を優先させて自分や理解者だけの合理的な利を求めていくときっと今の世の中のようになっていくのではないか。
常識なんてものは国、文化、時代などによって全く変わってしまうし、誰も誰にも説くこともできない。
やはり常識はただの伝染病でもあるのだ。
 
レビュー
読むと、現実の認識がグニャグニャと歪んできました。
食欲はなくなり、グッタリ疲れ、誰とも会う気になれなくなりました。

そのくらい、ページを捲るのにカロリーを消費します。
でも現実を見つめ直すのにとても役立つ作品です。
この作品がもっと売れてほしい。

 

村田沙耶香のおすすめ作品・書籍地球星人(村田沙耶香)を読みたい方はこちら↓

『地球星人』を読む

5位. おすすめ作品・書籍│『しろいろの街の、その骨の体温の』村田沙耶香

【作品・書籍の内容】
季節が変わるごとにたくさんの転校生がやってくるニュータウンで、クラスの立場も性格も、正反体の女の子と男の子が出会う―。学校が嫌いだった人たちへおくる、教室の物語。

『しろいろの街の、その骨の体温の』の詳細内容はこちら

おすすめ作品・書籍レビュー│『しろいろの街の、その骨の体温の』村田沙耶香

レビュー
書評家の藤田香織さんが絶賛してたので読んでみました。

正直「タダイマトビラ」があんまり好きな感じではなかったので
どうかな、、、と思っていたのですが。

面白かったです。

思春期の頃の女子のクラス内カースト制度、というかなんというか
あぁ、あの頃こんな感じだったよね、、と。
よくまぁあの頃の思い出したくもないぐちゃぐちゃな感じを
大人になってから文章にできるなぁ、と遠い目になってしまいました。

あの頃の女子を経験してる私にはとても痛面白く読めましたけど
男の人はどうかな??
たぶん男性には勧めないです。

「タダイマトビラ」の読了後は、この人はもういいかな、、と思ってましたが
改めて引き続き注目の作家さんの一人になりました。

レビュー
嘘をつかずに実直に書かれた文章で本当に好きです。
コンビニ人間も読みましたが、この著者の話には多少設定の無理があっても、文章に圧倒的な実直さがあるので全然気にならず最後まで読めてしまいます。表現ってこうあるべきだと思わされます。
 
 

村田沙耶香のおすすめ作品・書籍しろいろの街の、その骨の体温の(村田沙耶香)を読みたい方はこちら↓

『しろいろの街の、その骨の体温の』を読む

スポンサーリンク

6位. おすすめ作品・書籍│『授乳 (講談社文庫)』村田沙耶香

【作品・書籍の内容】
受験を控えた私の元にやってきた家庭教師の「先生」。授業は週に2回。火曜に数学、金曜に英語。私を苛立たせる母と思春期の女の子を逆上させる要素を少しだけ持つ父。その家の中で私と先生は何かを共有し、この部屋だけの特別な空気を閉じ込めたはずだった。「――ねえ、ゲームしようよ」。

『授乳 (講談社文庫)』の詳細内容はこちら

おすすめ作品・書籍レビュー│『授乳 (講談社文庫)』村田沙耶香

レビュー
十代の女の子なら誰もが感じるあの感覚、自分の身体への違和感、自分を生んでくれたはずの両親への生理的嫌悪感、異性への興味と拒否相半ばする好奇心、そういったものが、独特の比喩表現で艶かしく描かれていて良かったです。これ以上やったら気持ち悪さが勝つ、そのギリギリのところで踏み留まっていて、そのバランス感覚が秀逸です。特に「コイビト」のラストは、小さな悲鳴をあげそうになりました。若干、「御伽の部屋」が後半息切れした感があるので★四つですが、お薦めいたします。
レビュー
女として、オトシマエをつけなければならないことがある。たいていの人は、気づかないか、気づきながらも無視するかだが、村田さんは俄然オトシマエ「つけ派」、って感じ。すくなくとも本書では。
描写は決してクドくない。文体は、内容のわりにあっさりしているといってもいいくらいだ。しかし、パン!と頬に叩きつけられるようなリアルがあって、ぞわぞわする。「においはないけれど感触がある」というような不気味さ。そして、どの主人公も邪道のスーパーヒーローみたいに、輝いている。
 

村田沙耶香のおすすめ作品・書籍授乳 (講談社文庫)(村田沙耶香)を読みたい方はこちら↓

『授乳 (講談社文庫)』を読む

村田沙耶香のおすすめ作品・書籍ランキング│まとめ

『村田沙耶香のおすすめ作品・書籍ランキング6冊』いかがでしたか?

ぜひ、気になった村田沙耶香の作品・書籍を読んで、あなたの人生に役立ててみてくださいね!

ぴんと
さいごまで読んでいただき、ありがとうございました!
【Amazon】本を無料で読む方法!

 本を読むときは『Audible』の
『30日間無料体験』がおすすめです!

ライトノベル・小説・ビジネス書など、
400,000冊以上の本が聴き放題!

ぴんと
毎日の料理やジョギング、通勤中など、いつでもどこでも好きな時に聴けるので、1日1冊ラクに本が読めちゃう!
ぴんこ
再生した後でも何回も交換OKだから、
実質無料の「聴き放題サービス」ね!

また、あのメンタリストDaiGoさんも
本を聴くことで1日に3冊は読めるとおすすめしています!

読書やPC作業で目が疲れたときもインプットが続けられますし、移動時間も無駄にならない。

通勤に時間がかかる人なら、少なくても1日1冊分は聴けるんじゃないでしょうか。

テキストをフラットに聴くことにより、文章や論理の構造まできれいに頭に入るので、本がまるごと頭の中に入るような喜びが体感できます。

それによって話すことがうまくなり、言葉も出てきやすくなるので、本を耳で聴くのはおすすめですよ。

引用:なぜDaiGoは「目より耳」で本を読むのか

さらに、人気俳優・声優のボイスが、
本の魅力をさらに引き出しているので、
スキマ時間を有効活用したい人は、この機会をお見逃しなく! 

 
\忙しいあなたも、耳は意外とヒマしてる!/

小説 ビジネス書 ラノベ
40万冊を無料体験で聴く!

スポンサーリンク
スポンサーリンク