【2020年】中島敦のおすすめ作品・書籍ランキング7冊!年400冊読む書評ブロガーが紹介!

こんちわ、柿田ぴんとです!

今回は、中島敦のおすすめ作品・書籍ランキング7冊を紹介していきます!

\30日間 無料体験中!/
小説 ビジネス書 ライトノベル
40万冊を「無料体験」で聴く

1位. おすすめ作品・書籍│『中島敦 「山月記」』中島敦

【作品・書籍の内容】
昭和初期に活躍したが惜しくも早世した小説家、中島敦の代表作とされる短編小説。1942(昭和17)年の「文學界」に、「文字渦」とともに「古譚」と総題して発表された。中国唐代の伝記「人虎伝」に基づき、詩に執心して、ついに虎に変身してしまった男のすさまじい宿命の姿を描いて、作者の自嘲と覚悟を語る作品。

『中島敦 「山月記」』の詳細内容はこちら

おすすめ作品・書籍レビュー│『中島敦 「山月記」』中島敦

 
レビュー
何度も読んだ作品ながら、Kindle購入後初めてDLしたのがこの作品。
今さら言うまでもないのですがこれは真の名作です。
おそらくはすべての人間に内在する執念、自尊心。
「人が人以外のものに変ずる」という恐怖と潜在的願望が入り混じるある意味甘美な感覚。
そしてなにより芸術とも云うべきハイレベルな文体。
美しく、妖しく、哀しく。
何度読んでも読むたびに感心してしまいます。
まさに文芸、ボクの中ではパーフェクトな作品です。
 
レビュー
中学か高校の教科書で観賞した山月記を多少人生経験をつんだ現在半世紀ぶりに再読し、根拠のない自信を持ち続ける自負と重ね合わせることができます。
自尊心を保つために孤高の人となりひいては人間性をも失ってしまうこととなる
救われない生涯が描かれています。月に吠える虎になる前に真の友と再会することができ、残してきた妻子の面倒を依頼し、自らの業績を聴いてもらい、残してくれるよう依頼できたのですから主人公はとても幸せな最後であったと思います。
凡人でしたら多くの家来を引き連れる友人に再会することなどありえません。
また多くの頼みごとをして聞いてくれる友人に恵まれることはないでしょう。
漢学に秀で、優秀であったで有ろう作者中島敦が大作家と言われることなく
50年たった今でも尚読み継がれ、山の頂きに昇り月に向かい咆哮している姿
を想像させ感動します。

また『中島敦 「山月記」(中島敦)』を無料で読みたい人は『Audible』の『30日間 無料体験』がおすすめです!

ライトノベル・小説・ビジネス書など、
400,000冊以上の本がいつでも聴き放題!

ぴんと
毎日の料理やジョギング、通勤中など、 いつでもどこでも好きな時に聴けるので、1日1冊ラクに本が読めちゃう!
ぴんこ
再生した後でも何回も交換OKだから、
実質無料の「聴き放題サービス」ね!

また、人気俳優・声優のボイスが、
本の魅力をさらに引き出しているので、
スキマ時間を有効活用したい人は、この機会をお見逃しなく!

0円で聴き放題!30日間 無料体験する 『中島敦 「山月記」』を無料で聴く \今なら0円で40万冊が読み放題!/
おすすめ作品・書籍│『中島敦 「山月記」』

スポンサーリンク

2位. おすすめ作品・書籍│『山月記・李陵 他九篇 (岩波文庫)』中島敦

【作品・書籍の内容】
三十三年余の短い一生に、珠玉の光を放つ典雅な作品を残した中島敦(1909‐42)。近代精神の屈折が祖父伝来の儒家に育ったその漢学の血脈のうちに昇華された表題作をはじめ、『西遊記』に材を取って自我の問題を掘り下げた「悟浄出世」「悟浄嘆異」、また南洋への夢を紡いだ「環礁」など、彼の真面目を伝える作品11篇を収めた。

『山月記・李陵 他九篇 (岩波文庫)』の詳細内容はこちら

おすすめ作品・書籍レビュー│『山月記・李陵 他九篇 (岩波文庫)』中島敦

レビュー
作者は今のこの時代を、つまり未来を予測していたのでしょうか?
「文字禍」や「悟浄歎異」における悟空の人柄の描写などは
現代の学問に対する痛烈な皮肉のように感じられました。
「知識」と「知恵」は違うのだと、私達はどれだけ理解しているのでしょう。
字の書き方を知って記憶力を失うように、知識を得るために一体どれだけのものを犠牲にしているのでしょう。
「山月記」の李徴の閉ざされた心の描写も恐ろしく洗練されていました。
何も(自分さえも)も信じられず、矛盾した心によって全てを拒絶し、孤独となり、ついには異形のものとなってしまう。
その事実を嘆く李徴の姿はあまりに哀れで、思わず涙ぐんでしまうほどでした。
心を開いたが故に何かによって傷つけられてしまうのと、心を閉ざして孤独となるのではどちらがより辛いのでしょう?
 
 
レビュー
 あまりに有名な山月記を今更論じる必要は無いだろうが、敢えて論じるなら虎になった李徴は決して珍しいものではなく現実の社会にありふれた人間像であるという事だろう。

 人より秀でている事を自慢するのは悪い事ではないが、その才能に溺れて自ら汗を流して磨こうとはしないのは良くない。ある意味【ウサギとカメ】的な発想に受け取られがちな、この命題に対して中島敦は「下手に才能のあるものは、その反動は計り知れない(自らを異形の怪物と化すことすら有り得る)」ということを言っているのである。まさに「自らの才能を持て余す」といったところだろう。文字禍は隠れた名作!是非ご一読を。

 

中島敦のおすすめ作品・書籍山月記・李陵 他九篇 (岩波文庫)(中島敦)を読みたい方はこちら↓

『山月記・李陵 他九篇 (岩波文庫)』を読む

3位. おすすめ作品・書籍│『中島敦全集 一』中島敦

【作品・書籍の内容】
この度、中島敦全集が、満を持してオーディオブックに登場です。代表作以外にも隠れた傑作が数多く収録されています。通勤や移動の合間にも、文学史上に輝く綺羅星のような作品に触れられる当オーディオブックは、きっと感性にも豊かに響く、意義深い時間を届けてくれることでしょう。

『中島敦全集 一』の詳細内容はこちら

おすすめ作品・書籍レビュー│『中島敦全集 一』中島敦

レビュー
彼の作品ってなんだか虜になってしまいますね。なんとも表現できないような魅力があります。物語の中に入り込みやすいというか吸い込まれるような感覚で聴けます。話も意外に奥が深くてとても満足です。
 
レビュー
別に現実であり得るかといえばそうでは無いのですが、なんだか妙にリアリティーを感じる、そんな作品が多かったです。まぁもともと中島さんの作品というのは、とても個性的とゆうか、中島ワールド、その世界観が非常に素晴らしい作品かと思います。
レビュー
素晴らしい。真摯な想像力と知識でどんな時空の物語でも生み出せるお手本。古代、現代、ペルシャから中国、南洋まで包容する、作家としての構えの大きさには感化される。
 

しかも、今なら『Audible』が
30日間 無料体験中』なので、
中島敦全集 一(中島敦)』を無料で聴けるのもポイント!

ぴんと
また、メンタリストDaiGoさんも、
本を聴くことで1日に3冊は読めるようになるとおすすめしています!

読書やPC作業で目が疲れたときもインプットが続けられますし、移動時間も無駄にならない。

通勤に時間がかかる人なら、少なくても1日1冊分は聴けるんじゃないでしょうか。

テキストをフラットに聴くことにより、文章や論理の構造まできれいに頭に入るので、本がまるごと頭の中に入るような喜びが体感できます。

それによって話すことがうまくなり、言葉も出てきやすくなるので、本を耳で聴くのはおすすめですよ。

引用:なぜDaiGoは「目より耳」で本を読むのか

ぴんこ
しかも『Audible』は、
再生した後でも何回も交換OKだから、
実質無料の「聴き放題サービス」なの!
ぴんと
ライトノベル、小説、ビジネス書、
40万冊以上の本がいつでもどこでも聴けるので、この機会をお見逃しなく!

0円で聴き放題!30日間 無料体験する 『中島敦全集 一』を無料で聴く \忙しいあなたも、耳は意外とヒマしてる!/
おすすめ作品・書籍│『中島敦全集 一』

スポンサーリンク

4位. おすすめ作品・書籍│『名人伝』中島敦

【作品・書籍の内容】
趙の都・邯鄲に住む紀昌が、天下第一の弓の名人になろうと志を立て、当今弓矢をとっては及ぶ者がないと思われる名手・飛衛、次いで飛衛をしておのが技は児戯に等しいと言わしめる仙人・甘蠅に師事して「不射の射」を体得する。真の名人となった紀昌の心は弓への執着からも離れ、ついには弓そのものを忘れ去るに至る。

『名人伝』の詳細内容はこちら

おすすめ作品・書籍レビュー│『名人伝』中島敦

レビュー
主人公、上昇志向強すぎ。
弓の名手となるため名人に弟子入り。超絶な修行を経て文字通りの開眼。
師匠超えを図るも空中で弓矢が相殺して無効試合。
さらなる高みを目指して人類最強の名手に挑むが、弓を射らない不射之射の前に敗北。
しかしそれすら体得し、ついに名人に成り上がったかに見えたが……。
短さの中にエンターテイメントを見た。
レビュー
常人の計り知れない域に達するのが名人と呼ばれる人なのだとすると、当然我々常人にその人のことは理解不能だろう。だから本作の主人公を理解しようとしても無駄だろう。とはいえ何となく仙人めいて描いているところがやはり作者は日本人なんだなと思う。中国における仙人はもっと俗っぽく人間的で本作のような感じはない。日本では仏教的な悟りと混同されこのような仙人像になる。

また『名人伝(中島敦)』を無料で読みたい人は、

Kindle Unlimited 』の『30日間 無料体験』がおすすめです!

無料体験後も、月額980円で
マンガ・小説・雑誌・ビジネス書など、
1,200,000冊以上の本がいつでも読み放題!

ぴんと
1ヵ月換算すると…
32.6円で好きなだけ本が読める!?
ぴんこ
書店で買うと1500円以上するから、1冊でも読みたい本が見つかれば元が取れる『破格のサービス』ね!

PCやスマホ、さまざまな端末で利用できるので
お得に本を楽しみたい人は、この機会をお見逃しなく!

0円で読み放題!30日間 無料体験する 『名人伝』を無料で読む \今なら0円で120万冊が読み放題!/
おすすめ作品・書籍│『名人伝』

5位. おすすめ作品・書籍│『李陵』中島敦

【作品・書籍の内容】
漢の武帝の時代。李陵は匈奴討伐に向かうが、圧倒的な武力の差によって敗退する。捕虜となるが、匈奴の勧めにもかかわらず軍門に降らず、幽閉される。李陵と司馬遷。過酷な運命にも節を曲げずに生き抜いた男の物語。

『李陵』の詳細内容はこちら

おすすめ作品・書籍レビュー│『李陵』中島敦

レビュー
日下武史さんは俳優としても存じ上げていますが、朗読もすばらしい、緩急の呼吸がまさに名品。何度聞いても飽きません。良い買い物をしました。
レビュー
 40年ほど昔、「マンハッタン・オプ」というFM東京のラジオドラマがありました。それは矢作俊彦が書いた贅肉をそぎ落としたクールな物語りでした。そして、その語り手が日下武史氏でした。日下氏の淡々として語るあの口調が40年たった今でも忘れられません。
 日下氏が「万里孤軍来たる」「極目人煙を見ず」と語るとき、中島敦が、作らずに、唯述べただけの世界の温度まで伝わってきます。高校生の頃から再読に再読を重ねてきた中島敦の「李陵」を日下武史氏の声で聴く事ができる幸運と幸福を噛みしめています。
 

しかも、今なら『Audible』が
30日間 無料体験中』なので、
李陵(中島敦)』が無料で聴けるのもポイント!

ぴんこ
Audible』は、
再生した後でも何回も交換OKだから、
実質無料の「聴き放題サービス」なの!
ぴんと
ライトノベル、小説、ビジネス書、
40万冊以上の本がいつでもどこでも聴けるので、この機会をお見逃しなく!

0円で聴き放題!30日間 無料体験する 『李陵』を無料で聴く \今なら0円で40万冊が読み放題!/
おすすめ作品・書籍│『李陵』

スポンサーリンク

6位. おすすめ作品・書籍│『弟子』中島敦

【作品・書籍の内容】
儒教の開祖・孔子と、その弟子となった直情径行の青年・子路の関係を綴った物語。掲載号の編集後記でも、《氏は昨春「光と風と夢」の一作を世に問ひ、将来ある新人として令名を馳せるや、さらに本誌への自信のこの作品を寄せたが物故された。したがって新鮮味溢る々この作品は同氏の遺作となつた。》と才能ある新人作家の早過ぎる死を悼んだ。

『弟子』の詳細内容はこちら

おすすめ作品・書籍レビュー│『弟子』中島敦

レビュー
弟子では、名人伝と違い(タイトルどおりの)「超人になれない男」の物語です。
名人伝では普通の人が最終的に超人になれましたが、この作品では生涯弟子です。
では超人とはなんなのか、一生弟子で良いのか。
 
 

しかも、今なら『Kindle Unlimited』が
30日間 無料体験中』なので弟子(中島敦)
が無料で読めるのもポイント!

ぴんと
マンガ・小説・雑誌・ビジネス書120万冊以上の本がいつでもどこでも読めるので、この機会をお見逃しなく!

0円で読み放題!30日間 無料体験する 『弟子』を無料で読む \30日間 無料体験中!/
おすすめ作品・書籍│『弟子』

7位. おすすめ作品・書籍│『『中島敦作品集・31作品⇒1冊』』中島敦

【作品・書籍の内容】
「山月記」「李陵」「光と風と夢」。漢文調の端正な文体と、おかしみ誘うユーモラスな文体を変幻自在に操った早世の作家、中島敦の「31作品」を1冊に収録。

『『中島敦作品集・31作品⇒1冊』』の詳細内容はこちら

おすすめ作品・書籍レビュー│『『中島敦作品集・31作品⇒1冊』』中島敦

レビュー
ちょっと手間さえかければ、作品ごとに本を閉じて、開いてとキンドル上で読めば良いのですが、やっぱり1冊にまとまっているのはありがたい。
ホーム画面が本で埋まってしまわないので、他の本も見つけやすくなります。

で、何よりいつでも中島敦の世界に没入できるのが良い。

何か悩みがあると、いつも、名人伝と弟子を繰り返し繰り返し読んでます。
秋は山月記が良いですね。

とにかく、浮かび上がる情景が美しいったらない。まさに珠玉の作品集と言えます。

レビュー
西遊記に出てくる孫悟空の頭にはめられた金の輪を、何というか知っていますか?
知らない方はぜひ「悟浄歎異」を読んでみましょう。
西遊記の登場人物ひとりひとりに対する沙悟浄から見た鋭い批評が、中島敦の
このうえない美しさと理路整然たる文章でつづられていて感嘆します。

中島敦の小説は、何度読んでも飽きず、時に応じた感想を持つことができる貴重なものです。
短編故、気が向いた時にKindleで手軽に読めます。

中島敦のおすすめ作品・書籍『中島敦作品集・31作品⇒1冊』(中島敦)を読みたい方はこちら↓

『『中島敦作品集・31作品⇒1冊』』を読む

中島敦のおすすめ作品・書籍ランキング│まとめ

『中島敦のおすすめ作品・書籍ランキング7冊』いかがでしたか?

ぜひ、気になった中島敦の作品・書籍を読んで、あなたの人生に役立ててみてくださいね!

ぴんと
さいごまで読んでいただき、ありがとうございました!
【Amazon】本を無料で読む方法!

 本を読むときは『Audible』の
『30日間無料体験』がおすすめです!

ライトノベル・小説・ビジネス書など、
400,000冊以上の本が聴き放題!

ぴんと
毎日の料理やジョギング、通勤中など、いつでもどこでも好きな時に聴けるので、1日1冊ラクに本が読めちゃう!
ぴんこ
再生した後でも何回も交換OKだから、
実質無料の「聴き放題サービス」ね!

また、あのメンタリストDaiGoさんも
本を聴くことで1日に3冊は読めるとおすすめしています!

読書やPC作業で目が疲れたときもインプットが続けられますし、移動時間も無駄にならない。

通勤に時間がかかる人なら、少なくても1日1冊分は聴けるんじゃないでしょうか。

テキストをフラットに聴くことにより、文章や論理の構造まできれいに頭に入るので、本がまるごと頭の中に入るような喜びが体感できます。

それによって話すことがうまくなり、言葉も出てきやすくなるので、本を耳で聴くのはおすすめですよ。

引用:なぜDaiGoは「目より耳」で本を読むのか

さらに、人気俳優・声優のボイスが、
本の魅力をさらに引き出しているので、
スキマ時間を有効活用したい人は、この機会をお見逃しなく! 

 
\忙しいあなたも、耳は意外とヒマしてる!/

小説 ビジネス書 ラノベ
40万冊を無料体験で聴く!

スポンサーリンク
スポンサーリンク