【2021年】佐々木マキのおすすめ絵本ランキング5冊!年400冊読む書評ブロガーが紹介!

こんちわ、柿田ぴんとです!

今回は、佐々木マキのおすすめ絵本ランキング5冊を、高評価レビューも加えてご紹介します!

\30日間 無料体験中!/
小説 ビジネス書 ライトノベル
40万冊を「無料体験」で聴く

1位. 佐々木マキのおすすめ絵本│『あやしいぶたのたね』

佐々木マキのおすすめ絵本レビュー│『あやしいぶたのたね』

レビュー
きゃー!今度はなにーー???
相変わらずなおっとりさんのおおかみ君、『ぶたのたね』シリーズ10年ぶりの新作です✩⡱

きつねはかせしっかりしてー!
おおかみくんがんばってーー!

負けるなおおかみ
明日に向かって立ち上がれᕦ(ò_óˇ)ᕤ

佐々木マキのおすすめ絵本あやしいぶたのたねを読みたい方はこちら↓

レビュー・口コミの詳細を見る

『あやしいぶたのたね』を読む

スポンサーリンク

2位. 佐々木マキのおすすめ絵本│『やっぱりおおかみ (こどものとも傑作集)』

佐々木マキのおすすめ絵本レビュー│『やっぱりおおかみ (こどものとも傑作集)』

レビュー
誰しも感じるのでしょう、人と相いれない孤独感、疎外感。大なり小なりみんなそうだよと、肯定的に思えて、元気が出ます。僕はくまのままでいたかったのにという大好きな絵本を思い出しますが、これは悲しみを癒し合う感があるのに対し、佐々木マキさんの本は、居直りの元気パワーをもらえます。
レビュー
すごく良かったです。『ガロ』で作品を発表していた漫画家の山田花子さんが幼少期にボロボロになるまでくり返し読んでいた絵本だと知って、何気なく購入してみました。
絵柄の雰囲気や背景の世界観がちょっと独特で、単に絵本らしくて可愛いというだけではない、じーっと眺めてしまうような、引き込まれる感じがありました。おおかみが何度もくり返すフレーズをゆっくり丁寧に読んでいると、泣いてしまいそうになりました。
小さい子に読んであげたり、読んでみるように勧めるのが良さそうかどうかは自分には判断がつきませんが、とても良い絵本だと思います。終わり方は、少し寂しいけれど、不思議と心のどこかが暖かくなって、不思議と生きる元気が湧いてくるような、素敵な作品でした。
レビュー
そっけないくらい文字は少ない。でも自分を肯定するにはいい。佐々木マキさんの絵ならではの伝わり方がある。
レビュー
昔家にあった。シュールだけど、大好き。また読みたくなって買いました。

佐々木マキのおすすめ絵本やっぱりおおかみ (こどものとも傑作集)を読みたい方はこちら↓

レビュー・口コミの詳細を見る

『やっぱりおおかみ (こどものとも傑作集)』を読む

3位. 佐々木マキのおすすめ絵本│『まじょのかんづめ (こどものとも傑作集)』

佐々木マキのおすすめ絵本レビュー│『まじょのかんづめ (こどものとも傑作集)』

レビュー
保育園で「まじょのふるどうぐや」という本が好きで、何度も借りるので探していたのですが、絶版らしくこちらを購入しました。
結末を知っているのに、何度も何度も「読んでくれ。」と持ってきます。
「ぼくまじょの役をする。」と言って、魔女のセリフを言うのが面白いです。

子供心をわしづかみにする、良い本だと思います。

レビュー
何か変なところが気に入っていたので、探してみたらあったので、急いで買ったら喜んで読んでとせがみ、すぐ手配出来て良かったです。
レビュー
昔よく読んだ大好きな絵本!
子供が生まれたので、思い出して購入しました。

懐かしい!

色使いがハッキリしているし、
絵も丸みがあってとっても可愛いです。
そして何よりワクワクする!

これからも大事にします。

レビュー
孫に送りましたが、喜んでおり今後も購入を考えてますので宜しくお願いします。

佐々木マキのおすすめ絵本まじょのかんづめ (こどものとも傑作集)を読みたい方はこちら↓

レビュー・口コミの詳細を見る

『まじょのかんづめ (こどものとも傑作集)』を読む

スポンサーリンク

4位. 佐々木マキのおすすめ絵本│『こぶたのかばん』

佐々木マキのおすすめ絵本レビュー│『こぶたのかばん』

レビュー
3歳半の子に読みました。本の内容は、お使いに行ったこぶたが、物を貰ったり拾ったりするうち鞄が大きくなるという他愛の無い話ですが、何故か子供に大ウケ。他の有名な絵本には目もくれず、度々リクエストされる不思議な絵本です。

佐々木マキのおすすめ絵本こぶたのかばんを読みたい方はこちら↓

レビュー・口コミの詳細を見る

『こぶたのかばん』を読む

5位. 佐々木マキのおすすめ絵本│『へろへろおじさん (こどものとも絵本)』

佐々木マキのおすすめ絵本レビュー│『へろへろおじさん (こどものとも絵本)』

レビュー
初めて病院の待合室で読んだ時に、親子でゲラゲラと笑ってしまいました。
それくらい面白いです。
レビュー
児童図書や詩集の出版元「らんか社」のたかはしけいすけさんの紹介に触発されて手にとってみましたが、短い絵本なのに思いがけない感動を覚えました。

主人公の「へろへろおじさん」が友達に書いた手紙をポストに入れに行くだけの話なんです。でも階段から滑り落ちるところからはじまって、その途中でさまざまな障害が湧き起り、それがだんだん酷くなっていくのです。

これはもはやポストに手紙を入れに行く短い起こる騒動というレベルの話ではなく、人生という長い途次に起こる悲喜劇を象徴しているような気もするのですが、まあそんなシチ面倒くさいへ理屈はさておいて、ラストのどんでんがえしに救われます。

なんといってもこの「へろへろおじさん」のキャラクターが素晴らしく、その漂漂とした風貌はどこかたかはしさんのそれに似ているのでした。

レビュー
イラストは、はっきりした線で描かれています。
この本を読む前に「ぶたのたね」を読んでいたので、同じような「ブタさんが出ている!」といって喜んでいました。

主人公のおじさんは、お友だちにお手紙を出そうとポストへ向かうだけなのに、
そのポストまでの道のりはとても波乱に満ちています。
階段から滑り落ち、アパートの2階から降ってきたものに当たったりするのは、序の口。
さまざまな困難に遭遇し、不運なおじさんは、まさにへろへろです。
お手紙もしわくちゃなので、無事に届くかちょっと心配。
ラストまで気が抜けないですが、最後に少し癒されるストーリーです。

佐々木マキのおすすめ絵本へろへろおじさん (こどものとも絵本)を読みたい方はこちら↓

レビュー・口コミの詳細を見る

『へろへろおじさん (こどものとも絵本)』を読む

スポンサーリンク

佐々木マキのおすすめ絵本ランキング│まとめ

『佐々木マキのおすすめ絵本ランキング』いかがでしたでしょうか?

ぜひ、気になった佐々木マキの絵本を読んで、あなたの実生活に役立ててみてくださいね!

ぴんと
さいごまで読んでいただき、ありがとうございました!
【Amazon】本を無料で読む方法!

 本を読むときは『Audible』の
『30日間無料体験』がおすすめです!

ライトノベル・小説・ビジネス書など、
400,000冊以上の本が聴き放題!

ぴんと
毎日の料理やジョギング、通勤中など、いつでもどこでも好きな時に聴けるので、1日1冊ラクに本が読めちゃう!
ぴんこ
再生した後でも何回も交換OKだから、
実質無料の「聴き放題サービス」ね!

また、あのメンタリストDaiGoさんも
本を聴くことで1日に3冊は読めるとおすすめしています!

読書やPC作業で目が疲れたときもインプットが続けられますし、移動時間も無駄にならない。

通勤に時間がかかる人なら、少なくても1日1冊分は聴けるんじゃないでしょうか。

テキストをフラットに聴くことにより、文章や論理の構造まできれいに頭に入るので、本がまるごと頭の中に入るような喜びが体感できます。

それによって話すことがうまくなり、言葉も出てきやすくなるので、本を耳で聴くのはおすすめですよ。

引用:なぜDaiGoは「目より耳」で本を読むのか

さらに、人気俳優・声優のボイスが、
本の魅力をさらに引き出しているので、
スキマ時間を有効活用したい人は、この機会をお見逃しなく! 

 
\忙しいあなたも、耳は意外とヒマしてる!/

小説 ビジネス書 ラノベ
40万冊を無料体験で聴く!

スポンサーリンク
スポンサーリンク