【2021年】ブッダのおすすめ本・書籍ランキング7冊!年400冊読む書評ブロガーが紹介!

こんちわ、柿田ぴんとです!

今回は、ブッダのおすすめ本・書籍ランキング7冊を、高評価レビューも加えてご紹介します!

\30日間 無料体験中!/
小説 ビジネス書 ライトノベル
40万冊を「無料体験」で聴く

1位. ブッダのおすすめ本・書籍│『反応しない練習 あらゆる悩みが消えていくブッダの超・合理的な「考え方」』

ブッダのおすすめ本・書籍レビュー│『反応しない練習 あらゆる悩みが消えていくブッダの超・合理的な「考え方」』

レビュー
心無い言葉に傷付いたり、辛い過去のフラッシュバックに悩んでいる人に読んで見てほしい一冊です。
宗教本では無く、合理的な考え方の哲学書に近く、メンタルトレーニングのやり方が書かれています。
レビュー
仏教の本は初めてです。嫉妬や不安がどうしても拭えなくて縋る思いで購入しました。
読んで思ったのは、とにかく読みやすい
簡単な言葉や文章が短いとかではないのに、スイスイ読める。
頭にも心にもスーッと入ってくる。
今まで凝り固まっていた体と心がほぐされるような心地よさです。
今まで私は毎日、毎分、毎秒あることないこと妄想し、勝手に悲観し怒り苦しんでいました。
まだ最後まで読み終えていませんが、筆者の言う通り妄想していることに気づく、
「あ、また妄想してる」と現実の世界へすぐ戻るように意識しています。
それだけでも楽なんです。私は今までどんだけ妄想してたんだって驚くばかりです。
妄想癖のある方、妄想して悲観や怒りに苦しんでいる方は是非読んでもらいたいです。
レビュー
とっても読みやすく、ひとつひとつの言葉がすっと心に入りやすい。このような類の本は書いてあることが「そうそう、それはわかっているんだけど」と理解はできてもなかなかそのようにはいかない、ということが多いですが、この本はちょっと違う。読む価値ありの本でした。
レビュー
周りの人や状況に引っ張られる、反応してしまう、そして自分を見失う。
そんな状況から抜け出したく本書を手に取りました。

人間がなぜ反応してしまうのか、そしてどのようにして抜け出せばいいのかについて、わかりやすく書いてあります。
ブッダの教え、とありますが宗教のことを知らなくてもスラスラ読むことができました。
例えば、人間の三毒は「欲望」「怒り」「妄想」と解説されていますが、説教じみていることもなく具体性を持って解説してくれています。
まずは「自分の反応を観察する」ことから日々始めようと思います。

1点要望として、具体的な改善策をもう一歩踏み込んで教えてほしかったです。
例えば、“怒りがあると感じたら怒りがあると理解しましょう。そうやって怒りをあら流していけば心はすっきりと軽くなるものです”という一文がありますが、それができなくて困っている人には進みようがないかもしれません。

自分を見つめる、という観点から本書を読まれると良いのではないでしょうか。

ブッダのおすすめ本・書籍反応しない練習 あらゆる悩みが消えていくブッダの超・合理的な「考え方」を読みたい方はこちら↓

レビュー・口コミの詳細を見る

『反応しない練習 あらゆる悩みが消えていくブッダの超・合理的な「考え方」』を読む

スポンサーリンク

2位. ブッダのおすすめ本・書籍│『ブッダ 1』

ブッダのおすすめ本・書籍レビュー│『ブッダ 1』

レビュー
さすが手塚治虫、やはり天才ですね。
いつかは読みたいと思っていた長編ですが、大人になると時間がなかなかとれない。

きっかけは劇場版アニメ。
アニメのほうがラジオで酷評されていたので、原作と読み比べてみたいと思ったからです。
アニメが悪すぎ、悪評したいというのではなく・・・そもそもの作品が持つ力の源を
知りたくなった、という流れですかね。

また、最近宗教の勧誘に会ったばかりで宗教嫌いになりそうだったのですが、
新興宗教との違いがこの漫画でくっきりはっきりわかりました。

ほんと読んでよかったです。

随所で現代のネタを入れているのが、気が利いているというか作者が頭がいいというか。
笑いつつもその発想に深く関心しながら読みました。

電子書籍で気軽に買えるというのいいですよね。

レビュー
漫画だから笑い飛ばせばいいと思っていたが内容が深刻でした。階級のない社会はくるのか、すべての人が幸せになる日は来るのか、などが考えさせられてしまった。最下層の舞台で繰り広げられる複雑な関係をどう解決するのか、漫画だからあっさりと人が殺されてしまうのには仕方がないとは思うが、強い主人公が生き残ってゆく過程を追ってゆくときぼうもみいてくるようです。
レビュー
キャラクターの魅力的なことに衝撃。かわいいキャラがいつもいるし、ギャグも差し挟まれるので、重い話も読みやすいです。
レビュー
何故、兎は自ら焚き火に身を投げたのか、その謎にバラモン長老は積年悩み続けていた…で始まる叙事詩。創価学会系潮出版社の月刊「希望の友」に連載された時、弟と乏しい小遣いで毎号購読していた。凡百の人生本・哲学宗教書より深く世界・生命・人について考えさせてくれる。

ブッダのおすすめ本・書籍ブッダ 1を読みたい方はこちら↓

レビュー・口コミの詳細を見る

『ブッダ 1』を読む

3位. ブッダのおすすめ本・書籍│『ブッダ 手塚治虫文庫全集(1)』

ブッダのおすすめ本・書籍レビュー│『ブッダ 手塚治虫文庫全集(1)』

レビュー
紀元前のインドを舞台に
仏教の開祖であるブッダの生涯を描いたもの。

仏教の発祥にまつわる話だが、
宗教染みた印象はほとんどなく、
誰にでも抵抗なく読める壮大な物語が楽しめる。

さまざまな身分や立場の人間が登場し、
それぞれの生き様が並行に展開されるが、
善悪問わず、どのキャラクターも非常に魅力的。

いろいろな登場人物を使って語られるエピソードは
視野や価値観を広げてくれるようなものが多く、
仏教の教えがどういうものかがよくわかる。

仏教や宗教に興味がなくても読む価値のある一作。

レビュー
この第1巻を紛失し、何となく寂しいので、購入させていただきました。感謝です。
レビュー
仏教の事を分かり安くこれでなんとか、宗教とはなにかが理解できそうです
レビュー
 アマゾンでは、恐らくこっちの出版社の方が安いだろう。
全7巻なので、送料含んでも中古なら2000円程度で購入が可能である。

仏教にかなり興味があったので購入したが、当時の社会情勢やインドの厳しい気候を分かりやすく表現している。
宗教は身分制度や風土の影響をかなり受けたものなので、序盤からその描写にしっかりと努めている点は、
初心者が理解する点で優しいのではないだろうか。

ブッダのおすすめ本・書籍ブッダ 手塚治虫文庫全集(1)を読みたい方はこちら↓

レビュー・口コミの詳細を見る

『ブッダ 手塚治虫文庫全集(1)』を読む

スポンサーリンク

4位. ブッダのおすすめ本・書籍│『ブッダのことば-スッタニパータ (岩波文庫)』

ブッダのおすすめ本・書籍レビュー│『ブッダのことば-スッタニパータ (岩波文庫)』

レビュー
仏教の最初期の頃と思われるブッダのことばがまとめられている。後世の煩瑣な仏教教理とは違って素朴な言葉で語られている。理解するためには当時のインド社会の社会習慣や宗教常識についての知識も必要となるが、後半のページでかなり詳細な注を付けて説明、補足されている。
レビュー
難しい内容で自分では読み続けられませんでした。
また暇があれば、読みたいです。
レビュー
初期経典とは言われていますが最古層であるとされている4章と他の章で表記や教えに揺れがあるなど、全部が全部ブッダの言葉だよ、というのは無理がありますが資料自体は古いものなので参考になりました。
レビュー
新品の様な美しさ、丁寧な包装ありがとうございました。ブッダが現世に遺した難しい内容を解りやすく訳した本です、長い時間を掛けて大切に読み返せば必ず生涯を通して力になってくれる一冊です。

ブッダのおすすめ本・書籍ブッダのことば-スッタニパータ (岩波文庫)を読みたい方はこちら↓

レビュー・口コミの詳細を見る

『ブッダのことば-スッタニパータ (岩波文庫)』を読む

5位. ブッダのおすすめ本・書籍│『くらべてわかる! ブッダとキリスト』

ブッダのおすすめ本・書籍レビュー│『くらべてわかる! ブッダとキリスト』

レビュー
ブッダのことをある程度知ってる人には物足りないかもしれないですが、旧約聖書に比べてマイナーな新約聖書の話を理解できた。
比較されることでキリスト教がわかりやすくなる。
レビュー
一般的な入門書より一歩踏み込んでいる良書。
ただ、比べてわかると言うタイトルだがちょっとしか比較できてないようなきがする。

ブッダのおすすめ本・書籍くらべてわかる! ブッダとキリストを読みたい方はこちら↓

レビュー・口コミの詳細を見る

『くらべてわかる! ブッダとキリスト』を読む

スポンサーリンク

6位. ブッダのおすすめ本・書籍│『心が洗われる ブッダの言葉』

ブッダのおすすめ本・書籍心が洗われる ブッダの言葉を読みたい方はこちら↓

レビュー・口コミの詳細を見る

『心が洗われる ブッダの言葉』を読む

7位. ブッダのおすすめ本・書籍│『ブッダ伝 生涯と思想 (角川ソフィア文庫)』

ブッダのおすすめ本・書籍レビュー│『ブッダ伝 生涯と思想 (角川ソフィア文庫)』

レビュー
中村元著作を何年も読みました。
私の棺おけに入れるなら、これ一冊でいいと思っています。
やっと筋道立てて分かる気がします。
原始経典を読み、勝手な解釈・想像をしなくてすみます。
この場面でこの経典、あの場面でこの経典とよりよく理解できます。
もっと勉強したい方は、これを読んでからの方が経典個々の部分的解釈ではなく、
全体的理解及び全体の中での理解が容易だと思います。
注;
NHKブッダの人と思想とは異なると思います。(ある意味、放送時間・編集の制約、司会の発言等)
NHK同DVDではこの本のように明快には理解できないと思います。
レビュー
中村先生が解りやすく噛み砕いて解説してくださってよく理解できます。ブッダがいたインドに向かうことを決めた本です❕
レビュー
インド学習の一環として読みました。
とても勉強になりました。

ブッダ…
インド人というイメージはありませんでした。
しかし、本作を読み、当時のインドの状況と、
その中での”真実”探求のためのスピリチャルな旅の物語として読みました。

中村氏の深い研究の成果なのだと思います。
理解し難い部分もありましたが、
それを理解するように努めたいと思った貴重な作品でした。

ありがたいことです。

レビュー
いろいろな原始仏典からエピソードやブッダの言葉を紹介してくれているのでとても読みやすく参考になります。
ブッダを知るには貴重な一冊でした。

ブッダのおすすめ本・書籍ブッダ伝 生涯と思想 (角川ソフィア文庫)を読みたい方はこちら↓

レビュー・口コミの詳細を見る

『ブッダ伝 生涯と思想 (角川ソフィア文庫)』を読む

ブッダのおすすめ本・書籍ランキング│まとめ

『ブッダのおすすめ本・書籍ランキング』いかがでしたでしょうか?

ぜひ、気になったブッダの本・書籍を読んで、あなたの実生活に役立ててみてくださいね!

ぴんと
さいごまで読んでいただき、ありがとうございました!
【Amazon】本を無料で読む方法!

 本を読むときは『Audible』の
『30日間無料体験』がおすすめです!

ライトノベル・小説・ビジネス書など、
400,000冊以上の本が聴き放題!

ぴんと
毎日の料理やジョギング、通勤中など、いつでもどこでも好きな時に聴けるので、1日1冊ラクに本が読めちゃう!
ぴんこ
再生した後でも何回も交換OKだから、
実質無料の「聴き放題サービス」ね!

また、あのメンタリストDaiGoさんも
本を聴くことで1日に3冊は読めるとおすすめしています!

読書やPC作業で目が疲れたときもインプットが続けられますし、移動時間も無駄にならない。

通勤に時間がかかる人なら、少なくても1日1冊分は聴けるんじゃないでしょうか。

テキストをフラットに聴くことにより、文章や論理の構造まできれいに頭に入るので、本がまるごと頭の中に入るような喜びが体感できます。

それによって話すことがうまくなり、言葉も出てきやすくなるので、本を耳で聴くのはおすすめですよ。

引用:なぜDaiGoは「目より耳」で本を読むのか

さらに、人気俳優・声優のボイスが、
本の魅力をさらに引き出しているので、
スキマ時間を有効活用したい人は、この機会をお見逃しなく! 

 
\忙しいあなたも、耳は意外とヒマしてる!/

小説 ビジネス書 ラノベ
40万冊を無料体験で聴く!

スポンサーリンク
スポンサーリンク