【2021年】チェゲバラのおすすめ本・書籍ランキング7冊!年400冊読む書評ブロガーが紹介!

こんちわ、柿田ぴんとです!

今回は、チェゲバラのおすすめ本・書籍ランキング7冊を、高評価レビューも加えてご紹介します!

目次

\30日間 無料体験中!/
小説 ビジネス書 ライトノベル
40万冊を「無料体験」で聴く

1位. チェゲバラのおすすめ本・書籍│『チェ・ゲバラ伝 増補版 (文春文庫)』

チェゲバラのおすすめ本・書籍レビュー│『チェ・ゲバラ伝 増補版 (文春文庫)』

レビュー
キューバ旅行にあたって、購入しました。旅行中ずっと読んでいたのですが、熱いキューバの太陽と明るいキューバの人々と対照的な、侍魂をもったゲバラの生き方に何度も涙してしまいました。
ゲバラが命をかけて取り組んだ革命のお陰でキューバで出会った人々は素晴らしい教育を無料で受けられていて、20代の青年と夏目漱石や三島由紀夫について語ることができました。道端で飢えている人や、小さなお金のために道で襲われる心配をしなくても良い安全な国で、ゲバラが目指した本の中で描かれている国の未来を見ることができました。wi-fiやその他インフラ、工業などまだまだ課題があり、まだ完成されていないキューバですが、発展しても医療と教育の行き届いていて心の温かい人で溢れた美しい国であり続けてほしいです。
レビュー
チェ・ゲバラの生まれから戦死するその時まで克明に書かれている。
この本を読むまではキューバ革命やチェ・ゲバラについては大雑把にしか知らなかった。しかし、この本を読んで当時のラテン・アメリカの現状、キューバ革命がアメリカ資本による収奪からの脱却だったのがよく分かった。チェの生きざまには深く感銘を受けました。
レビュー
いまだに共産主義を掲げる者は愚かで害毒であることははっきりしたのだが、半世紀前に民衆を救うために戦う純粋なチェの生き方には非常に感動する。
レビュー
彼に対しては、様々な見解があるでしょう。ただ、信念や生き方は語り継がれていくだろう。若者よ、ゲバラのように、旅に出ろ。世界を広げろ。使命感を持て。

チェゲバラのおすすめ本・書籍チェ・ゲバラ伝 増補版 (文春文庫)を読みたい方はこちら↓

レビュー・口コミの詳細を見る

『チェ・ゲバラ伝 増補版 (文春文庫)』を読む

スポンサーリンク

2位. チェゲバラのおすすめ本・書籍│『マンガ偉人伝 チェ・ゲバラ (光文社知恵の森文庫)』

チェゲバラのおすすめ本・書籍レビュー│『マンガ偉人伝 チェ・ゲバラ (光文社知恵の森文庫)』

レビュー
 大好きなゲバラの伝記が漫画化されたということで、さっそく読んでみました。

 ゲバラの誕生から死までが、コンパクトにまとまって描かれています。
 映画「チェ」二部作や「モーターサイクル・ダイアリーズ」も見たのですが、
それらの映画では描かれていなかった時代や、
わかりにくかった国際情勢の話なども描かれており、
漫画ということで非常に読みやすく、理解しやすかったです。

 絵もリアルで、ゲバラがかっこよく描かれて嬉しかったです。

 カストロとの別れのシーンや、最期のシーンでは、ゲバラの気持ちが伝わってきて
涙が出てきました。

 ゲバラに詳しい人も、あまり知らない人も、どちらも楽しめると思います。

レビュー
チェ・ゲバラさんの伝記漫画。

難点が一つありまして、
実は外国の漫画として出版(書き手は日本人の方)したものを、逆輸入したものです。
したがって、日本の漫画とは違って、ページの流れが逆の「左から右」です。
ですから、慣れるまで読みにくいです。

しかし、ここまで劇的な人生を送った人もいません。
未だに、キューバはアメリカとは一線を画して独立していますが
ここまでの革命家ーしかもドラマチックな歴史があったからこそでしょう。
本当にかっこいいですわ。そして、泣けるのです。
自分が自分であるために、多くのものを捨てさった。
しかし、自分の為にたくさんの人々を幸せの可能性を捨てないで、生きた男。

まさしく、永遠の青春。

レビュー
ゲバラのルックスに憧れ、彼の生き方を知りたくなった人の入門書。
レビュー
漫画でチェ・ゲバラの人生を学べます。
内容も普通に読んでも面白かったです。
なんだかこの人、すごく格好いいんだもん

チェゲバラのおすすめ本・書籍マンガ偉人伝 チェ・ゲバラ (光文社知恵の森文庫)を読みたい方はこちら↓

レビュー・口コミの詳細を見る

『マンガ偉人伝 チェ・ゲバラ (光文社知恵の森文庫)』を読む

3位. チェゲバラのおすすめ本・書籍│『チェ・ゲバラ。10分で知る革命の英雄。なぜ人々は彼に憧れるのか?10分で読めるシリーズ』

チェゲバラのおすすめ本・書籍チェ・ゲバラ。10分で知る革命の英雄。なぜ人々は彼に憧れるのか?10分で読めるシリーズを読みたい方はこちら↓

レビュー・口コミの詳細を見る

『チェ・ゲバラ。10分で知る革命の英雄。なぜ人々は彼に憧れるのか?10分で読めるシリーズ』を読む

スポンサーリンク

4位. チェゲバラのおすすめ本・書籍│『チェ・ゲバラの遥かな旅 (集英社文庫)』

チェゲバラのおすすめ本・書籍チェ・ゲバラの遥かな旅 (集英社文庫)を読みたい方はこちら↓

レビュー・口コミの詳細を見る

『チェ・ゲバラの遥かな旅 (集英社文庫)』を読む

5位. チェゲバラのおすすめ本・書籍│『カストロとゲバラ(インターナショナル新書) (集英社インターナショナル)』

チェゲバラのおすすめ本・書籍レビュー│『カストロとゲバラ(インターナショナル新書) (集英社インターナショナル)』

レビュー
この本を読んで感じるのは、ブエナヴィスタソシアルクラブと古いアメ車のこと以外、
キューバについて何も知らなかった、ということです。
キューバは相当の独裁国家だと思っていましたが、どうやら勘違いだったようです。
もちろん物質的には豊かではないようですが、医療や教育が無料で、
カストロをはじめとする政治家さえも民衆と同じく配給の列に並ぶ、
というのは、本当に驚きでした。
あれだけの近距離でアメリカと対峙して、信念を曲げなかったというのも、すごいです。
いつもアメリカや西側の視点でしか見ていないので、この本に描かれたことは新鮮です。
もちろん、「アメリカの正義」を鵜呑みにするほどウブではありませんでしたが。
ゲバラは広島に来ていたんですね。
カストロやゲバラを描いた映画などもたくさんあるようなので、いろいろ観てみるつもりです。
レビュー
カストロとゲバラに焦点を当てつつ、キューバの革命史を前史から現在まで描ききった力作である。
 一貫してキューバ側の視点に立ち、アメリカやソ連には徹底した批判を加えていく。なかでもアメリカについては、いかに卑劣で悪辣なことをつづけてきたかがよくわかる。ただし、悪いのは政府や経済界であり、一般のアメリカ市民はむしろ親キューバ的であったというのがおもしろい。
 ケネディ暗殺の背後にもキューバをめぐる闇がからんでいたとする説まで!
 ただ、全体としてキューバやカストロを理想的に描きすぎ、いささか不安を覚えなくもない。
 なお、集英社インターナショナル新書では、『ロシア革命史入門』につづく第2作となるが、いずれも「革命」を従来とは異なった視点から、新たに明らかになった事実にもとづいて書いており、学ばされるところが多かった。
レビュー
読み応えのある1冊。キューバに行ってみて、教育や医療などを含めた福祉政策をこの目で確かめたくなります。
エボラ出血熱の流行のときに「世界最大の医師団」を派遣するという人道的な貢献には、著書が言うとおり、「チェ・ゲバラ」の精神が反映されていると思う。
キューバのような貧しい国が同じように苦しむ貧しい国を助ける、という夢物語のようなことが現実に起こったのはやはりすごいことだと思います。
カストロ亡き今、その遺志を継ぐのは、日本人であってほしい……。
レビュー
図書館からかりました。
読めば10才若返ること受け合い!!
経典である

チェゲバラのおすすめ本・書籍カストロとゲバラ(インターナショナル新書) (集英社インターナショナル)を読みたい方はこちら↓

レビュー・口コミの詳細を見る

『カストロとゲバラ(インターナショナル新書) (集英社インターナショナル)』を読む

スポンサーリンク

6位. チェゲバラのおすすめ本・書籍│『ゲバラ漂流 ポーラースター2【電子特典付き】 (文春文庫)』

チェゲバラのおすすめ本・書籍レビュー│『ゲバラ漂流 ポーラースター2【電子特典付き】 (文春文庫)』

レビュー
中古を購入したが、状態は申し分なかった。内容も面白く、総合して満足である。
レビュー
中南米の16世紀から始まるスペインの征服と圧政、その後のアメリカを中心とした一部の国の利権に振り回され、搾取される人々。
これは本当なのかと歴史に理解のないわたしは目を疑いました。
創作なのか?と。
このそれぞれの国の成り立ちと苦悩を知らずしてゲバラの理想は理解できません。
全ての中南米の人々が幸せになること。

この強い思いを積み上げていく青春のものがたり。
フェデルとゲバラが出会う巻が待ち遠しい。

レビュー
全てを書かれてしまいました。
私が、いつか漫画にしようとしていたことの全てを。
脱帽です。
敬礼です。
とにかく皆様読んで下さい。
参考文献の量たるや、人間がこんなにも
たくさんの本を読めるんかい!
というレベルです。

チェゲバラのおすすめ本・書籍ゲバラ漂流 ポーラースター2【電子特典付き】 (文春文庫)を読みたい方はこちら↓

レビュー・口コミの詳細を見る

『ゲバラ漂流 ポーラースター2【電子特典付き】 (文春文庫)』を読む

7位. チェゲバラのおすすめ本・書籍│『ゲバラ覚醒 ポーラースター1【電子特典付き】 (文春文庫)』

チェゲバラのおすすめ本・書籍レビュー│『ゲバラ覚醒 ポーラースター1【電子特典付き】 (文春文庫)』

レビュー
この物語には「詩」がある。革命家としてのゲバラではなく「詩人」としての
ゲバラの実像が描かれる。
改めて、彼はロマンチストだったのだと実感した。
お勧めの一冊です。
レビュー
 「チームパチスタ」に始まる一連の、ほとんど自己増殖的に話が拡がっていくシリーズで知られる著者による、革命家ゲバラを題材にしたフィクション。「チームパチスタ」シリーズでも手術やその周辺など詳細な細部を描く現実性と、妙に医者の数が少なそうな大学病院の描写などの物語の邪魔になる部分を容赦なく切り捨てて虚構に徹する潔さ・大胆なメリハリの付け方に感心したが、本作も史実を追うようでいて実は全く虚構というところのメリハリがきいている。本作で亡くなる重要登場人物について調べてみたら、史実では天寿を全うしていた。そのことを知ってほっとしてしまった。考えて見たらゲバラの日記や伝記は山ほど出版されているので、今更著者がそれをなぞるはずがない。そもそも著者はAI(CTスキャンによる死後の検索)を自らの小説の力で世の中に普及させてしまうほどの戦略家なので。いまのところ年に1冊のペースで発刊されている本作(大家の風格だ)において、どのような「ゲバラ」を生み出すのが堪能させていただこうというところ。
レビュー
キューバ革命のリーダーだということのほかには、星の印の付いたベレー帽をかぶったイラストが私にとってのゲバラだった。ベストセラー作家がゲバラを描いた4部作の1作目だという。
喘息の発作で「まだ早いよ」と死神に嫌われた幼いゲバラが、ベッド際で両手を組み合わせていた母に、自分のために神に祈っていたのかと聞いた息子に、否と。さらに、どうして神を信じないのかと問うた息子に母は答える。「神様を信じないのではなくて、神さまなんていないと思っているだけ。もしも神さまがいるのなら、世の中に不幸せの人がいるはずがないでしょう?」それでも、母は何かに祈っていたのだ。
啓示的な物語が時間を行き来しながら語られる。まだ100ページをすこし超えたところだが、この本は450ページしかない。もう4分の1を超えているじゃあないか。なんと惜しむ時間の短いことか。オレンジ色の表紙の本に魅せられている。こんなに、続きを早く読みたいと思ったことは、このところついぞなかった。
レビュー
海堂尊の ゲバラ覚醒 ゲバラ漂流 フィデル誕生 を読み深い感動を覚えた。作者の世界観人生観に深く感銘する。物語は実に良く作られている。海外の人物、出来事を描いた小説でこんなにも生き生きとして、面白い小説を、この超高年齢で桁違いの読書家を自認する私も今まで読んだことがない。世界中の特に若い人達に是非読ませたい。

チェゲバラのおすすめ本・書籍ゲバラ覚醒 ポーラースター1【電子特典付き】 (文春文庫)を読みたい方はこちら↓

レビュー・口コミの詳細を見る

『ゲバラ覚醒 ポーラースター1【電子特典付き】 (文春文庫)』を読む

チェゲバラのおすすめ本・書籍ランキング│まとめ

『チェゲバラのおすすめ本・書籍ランキング』いかがでしたでしょうか?

ぜひ、気になったチェゲバラの本・書籍を読んで、あなたの実生活に役立ててみてくださいね!

ぴんと
さいごまで読んでいただき、ありがとうございました!
【Amazon】本を無料で読む方法!

 本を読むときは『Audible』の
『30日間無料体験』がおすすめです!

ライトノベル・小説・ビジネス書など、
400,000冊以上の本が聴き放題!

ぴんと
毎日の料理やジョギング、通勤中など、いつでもどこでも好きな時に聴けるので、1日1冊ラクに本が読めちゃう!
ぴんこ
再生した後でも何回も交換OKだから、
実質無料の「聴き放題サービス」ね!

また、あのメンタリストDaiGoさんも
本を聴くことで1日に3冊は読めるとおすすめしています!

読書やPC作業で目が疲れたときもインプットが続けられますし、移動時間も無駄にならない。

通勤に時間がかかる人なら、少なくても1日1冊分は聴けるんじゃないでしょうか。

テキストをフラットに聴くことにより、文章や論理の構造まできれいに頭に入るので、本がまるごと頭の中に入るような喜びが体感できます。

それによって話すことがうまくなり、言葉も出てきやすくなるので、本を耳で聴くのはおすすめですよ。

引用:なぜDaiGoは「目より耳」で本を読むのか

さらに、人気俳優・声優のボイスが、
本の魅力をさらに引き出しているので、
スキマ時間を有効活用したい人は、この機会をお見逃しなく! 

 
\忙しいあなたも、耳は意外とヒマしてる!/

小説 ビジネス書 ラノベ
40万冊を無料体験で聴く!

スポンサーリンク
スポンサーリンク