【2021年】橋本紡のおすすめ作品・書籍ランキング7冊!年400冊読む書評ブロガーが紹介!

こんちわ、柿田ぴんとです!

今回は、橋本紡のおすすめ作品・書籍ランキング7冊を、高評価レビューも加えてご紹介します!

\30日間 無料体験中!/
小説 ビジネス書 ライトノベル
40万冊を「無料体験」で聴く

1位. 橋本紡のおすすめ作品・書籍│『葉桜 (集英社文庫)』

橋本紡のおすすめ作品・書籍レビュー│『葉桜 (集英社文庫)』

レビュー
「リバースエンド」の頃から橋本紡作品が好きで読んでいます。
橋本紡らしく、今回の作品も特別大きな出来事が起こるわけでもありません。
ただ、ちょっとした日常を描く空気感が橋本紡らしく、心理描写が見事に描かれていました。
個人的には結構好きです。
レビュー
書道教室に通っている主人公は、書道の先生に片想い。
書を通して、想いを募らせていく様子がよく伝わってきます。
とても丁寧に少女の気持ちが描かれています。
そして、彼女の周囲の人たちの揺れや葛藤も。
誰かの日常を切り取ったかのような、それぞれの揺らぎのある物語。
近づきすぎず、それぞれがそれぞれの人生に踏み込まない心地よさ。
レビュー
橋本さんらしさが良く出たストーリー。

結果を期待せず、紡ぎ出されるコトバにこそ、橋本さんらしい美しさがにじみ出ています。

どこか悲しいけれど、読み終わるとすがすがしく感じる、そんなストーリーです。

1つ1つのちょっとした言葉の言い回しや、空気感の出し方がとても好きで読む橋本作品ですが、今回も期待を裏切らないものでした。

これから読まれる方には個人的に、物語の結論よりも文章の紡ぎ方を読んで欲しい一冊。

橋本紡のおすすめ作品・書籍葉桜 (集英社文庫)を読みたい方はこちら↓

レビュー・口コミの詳細を見る

『葉桜 (集英社文庫)』を読む

スポンサーリンク

2位. 橋本紡のおすすめ作品・書籍│『九つの、物語 (集英社文庫)』

橋本紡のおすすめ作品・書籍レビュー│『九つの、物語 (集英社文庫)』

レビュー
大好きな本が増えました。
主人公の人柄も、設定も素敵です。
橋本紡さんの本は、なんだかほんわり、優しくなれます。
レビュー
他にいくらでも特筆すべきことはあるのだろうが、自分にとってはこの一言に尽きた。軟派な兄も、硬派な妹も、若いのに経験豊富で…これが普通なのかなぁ。分からない…。でも分からないからこそ、分かる部分がちらほら有ったときは嬉しかった。兄の妹を想う気持ちとか。
そういえば冒頭、妹目線から見た兄の、妙にセクシャルな描写にどぎまぎした。でもその後の兄妹愛はむしろほっこりとした微笑ましいものだった。今振り返るとズルい導入だったように思う。
レビュー
話の中身は、割とベタです。まあ、ありふれた設定と言ってしまっても良いと思います。この類いの話としては。
それでも、妹は可愛いし、兄貴はおちゃらけのようで妹思いだし、脇の人物もそこそこ。良く出来ているなあ、と思います。
書きようによっては、もっとドロドロした話にいくらでもできそうな要素満載なんですが、さらっとライトに仕上がっています。ドロドロを妄想してみるのも、また楽しいけれど。
ごー読あれ。
レビュー
 文章のくだりに、場面の構成にすばらしさを感じた。九つの物語を読んでいる時間が穏やかで温かいものでした。

橋本紡のおすすめ作品・書籍九つの、物語 (集英社文庫)を読みたい方はこちら↓

レビュー・口コミの詳細を見る

『九つの、物語 (集英社文庫)』を読む

3位. 橋本紡のおすすめ作品・書籍│『流れ星が消えないうちに (新潮文庫)』

橋本紡のおすすめ作品・書籍レビュー│『流れ星が消えないうちに (新潮文庫)』

レビュー
青春時代の切なさと
大切な人を失った心の内、心の叫び、苦しみ……
丁寧に表現されていると思います。
それに寄り添う彼の立場、そうであってほいしという読者側からの思いも、とても理解され書かれていると思います。
レビュー
悲しいわけでなく、楽しいわけでなく。

人が生きていくのってこういうものなのかもしれないなぁ・・・。

と、なんだか感慨深く読ませていただきました。

この本のタイトルの破壊力は内容を読み進めていくうちに強まり、あるシーンを終えて本を閉じた時に目に入ってきた時には、なんだかこそばゆい切なさをじんわりとくれました。

登場人物たちも、もしかしたら隣に住んでいるかも、と思えるような方々ばかりで、物語というにはあまりにも普通。

だからこそ浸ることが出来るのかもしれません。時間や空間を忘れて、ただただ本に集中している自分がいました。

レビュー
流石は、橋本紡先生の作品!って思う作品だと思います。

『半分の月がのぼる空』と被る部分も感じてしまい泣いてしまいました。

『半分の月』ファンは間違いなくツボに来ると思いますよ!

お薦めの作品です♪(#^.^#)

レビュー
死者を交えた三角関係。親友を亡くした巧と、彼を亡くした奈緒子。加持の死後付き合いだした二人。何をするにも加持のことを考えてしまう二人がやがて加持の存在を抱えながらも前に向かって歩き出すまでのストーリーですが、過去の回想と心理描写がとても上手くて、気が付けば登場人物たちが僕の頭の中で動いていました。素敵な物語です。

橋本紡のおすすめ作品・書籍流れ星が消えないうちに (新潮文庫)を読みたい方はこちら↓

レビュー・口コミの詳細を見る

『流れ星が消えないうちに (新潮文庫)』を読む

スポンサーリンク

4位. 橋本紡のおすすめ作品・書籍│『半分の月がのぼる空(電撃文庫) 文庫 全8巻 完結セット (電撃文庫)』

橋本紡のおすすめ作品・書籍レビュー│『半分の月がのぼる空(電撃文庫) 文庫 全8巻 完結セット (電撃文庫)』

レビュー
本編である6巻まで読んで感動したのでコメントさせていただきます。
この『半分の月がのぼる空』は作者である橋本紡さんが後書きでよく書かれているとおり、「普通の男の子と女の子の話」です。しかし、今まで読んできたライトノベルの中で最も感動した作品の一つであることに違いありません。
この作品のすごいなぁと思うところはその心情描写だと思います。若者のもつ心理、そしてそれを大人の視点から見た心理、かつて青春を過ごした一人の大人の心理、そうした心の機微が丁寧に描かれています。ある意味、私たちが生きていく上では「普通」にもっていく日常を描いているとも言えます。しかしだからこそ、この作品はライトノベルでありながらも幅広い読者層の方が深く感情移入ができて、泣けるのではと読んでいてしみじみと実感しました。ありふれた日常の大切さと曖昧模糊とした将来を考えることがどういうことか。分かっているようでなかなか分かってない大切なことを私たちに気づかせてくれる素晴らしい作品です。
長文失礼しましたm(__)m。
レビュー
子どもっぽい話かなと思っていましたが、橋本紡さんの本はやっぱり素敵です。
レビュー
やっぱり名作ですよ!!何度読んでも泣けるし心がじんわりと温まります!
レビュー
写真の通りの状態で、とても綺麗でした。満足です。

橋本紡のおすすめ作品・書籍半分の月がのぼる空(電撃文庫) 文庫 全8巻 完結セット (電撃文庫)を読みたい方はこちら↓

レビュー・口コミの詳細を見る

『半分の月がのぼる空(電撃文庫) 文庫 全8巻 完結セット (電撃文庫)』を読む

5位. 橋本紡のおすすめ作品・書籍│『ふれられるよ今は、君のことを』

橋本紡のおすすめ作品・書籍ふれられるよ今は、君のことをを読みたい方はこちら↓

レビュー・口コミの詳細を見る

『ふれられるよ今は、君のことを』を読む

スポンサーリンク

6位. 橋本紡のおすすめ作品・書籍│『イルミネーション・キス (双葉文庫)』

橋本紡のおすすめ作品・書籍レビュー│『イルミネーション・キス (双葉文庫)』

レビュー
キスにまつわるアンソロジーです。
どれも秀逸でした。
最初と表題のお話が特によかったです。
レビュー
短編集ですが、とても素敵で心がホッとする話ばかりでした。
レビュー
キスで人とのつながりを描いた5編の作品集。
私が一番好きなのはパストデイズキス。
駆け出しの売れないデザイナーのノブ君がひとつ年上の後藤さんに告白した言葉。とても素敵で何度も読み返してしまいます。
そしてその後同棲して6年がたち、二人の間に
良いことも悪いこともあって、喧嘩もするけれど、ノブ君は何があっても最初の告白の言葉通り
後藤さんを大切にしている。
心がとても暖かくなるお話しです。
表題のイルミネーションキスやハウスハズバンドキスもとても優しい気持ちになれるお話です。
この3話なら星5つなのですが
フレンズキスとガールズキスだけは共感できず、
星は4つです。
レビュー
キスにまつわるお話が五つ収録された短編集です。 女性の語り部が多いのも特徴のひとつでしょうか。
どのお話も優しく柔らかい雰囲気に包まれていますが、描かれているのは綺麗なことだけではありません。
それでも、これはファンタジーな世界の話なんだと思います。
理不尽だと思うこと、嫌なこと、様々なことに折り合いをつけていく姿は一見リアルに感じますが、
それでも彼、彼女たちの胸はささやかな、そして確かな充足感に満ちています。
それを持っている人は果たしてどれくらいいるのだろうか。おそらく皆が焦がれてやまないものなんでしょう。
だからこそ、癒されます。

個人的には表題作のイルミネーション・キスとハウスハズバンド・キスがお気に入りです。
著者のファンの方なら気に入ること間違いなしです。

橋本紡のおすすめ作品・書籍イルミネーション・キス (双葉文庫)を読みたい方はこちら↓

レビュー・口コミの詳細を見る

『イルミネーション・キス (双葉文庫)』を読む

7位. 橋本紡のおすすめ作品・書籍│『ひかりをすくう』

橋本紡のおすすめ作品・書籍レビュー│『ひかりをすくう』

レビュー
いつもながら、本当に橋本紡さんの本は心が温まります。
もっともっと読みたいです。
レビュー
内容はすごく好きです!
読み口もアッサリしていて読みやすい!
私はもう少し深い作品が好きでしたが
こーゆうのもありかなぁと思いました。
レビュー
精神的に追い詰められてパニック障害を患った主人公が
恋人と共に仕事を辞めて田舎で暮らす話です。
こんなことできりゃ苦労しないとか思わないでもないけど、
智子の葛藤には素直に共感出来ました。
また、何気ない日常が柔らかく丁寧に描かれていて、心に沁みてきて私も頑張ろう、と思えました。
レビュー
東京でバリバリのグラフィックデザイナーとして働く智子。
好きなことを仕事として成功し、全速力で走ってきた。
が、ある日突然発作が起きて倒れてしまう。偶然居合わせた同僚哲と共に診察を受ける。
診断はパニック障害。哲の助けを借り、投薬治療しながら何とか仕事を続けるもすぐに限界が訪れ、仕事を辞め、哲と共に田舎に移り住む。

特別なことは何も無い毎日のなかで、自分と向き合い、押し込めていた感情を爆発させ、少しづつ智子は自分を取り戻していく。
ゆっくりと流れる時間の中で、いつでも始めることが出来るというメッセージが、読む者に希望を与えます。

哲ちゃんの作る料理がとても食べたくなりました。

本書はYAに分類されていますが、疲れ気味の大人に是非読んで欲しい1冊です。

橋本紡のおすすめ作品・書籍ひかりをすくうを読みたい方はこちら↓

レビュー・口コミの詳細を見る

『ひかりをすくう』を読む

橋本紡のおすすめ作品・書籍ランキング│まとめ

『橋本紡のおすすめ作品・書籍ランキング』いかがでしたでしょうか?

ぜひ、気になった橋本紡の作品・書籍を読んで、あなたの実生活に役立ててみてくださいね!

ぴんと
さいごまで読んでいただき、ありがとうございました!
【Amazon】本を無料で読む方法!

 本を読むときは『Audible』の
『30日間無料体験』がおすすめです!

ライトノベル・小説・ビジネス書など、
400,000冊以上の本が聴き放題!

ぴんと
毎日の料理やジョギング、通勤中など、いつでもどこでも好きな時に聴けるので、1日1冊ラクに本が読めちゃう!
ぴんこ
再生した後でも何回も交換OKだから、
実質無料の「聴き放題サービス」ね!

また、あのメンタリストDaiGoさんも
本を聴くことで1日に3冊は読めるとおすすめしています!

読書やPC作業で目が疲れたときもインプットが続けられますし、移動時間も無駄にならない。

通勤に時間がかかる人なら、少なくても1日1冊分は聴けるんじゃないでしょうか。

テキストをフラットに聴くことにより、文章や論理の構造まできれいに頭に入るので、本がまるごと頭の中に入るような喜びが体感できます。

それによって話すことがうまくなり、言葉も出てきやすくなるので、本を耳で聴くのはおすすめですよ。

引用:なぜDaiGoは「目より耳」で本を読むのか

さらに、人気俳優・声優のボイスが、
本の魅力をさらに引き出しているので、
スキマ時間を有効活用したい人は、この機会をお見逃しなく! 

 
\忙しいあなたも、耳は意外とヒマしてる!/

小説 ビジネス書 ラノベ
40万冊を無料体験で聴く!

スポンサーリンク
スポンサーリンク