【2020年】プールのおすすめ絵本ランキング5冊!年400冊読む書評ブロガーが紹介!

こんちわ、柿田ぴんとです!

今回は、プールのおすすめ絵本ランキング5冊を、高評価レビューも加えてご紹介します!

\30日間 無料体験中!/
小説 ビジネス書 ライトノベル
40万冊を「無料体験」で聴く

1位. プールのおすすめ絵本│『すいかのプール』

プールのおすすめ絵本レビュー│『すいかのプール』

レビュー
 横半分に切ったすいかを大きなプールに見立てた絵本。
 はしごを掛けて、上っていって、真っ赤な果肉に入ります。なんの不思議もないかのように、夏だな、すいかのプールだなって展開していく力がすごいです。
 みんなで、果肉をサクサクサク踏みながら遊びます。やがて果肉はジュースになって、あら、快適。
 夏は、プールだし、夏はすいかだし。この二つを一度に楽しめてしまう。素晴らしい!
 この想像力とユーモアに脱帽。
レビュー
真っ二つに割れた巨大なスイカが登場! 赤い果肉の中に浸ったり、
ピチャピチャ歩いたり、固めて何かを作ってみたりと、体全体で
スイカを味わいつくせる作品です。確かに巨大なスイカが
あったらこのような楽しみ方もできるでしょうね。

花見に行くような感覚でスイカのプールへと向かう家族や子供たち。
当たり前のごとく巨大なスイカが存在しているという世界観で、
空想と現実の垣根を、自然にスルーさせてしまう展開も見事です。

食べ物としてではなくプールという扱いも徹底していて、
スイカを実際に口にするシーンはいっさい描かれていません。
それでも読後はスイカを味わった気分で満たされちゃいました。

プールのおすすめ絵本すいかのプールを読みたい方はこちら↓

『すいかのプール』を読む

スポンサーリンク

2位. プールのおすすめ絵本│『あしたプールだ がんばるぞ (くりのきえんのおともだち 10)』

プールのおすすめ絵本レビュー│『あしたプールだ がんばるぞ (くりのきえんのおともだち 10)』

レビュー
私も子供のときには水に浸かるのが怖かったし

泳ぐなんて絶対出来ないと思ってた…

プールの時間をどうやってずる休みしようか

いつも考えあぐねてたし…

この本は、そんな“不安な気持ち”が

“もしかしてできるかも・・・”って思えちゃう不思議な絵本☆

プールを、特に理由なく怖がってるおチビちゃんたちに

絶対に見せたい絵本だと思っています。

私も、子供のときにこの絵本を読んでいたら

きっと、もっとプールの時間が楽しかったんだろうな〜

って、ちょっと悔しく思います(^^;

プールのおすすめ絵本あしたプールだ がんばるぞ (くりのきえんのおともだち 10)を読みたい方はこちら↓

『あしたプールだ がんばるぞ (くりのきえんのおともだち 10)』を読む

3位. プールのおすすめ絵本│『つるつるプール (PHPにこにこえほん)』

プールのおすすめ絵本つるつるプール (PHPにこにこえほん)を読みたい方はこちら↓

『つるつるプール (PHPにこにこえほん)』を読む

スポンサーリンク

4位. プールのおすすめ絵本│『3びきのヤギのブルーセ プールでおおさわぎ』

プールのおすすめ絵本レビュー│『3びきのヤギのブルーセ プールでおおさわぎ』

レビュー
絵がとてもカラフルでカワイイ。とてもカワイイ。表紙のキャラ達は大したことないが、中を開けると、なんとミッキーマウスやミニーマウスも友情出演してくれている。日本人には描けないキャラと色彩の感覚。さすがノルウェー。キャラの魅力にマジでハマります!現代版がらがらどん。作者のビョーン氏も「本を声に出して読み、絵について話し、楽しんでください!」と、あとがきに書いているので、お父さん、お母さん、お子様と一緒にぜひ語り合ってください。おすすめです。
ところで、「三びきのやぎのがらがらどん」という絵本を子供の頃に読んだが、最近になって、実はこの話はノルウェーに伝わる昔話で、タイトルの「がらがらどん」の部分は原題のヤギの名前である「Bruse(ノルウェー語で「うなり声」という意味)」部分を固有名詞なので訳さない(ブルーセ)か、擬音風に意訳したか(がらがらどん)の違いであるという事実を知った。子供心に「がらがらどんって変な名前だな」って思っていたが、この「3びきのヤギのブルーセプールでおおさわぎ」を読んで、「ブルーセの方がしっくりくるよ」って思った。
レビュー
色合いがポップで、ヘタウマな感じの絵もとても面白いです。
娘(4歳)は、ミッキーやミニー、三匹の子豚がいるのをすぐに見つけて面白がっていました。
がらがらどんのお話を先に知っている方が(そしてノルウェーのワッフルやトロルを知っている方が)より楽しめる感じですが、知らなくても面白いポイントはたくさんあります。
子供には少し字が小さいかな?と思いましたが、娘はまったく気にしていない様子でした。
届いてから毎晩読んで、今ではほぼ暗記しており、たまに一人でしゃべってます。
読んであげるときはセリフの掛け合いしながら楽しんでいます。
訳文のリズムもいいのかな、と思います。
続編が出たらいいなあと期待しています。
レビュー
これは絶対に絵本を作る側が楽しんじゃってるでしょうね。
ペンに色鉛筆に絵の具など色々な画材を気ままに使って、
描いたものを切ったり貼ったり組合せたり。フリースタイルな
線と色が画面の隅々まで乱舞しまくってます。画材店を
貸し切りにして、絵の好きな子どもが自由に遊んでたら
できた絵。と言われても素直に納得してしまうレベルです!
線がハミ出ようとも、形が歪もうとも、全てが味になってる。
絵を描くときに、通常は失敗とされるものが、ここには
全く存在しないのだな。そんな楽しさと開放感がページを
めくる度に伝わってきました。

ストーリー展開は「三匹のヤギのがらがらどん」をベースに
しているので分かりやすく、絵が絵なので、恐ろしいトロルが
登場しても安心して見ていられました。

お店の看板などの文字を、ちゃんと絵のタッチに
馴染ませて日本語に置き換えた技も見事。

レビュー
三匹のヤギのお話は古いノルウェーの民話の現代版だそうです。
私は元の「ガラガラドン」
の絵本より
この絵本が心に残りました❗️

絵がすごい!
子供のいたずら書きのようなチャーミングな絵。
絶対、子供達は自分も描きたくなって、
描くことでしょう!

お話も、子供の好きなプールとそこにある滑り台の話で、
とても身近で、
子供たちはすぐにその世界に入り込
んでしまうでしょう!

三匹のヤギ、大、中、小、
子供は「自分はこのサイズのヤギだな!」と思うでしょう。
ウサギなど他のキャラも最高です。

「またね〜トロルちゃん!」と言う結末も、優しくて素敵だな〜と思いました。
怖いトロルは、きっと、誰の中にもいて、
時々に出会うのだから。。。

み〜んな大好きになれる絵本だと思います♪
オススメします。

プールのおすすめ絵本3びきのヤギのブルーセ プールでおおさわぎを読みたい方はこちら↓

『3びきのヤギのブルーセ プールでおおさわぎ』を読む

5位. プールのおすすめ絵本│『たなばたプールびらき (ピーマン村の絵本たち)』

プールのおすすめ絵本レビュー│『たなばたプールびらき (ピーマン村の絵本たち)』

レビュー
七夕の話ってけっこう小さい子どもには難しい内容ですよね。
この絵本は通常の七夕のストーリーは出てこないけれど、七夕がとても楽しいものに感じます。しかも、この時期プールにも入るので、子ども達が共感できるのではないでしょうか。また、別売りの『ピーマン村体操CDブック』には『たなばたプールびらき』の体操があるので、プールの前にその体操をすると、一層盛り上がること間違いなし。
レビュー
この絵本を読んだ後に短冊を書いた幼稚園の子どもたち。「おりひめにあいたい」きっと絵本と同じように流れ星が迎えに来てくれると信じています。おりひめ、ひこぼしと一緒に天の川を泳ぐなんて!しかもちゃっかりそれをプール開きにしちゃうなんて!!園長先生の面白さに子どもたちも大満足の一冊です。
レビュー
ピーマン村シリーズは大体みんな実生活に基づいた話なのかなと思っていたら、
この作品はかなりのファンタジーでした。
現実とはかけ離れた夢のような世界を描いています。

「七夕とはこういう行事だよと教えたい」「伝統的な七夕を見せたい」という方には不向きです。
七夕をモチーフにしていますが、ほんと、「モチーフ」というだけ。

織り姫と彦星が望遠鏡を覗きながら星を見ていたら、地球の日本の子どもたちが書いた短冊を発見。
そして織り姫と彦星がよこした流れ星に乗って、園児と先生が天の川へ。
なんと天の川でプール開き、体操、水泳、シンクロナイズドスイミングをしちゃうというお話。
ぶっ飛んでます(笑)
大人は展開の早さとふり幅の大きさに若干戸惑いますが、でも子どもはこのぶっ飛び方でもついてくるからすごいです。
子どもは自由でいいなあ、そんなことを改めて思い知らされます。

プールのおすすめ絵本たなばたプールびらき (ピーマン村の絵本たち)を読みたい方はこちら↓

『たなばたプールびらき (ピーマン村の絵本たち)』を読む

スポンサーリンク

プールのおすすめ絵本ランキング│まとめ

『プールのおすすめ絵本ランキング』いかがでしたでしょうか?

ぜひ、気になったプールの絵本を読んで、あなたの実生活に役立ててみてくださいね!

ぴんと
さいごまで読んでいただき、ありがとうございました!
【Amazon】本を無料で読む方法!

 本を読むときは『Audible』の
『30日間無料体験』がおすすめです!

ライトノベル・小説・ビジネス書など、
400,000冊以上の本が聴き放題!

ぴんと
毎日の料理やジョギング、通勤中など、いつでもどこでも好きな時に聴けるので、1日1冊ラクに本が読めちゃう!
ぴんこ
再生した後でも何回も交換OKだから、
実質無料の「聴き放題サービス」ね!

また、あのメンタリストDaiGoさんも
本を聴くことで1日に3冊は読めるとおすすめしています!

読書やPC作業で目が疲れたときもインプットが続けられますし、移動時間も無駄にならない。

通勤に時間がかかる人なら、少なくても1日1冊分は聴けるんじゃないでしょうか。

テキストをフラットに聴くことにより、文章や論理の構造まできれいに頭に入るので、本がまるごと頭の中に入るような喜びが体感できます。

それによって話すことがうまくなり、言葉も出てきやすくなるので、本を耳で聴くのはおすすめですよ。

引用:なぜDaiGoは「目より耳」で本を読むのか

さらに、人気俳優・声優のボイスが、
本の魅力をさらに引き出しているので、
スキマ時間を有効活用したい人は、この機会をお見逃しなく! 

 
\忙しいあなたも、耳は意外とヒマしてる!/

小説 ビジネス書 ラノベ
40万冊を無料体験で聴く!

スポンサーリンク
スポンサーリンク