【2020年】シンギュラリティのおすすめ本ランキング7冊!年400冊読む書評ブロガーが紹介!

こんちわ、柿田ぴんとです!

今回は、シンギュラリティのおすすめ本ランキング7冊を、高評価レビューも加えてご紹介します!

目次

\30日間 無料体験中!/
小説 ビジネス書 ライトノベル
40万冊を「無料体験」で聴く

1位. シンギュラリティのおすすめ本│『『エクサスケールの衝撃』抜粋版 プレ・シンギュラリティ 人工知能とスパコンによる社会的特異点が迫る』

シンギュラリティのおすすめ本レビュー│『『エクサスケールの衝撃』抜粋版 プレ・シンギュラリティ 人工知能とスパコンによる社会的特異点が迫る』

レビュー
スーパコンピュータに興味を持っているのですが、エクサスケールの計算能力は単に問題が早く解けるというだけということではなく、
大きく未来を変える力なのだということがわかりました。

いろいろ考えさせられる内容でした。

また、初心者でもわかりやすく書かれていたので、とても良かったと思います。

レビュー
読み物としても面白い。
こんな世界になって行くのでしょうか?
寿命が伸びるのは良いことなのかわかりませんが、未来がわくわくします。
レビュー
面白かったです!ちょっとロジックによりすぎて、人間の心が本当についていけるかなどは心配ですが、面白く興味深い本でした。

シンギュラリティのおすすめ本『エクサスケールの衝撃』抜粋版 プレ・シンギュラリティ 人工知能とスパコンによる社会的特異点が迫るを読みたい方はこちら↓

『『エクサスケールの衝撃』抜粋版 プレ・シンギュラリティ 人工知能とスパコンによる社会的特異点が迫る』を読む

スポンサーリンク

2位. シンギュラリティのおすすめ本│『シンギュラリティ時代の監査 (Intelligent Audit x Automation)』

シンギュラリティのおすすめ本レビュー│『シンギュラリティ時代の監査 (Intelligent Audit x Automation)』

レビュー
シンギュラリティと言った聞いたことはあるが詳しく知らない人が多い内容について分かり易く解説している。しかも監査の分野にフォーカスした書籍は珍しい。20年後といった未来について言及している点も未来を想像してワクワクさせてくれる。

シンギュラリティのおすすめ本シンギュラリティ時代の監査 (Intelligent Audit x Automation)を読みたい方はこちら↓

『シンギュラリティ時代の監査 (Intelligent Audit x Automation)』を読む

3位. シンギュラリティのおすすめ本│『シンギュラリティは近い [エッセンス版] 人類が生命を超越するとき』

シンギュラリティのおすすめ本レビュー│『シンギュラリティは近い [エッセンス版] 人類が生命を超越するとき』

レビュー
この書籍は新刊ではなく、ポスト・ヒューマンを編集したものです
ポスト・ヒューマン読んだ人は買わなくて良いです

読んでない人は、こっちのほうが読みやすいかもしれません。
原作は本当にハードルが高いので・・

レビュー
美麗な本書を送って頂き感謝。ただ翻訳が固いように思われる。例えば、意識について著者は、どう考えているのか、よく分からない。
レビュー
シンギュラリティの書籍は難しい言葉が使われてる書籍が多い中、流し読みしかしていませんでしたが、とてもわかりやすくまとめられており、読みやすかかったです。未来にワクワクしてきます。まずはこの1冊から読まれることをオススメします。

シンギュラリティのおすすめ本シンギュラリティは近い [エッセンス版] 人類が生命を超越するときを読みたい方はこちら↓

『シンギュラリティは近い [エッセンス版] 人類が生命を超越するとき』を読む

スポンサーリンク

4位. シンギュラリティのおすすめ本│『虚妄のAI神話 「シンギュラリティ」を葬り去る (ハヤカワ文庫NF)』

シンギュラリティのおすすめ本レビュー│『虚妄のAI神話 「シンギュラリティ」を葬り去る (ハヤカワ文庫NF)』

レビュー
本当に虚妄にすぎないのか?そうなって欲しくない願望から来るものでは?とやや疑っていたが、新井紀子さんの本をあわせて読んで納得。だが逆転されないにしても、今のままの働き方ではだめだろう。

シンギュラリティのおすすめ本虚妄のAI神話 「シンギュラリティ」を葬り去る (ハヤカワ文庫NF)を読みたい方はこちら↓

『虚妄のAI神話 「シンギュラリティ」を葬り去る (ハヤカワ文庫NF)』を読む

5位. シンギュラリティのおすすめ本│『シンギュラリティは近い―人類が生命を超越するとき』

シンギュラリティのおすすめ本レビュー│『シンギュラリティは近い―人類が生命を超越するとき』

レビュー
数年前に買いましたが、ここで得た知識、語彙は就活時に非常に役に立ちました。
AIなどを危険視する方も多いですが、これからは何が危険なのかさえ把握できなくなります。
この本から今のITに対する感覚を身に付けることをおすすめ致します。
レビュー
間もなく訪れるであろうシンギュラリティ!
近い未来にどんな変化が起こるのか、興味が尽きません。
レビュー
 レイ・カーツワイルによる未来本です。

 遺伝子工学(G)、ナノテクノロジー(N)、ロボット工学とAI(R)が加速度的に進歩し、あと20年経つととんでもない世の中になるようです。

 ある種、荒唐無稽なSFを読んでいるようですが、じっくり考えると、もしかして現実に起こるかも知れない!と思わせる愉快さがあります。

シンギュラリティのおすすめ本シンギュラリティは近い―人類が生命を超越するときを読みたい方はこちら↓

『シンギュラリティは近い―人類が生命を超越するとき』を読む

スポンサーリンク

6位. シンギュラリティのおすすめ本│『人工知能は人間を超えるか (角川EPUB選書)』

シンギュラリティのおすすめ本レビュー│『人工知能は人間を超えるか (角川EPUB選書)』

レビュー
断片的な記事による知識しかなかったので、今回読んで、多くを学べました。また、説明がとてもわかりやすかったです。

全部が理解できたわけではないし、今後の職業への不安も消えたわけではないけれど、分解して考えることによって、不安は小さく希望を大きくして生きていける、と思いました。

僕にできること、できていることはとても小さいけれど、”ZEROtoONE”を読んで学んだことが、生きていく基盤になりました。

この本も、これから何度も読み返していくうちに、基盤になっていくと思います。

僕にとっての”希望の書”です。

レビュー
ちょっと新しい有効な手段が開発されると、ワーッと祭り上げられる【人工知能】。
今回は『ディープ・ラーニング』の番だったw

過去の騒ぎについても書かれているので、人工知能って~ 響きはカッコイイが良く分からんなぁ~チョットかじっとくかな~という方に、オススメです。
高校生レベルの読解力があれば無理なく読めます。

読み終わって、なんだかよくわかんなかったら、、未だ遠い人工知能だったってことでw
取り敢えず理解したよって方は、本格的に勉強してみても?
適当なこと書いてナメやがって!もっとまともなの無いんかいぃと思った方は、ペンローズ辺りでも検索してそちらへ。
レビューでも、めっちゃムツカシイことを皆さん平気で論じておられます。
ムリムリ。ついていけないデス。

この本なら初心者向けですし。
ひやかしでも、まあ、読んでみて損はないかなと。

レビュー
今、言葉だけが独り歩きしているAIやディープラーニングを歴史的、項目的に解説してありとても楽しかったです。
あまり、細部に入りこんでしまうと、先に進めないかもしれませんが、エッセンスだけを読むと今の世の中に起こっていることがよく分かります。
AIが1つのブレークスルーを超えるといっきに進展していくことなどが良く分かりました。
また、これらが一つの企業に独占されてしまった場合の怖さなども最後に述べられいました。
予算の問題だけでなく、過剰な個人情報保護が日本における発展を妨げていることなども興味深い内容でした。
我々のような一般人が今後の社会変化を知るうえで助けになる一冊だとおもいます。

シンギュラリティのおすすめ本人工知能は人間を超えるか (角川EPUB選書)を読みたい方はこちら↓

『人工知能は人間を超えるか (角川EPUB選書)』を読む

7位. シンギュラリティのおすすめ本│『シンギュラリティ・トラップ (ハヤカワ文庫SF)』

シンギュラリティのおすすめ本レビュー│『シンギュラリティ・トラップ (ハヤカワ文庫SF)』

レビュー
 悲惨な状況や緊張の場面でもこの作者独特のユーモアがたっぷり振りまいてあり、最初から最後まで面白く読めた。AI時代のSfとしては十分合格点を与えられるものと思う。
 超光速など今の科学で実現への道のりが描けないものはほとんど出てこないのも好ましいが、クラークのような科学的ち密さには欠けている。コリオリの力の宇宙ステーション内エレベーターに対する影響など細部にも面白い点はあるものの、疑問を感じる部分もある。エネルギーを空間から取るというのがでてくるがなぜか後では太陽光エネルギーが必要になっている、人間をクロム化するスピードと惑星をクロム化するスピードが違いすぎるなど。こうしたどちらかと言えばオタク的な興味も掻き立てられる作品でもある。
レビュー
前半と後半で主人公のキャラクタが激変。後半は『火星の人』で取り残された主人公みたいに超ポジティブになってしまった。他の登場人物も皆いかにもって役割を演じるステレオタイプ。
よくあるハリウッドのSF映画っぽい展開とか、ラストの強引さとか不満はあるものの、ネタが出尽くした感もあるファーストコンタクト物のジャンルにおいて、最近話題の『三体』よりも納得性は高く新鮮だった。
ただあくまでライトなので、「幼年期の終わり」とか「ブラッド・ミュージック」のレベルを期待しちゃいけないけど。
レビュー
SFミリタリー好きの意見です。『われらはレギオン』の作者だという事で期待して購入。途中からは一気に読めた。ただしオススメ度では『われらはレギオン』のほうが上と思う。設定などもどこか似ているところがあると感じたが、私は楽しめた。おもわせぶりに終わっているので続編に期待。

シンギュラリティのおすすめ本シンギュラリティ・トラップ (ハヤカワ文庫SF)を読みたい方はこちら↓

『シンギュラリティ・トラップ (ハヤカワ文庫SF)』を読む

シンギュラリティのおすすめ本ランキング│まとめ

『シンギュラリティのおすすめ本ランキング』いかがでしたでしょうか?

ぜひ、気になったシンギュラリティの本を読んで、あなたの実生活に役立ててみてくださいね!

ぴんと
さいごまで読んでいただき、ありがとうございました!
【Amazon】本を無料で読む方法!

 本を読むときは『Audible』の
『30日間無料体験』がおすすめです!

ライトノベル・小説・ビジネス書など、
400,000冊以上の本が聴き放題!

ぴんと
毎日の料理やジョギング、通勤中など、いつでもどこでも好きな時に聴けるので、1日1冊ラクに本が読めちゃう!
ぴんこ
再生した後でも何回も交換OKだから、
実質無料の「聴き放題サービス」ね!

また、あのメンタリストDaiGoさんも
本を聴くことで1日に3冊は読めるとおすすめしています!

読書やPC作業で目が疲れたときもインプットが続けられますし、移動時間も無駄にならない。

通勤に時間がかかる人なら、少なくても1日1冊分は聴けるんじゃないでしょうか。

テキストをフラットに聴くことにより、文章や論理の構造まできれいに頭に入るので、本がまるごと頭の中に入るような喜びが体感できます。

それによって話すことがうまくなり、言葉も出てきやすくなるので、本を耳で聴くのはおすすめですよ。

引用:なぜDaiGoは「目より耳」で本を読むのか

さらに、人気俳優・声優のボイスが、
本の魅力をさらに引き出しているので、
スキマ時間を有効活用したい人は、この機会をお見逃しなく! 

 
\忙しいあなたも、耳は意外とヒマしてる!/

小説 ビジネス書 ラノベ
40万冊を無料体験で聴く!

スポンサーリンク
スポンサーリンク