【2021年】杉原千畝のおすすめ本・書籍ランキング7冊!年400冊読む書評ブロガーが紹介!

こんちわ、柿田ぴんとです!

今回は、杉原千畝のおすすめ本・書籍ランキング7冊を、高評価レビューも加えてご紹介します!

目次

\30日間 無料体験中!/
小説 ビジネス書 ライトノベル
40万冊を「無料体験」で聴く

1位. 杉原千畝のおすすめ本・書籍│『杉原千畝―情報に賭けた外交官―(新潮文庫)』

杉原千畝のおすすめ本・書籍レビュー│『杉原千畝―情報に賭けた外交官―(新潮文庫)』

レビュー
インテリジェンスオフィサーとしての杉原千畝を紐解く貴重な書籍。
この本を読むまでの私の杉原千畝に関する知識は「数千人のユダヤ人にヴィザを発給し、ヒトラーの手から救った」だけでしたが、この書籍を読んだ後にはこの知識が半分合っているが、半分間違っているということを認識しました。
リトアニアのカナウスでのヴィザ発給の話に限らず、杉原の若かりし頃の話など豊富に記載されており、杉原の人となりが大変よく分かりました。
少し残念だったのが、杉原に関する情報は基本的には夫人などのインタビューや現存している資料に基づいているものの、「なぜ杉原がこのような行動をしたのか?」など杉原の内面的な話についてはほぼ筆者の推測であることです。複数の事実を元に確度の高い推論を展開しているとは思いますが、結局事実かどうかはわからない、という話に終わっていて、しかも、そのような推測の域を出ない話の分量が多いので、事実だけを知りたいという人にとっては少し読みづらいかもしれません。推測の根拠を丁寧に説明するのは良いと思いますが、それを徹底しすぎるあまり一般書籍というよりは論文に近い書き方になっているようにも感じました。
レビュー
昨年、杉原千畝に関する書物を読みました。 こうした素晴らしい外交官が勤務したことは、今になって日本の誇りです。 彼の苦悩は
大変な苦痛であったことと思います。 しかし、勤務で滞在した国では大変な英雄として銅像が建てられ国民の人々が今でも尊敬していることは喜ばしいことです。
レビュー
バルト3国に出かけた際に飛行機の中で読み直し大変気に入っております
それまではすごい人がいたんだなーという感覚でしたが、、、現地に赴いて改めて感動いたしました
レビュー
宿題で感想文をと出たので購入しました。頑張って読んでいたようです。

杉原千畝のおすすめ本・書籍杉原千畝―情報に賭けた外交官―(新潮文庫)を読みたい方はこちら↓

レビュー・口コミの詳細を見る

『杉原千畝―情報に賭けた外交官―(新潮文庫)』を読む

スポンサーリンク

2位. 杉原千畝のおすすめ本・書籍│『小学館版 学習まんが人物館 杉原千畝 小学館版 学習まんが人物館』

杉原千畝のおすすめ本・書籍レビュー│『小学館版 学習まんが人物館 杉原千畝 小学館版 学習まんが人物館』

レビュー
杉原千畝さんのことを子供(男の子)にも知ってほしいと思い、購入しました。
本が好きなのでとても喜んでいました。
杉原さんのように勇気と信念を持って行動できる人になってほしいです。
レビュー
娘の教育にと思い、購入しましたが、とても学びが多い一冊でした。生き方だけでなく、ビザや海外についての勉強にもなります。
レビュー
見習わなくちゃな・・・
何回も読ませて頂いています。
ありがとうございます。
レビュー
 このような信念のある外交官がいたことを日本人として本当に誇りに思いたい。小学校3年生のむすめが感動して繰り返し読んでいます。
 公務員として本省の命令に従わないことの恐ろしさは大変なものがあると思いますが,人間愛を貫き通したことは実に素晴らしい。
 多くの人に必ず読んで欲しい本です。
 

杉原千畝のおすすめ本・書籍小学館版 学習まんが人物館 杉原千畝 小学館版 学習まんが人物館を読みたい方はこちら↓

レビュー・口コミの詳細を見る

『小学館版 学習まんが人物館 杉原千畝 小学館版 学習まんが人物館』を読む

3位. 杉原千畝のおすすめ本・書籍│『6千人の命を救った男 杉原千畝とその時代: 「日本のシンドラー」、チウネ・スギハラ (DIA』

杉原千畝のおすすめ本・書籍レビュー│『6千人の命を救った男 杉原千畝とその時代: 「日本のシンドラー」、チウネ・スギハラ (DIA』

レビュー
NHK時代の黒柳徹子さんとのエピソードがほしかった。あればなお良し

杉原千畝のおすすめ本・書籍6千人の命を救った男 杉原千畝とその時代: 「日本のシンドラー」、チウネ・スギハラ (DIAを読みたい方はこちら↓

レビュー・口コミの詳細を見る

『6千人の命を救った男 杉原千畝とその時代: 「日本のシンドラー」、チウネ・スギハラ (DIA』を読む

スポンサーリンク

4位. 杉原千畝のおすすめ本・書籍│『世界はこれほど日本が好き』

杉原千畝のおすすめ本・書籍レビュー│『世界はこれほど日本が好き』

レビュー
知らなかったことばかりで、先人の行いが現代の私達を支えてくださってるのだと、感動しました。
レビュー
定番の「外国人がこんなに褒めてくれているのだから日本は素晴らしい」本、ポーランド版であります。
内容についてはよくも悪くも読者が期待する通り。外国人の日本賞賛で心地よくなりたいのでしたら、充分に満足させてもらえます。
十八世紀のポーランド分割から冷戦崩壊まで、平易な語り口でかの国の歴史をまとめているので、これから勉強するための入門編としてもまずまずの及第点では。全国民の五人に一人は殺されたという第二次大戦の戦禍をはじめ、ポーランドがたどってきた過酷な歳月は目を覆いたくなるばかりで、振り返って日本の歴史は恵まれていたのだなと痛感させられます。ただ、先行の山田邦紀著『ポーランド孤児』とは記述の食い違いもあり、これはどちらが正解なの?
最も興味深く読めたのは現代進行中の日波文化交流。交換留学の女子高生さんたちは貴重な体験ができてまことに羨ましい。
レビュー
教科書では教えない歴史が学べてとても感謝しています。多くに方に薦めたい一冊です。
レビュー
古本でしたが、使用された形跡がなく、気持ち良く読むことができました。ありがとうございます。

杉原千畝のおすすめ本・書籍世界はこれほど日本が好きを読みたい方はこちら↓

レビュー・口コミの詳細を見る

『世界はこれほど日本が好き』を読む

5位. 杉原千畝のおすすめ本・書籍│『六千人の命を救え!外交官・杉原千畝』

杉原千畝のおすすめ本・書籍レビュー│『六千人の命を救え!外交官・杉原千畝』

レビュー
とても平易な文章で書かれてあり、内容の理解が得られました。より杉原千畝を知りたいと思いました。
レビュー
AmazonFreeTimeUnlimitedに収録されています。
作者は杉原千畝さん同様、外交官でロシアの研究をされていたようです。
杉原千畝さんが戦争中にビザを命がけで発給し続けて続けた様子や
今のパレスチナの建国の流れがわかる内容です。
子供向けに配信されていますが、大人でも勉強になります。ぜひ読んで頂きたいです。
レビュー
カウナスにも、イスラエルにも、カニングラードにも、アウシュヴィッツにも旅行ながら行ってきた自分だからこそ、いかにユダヤの人が理不尽な迫害を受けてきたかわかります。杉原千畝さんのスゴさはユダヤ人をうがった見方をする事無く自分の判断で助けの道を開け続けられた事だと思います。来月岐阜県の八百津町にある記念館に行ってみようと思います。

杉原千畝のおすすめ本・書籍六千人の命を救え!外交官・杉原千畝を読みたい方はこちら↓

レビュー・口コミの詳細を見る

『六千人の命を救え!外交官・杉原千畝』を読む

スポンサーリンク

6位. 杉原千畝のおすすめ本・書籍│『杉原千畝の半生 日本のシンドラー―――ナチスからユダヤ人を6000人救った男』

杉原千畝のおすすめ本・書籍レビュー│『杉原千畝の半生 日本のシンドラー―――ナチスからユダヤ人を6000人救った男』

レビュー
自分の利益しか考えていない人間が多いですが、こういう素晴らしい人が日本にかつていたということに感動です。
自分のやりたいことを仕事にするためには、父親の言うことにも従わず、医師の国家試験で白紙で帰ってくるなど、
自分の信念を貫いた方なのだなあと感心させられました。
最初のロシア人の奥さんは、遊び人だったのにもかかわらず、離婚するときに全財産を渡してしまいます。
その後のことも考えず、人のために尽くすところは、大変見習わなくてはならないところです。
ユダヤ人を救うために、寝る暇を惜しんで、ビザ発給のための手続きを行いました。
彼の奥さんも立派ですが、自分の身も危ないのに、
人命救助のために奔走する千畝さんの姿に、心を打たれました。
レビュー
日本のシンドラーこと杉原千畝が戦時中の偉業を振り返ることができる。
そういう人物がいたと言うことは知っていたが、具体的にどういうことをした人物なのかはあまり知る機会が無かった。この本を読むと名前だけ知っていた偉人が何をしてきたかを知ることができるので、深く知りたい人の入り口になることができる。
ただいかんせん概要をつかむには適しているが、あまり出来事一つ一つに深掘りがないため若干物足りなさを感じる。参考文献も得に書いてなかったので、次に進むための情報が無い。できれば参考文献を提示することによって次へのステップが踏める書籍であればうれしかった。
ユダヤ人が千畝の元に駆けつけビザを発行してくれるように懇願したり、それにたいして千畝がその懇願を受け入れビザを発行し続けたという偉業は多くの人が知っておくべきことの一つだと思う。読みやすさとしてはかなりよい部類の本だと思うので、まずはどういう人かを知るには適している。
レビュー
戦争で武器を手に戦った兵士ではなく、諜報員・領事として戦争を戦った杉原千畝という人物の一生を簡潔にまとめた本でした。若干の読みにくさがありましたが、本の内容は素晴らしかったです。最初の妻と別れる際に全財産を渡したり、首を覚悟でユダヤ人にビザを発給したり、そのことで7年後に解雇された時、黙って受け入れたりと、杉原千畝が、自分の事よりも相手を思う心に彼の美しさを感じました。また、2番目の妻幸子の芯の強さと善の心が杉原千畝を支えてきたのだと感じました。周りに流されず、自分が正しいと思ったことを貫くことの美しさを、この本を通して感じました。
レビュー
第二次世界大戦中、リトアニア大使館でユダヤ人の為にビザを発給した日本人外交官の生涯を扱った本。

大変短いのだが、重要な出来事は一通りカバーしていると思う。杉原千畝のエピソードとかもう少しあっても良い気もするが、入門書としては十分な分量。

安いし悪くない本だと思う。

杉原千畝のおすすめ本・書籍杉原千畝の半生 日本のシンドラー―――ナチスからユダヤ人を6000人救った男を読みたい方はこちら↓

レビュー・口コミの詳細を見る

『杉原千畝の半生 日本のシンドラー―――ナチスからユダヤ人を6000人救った男』を読む

7位. 杉原千畝のおすすめ本・書籍│『杉原千畝』

杉原千畝のおすすめ本・書籍レビュー│『杉原千畝』

レビュー
何度も映画化やドラマ化されている杉原作品で、最新作の活字版。読みやすい本です。
レビュー
映画化されたので興味がわき、購入しました。
文章がわかりやすく、一気に読むことが出来ました。
また、杉原千畝氏はすばらしく尊敬に値する人物だと感心しました。
このような実在の偉人の話は非常に感銘を受けます。
レビュー
杉原千畝さんのことは以前TVで知っていましたが、素晴らしい日本人がいたことを誇りに思います。素敵な本でした。感動で涙が出ました。
レビュー
もともと杉原千畝さんのことは関心があって、今回映画化されたので観てきました。ところが、聴覚障害があって、邦画だと字幕が出ないので聴き漏らしたところもあり、購入しました。思ったより映画のワンシーンをよく覚えていたことにびっくりしました。読んだ後で、もう一度観に行こうかな、と思いました。

杉原千畝のおすすめ本・書籍杉原千畝を読みたい方はこちら↓

レビュー・口コミの詳細を見る

『杉原千畝』を読む

杉原千畝のおすすめ本・書籍ランキング│まとめ

『杉原千畝のおすすめ本・書籍ランキング』いかがでしたでしょうか?

ぜひ、気になった杉原千畝の本・書籍を読んで、あなたの実生活に役立ててみてくださいね!

ぴんと
さいごまで読んでいただき、ありがとうございました!
【Amazon】本を無料で読む方法!

 本を読むときは『Audible』の
『30日間無料体験』がおすすめです!

ライトノベル・小説・ビジネス書など、
400,000冊以上の本が聴き放題!

ぴんと
毎日の料理やジョギング、通勤中など、いつでもどこでも好きな時に聴けるので、1日1冊ラクに本が読めちゃう!
ぴんこ
再生した後でも何回も交換OKだから、
実質無料の「聴き放題サービス」ね!

また、あのメンタリストDaiGoさんも
本を聴くことで1日に3冊は読めるとおすすめしています!

読書やPC作業で目が疲れたときもインプットが続けられますし、移動時間も無駄にならない。

通勤に時間がかかる人なら、少なくても1日1冊分は聴けるんじゃないでしょうか。

テキストをフラットに聴くことにより、文章や論理の構造まできれいに頭に入るので、本がまるごと頭の中に入るような喜びが体感できます。

それによって話すことがうまくなり、言葉も出てきやすくなるので、本を耳で聴くのはおすすめですよ。

引用:なぜDaiGoは「目より耳」で本を読むのか

さらに、人気俳優・声優のボイスが、
本の魅力をさらに引き出しているので、
スキマ時間を有効活用したい人は、この機会をお見逃しなく! 

 
\忙しいあなたも、耳は意外とヒマしてる!/

小説 ビジネス書 ラノベ
40万冊を無料体験で聴く!

スポンサーリンク
スポンサーリンク