【2021年】チェスのおすすめ本・書籍ランキング7冊!年400冊読む書評ブロガーが紹介!

こんちわ、柿田ぴんとです!

今回は、チェスのおすすめ本・書籍ランキング7冊を、高評価レビューも加えてご紹介します!

目次

\30日間 無料体験中!/
小説 ビジネス書 ライトノベル
40万冊を「無料体験」で聴く

1位. チェスのおすすめ本・書籍│『ここからはじめるチェス』

チェスのおすすめ本・書籍レビュー│『ここからはじめるチェス』

レビュー
これ一冊あれば基本的な動作がわかると思いますからあとはスマホなどのアプリでひたすら試合して慣れると良いと思います。
最初はアプリの最低レベルでも負けていましたが、試合を重ねるたびに勝てる確率があがってどんどん勝ち進んで・・・と強くなっていくことを実感できます。
レビュー
僕ちんは日本語が良く読めないけどもぉ~
この本は♔♕♖♗♘♙などの駒の動かし方が矢印にかいてあってぇとっーても見やすかったでぇす、
レビュー
私は日本語で書かれているチェスの本を何冊か持っているんですかその中でもこの本は一番わかりやすいです、基本的な内容から高度なテクニックまで記載されていて入門者には最適な本です
レビュー
入門書として十分な質を持っていると思います。
チェスボードを持っていない人が購入する人を考えてだと思いますが、
巻末の紙のチェスは意外と良いのではと思いました。
ただROOKの読み方が「ルーク」ではなく「ルック」となっていることに違和感を感じました。
発音的には「ルック」の方が正しいのですが、少々違和感を感じました。

チェスのおすすめ本・書籍ここからはじめるチェスを読みたい方はこちら↓

レビュー・口コミの詳細を見る

『ここからはじめるチェス』を読む

スポンサーリンク

2位. チェスのおすすめ本・書籍│『チェス戦略大全I 駒の活用法』

チェスのおすすめ本・書籍レビュー│『チェス戦略大全I 駒の活用法』

レビュー
実戦例を見ながら「戦略」というものを学んでいく。効率的な駒の動かし方についても述べられているため、非常に勉強になる。
定跡などを知らない初心者にも理解できるように、題名が書かれている。棋譜の読み方(記号など)が最初の方に書かれているため、とても親切。盤と駒はあった方が良い。
レビュー
日本語で書かれた中級者以上向けの本はほとんどない中、非常に貴重な本だと思います。
ただ私のようにルールやオープニング、TACTICSを少し覚えたぐらいではこの本のよさをいかすことはまだ難しいと感じました。
名プレーヤーの対局を記譜を使いながら解説を加えるというスタイルですが、
それぞれの解説が短く、何が重要なのかを理解するのはちょっと難しく感じました。

上達していけばいずれ必要になる本なのは間違いないですが、ルールをおぼえてすぐにこの本にチャレンジするのは無理があります。本当に脱初心者レベルの中級者は英語でも平易な文章で書かれた本、たとえばボビーフィッシャーの本などを利用してからのほうがいいと思います。

レビュー
日本においてチェスの本自体があまりない状態、ましてや中級者のためになる本が中々ない状況においてこの本が出されたのは素晴らしいことだと思いますし、大変参考になりますが・・誤字、脱字が合計6か所もあるのはマイナスです。とくに脱字は棋譜に関するものである意味、致命的です。 ではその個所はどこかというと、筆者の関与している「チェス本をドンドン出す」から引用すると・・・
1・・P8左下から1行目スタントンの戦いほうは→スタントンの戦い方は
2・・P18右13行目 28 Re5!→28 Re5! Nf7 
3・・P104左図62の真下1行(挿入)- →15  …Bxg3!
4・・P154 左18行目 22Nd3 →22Nd3Qa7
5・・P248右11行目 残っている色違い→残っていたり色違い
6・・P257左下から4行目 パースポーン→パスポーン

次回作の第2巻や第3巻も楽しみにしていますが、特に脱字には気をつけてもらえれば、次回作も、きっと、すばらしい本になると思い楽しみにしています。・・という理由であえて星は一つ減らしました。

レビュー
物凄く良い本なのだが
18ページの黒番28手目が記載されてない。
(図も乗ってないのでわからない)
星5つとしたいのですがこのような記載漏れがあるので星4つ。
このような本ではどちらかの手が一つでも記載されてないと
訳がわからなくなり
解説している数ページが無駄になります
羽生義春さんも絶賛と帯に書かれているのだが
このような記載されていない所があると
本当に羽生さんも読んで絶賛したのか?と
思ってしまいます。

しかし内容は良いのでおすすめします!

チェスのおすすめ本・書籍チェス戦略大全I 駒の活用法を読みたい方はこちら↓

レビュー・口コミの詳細を見る

『チェス戦略大全I 駒の活用法』を読む

3位. チェスのおすすめ本・書籍│『習得への情熱 チェスから武術へ――上達するための、僕の意識的学習法』

チェスのおすすめ本・書籍レビュー│『習得への情熱 チェスから武術へ――上達するための、僕の意識的学習法』

レビュー
チェスの世界チャンピオンで推手の世界大会の2冠。

非常に興味深い経歴の方の書かれた書籍ですが、今までにない太極拳本?でした。

帯にこっそり記載されていましたが、ニューヨーク・タイムズの「TheTop100Best-SellingEducationBooksof2014」に選ばれた一冊のとのこと。あらゆることに適用できる上達のプロセスは、太極拳だけではなく、他のスポーツ競技者やビジネスにも生かせる内容ですばらしいです。

冒頭からチェスの話が1/3ほど続きます。太極拳だけの本として購入すると、がっかりするかもしれません。
そこまでやるのか!?といったレベルの肉体と精神の鍛錬方法について非常に勉強になりました。と同時にやる気を触発されます。

レビュー
初心者から上級者まで誰にでも勧めたい一冊。
学習の考え方を書いてある本。
普通に読書するぶんにも楽しい。
レビュー
著者の武術への取り組みが、細かく記述されており、意外に師の導きのまま素直に従順に従って行動していることや繰り返し繰り返し倒され続けることも進歩上達に欠かせないプログラムだと自覚し練習に打ち込んでいる状況、チェスも含め試合中の心理描写箇所など興味深く、励みとなる本でした。
レビュー
著者のチェス、武術習得を通じた学習法が書かれています。あらゆる分野で応用できるものと思いました。

チェスのおすすめ本・書籍習得への情熱 チェスから武術へ――上達するための、僕の意識的学習法を読みたい方はこちら↓

レビュー・口コミの詳細を見る

『習得への情熱 チェスから武術へ――上達するための、僕の意識的学習法』を読む

スポンサーリンク

4位. チェスのおすすめ本・書籍│『チェスの第1歩: 初心者専用トレーニングノート』

チェスのおすすめ本・書籍チェスの第1歩: 初心者専用トレーニングノートを読みたい方はこちら↓

レビュー・口コミの詳細を見る

『チェスの第1歩: 初心者専用トレーニングノート』を読む

5位. チェスのおすすめ本・書籍│『完全なるチェス 天才ボビー・フィッシャーの生涯』

チェスのおすすめ本・書籍レビュー│『完全なるチェス 天才ボビー・フィッシャーの生涯』

レビュー
奇行と猜疑心の伝説的天才。その出生前から、体制に敵視され続けた過去。
親子2代、歴史に翻弄され、脚光も束の間、周囲に惜しまれ続けながらも、本人にとっては不遇の人生だった様です。
極当然の権利としての自由と、才能に相応しい待遇を求め、精一杯抑圧に抵抗し、抵抗すればするほどさらなる抑圧を招いた、私にはそんな風に映ります。しかし結果、彼の伝説は益々冴えた光を放つことになり、晩年ご本人の不覚の思いとは裏腹にも見えます。
著者が彼の奇行変哲に、忌憚も無く冷淡なので、却って彼の(実質)逃亡生活の無念が良く読み取れました。彼の天才を差し引いても、生き様には感銘を受けました。
死ぬまで関心事はチェス唯一つ。未だやり残した事があり、あの時人生に妥協していればもっとチェスの上での業績を上げられた、そんな思いがあったのではないか、と言うのは私の想像。いや十分。十二分。後世歴史はちゃんとその可能性まで認める、或いは既に認めているのかも。棋譜は不滅。
忘れられない1冊になりました。
レビュー
私はチェスのことは何も知らないけれど、ロシア人以外で初めてチェスの世界チャンピオンになったフィッシャーの物語には強く引きつけられた。

そもそもチェスというゲームは寒くて長い冬を過ごすロシア人にとっては特別な存在だったのだろうが、東西冷戦が頂点に達していて核戦争も空想の世界の話ではなかった頃、ソ連ではイデオロギーと知性の優位を示すためにチェスプレイヤーに対しては手厚い国家的支援が与えられていた。にもかかわらず、何の後ろ盾もない29歳のアメリカ人がソ連のグランドマスターに圧勝する。

自分がソ連の国家的面目を丸つぶれにしたことで暗殺の恐怖を覚えたこと、あるいは幼少期からチェスに熱中し、家庭的にも必ずしも理想的な境遇にはいなかったこともあって、チェスボードを離れたところでは弱い手筋を繰り返してしまう一人の男のまばゆいばかりの栄光とそこからの深い谷への転落を読むにつれ、人生の不可逆性のもたらす意味や人の幸せとは何か、といったことに思いを馳せることになる。

それが私にとっての本書の最大の魅力である。おすすめします。

レビュー
良くも悪くも時代に愛された男。

金に卑しく変人である事は間違いない、ただし彼の残したスコアは永遠だ。

レビュー
全くチェスに興味がないながらも遠い記憶のなかに天才フィッシャーのロシアと世紀の対局が思い起こされ読んでみました。これは感動噛り付きでした……と同時に計り知れない天才の苦悩とは?凄!

チェスのおすすめ本・書籍完全なるチェス 天才ボビー・フィッシャーの生涯を読みたい方はこちら↓

レビュー・口コミの詳細を見る

『完全なるチェス 天才ボビー・フィッシャーの生涯』を読む

スポンサーリンク

6位. チェスのおすすめ本・書籍│『いけないチェスの指し方 チェス・クラシックス』

チェスのおすすめ本・書籍レビュー│『いけないチェスの指し方 チェス・クラシックス』

レビュー
内容については、期待した通りでしたが、実際に並べてみる事が多いので、
パソコンでのkindle版は、かなり使いにくいです。(kinndleを持っている人は多分大丈夫でしょう)
ぜひ紙の本を作ってほしい。

チェスのおすすめ本・書籍いけないチェスの指し方 チェス・クラシックスを読みたい方はこちら↓

レビュー・口コミの詳細を見る

『いけないチェスの指し方 チェス・クラシックス』を読む

7位. チェスのおすすめ本・書籍│『地力をつける 実戦から学ぶチェスの考え方』

チェスのおすすめ本・書籍レビュー│『地力をつける 実戦から学ぶチェスの考え方』

レビュー
チェスのレベルを上げたくて読んだのですが、大正解でした。
問題は五題のみと少ないように感じますが
著者が個人コーチしてくれているように感じるほど
内容は濃ゆいです。

チェスのおすすめ本・書籍地力をつける 実戦から学ぶチェスの考え方を読みたい方はこちら↓

レビュー・口コミの詳細を見る

『地力をつける 実戦から学ぶチェスの考え方』を読む

チェスのおすすめ本・書籍ランキング│まとめ

『チェスのおすすめ本・書籍ランキング』いかがでしたでしょうか?

ぜひ、気になったチェスの本・書籍を読んで、あなたの実生活に役立ててみてくださいね!

ぴんと
さいごまで読んでいただき、ありがとうございました!
【Amazon】本を無料で読む方法!

 本を読むときは『Audible』の
『30日間無料体験』がおすすめです!

ライトノベル・小説・ビジネス書など、
400,000冊以上の本が聴き放題!

ぴんと
毎日の料理やジョギング、通勤中など、いつでもどこでも好きな時に聴けるので、1日1冊ラクに本が読めちゃう!
ぴんこ
再生した後でも何回も交換OKだから、
実質無料の「聴き放題サービス」ね!

また、あのメンタリストDaiGoさんも
本を聴くことで1日に3冊は読めるとおすすめしています!

読書やPC作業で目が疲れたときもインプットが続けられますし、移動時間も無駄にならない。

通勤に時間がかかる人なら、少なくても1日1冊分は聴けるんじゃないでしょうか。

テキストをフラットに聴くことにより、文章や論理の構造まできれいに頭に入るので、本がまるごと頭の中に入るような喜びが体感できます。

それによって話すことがうまくなり、言葉も出てきやすくなるので、本を耳で聴くのはおすすめですよ。

引用:なぜDaiGoは「目より耳」で本を読むのか

さらに、人気俳優・声優のボイスが、
本の魅力をさらに引き出しているので、
スキマ時間を有効活用したい人は、この機会をお見逃しなく! 

 
\忙しいあなたも、耳は意外とヒマしてる!/

小説 ビジネス書 ラノベ
40万冊を無料体験で聴く!

スポンサーリンク
スポンサーリンク