【2021年】ジムロジャーズのおすすめ本・書籍ランキング7冊!年400冊読む書評ブロガーが紹介!

こんちわ、柿田ぴんとです!

今回は、ジムロジャーズのおすすめ本・書籍ランキング7冊を、高評価レビューも加えてご紹介します!

目次

\30日間 無料体験中!/
小説 ビジネス書 ライトノベル
40万冊を「無料体験」で聴く

1位. ジムロジャーズのおすすめ本・書籍│『日本への警告 米中朝鮮半島の激変から人とお金の動きを見抜く (講談社+α新書)』

ジムロジャーズのおすすめ本・書籍レビュー│『日本への警告 米中朝鮮半島の激変から人とお金の動きを見抜く (講談社+α新書)』

レビュー
最近のジム・ロジャーズの本で日本・東アジアに関する部分と投資哲学をわかりやすく新書版にまとめた本です。

メッセージは単純明快で、国の長期負債は増え続け、高齢化や少子化が進む中、このままでは、破綻するのは目に見えている。財政支出見直し、女性軽視、外国人への偏見、企業の前例主義、海外の実情を見ない点などを早急に見直すべきだとしています。

彼自身は日本株をポートフォリオから全て外したと言っていますから、日本にそんな変革は無理だと読んでいるのでしょう。

安倍政権のやっている事はほぼ全部間違っている、と書いていますが、バラマキ継続と大胆な構造改革をしないことで政権を維持する自民党(とその支持者)のやっている事と言うべきでしょうか。若い人には、日本を出ろとも進めています。こうした、歯に衣を着せない意見こそ傾聴すべきでしょう。

レビュー
凄い本だ。日本への警告と提案は凄い。

Ⅰ. 日本は投資対象外だ。
著者は日本を投資対象国家から外した。
魅力がないからだ。
いま、中国・朝鮮半島・ロシアが魅力的だという。
この3国は、核保有・ブラックハッカーの共通点を持つ制裁対象国家だ。
これは著者の情報操作か?ジム・マジックか?
ただこの投資は、ハイリスクハイリターンだ。
そして、まず儲かるのは投資しているジムだ。

 Ⅱ.第2章「日本がいま克服すべき課題」は必読だ。
この章は、動き出した日本の応援になる。
いま、日本が投資すべきは農業である。
資源の少ない日本中で、農地は余っている。
「実体経済の時代が来る。日本人が農業をすれば成功できる」と著者も言う。
価値を生まない金融経済が終わるからだ。
「技術力の高さにおいて世界から信頼される日本が素晴らしい農業技術を開発できたなら、
技術を海外に輸出して外貨を獲得することが可能になる」
農業生産だけじゃない農業技術の輸出もある。

本書は、ベストセラーにふさわしい。

レビュー
日本の未来のことが、よくわかった。投資家じゃなくても、ためになるほんだとわかった。
レビュー
原発反対でも、せいぜい弱小野党に一票を投じる程度のことしかできず、消費増税や大企業にしか有利にならない法案を黙って見ていることしかできない1市民にとっては胸のすく内容だと思います。投資家目線ならではの良い、悪いではなく、効果性の是非で論じる視点は多くの政治家の方々にも見習ってほしいところです。フォローはなされてますが、要は日本は終わった国だということです。海外に移住するお金もない我々大多数の国民はこの先どうすれば良いのでしょうか?

ジムロジャーズのおすすめ本・書籍日本への警告 米中朝鮮半島の激変から人とお金の動きを見抜く (講談社+α新書)を読みたい方はこちら↓

レビュー・口コミの詳細を見る

『日本への警告 米中朝鮮半島の激変から人とお金の動きを見抜く (講談社+α新書)』を読む

スポンサーリンク

2位. ジムロジャーズのおすすめ本・書籍│『冒険投資家ジム・ロジャーズのストリート・スマート 市場の英知で時代を読み解く』

ジムロジャーズのおすすめ本・書籍レビュー│『冒険投資家ジム・ロジャーズのストリート・スマート 市場の英知で時代を読み解く』

レビュー
ジムロジャーズは、テレビを家に置かない主義です。たぶんインターネットの200字前後のくだらない二流の人間がまとめた文章も見ないと思います。すべて、数十時間もかけて、数百時間かもしれません。それ以上納得すまでかも  納得するまで自分で調べて、それで行動し、投資家として行動する方です。そのため、自分がリスクを負って、世界を見に行く方です。決して、他人の風土記には頼りません。他人の書いたくだらない(彼にすれば二流の)ディレクターの主観が入ったテレビ番組は拒否します。儲けたら、自己過信に陥ることなく砂浜でのんびりします。儲けると自分が優秀だと思いがちで、大きく失敗します。自分がリスクを取るのだからリスクを取りうるだけの確信が持てなければ、決して動きません。本や権威に頼って判断しがちな我々平凡な人にとっては、こういう超一流の人間の書いた本は、世の中の見方を再度考え直させてくれます。
レビュー
お金にまつわる話は楽しいですね!
自分自信関係ない世界かと思っていましたが、この本を読むと考え方が多少なりとも変わるかと思われます。
レビュー
聖書には朽ちないたからを天に積めとある。
どう読むかは読者の自由だ。哲学や神学をマテリアイズムに対して無意味な存在だとは著者は言わないだろう。
これは誠意を込めてかかれた知恵の書であり、その通りになぞることも不可能な記録でもある。読んで決して損失につながるものではなく益するか否かは分からないという類いのものだ。
けれども私には有益に働いた。
レビュー
とても素晴らしい。日本人全員読むべきだ。とても洞察に満ちた本

ジムロジャーズのおすすめ本・書籍冒険投資家ジム・ロジャーズのストリート・スマート 市場の英知で時代を読み解くを読みたい方はこちら↓

レビュー・口コミの詳細を見る

『冒険投資家ジム・ロジャーズのストリート・スマート 市場の英知で時代を読み解く』を読む

3位. ジムロジャーズのおすすめ本・書籍│『お金の流れで読む 日本と世界の未来 世界的投資家は予見する (PHP新書)』

ジムロジャーズのおすすめ本・書籍レビュー│『お金の流れで読む 日本と世界の未来 世界的投資家は予見する (PHP新書)』

レビュー
先に酷評評価があるが、ジム・ロジャーズの言うように、こういう頭の固い人は投資に向いてないと思います。

歴史的観点から見れば朝鮮統一なんて充分あり得る話です。

先に酷評されてる「今の時代はこんな事はあり得ない、こんなのヒラメキだ」というような過去の歴史に疎い方にはオススメできません。

歴史に詳しい人なら、読んでいてワクワクするし、この人の視点がいかに的を射ているかがよく分かります。

ジョージソロスと頭脳1つで大金を稼ぎ出し、今尚富裕層で要られる理由がこの本を読めば解ると思います。

レビュー
本書には衝撃的な近未来予測がたくさん書かれている。例えば、日本は貧しくなり犯罪大国になる、そしてやがて消滅する、近い将来、南北朝鮮が統一し、目覚ましい経済発展を遂げるなどである。ジム・ロジャーズは、とりわけ日本の将来に対して悲観的である。その主な理由として、少子化と高齢化に伴う労働力不足、そして社会保障費の負担増と国の膨大な借金を挙げている。大の日本愛好家であるジム・ロジャーズの警鐘として、これから対策を打っていけばまだ遅くないと思うが、相当の覚悟で臨まないと予言通りになるだろう。世界の政治経済の動向を誰よりも早く予測し、株式投資に成功してきた投資家の予見だけに気になる。
レビュー
購入までには抵抗と拒否反応がありましが、とても簡潔にまとめられていて、読みやすかったです。スラーっと一読できました。6章の分類には全て投資が精通しますが、世界的な神様投資家からの知識予見、経験が見事にまとめらていて読みやすいです。過去、私は未来や先を予測したり考える事には否定的な立場でしたが、今やそんな事言ってられない時代です。グローバルに目指す、起業家、学生さん、経営に苦しんでいる小規模事業主の方には、是非読んでいただきたいと思います。
レビュー
今年2月の日経新聞の筆者へのインタビュー記事では、日本に対して更に厳しいポジションが示されている。人口減少、日銀がお金を大量発行し日本株や国債を買い支えることなどにより、日本は投資に値しないと指摘。2060年には日本の人口は、8,600万人になる。筆者は、日本の治安の悪化も想定する。日本に救世主は出てこないのだろうか? シンガポールやインドのように、英語を公用語の一つにすべきだろうか?

ジムロジャーズのおすすめ本・書籍お金の流れで読む 日本と世界の未来 世界的投資家は予見する (PHP新書)を読みたい方はこちら↓

レビュー・口コミの詳細を見る

『お金の流れで読む 日本と世界の未来 世界的投資家は予見する (PHP新書)』を読む

スポンサーリンク

4位. ジムロジャーズのおすすめ本・書籍│『世界的な大富豪が人生で大切にしてきたこと60』

ジムロジャーズのおすすめ本・書籍レビュー│『世界的な大富豪が人生で大切にしてきたこと60』

レビュー
よくまとまっているが、この本は、ジム氏の著作を数冊読んだ後でないと誤解する本だと思う。ジム氏は、若い時は、1日15時間365日 本を読み、会計学を独力で、マスターし会社の報告書を読みこなし、業界紙を読み、机上の学問だけでなく、直接、会社を訪問し、現場をおとづれ、経営者の資質を会って判断し、ライバルも訪問し、多様な見方を徹底的に考える人です。世間で言う「プロ」評論家や学者の意見・テレビのコメンテーターや評論家の意見等を無視して自分の価値観と現場感覚で判断をしてきた人です。その点から言うと、ツウィッター式の140字程度の解説だけでは飽き足らないというしかありません。この本は、ジム氏の本質を判断する本ではないでしょう。数冊読んだ後で、読む分には簡略ですので時々読み返すのも悪くないと思います。
レビュー
 「商品の時代」から氏の著作を読み続けています。今回一番印象に残ったのは、
”大昔から、経済的に行き詰まると 政治家たちはお金を刷るという手段に走ってきました。けれど歴史を紐解くと、この手の政策が長期的に、いや短期的にさえよい結果をもたらしたことはありません。”という一節でした。いかにもモノに重きを置いてきた氏らしい言葉です。
 今、日本で行われていることの結果が、もうすぐ見えてくるのかもしれません。
レビュー
実態件が記載されており、今後の中国、特に香港についての記載が真実味があった。
レビュー
ジムロジャーズの本にしては読みごたえが無かった。ジムロジャーズといったら、かなり難解な文章を書くイメージだけど、これは大衆向けな感じ。

内容は主に過去の名言集で、過去の書籍を持ってる人には不必要かも。

ジムロジャーズのおすすめ本・書籍世界的な大富豪が人生で大切にしてきたこと60を読みたい方はこちら↓

レビュー・口コミの詳細を見る

『世界的な大富豪が人生で大切にしてきたこと60』を読む

5位. ジムロジャーズのおすすめ本・書籍│『お金の流れで読む日本の歴史 元国税調査官が「古代~現代史」にガサ入れ (中経の文庫)』

ジムロジャーズのおすすめ本・書籍レビュー│『お金の流れで読む日本の歴史 元国税調査官が「古代~現代史」にガサ入れ (中経の文庫)』

レビュー
読みやすくて勉強になった。歴史を経済的な面から読み解くことは説得力がある。しかしコンパクトにまとめている分、説明が偏っている面があり、戦後の歴史学者が陥っている〈東京裁判史観〉〈マルクス主義史観〉に染まっているように思う。
僕は歴史の初心者のため、的確な指摘はできないのだが、気になった点を少し羅列する。
①大東亜戦争の原因が「東亜新秩序の発表」を機とする、という点
②アメリカの「在米資産凍結」によって、世界で唯一の国際通貨アメリカ・ドルが使えなくなり、日本の貿易が事実上不可能になった、という点
③日露戦争では英米ユダヤから借金したが、大東亜戦争では軍費を「公債の日銀引受」で賄い、国家総動員法にもとづく物価統制令によりインフレを抑えた→この点は現在の中国の経済を考える参考になるのでは?と思った
④戦後の「所得倍増計画」という「国民の収入が増えれば、経済がよくなる」という経済政策に対して、昨今の政策は「株価至上主義」だとして、安倍政権を批判しているが、正しい〈金融政策〉〈財政政策〉をさせないのは「財務省」だという視点が見られない→財務省のプロパガンダとなっている
レビュー
大村大次郎先生の【お金の流れで歴史を読み解く】シリーズはすべて熟読しています。【日本の歴史】とお金の流れというテーマにユダヤ人が登場するはずだという思いで手に取りました。期待通りの好著です。みなさんも手に取られると素晴らしい知識を手にできます。中学高校と日本史選択、世界史も選択しました。当時は詰込みの歴史でしたが、興味を持って授業を面白いと思っていました。歴史をお金の流れから眺める、社会人になり地政学のゼミへ参加するようになってから得た視点です、自然と大村先生のシリーズを手にするようになったのです…では、世界のお金の流れはユダヤ人がかかわっているはず、日本の近現代史にもという勢いです。
本書の末尾に相当な量を割いて触れている、日本の戦後経済とユダヤ人(ロスチャイルドやロックフェラーのみならず)とのかかわりは秀逸です。明るい話題に我が意を得たりという感想です。
レビュー
歴史の変化には必ず経済的な要因が深くかかわっていると思っていました。今この本には日本史の変化において納得できる説明があり、たいへん面白く読みました。
レビュー
面白い視点で書かれています。1部、お金にこじつけかなと思う所もありますが
ほとんどをお金で説明。素晴らしいです。

ジムロジャーズのおすすめ本・書籍お金の流れで読む日本の歴史 元国税調査官が「古代~現代史」にガサ入れ (中経の文庫)を読みたい方はこちら↓

レビュー・口コミの詳細を見る

『お金の流れで読む日本の歴史 元国税調査官が「古代~現代史」にガサ入れ (中経の文庫)』を読む

スポンサーリンク

6位. ジムロジャーズのおすすめ本・書籍│『服用危険 飲むと寿命が縮む薬・サプリ―――疲れ、息切れ、めまい、不眠、物忘れ』

ジムロジャーズのおすすめ本・書籍レビュー│『服用危険 飲むと寿命が縮む薬・サプリ―――疲れ、息切れ、めまい、不眠、物忘れ』

レビュー
これを読んで飲むのをやめました。最新の世界中の科学論文を読み漁り紹介されていて、著者なりの考えが述べられています。
誤ったサプリ、薬、健康法の認識を変えてくれます。サプリは殆ど意味がなく、ガンの発症率さえ上げてしまうという研究論文がいくつも出ているのを読んでゾッとしました。
レビュー
使っていたサプリメントがいくつかありました…
確かになーと思うことがいくつかあり、自分の日常をランクアップさせることができたと思います。
レビュー
一つの論文や、一人の専門家の意見など無意味に等しいということがよく分かりました。大切なのはメタ分析で出た結果を自分の身体に当てはめて考え、実行し、改善してゆくことだと感じました。サプリメントに関心はあるけども、いまいち納得して服用していない方、そもそもメタ分析って何?って方、一読の価値ありです。
レビュー
データに基づき、特定のよくある健康法に偏ることなくフェアな内容。
いままで盲目的に信じていたことが次々と覆されていくのには心地よささえありました。

ジムロジャーズのおすすめ本・書籍服用危険 飲むと寿命が縮む薬・サプリ―――疲れ、息切れ、めまい、不眠、物忘れを読みたい方はこちら↓

レビュー・口コミの詳細を見る

『服用危険 飲むと寿命が縮む薬・サプリ―――疲れ、息切れ、めまい、不眠、物忘れ』を読む

7位. ジムロジャーズのおすすめ本・書籍│『[音声DL付き]CNN ENGLISH EXPRESS 2019年12月号』

ジムロジャーズのおすすめ本・書籍レビュー│『[音声DL付き]CNN ENGLISH EXPRESS 2019年12月号』

レビュー
本誌を毎月購入し始めて3年ぐらいたつが、英語の勉強と同じくらい為になるのが、記事そのものである。明らかに民主党寄りのCNNではあるが、それ以外は軍事、経済にも大きく視点を開いていると思う。特に、今回のアンダーソン・クーパー・360°ではアメリカの抱える悲惨な状況を初めて知る機会となった。先住民居住地域の近くにごみため地ができたり、海面上昇の影響で繰り返される洪水被害でかびやその他の汚染物質で子供たちが喘息となり親の世代がより早く死んでいる話や、サウジアラビアの石油精製基地が建つ地域では同様な洪水被害で地域住民が健康被害をこうむっても、他に仕事がないため、餓死よりましだと耐えている状況など、とても驚いた。来年の大統領選に向けての論議に注目したい。
レビュー
若い人に負けないように
レビュー
世界の論点と題していくつかの問題
、米中問題やSNSの問題などいくつか取り上げられていて、けっこう詳し目に英語で説明がある。ここまでの内容であれば英検一級の英作文や面接の対策としても使える。特に旺文社等の画一的な英検一級対策本に飽きてきている学習者には気分転換にもなって使えると思う。英作文も面接も基本準備は同じなので、これらのテーマを使って自分の意見をまとめて、いつでも引き出せるように音読などしておくと、以外なところで役立ったりすると思う。

ジムロジャーズのおすすめ本・書籍[音声DL付き]CNN ENGLISH EXPRESS 2019年12月号を読みたい方はこちら↓

レビュー・口コミの詳細を見る

『[音声DL付き]CNN ENGLISH EXPRESS 2019年12月号』を読む

ジムロジャーズのおすすめ本・書籍ランキング│まとめ

『ジムロジャーズのおすすめ本・書籍ランキング』いかがでしたでしょうか?

ぜひ、気になったジムロジャーズの本・書籍を読んで、あなたの実生活に役立ててみてくださいね!

ぴんと
さいごまで読んでいただき、ありがとうございました!
【Amazon】本を無料で読む方法!

 本を読むときは『Audible』の
『30日間無料体験』がおすすめです!

ライトノベル・小説・ビジネス書など、
400,000冊以上の本が聴き放題!

ぴんと
毎日の料理やジョギング、通勤中など、いつでもどこでも好きな時に聴けるので、1日1冊ラクに本が読めちゃう!
ぴんこ
再生した後でも何回も交換OKだから、
実質無料の「聴き放題サービス」ね!

また、あのメンタリストDaiGoさんも
本を聴くことで1日に3冊は読めるとおすすめしています!

読書やPC作業で目が疲れたときもインプットが続けられますし、移動時間も無駄にならない。

通勤に時間がかかる人なら、少なくても1日1冊分は聴けるんじゃないでしょうか。

テキストをフラットに聴くことにより、文章や論理の構造まできれいに頭に入るので、本がまるごと頭の中に入るような喜びが体感できます。

それによって話すことがうまくなり、言葉も出てきやすくなるので、本を耳で聴くのはおすすめですよ。

引用:なぜDaiGoは「目より耳」で本を読むのか

さらに、人気俳優・声優のボイスが、
本の魅力をさらに引き出しているので、
スキマ時間を有効活用したい人は、この機会をお見逃しなく! 

 
\忙しいあなたも、耳は意外とヒマしてる!/

小説 ビジネス書 ラノベ
40万冊を無料体験で聴く!

スポンサーリンク
スポンサーリンク