【2021年】福本伸行のおすすめ作品・書籍ランキング7冊!年400冊読む書評ブロガーが紹介!

こんちわ、柿田ぴんとです!

今回は、福本伸行のおすすめ作品・書籍ランキング7冊を、高評価レビューも加えてご紹介します!

\30日間 無料体験中!/
小説 ビジネス書 ライトノベル
40万冊を「無料体験」で聴く

1位. 福本伸行のおすすめ作品・書籍│『闇麻のマミヤ 1 (近代麻雀コミックス)』

福本伸行のおすすめ作品・書籍レビュー│『闇麻のマミヤ 1 (近代麻雀コミックス)』

レビュー
福本さんの作品では珍しく女性主人公ということで、期待しての購入。
女性主人公だからか?ちょっとポップな感じがします。
マミヤ登場シーンはアカギと重なって見えるような流れになっていますが…彼女がどんな麻雀をするのか今後が楽しみです⭐

福本伸行のおすすめ作品・書籍闇麻のマミヤ 1 (近代麻雀コミックス)を読みたい方はこちら↓

レビュー・口コミの詳細を見る

『闇麻のマミヤ 1 (近代麻雀コミックス)』を読む

スポンサーリンク

2位. 福本伸行のおすすめ作品・書籍│『新黒沢 最強伝説 (17) (ビッグ コミックス)』

福本伸行のおすすめ作品・書籍新黒沢 最強伝説 (17) (ビッグ コミックス)を読みたい方はこちら↓

レビュー・口コミの詳細を見る

『新黒沢 最強伝説 (17) (ビッグ コミックス)』を読む

3位. 福本伸行のおすすめ作品・書籍│『1日外出録ハンチョウ(7) (ヤンマガKCスペシャル)』

福本伸行のおすすめ作品・書籍レビュー│『1日外出録ハンチョウ(7) (ヤンマガKCスペシャル)』

レビュー
この漫画は良い人しか出てこないんですね
心が温かくなりました
きっと本編の「賭博黙示録カイジ」という漫画も
素敵な漫画なのでしょうね
レビュー
ホテルのビュッフェの話はここ3冊の中でベストエピソードだと思う。少女との心温まる交流かと思いきや…こういう、小狡い真似を笑顔でやるのが大槻の本来の持ち味だと思う。グルメというこの漫画の元々の主題もいきているし、話の構成も良く出来ていてギャグとしても普通におもしろい。あとはバスケやる話とファッションの話もそつなく纏まった秀作ではないだろうか。一方、これ以外の話はギャグとして練れて無くていまいち。地下施設の食事の充実、筋トレ、曲名が思い浮かばない、という起点から話が広がっていかない。題材を思いついた時点で終わっているようで、オチも弱い。要は半分くらいは微妙な出来なのだが、それでも前巻の酷さに比べれば充分読める内容である。
ビュッフェの話で思ったが、やはり「一日外出して飯を食う」「大槻のずる賢さが発揮される」という部分が機能した、変化球的グルメ漫画というのがこの漫画の魅力だなあと思った。連載初期はそういう話が多かったし、基本的にはそっちの方向でお願いしたいところ。
レビュー
凄いっ!B級グルメ漫画からまっしぐらに脱線するのかと思いきや、従来の線路上に力業で踏みとどまるどころか、力余って織田信成ばりに華麗にアクセルジャンプをキメてきた!!というわけで、奇跡の復活の巻である。いや、これまでより一層面白く仕上がっている。特に第一話。土埃と汗にまみれた地下労働から、太陽のもとへのバカンスが魅力的に描かれている。バスケで汗を流す班長の美しい上腕二頭筋が目に眩しい(マジに笑)。そして、運動のあとのB級グルメが尚更美味しそうに見える。フライだけにとどまらず、ハンバーグやご飯にまでタルタルソースをかけるとは、そんな爆弾めし、躊躇なくできるとは、ほんと羨ましい。心底思うが、この作画者は食べ物を美味しそうに描くことが巧い。特に第3話の、蕎麦打ち名人柳内の作る鰹出汁や白和えの胡麻の香り!こちら側にまでリアルに漂ってくるようだ。それにしても、今巻は素晴らしい出来だけにお腹がすく巻であった。さっそく一品、今夜のおかずに取り入れることにしよう。次巻も、我々読者の食欲を大いに刺激してくれることを楽しみにしている。
レビュー
ヘタすると、「寝坊して昼寝して終わり」っていう休日の過ごし方をしてしまう自分としては、とにかく休暇を満喫するハンチョウたちが羨ましい。
グルメエピソードだけにこだわらず、「大人の休日」を満喫するおっさんの様を描いているのは正解だと思う。まさかこんなに癒されるとは。。。
まさか大槻で癒される日が来るとは思わなかったw

福本伸行のおすすめ作品・書籍1日外出録ハンチョウ(7) (ヤンマガKCスペシャル)を読みたい方はこちら↓

レビュー・口コミの詳細を見る

『1日外出録ハンチョウ(7) (ヤンマガKCスペシャル)』を読む

スポンサーリンク

4位. 福本伸行のおすすめ作品・書籍│『最強伝説 仲根 (2) (ビッグ コミックス)』

福本伸行のおすすめ作品・書籍最強伝説 仲根 (2) (ビッグ コミックス)を読みたい方はこちら↓

レビュー・口コミの詳細を見る

『最強伝説 仲根 (2) (ビッグ コミックス)』を読む

5位. 福本伸行のおすすめ作品・書籍│『賭博堕天録カイジ 24億脱出編(5) (ヤンマガKCスペシャル)』

福本伸行のおすすめ作品・書籍賭博堕天録カイジ 24億脱出編(5) (ヤンマガKCスペシャル)を読みたい方はこちら↓

レビュー・口コミの詳細を見る

『賭博堕天録カイジ 24億脱出編(5) (ヤンマガKCスペシャル)』を読む

スポンサーリンク

6位. 福本伸行のおすすめ作品・書籍│『賭博堕天録カイジ 24億脱出編(6) (ヤンマガKCスペシャル)』

福本伸行のおすすめ作品・書籍レビュー│『賭博堕天録カイジ 24億脱出編(6) (ヤンマガKCスペシャル)』

レビュー
最初からつまらない。いつ面白くなるのだろうかと買い続けている。過去のヒリヒリするカイジの世界を期待しているとムリだろう。本来カイジなんて何処にでもいるダメ人間が闇のギャンブル世界に巻き込まれて一世一代の勝負をする物語のはずだ。しかし作者の世界観は凡人の読み手を置き去りにする。それは想像を超える場合やナナメを走る事もある。ついにカイジの母親まで出てきたよ、しかしそれらは長いカイジの歴史の積み重ねがあってこその話である。なんだか面白くなってきたような気がする、気のせいかも知れないが次巻出ても買いますよ。
レビュー
実家にカイジが保険証をもらいに行って、お母さんと会うの巻。
面白い。ちょっとホロリな場面もあるし。
私は好き。
次の巻も買う。

福本伸行のおすすめ作品・書籍賭博堕天録カイジ 24億脱出編(6) (ヤンマガKCスペシャル)を読みたい方はこちら↓

レビュー・口コミの詳細を見る

『賭博堕天録カイジ 24億脱出編(6) (ヤンマガKCスペシャル)』を読む

7位. 福本伸行のおすすめ作品・書籍│『中間管理録トネガワ(9) (ヤンマガKCスペシャル)』

福本伸行のおすすめ作品・書籍レビュー│『中間管理録トネガワ(9) (ヤンマガKCスペシャル)』

レビュー
本家カイジに比べ人物達がゆるめで純粋に笑えます。とくに兵藤会長は本家ではもっと冷血で何人もの債務者達の死に様を観て愉悦に浸る悪魔なのに「トネガワ」だと頭のネジが飛んでる大金持ちのおじいちゃんな感じで描かれていてなんか可愛く見えます。そしてあのカイジを追い詰め耳まで切り落とす熱戦を見せたEカードがまさかの新卒社員蟹江の発案だったなんて、末恐ろしい男だ。利根川先生も相変わらずの苦労っぷりで自著本出版ではクズ編集者に当たったり会長の愉悦ドッキリの的にされたり社内パワハラ相談室に会長直々に呼ばれそうになったりと災難の目白押し。優秀なのにここまでされても転職しない利根川先生もどこか麻痺しちゃってるんですかね、今巻も見所満載の「トネガワ」ですが最後で唐突の完結予告⁉ 残念な気持ちもありますが中弛みせず終わらせたいとの判断なのでしょうか。最後まできっちり面白い話を期待しつつ10巻を待ちます。
レビュー
発売日が近かった同じ原作者の「ハンチョウ」7巻が今ひとつだったのに比べ、この「トネガワ」9巻はかなり面白かったです。
どれだけ深く考え、慎重に振舞っても結局は会長の悪魔的気まぐれに翻弄されるしかない利根川が初めて自分の本当の想いに従う63話、得体の知れない編集者との関係に悩む利根川を描いた64話、前巻に続いてロボットのT-AIが活躍する65話など、秀逸なエピソードが続きます。
これまでの「トネガワ」の面白さが凝縮されたような巻です!
レビュー
前の8巻は魔法にかかったかのようにダメな巻でしたが今回は爆笑と失笑が止まらない一冊で大満足でした(笑)
前の巻が微妙過ぎて購入を取りやめようかと迷っている方は是非是非購入なさるべきです。後悔は絶対にしないと思います。

ただ、残念なことに10巻で完結のようです。ここまでやれるのであれば次は黒沢の若いころとか金と銀のスピンオフとかでもやってもらえねーかなとか思ったりもします。

レビュー
この悪魔的な誘惑の連鎖―まさに、濡れ手に粟!!! というわけで、今巻も楽しませてもらった。よく考えるとゾッとするブラック話や、先輩体質の自分には胸が締めつけられる(笑)話など、ハズレネタのない安定した巻と言えよう。特に第64話「自著」は、ある編集からの本の執筆依頼を渋ってみせながらも、内心では子供のように狂喜乱舞する、トネガワの偽らざる本性が巧みに描かれていて大変面白かった。今巻は作者の「一皮剥けた感」が凄かった。作者の身に、いったい何が起こったというのだろう、興味あるところである。前巻との、明らかなレベルの違いに、次巻への期待が否が応にも高まる。今から首を長くして待っているので、早期の出版を祈る! 

福本伸行のおすすめ作品・書籍中間管理録トネガワ(9) (ヤンマガKCスペシャル)を読みたい方はこちら↓

レビュー・口コミの詳細を見る

『中間管理録トネガワ(9) (ヤンマガKCスペシャル)』を読む

福本伸行のおすすめ作品・書籍ランキング│まとめ

『福本伸行のおすすめ作品・書籍ランキング』いかがでしたでしょうか?

ぜひ、気になった福本伸行の作品・書籍を読んで、あなたの実生活に役立ててみてくださいね!

ぴんと
さいごまで読んでいただき、ありがとうございました!
【Amazon】本を無料で読む方法!

 本を読むときは『Audible』の
『30日間無料体験』がおすすめです!

ライトノベル・小説・ビジネス書など、
400,000冊以上の本が聴き放題!

ぴんと
毎日の料理やジョギング、通勤中など、いつでもどこでも好きな時に聴けるので、1日1冊ラクに本が読めちゃう!
ぴんこ
再生した後でも何回も交換OKだから、
実質無料の「聴き放題サービス」ね!

また、あのメンタリストDaiGoさんも
本を聴くことで1日に3冊は読めるとおすすめしています!

読書やPC作業で目が疲れたときもインプットが続けられますし、移動時間も無駄にならない。

通勤に時間がかかる人なら、少なくても1日1冊分は聴けるんじゃないでしょうか。

テキストをフラットに聴くことにより、文章や論理の構造まできれいに頭に入るので、本がまるごと頭の中に入るような喜びが体感できます。

それによって話すことがうまくなり、言葉も出てきやすくなるので、本を耳で聴くのはおすすめですよ。

引用:なぜDaiGoは「目より耳」で本を読むのか

さらに、人気俳優・声優のボイスが、
本の魅力をさらに引き出しているので、
スキマ時間を有効活用したい人は、この機会をお見逃しなく! 

 
\忙しいあなたも、耳は意外とヒマしてる!/

小説 ビジネス書 ラノベ
40万冊を無料体験で聴く!

スポンサーリンク
スポンサーリンク