【2021年】フランス文学のおすすめ作品・書籍ランキング7冊!年400冊読む書評ブロガーが紹介!

こんちわ、柿田ぴんとです!

今回は、フランス文学のおすすめ作品・書籍ランキング7冊を、高評価レビューも加えてご紹介します!

\30日間 無料体験中!/
小説 ビジネス書 ライトノベル
40万冊を「無料体験」で聴く

1位. フランス文学のおすすめ作品・書籍│『フランス文学は役に立つ! 『赤と黒』から『異邦人』まで』

フランス文学のおすすめ作品・書籍レビュー│『フランス文学は役に立つ! 『赤と黒』から『異邦人』まで』

レビュー
フランス文学の古典から現代作品までを、偏らずに紹介しています。ツボを押さえてキビキビした解説がなされており、一冊ずつ読み進めています。
レビュー
 17世紀から20世紀までの日本でも
よくタイトルが知られている作品を紹介した本です。
簡単なあらすじとその物語の特徴・性格、および
「覚えておきたい」フランス語での原文を載せて
あります。
 実力不足でなかなか纏まった文章を読む力が
小生にはまだありません。しかしながら、フランス語を
知らない方や、私のような初学者が読んでも楽しめる
一冊です。こういう本は貴重です。

 20年前ぐらいまでは一通り文法を学んだ学習者が
読めるような対訳書やアンソロジーがありましたが、
今は昔。白水社「スペイン語の散歩道」のように、
文法を学びながら様々な文学作品の一節を原語で
触れることが出来る書籍は中々ありませんし。
 そういう意味で高評価です。

レビュー
既読の作品、未読の作品がちょうど半々でしたが、こういったいわゆる名作はとかく細部が朧げなので、読んで良かったです。
シリーズ化して、イギリスやアメリカ、ロシアやイタリア編等も出していただければ必ず読みます。

フランス文学のおすすめ作品・書籍フランス文学は役に立つ! 『赤と黒』から『異邦人』までを読みたい方はこちら↓

レビュー・口コミの詳細を見る

『フランス文学は役に立つ! 『赤と黒』から『異邦人』まで』を読む

スポンサーリンク

2位. フランス文学のおすすめ作品・書籍│『フランス文学案内 (岩波文庫)』

フランス文学のおすすめ作品・書籍レビュー│『フランス文学案内 (岩波文庫)』

レビュー
自分自身でもある作者の本を読んでも歴史的にそしてどんな時代にどういう風潮でこの作品が書かれたかを知るための参考になる。
レビュー
フランス文学概要が良く理解できて、おもしろい本でした。 もう一度読みます。
レビュー
フランス文学を理解するにはこの書いがいにはないくらいだ。また年代順、作家の特徴も事細かく説明されているので、
仏文を学ぶ学生にはもってこいの書である。
レビュー
中世の時代、11世紀以降のフランス文学について、コンパクトにまとめている。
全体の3分の2近くを、18世紀以降が締めており、いかにフランス文学が、このおよそ300年間で発展してきたかがわかる。
文学といっても、小説や詩だけでなく、モンテーニュ、ルソー、デカルト、パスカルなど、哲学についても触れているのが、興味深かった。

フランス文学のおすすめ作品・書籍フランス文学案内 (岩波文庫)を読みたい方はこちら↓

レビュー・口コミの詳細を見る

『フランス文学案内 (岩波文庫)』を読む

3位. フランス文学のおすすめ作品・書籍│『十九世紀フランス文学を学ぶ人のために』

フランス文学のおすすめ作品・書籍レビュー│『十九世紀フランス文学を学ぶ人のために』

レビュー
たいへん貴重な本をありがとうございます。勉強させていただきます。

フランス文学のおすすめ作品・書籍十九世紀フランス文学を学ぶ人のためにを読みたい方はこちら↓

レビュー・口コミの詳細を見る

『十九世紀フランス文学を学ぶ人のために』を読む

スポンサーリンク

4位. フランス文学のおすすめ作品・書籍│『サルトルのプリズム: 二十世紀フランス文学・思想論』

フランス文学のおすすめ作品・書籍サルトルのプリズム: 二十世紀フランス文学・思想論を読みたい方はこちら↓

レビュー・口コミの詳細を見る

『サルトルのプリズム: 二十世紀フランス文学・思想論』を読む

5位. フランス文学のおすすめ作品・書籍│『フランス文学を旅する60章 (エリア・スタディーズ)』

フランス文学のおすすめ作品・書籍フランス文学を旅する60章 (エリア・スタディーズ)を読みたい方はこちら↓

レビュー・口コミの詳細を見る

『フランス文学を旅する60章 (エリア・スタディーズ)』を読む

スポンサーリンク

6位. フランス文学のおすすめ作品・書籍│『はじめて学ぶフランス文学史 (シリーズ・はじめて学ぶ文学史)』

フランス文学のおすすめ作品・書籍レビュー│『はじめて学ぶフランス文学史 (シリーズ・はじめて学ぶ文学史)』

レビュー
文学史といえば岩波「仏文学史案内」
って先生が言ってたけれど・・・
どうもとっつきにくくてダメだなぁ。
文学オンチも挫折させない「読み物」的入門書があればいいのに〜。

そんな学部生さんには迷わずコレをお勧めします。
単なる時系列の作家紹介に留まらず、随所にさしはさまれる
歴史背景の解説を読みながら「作家とその時代」の
輪郭を具体的につかめるのが本書最大の魅力。
作家ごとに付されている代表作の抜粋を読んで
興味の持てる潮流、作品がみつかるかも!

仏文受かったから入ってみました♪
星の王子様ってかわいいよね☆
え?サルトル?って誰???

なんてアナタも楽しく読める!
試験対策に。
気まぐれな春の向学心に。

レビュー
 紹介されている作家はそんなに多くはないですが、大御所はだいたい入っていています。各作家の作品の抜粋(半ページくらい)が紹介されているのが良いところです。
 抜粋を読めば、興味を持てそうな作家を探すのに役立つと思います。

フランス文学のおすすめ作品・書籍はじめて学ぶフランス文学史 (シリーズ・はじめて学ぶ文学史)を読みたい方はこちら↓

レビュー・口コミの詳細を見る

『はじめて学ぶフランス文学史 (シリーズ・はじめて学ぶ文学史)』を読む

7位. フランス文学のおすすめ作品・書籍│『フランス文学精読ゼミ』

フランス文学のおすすめ作品・書籍フランス文学精読ゼミを読みたい方はこちら↓

レビュー・口コミの詳細を見る

『フランス文学精読ゼミ』を読む

フランス文学のおすすめ作品・書籍ランキング│まとめ

『フランス文学のおすすめ作品・書籍ランキング』いかがでしたでしょうか?

ぜひ、気になったフランス文学の作品・書籍を読んで、あなたの実生活に役立ててみてくださいね!

ぴんと
さいごまで読んでいただき、ありがとうございました!
【Amazon】本を無料で読む方法!

 本を読むときは『Audible』の
『30日間無料体験』がおすすめです!

ライトノベル・小説・ビジネス書など、
400,000冊以上の本が聴き放題!

ぴんと
毎日の料理やジョギング、通勤中など、いつでもどこでも好きな時に聴けるので、1日1冊ラクに本が読めちゃう!
ぴんこ
再生した後でも何回も交換OKだから、
実質無料の「聴き放題サービス」ね!

また、あのメンタリストDaiGoさんも
本を聴くことで1日に3冊は読めるとおすすめしています!

読書やPC作業で目が疲れたときもインプットが続けられますし、移動時間も無駄にならない。

通勤に時間がかかる人なら、少なくても1日1冊分は聴けるんじゃないでしょうか。

テキストをフラットに聴くことにより、文章や論理の構造まできれいに頭に入るので、本がまるごと頭の中に入るような喜びが体感できます。

それによって話すことがうまくなり、言葉も出てきやすくなるので、本を耳で聴くのはおすすめですよ。

引用:なぜDaiGoは「目より耳」で本を読むのか

さらに、人気俳優・声優のボイスが、
本の魅力をさらに引き出しているので、
スキマ時間を有効活用したい人は、この機会をお見逃しなく! 

 
\忙しいあなたも、耳は意外とヒマしてる!/

小説 ビジネス書 ラノベ
40万冊を無料体験で聴く!

スポンサーリンク
スポンサーリンク