【2021年】フランツカフカのおすすめ作品・書籍ランキング7冊!年400冊読む書評ブロガーが紹介!

こんちわ、柿田ぴんとです!

今回は、フランツカフカのおすすめ作品・書籍ランキング7冊を、高評価レビューも加えてご紹介します!

\30日間 無料体験中!/
小説 ビジネス書 ライトノベル
40万冊を「無料体験」で聴く

1位. フランツカフカのおすすめ作品・書籍│『変身 (角川文庫)』

フランツカフカのおすすめ作品・書籍レビュー│『変身 (角川文庫)』

レビュー
人生3度目の挑戦ででようやく読み通すことができました。しかしながら、なかなか味わうところまではいきません。消化して楽しむためにはさらなる努力が必要かも。深い作品です。本は、本体だけでなく解説なども充実していて、よく構成されていると思います。
レビュー
状態は、まあまあでした。
ラジオで紹介されていて、即買いしました。
ちょっと考えさせられる話でした。
著者が何をいいたいのか?を考えながら読むとグングン読めます。
期待通りとはいきませんでしたが、頭に残るストーリーです。
レビュー
大学のレポート提出でこちらの本を購入しました。とても面白かったです。非常に有名な本で、英米文学を専攻している方ならどなたでもオススメです。気になったら購入しても損はないと思います。
レビュー
この本の想定は現代社会ではいつでも起こる可能性を考えると極めてまともなテーマを扱っているように思える。カミュの異邦人もそうだが、半世紀も経つと社会環境や人の考え方が大きく変わり、異次元の世界と思われたものが普通の社会に存在することに驚く。

フランツカフカのおすすめ作品・書籍変身 (角川文庫)を読みたい方はこちら↓

レビュー・口コミの詳細を見る

『変身 (角川文庫)』を読む

スポンサーリンク

2位. フランツカフカのおすすめ作品・書籍│『カフカ短篇集 (岩波文庫)』

フランツカフカのおすすめ作品・書籍レビュー│『カフカ短篇集 (岩波文庫)』

レビュー
なんだこれは、と驚く。

20の短編が含まれている。
内容は、非論理的で奇抜。夢を見ているような感じになる。ラストに洒落たオチがあるわけでもない。何かのメタファーのようで、何のメタファーなのかも分からない。
しかし、ぐいぐい引き込まれる。
これを読むと、有名な『変身』や『城』が、冗長で生温く感じてしまうほどだ。

レビュー
この本を読んだ日の夜、悪夢を見て飛び起きました。
「こんな経験、めったにないぞ。」とにやけてしまいました。
カフカはすごいなあ…。
ちょっとしたサスペンス映画をみるよりも、コスパのいい娯楽ですね。
レビュー
SF、怪奇小説、ダーク・ファンタジー、冒険小説等、様々な要素を持ちながらも、全ての短編小説が「仕事」に結び付いているところが、仕事人間たるエコノミック・アニマル日本人の心象風景によくマッチしているように思える。現代日本で読み返す価値はある筈。
レビュー
読みやすくて、どんどん読めちゃうけど意味は分かりませんでした。
気が向いた時にパッと開いて、読んで考えてみる。そんな味のある本だと感じた

フランツカフカのおすすめ作品・書籍カフカ短篇集 (岩波文庫)を読みたい方はこちら↓

レビュー・口コミの詳細を見る

『カフカ短篇集 (岩波文庫)』を読む

3位. フランツカフカのおすすめ作品・書籍│『審判 (角川文庫クラシックス)』

フランツカフカのおすすめ作品・書籍レビュー│『審判 (角川文庫クラシックス)』

レビュー
“『犬のようにくたばる!』Kは云った。屈辱が、生き残っていくような気がした”日本で初めて著者の本として翻訳された本書は突然逮捕された銀行員Kの果てなく、そして報われない問答が続く理不尽さがかえって様々な余韻を残してくれる。

個人的には【変身】以外に初めて読む著者の、しかも未完の作品ではあったが、なるほど確かに【幻想的な描写】がシュールレアリスムや、ラテンアメリカ文学のマジックリアリズムに与えた影響を感じたり。あるいは『無実なのに逮捕される』その設定そのものにKの語り自体を『信頼できない語り手』として捉えるべきでは?とかを考えたりさせられました。

日常で理不尽な仕打ちを受けてモヤモヤしている誰か、あるいは著者にとって未完であっても他者の手によって編集された【物語】の是非を考えたい誰かにもオススメ。

レビュー
よく、カフカの小説の主人公は、
現代社会が作り上げたの巨大な暗黙のシステム、厳然たる見えない権威に翻弄されざるを得ない
現代人一般の実存性の喪失が描かれていると批評されるが、
必ずしも、現代人一般には当てはまるとは思わない。
システムの管理側の人間、権威側の人間には、Kの気持はわからない。
そして、悲劇なのは、ごく普通の人間が、
運よく、社会の体制側に就くことができた途端に、
なんのためらいもなく、他者を思いやる気持ちは微塵も感じずに
自分の生活の安寧や自分の欲望の充足のために、
たくさんのK(意のままに管理される人間、世間のしきたりに楯突く人間、世間から外れてる人)を亡き者にしてしまうことだ。

『審判』の内容は、完全なる現実を描き切った話である。

レビュー
ナチスドイツによる、ユダヤ人に対する惨殺行為を予見していた、と、されるー本書ー審判。身に覚えのない、突然の逮捕、不可解な審議を経ての最悪の結末。(この少し前にー母の元え行く件は、ほーろりとしました)カフカは、法律を学んだだけのこともあって書き方がさまになつています。(夢の世界のように書いていますが)この審判は寓話的に記していますが、この中に真実を織り込んでいると思いました。未完ではあるがー稀に見る傑作です、私は十回ほど読みました。
レビュー
実体の見えない権力に翻弄される男を描いた悪夢的な物語。

この作品が描かれた時代とその後の歴史における事実から、第二次大戦の精神状況を予見した不条理小説と言われているが、どちらかというと、人間の生と死あるいは人生を悪夢的なロジックで描いたものだろう。

この作品が描かれた1914年の遥か後の1962年には、オーソンウェルズによって映画化されたが、悪夢的なドラマは原作にほぼ忠実に描かれており、興味のある方は観てみるのもいいと思います。

フランツカフカのおすすめ作品・書籍審判 (角川文庫クラシックス)を読みたい方はこちら↓

レビュー・口コミの詳細を見る

『審判 (角川文庫クラシックス)』を読む

スポンサーリンク

4位. フランツカフカのおすすめ作品・書籍│『城 (新潮文庫)』

フランツカフカのおすすめ作品・書籍レビュー│『城 (新潮文庫)』

レビュー
簡単に、こうだと言えない類の小説だと思います。
決して読みやすくはないのですが、導入部の流れが素晴らしいですね。
連想したのはつげ義春さんの『ねじ式』のようなイメージでした。
そこを通過して、夢の海の中を彷徨っているうちに、この作品の重さで少しづつ圧迫されてゆきます。
カフカは労働者災害保険局の優秀な勤め人でした。
モチーフになっているのは、役所の仕事だろうと思います。
カチッとした強固な組織の中で行われている行為や会話は、見方が変われば実にシュールに映ります。
主人公のKは、最初は奇妙だと感じていたのに、時間が経つに連れ同化してゆきます。
本人はそれに気がつかないようです。
人が喋るたびに真実は入れ替わり、事実も変更されてしまいます。
こういう世界に我々は棲んでいたのか、と思わせられてしまいます。
読み終えて、見渡してみれば景色が少し違って見えます。
レビュー
この本以外にも、世に大作はいくらでもあるし、名作とよばれているものや、さまざまな文章もあるが私はこの本があれば他は何もいらない。読書の喜びが読む行為そのものだとすれば、この本に勝るものはない。私はこれまで6回読んでいるが読むたびに面白いとか新たな発見があるというのではなく、訳者のすばらしさもあって、文字を読むことそのものが楽しいのである。逆説かもしれないがこれほど思想を透徹させ、一瞬の隙も緩みもなく緊張感に充ちた世界を提示している作家はカフカしかいない。全集よりも「変身」よりもこれで決まり!残りの人生の時間は好きな本だけをくり返し読んでいようと思う。
レビュー
素晴らしいです。自分は残りの人生であとどれくらい本を読めるのかも分かりませんが、この本に出会えたことに感謝します。
自分は”小気味良い”という言葉をほとんど使ったことなどありませんが、これを読んでいると小気味良い気分になる瞬間がたくさんありました。
どの章を読んでいても、軽くランニングをしたあとの少し疲れた時のような、それでいて爽快感のある、というような緊張と緩和があります。
そして甘美で繊細な表現にうっとりしてしまう、文字だからこそ伝わるこの感じ、というシーンが自分にはいくつかありました。
そのような事は自分の頭では言葉で表現もした事がないような、しかし、確かに今までの人生の中で自分も感じたことのある感情で、なんて素敵なんだ、と何度も感動していました。
本は厚いんですが、序盤からハマりました。ただ読み進むのが楽しくて仕方なくて読書をただ読書として楽しむという最高の時間でした。素晴らしい訳者の方にも感謝したいです。
レビュー
絶望的な就活氷河期に運良く生残し、何度も転職を繰り返し、面接で辛酸をなめた私のような者が読めば「ああ、そうか」と共感するようなお話です。
(ですので、合う合わないの差は大きいと思います)

私にとって日本経済、あるいは「世間様」は永遠に「城」です。この小説のごとく、複雑で冗長で、不可解で、ストレスフルな世界です。20年以上頑張ってますが、おそらく「城」の中に入ることは「永久にダメ」でしょう。

きわめつけは「未完」ということです。
オチがない。ハッピーでもバッドでもない、分からないのです。だから終わりまで来たら、また冒頭の橋のシーンに逆戻りです。まだ8周目ですが、スローペースに読み続けるでしょう。

そうするしかないのです。

フランツカフカのおすすめ作品・書籍城 (新潮文庫)を読みたい方はこちら↓

レビュー・口コミの詳細を見る

『城 (新潮文庫)』を読む

5位. フランツカフカのおすすめ作品・書籍│『絶望名人カフカの人生論 (新潮文庫)』

フランツカフカのおすすめ作品・書籍レビュー│『絶望名人カフカの人生論 (新潮文庫)』

レビュー
一番わたしが納得した言葉は、12章48ページの「ここより他の場所」です。
死にたいという願望がある。
そういうとき、この人生は耐えがたく、
別の人生は手が届かないようにみえる。
イヤでたまらない古い独房から、
いずれイヤになるに決まっている新しい独房へ、
なんとか移してほしいと懇願する。

全くです……嫌な事から逃げてばかりして来た私の人生がこれそのもの。
やっと逃げられと思っても、しばらくすると又次の嫌な事が起きました。(苦笑)

いつも持ち歩いて読む用に、文庫本の方も買いました。

レビュー
人間ポジティブに生きなきゃという思いに囚われていたことに気づかせてくれた本です。カフカについては、学生時代に読んだときはある種の気味悪さも感じましたが、この本を読むと印象が変わります。著者の他の本も読んでみましたがカフカの感じ方、生き方は多くの人が(そこまで極端でなくても)持っているものと思います。それだけに共感できる部分が確かにあります。人に自分により優しくなるきっかけになる本かもしれません。
レビュー
『変身』という独特の設定の小説を書いてる作家だし、
本人も多少変わっていても不思議はない。

絶望名人と言われるほどのネガティブな性格であったとしても、
それほど意外ではない。

本書を読んでいて意外だったのは、
カフカがそこそこ仕事ができたて。
役職にもついていたとのこと。
これが、本人カフカにとっては幸か不幸か。

本書において、
仕事の愚痴を言いまくるカフカ。
まったく仕事ができないならまだしも、
そこそこできてしまうから、
辞めて恋人のヒモになるわけにもいかず。

社交性がないのに社会人として生きていくのは辛いだろうなあ。
今時の言葉で言えば、発達障害ということになるのか。
こんだけ、ネガティブだとうつ病にでもなりそうだけど、
実際のところどうだったのだろう。

レビュー
物事をすべて悲観的にとらえる名人のカフカさんの言葉を集めた本です。

誤解しそうですが、カフカさんは決してダメな人間ではなく、
結婚もしていますし社会的にも成功している部類です。

そんな人間がここまで悲観的なものの見方をしていることは興味深く感じました。

「何度成功しても自信はわかず、ますます不安が高まる」
というページがありますが、成功者はネガティブな面を持っていたほうが良いのかも・・・
とも思いました。
いろんな視点を持ちたい方に良い本と思います。

フランツカフカのおすすめ作品・書籍絶望名人カフカの人生論 (新潮文庫)を読みたい方はこちら↓

レビュー・口コミの詳細を見る

『絶望名人カフカの人生論 (新潮文庫)』を読む

スポンサーリンク

6位. フランツカフカのおすすめ作品・書籍│『変身・断食芸人 (岩波文庫)』

フランツカフカのおすすめ作品・書籍レビュー│『変身・断食芸人 (岩波文庫)』

レビュー
中学生の娘にご褒美にカフカをねだられて購入しました。
気分は毒虫のようで
学校の読書タイムに浸っているようです(笑)
レビュー
グレゴールは虫となり、圧倒的に変わってしまったが、家族もグレゴールの変化により状況・態度が徐々に変わっていく姿が面白かった。また、語り手が語るのでグレゴールは虫となった状況を客観的に感じ取っているのも、変な感じがしてニヤニヤしてしまう。虫になったということに対しての抵抗は薄く、むしろ適応していこうとする(しなければならない?)姿に笑いを堪えていながら読んでいた。
レビュー
ある朝目を覚ましたら虫になっちゃってた! この変身が意味するものは、実は不登校や鬱と
深い関係があったことに気づかされる。現代だからこそ、そういった問題が多く見られるように
なったが、カフカも同様の思いを時代は違えど抱いていたんだなあと。
「カフカの人生論」からカフカに興味を抱かされ、読んだ作品。
人の悩みは普遍的、ということを身にしみて感じる。
レビュー
絶筆が喉頭結核でしたので、「変身はすでに有名なのでエピソードを別にいくらか残した。
「時代が変わったので、、「彼らは彼をみじめにした、、
「それはこの世でいちばん易しいことだった、、、
「もはや断食芸人はすべてを観念していた、、、
「豹には欠けているものが何ひとつなかった、、、
「自由は、歯列のどこかにでも潜んでいるのだろう。

フランツカフカのおすすめ作品・書籍変身・断食芸人 (岩波文庫)を読みたい方はこちら↓

レビュー・口コミの詳細を見る

『変身・断食芸人 (岩波文庫)』を読む

7位. フランツカフカのおすすめ作品・書籍│『審判 (岩波文庫)』

フランツカフカのおすすめ作品・書籍レビュー│『審判 (岩波文庫)』

レビュー
この小説は我々における認知の問題及びそこから導き出される行動の不条理性の問題を考える上での金字塔となる作品であると私は考える。

主人公のヨーゼフ・Kは急にかけられる裁判、好意をよせるビュルストナー夫人、仕事仲間の銀行の同僚など様々な要素に自分が認知しえぬ水面下の動きが存在することを感じ取る。そんな中で誰もKには本当のことは言わずに漠然とした不安のみが募っていく。(このような問題は現代において特に顕著な問題と言える。)

そして、第9章において掟の門の話が出てくるわけであるが、ここでは我々の認知とは本質的に錯誤であることが語られる。我々は親の心情すら本当は知りはしないのだということを思い知らされる。そして、掟の門の前でその門を通るのは自分だけだと語られる。すなわち、人は自らを掟に基づき人を裁くということである。その門を通ることは当然のことながら自分にしかできない。

この世界の人間すべてが自分の掟を真実と錯覚し人を裁く。私はこの小説のこのようなメッセージにこの世の不条理の根源を見た。

レビュー
『変身』と短編では間違いなく天才の着想と完成度を誇っていたカフカにとって本作を含めた長編三作は習作であったらしい。そして41歳で急逝してしまった著者は本作も未完のまま終わらせている。『城』を読んだ時には立体感のない会話が延々と続く冗漫さに読了までしんどい思いをした為、「審判もそうだったらやだなー」と思いながら読み始めた。(余談だが、奥泉光氏は『城』を途中で投げ出したそうだByエッセイ集『虚構まみれ)。『城』と比較すると本作は遙かに構造と立体感を備え、ディテールにも粗さが無い。だが公務員として多忙の中作品を描いたカフカにはやはり時間が足りなかったのではないか。あえて内容には触れないが、カフカの超絶的創造力であれば、世界のすべてが唐突に裁判所に繋がっている仕掛けをもっと巧妙かつ豊富に作る事が出来たと思う。〜若くして人生を終えてしまった事が作家としてのカフカにとって良かったのか否かは、僕には解らない。だが、間違いなく唯一無二の天才だっだ著者の才能と世界観は若かったからこそ為し得た僥倖というべきなのかも知れない。
レビュー
“『犬のようにくたばる!』Kは云った。屈辱が、生き残っていくような気がした”日本で初めて著者の本として翻訳された本書は突然逮捕された銀行員Kの果てなく、そして報われない問答が続く理不尽さがかえって様々な余韻を残してくれる。

個人的には【変身】以外に初めて読む著者の、しかも未完の作品ではあったが、なるほど確かに【幻想的な描写】がシュールレアリスムや、ラテンアメリカ文学のマジックリアリズムに与えた影響を感じたり。あるいは『無実なのに逮捕される』その設定そのものにKの語り自体を『信頼できない語り手』として捉えるべきでは?とかを考えたりさせられました。

日常で理不尽な仕打ちを受けてモヤモヤしている誰か、あるいは著者にとって未完であっても他者の手によって編集された【物語】の是非を考えたい誰かにもオススメ。

レビュー
「裁判所の実体は、たくさんの精巧なしかけの中に見えなくなっているんですが、万事このしかけしだいなんですからね」(本文より)

道端で出会った人が、自分の名前を知っている。自分が裁判にかけられていることも知っている。
そんな状況は、普通に考えて明らかにおかしい。
しかし、おかしいことが説明もなしに続いていくと、だんだんそれに慣れて受け入れ、疑問に思わなくなってしまう。それが怖い。

主人公Kは、しかけの犠牲者である。
社会のしかけは人が作ったものであるはずなのに、人が立ち向かうのはあまりにも困難になってしまっている。
この小説には、全体を通して形の見えない、しかしとてつもなく大きく見える不安がある。
何かが根本的におかしくて、不安はどんどん大きくなっていくのに、いっこうにその正体がつかめない。

形の見えない不安と、無限ループ。解釈の余地は無限にある。

フランツカフカのおすすめ作品・書籍審判 (岩波文庫)を読みたい方はこちら↓

レビュー・口コミの詳細を見る

『審判 (岩波文庫)』を読む

フランツカフカのおすすめ作品・書籍ランキング│まとめ

『フランツカフカのおすすめ作品・書籍ランキング』いかがでしたでしょうか?

ぜひ、気になったフランツカフカの作品・書籍を読んで、あなたの実生活に役立ててみてくださいね!

ぴんと
さいごまで読んでいただき、ありがとうございました!
【Amazon】本を無料で読む方法!

 本を読むときは『Audible』の
『30日間無料体験』がおすすめです!

ライトノベル・小説・ビジネス書など、
400,000冊以上の本が聴き放題!

ぴんと
毎日の料理やジョギング、通勤中など、いつでもどこでも好きな時に聴けるので、1日1冊ラクに本が読めちゃう!
ぴんこ
再生した後でも何回も交換OKだから、
実質無料の「聴き放題サービス」ね!

また、あのメンタリストDaiGoさんも
本を聴くことで1日に3冊は読めるとおすすめしています!

読書やPC作業で目が疲れたときもインプットが続けられますし、移動時間も無駄にならない。

通勤に時間がかかる人なら、少なくても1日1冊分は聴けるんじゃないでしょうか。

テキストをフラットに聴くことにより、文章や論理の構造まできれいに頭に入るので、本がまるごと頭の中に入るような喜びが体感できます。

それによって話すことがうまくなり、言葉も出てきやすくなるので、本を耳で聴くのはおすすめですよ。

引用:なぜDaiGoは「目より耳」で本を読むのか

さらに、人気俳優・声優のボイスが、
本の魅力をさらに引き出しているので、
スキマ時間を有効活用したい人は、この機会をお見逃しなく! 

 
\忙しいあなたも、耳は意外とヒマしてる!/

小説 ビジネス書 ラノベ
40万冊を無料体験で聴く!

スポンサーリンク
スポンサーリンク