【2021年】いせひでこのおすすめ絵本ランキング5冊!年400冊読む書評ブロガーが紹介!

こんちわ、柿田ぴんとです!

今回は、いせひでこのおすすめ絵本ランキング5冊を、高評価レビューも加えてご紹介します!

\30日間 無料体験中!/
小説 ビジネス書 ライトノベル
40万冊を「無料体験」で聴く

1位. いせひでこのおすすめ絵本│『ルリユールおじさん (講談社の創作絵本)』

いせひでこのおすすめ絵本レビュー│『ルリユールおじさん (講談社の創作絵本)』

レビュー
この本を読んで、本の修復師になったというTVの番組をみて、
そのときに映っていたこの本の絵の画風が気に入って購入しました。

大事にしていた植物図鑑がばらばらになってしまった女の子が
街の修復師になおしてもらう…というお話がやさしいタッチの水彩画で
描かれています。作者のいせひでこさんは水彩画家ですかね、
ストーリ的にも水彩のように淡々としている感じで、
私はどちらかというとこの本の絵–ヨーロッパの街角の風景の
水彩画–に引かれたタイプです。

レビュー
情感がこもった温かい水彩画はどこか宮崎駿氏の絵を思い起こさせます。その宮崎さんは「子供時代に得た何かというのは、決定的な影響力があり、そこには大人の1年間に値するような5分間がある」とかつて語られましたが、この絵本は正に決定的な出会いをした木の本を愛する少女ソフィーの物語です。

そして、ソフィーに出会ったことで父の言葉(「名は残さなくてもいい。いい手を持て」)を思い出し、これまでの人生を振り返るきっかけを得たパリの製本家のルリユールおじさんの物語でもあります。

パリを訪れた人ならいせさんの情感が匂い立つような美しいパリの街並に心が奪われるでしょう。絵が素晴らしい上に、簡潔な文章も独特の間を持ち、平行でありながら深い所で繋がっている会話のリズムも心地良く、物語の世界に一気に引き込まれました。上質で芸術性の高い優れた大人の絵本です。

レビュー
最初に読んだときには気づきませんでしたが、2度目に読んだら、
少女とルリユールおじさんの運命的な出会いまでの時間の流れが、
左右のページでそれぞれの視点から描かれていることに気づいて感動しました。

本と植物の大好きな少女と、本を大切に修理して新しい命を与える老職人の間には、
出会った途端に通い合うものがありました。
ルリユールおじさんの心には、少女と同じくらいに幼い頃、
同じルリユールだった「魔法の手」を持つ父の仕事に憧れた記憶が焼きついています。
そしてそのときの父の年齢をはるかに越えた今、
「私も魔法の手を持てただろうか」と一人つぶやきます…。

その答えは、おじさんが生まれ変わらせた少女の植物図鑑が、
その後二度と壊れることがなかったこと、
そして成長した少女が、思い出のアカシアの木の前で、
おじさんとの出会いの日のことを思い出すラストが教えてくれています。

レビュー
ルリユールという仕事に興味を持ち、偶然この本を知って自分のために購入しました。ふわっとした絵がとても美しく、お話はとても静かなものですが、じんわりやさしさを感じました。お気に入りの本をとても大切に思う女の子と、壊れたその本を丁寧に修繕するルリユールおじさん。それぞれの本への愛情がページが進むごとにあふれてきます。ルリユールに会いにフランスに行ってみたくなりました。

いせひでこのおすすめ絵本ルリユールおじさん (講談社の創作絵本)を読みたい方はこちら↓

レビュー・口コミの詳細を見る

『ルリユールおじさん (講談社の創作絵本)』を読む

スポンサーリンク

2位. いせひでこのおすすめ絵本│『最初の質問 (講談社の創作絵本)』

いせひでこのおすすめ絵本レビュー│『最初の質問 (講談社の創作絵本)』

レビュー
読むと心が落ち着き、優しい気持ちになれます。持っているだけで癒されます。絵の影響もあるでしょう。
レビュー
学校の読み聞かせに買いました。今の自分を見つめ直すいい詩だと思います。次の読み聞かせに使わせてもらいます。子供たちがどんなリアクションをするのか楽しみです。
レビュー
長田弘、伊勢秀子の夢のコラボ。

うっとりするほどいい。それでいて、人生の深みに到達する。

何人もの人に、プレゼントしてしまいました。自分ひとりだけにしまっておくのには、もったいない。
そういういい本です。

レビュー
日々の生活で忘れていたこと、見過ごしていたことを、思い起こさせてくれました。
時々は、立ち止まって自分に質問したい事柄ばかりでした。
柔らかくてほっとする絵も素敵でした。

いせひでこのおすすめ絵本最初の質問 (講談社の創作絵本)を読みたい方はこちら↓

レビュー・口コミの詳細を見る

『最初の質問 (講談社の創作絵本)』を読む

3位. いせひでこのおすすめ絵本│『かしの木の子もりうた Love you forever』

いせひでこのおすすめ絵本レビュー│『かしの木の子もりうた Love you forever』

レビュー
とは言え、好みの問題かも。訳によったり絵によって中身の受け取りが変わるので、原作者の想いが全てに伝わるかどうかは?だがオリジナルと思えば素敵な絵本です。職場の人が読み聞かせに使用、読みの合間にブラームスの子守唄を編曲作詞してアカペラで素朴に歌ってくれ、とても感動して欲しくなり購入に至りました。子育て中より終わった世代の心を揺さぶる作品だと思います。
レビュー
まるで、私のこころ、そのものでした。いつか巣立つ息子たちへと一冊ずつ購入しました。日々、戦争の毎日、でも毎晩、寝顔をみて、おもいます。私の大事な大事なこ・・・。とてもたいせつな本に出会いうれしくおもいます
レビュー
内容も絵も美しく、素敵な本です。
ただ、私は小学校で読み聞かせのボランティアをしていますが、
もし、母親の居ない子が居たらと思い、躊躇して未だ読み聞かせには
使えないでいます。それで星は4つにしました。
レビュー
『ラヴ・ユー・フォエバー』の乃木りか訳は、ずっと以前に買って、今も本棚に収まっている。
アメリカで超ベストセラーになっているのも頷ける。
1人の母親として、私も読むたびに涙を流す。

その絵本が新装出版された。
聖路加国際病院の小児科医として患者や家族から信頼厚かった細谷亮太先生の新訳。
細谷先生は俳人としてもすばらしい句を詠まれている。
そのせいか、七五調のような文章はリズム感が良い。

『ルリユールおじさん』『おおきな木のような人』など、
木の物語をずっと描き続けているいせひでこさんの絵。
赤ちゃんやお母さんを包む樫の木は存在感がありながら、どこかやさしい。

本を閉じる頃には、やっぱり私は涙をこぼす。

いせひでこのおすすめ絵本かしの木の子もりうた Love you foreverを読みたい方はこちら↓

レビュー・口コミの詳細を見る

『かしの木の子もりうた Love you forever』を読む

スポンサーリンク

4位. いせひでこのおすすめ絵本│『大きな木のような人 (講談社の創作絵本)』

いせひでこのおすすめ絵本レビュー│『大きな木のような人 (講談社の創作絵本)』

レビュー
とても感動する絵本です。商品もよかった。小学生や中学生の机にそっと置いておくと感動する!
レビュー
心が打たれるよい絵本です。私はもう高齢者ですがよい絵本は心が現れますので蔵書に加えました。
レビュー
今日,公立図書館で偶然手にした本です。普段の私は,絵本はサラッと読み始めて面白そうだとか,好きな作家の本だったときに,借りて家でゆっくり味わっています。そして,手元に置いておきたい本は購入するわけですが… 今回は,読み始めてすぐに惹きこまれました。思わず腰掛けられる場所を探し,ゆっくりとページをめくりながら,文章と絵を味わいました。
そう文章は多くないけれど,登場人物に共感できる部分をたくさん感じたり,安心して読み進められる穏やかさを感じたり,こんなふうに樹や花に囲まれる時間や場所があったら忙殺される日々や焦り,悩みなどをしばし忘れて心が休まるだろうなあと思ったり… 読むたびに,もっともっといろんなことに気づいたり考えたり出合ったりできると思うので,購入します。ちなみに,植物に囲まれる生活を初めて素敵だなと感じたのは,工藤ノリコさんの「フローリアとおじさん」です。このレビューを読まれた方,ぜひお目通しを!
レビュー
物語の内容はもちろん、絵がとても素敵で、思っていた以上に素晴らしい絵本でした!!
いろんな人に伝えたいので、今後、贈り物はこの本にしようと思っています。
また、この作者の他の作品も読んでみたいと思っております。

いせひでこのおすすめ絵本大きな木のような人 (講談社の創作絵本)を読みたい方はこちら↓

レビュー・口コミの詳細を見る

『大きな木のような人 (講談社の創作絵本)』を読む

5位. いせひでこのおすすめ絵本│『海のいのち (えほんはともだち―立松和平・伊勢英子心と感動の絵本 (25))』

いせひでこのおすすめ絵本レビュー│『海のいのち (えほんはともだち―立松和平・伊勢英子心と感動の絵本 (25))』

レビュー
小学校6年生の教科書に載っている作品。主人公の太一の生き方が描かれている。じっくりと時間をかけて考え合いたい。
レビュー
作りがしっかりしていた。色遣いがとてもきれいで、絵の中に吸い込まれるような魅力を感じる。
レビュー
 近年の子ども達は、ちょっとしたことで「キレ」たり「ムカつい」たり、「自分は自分、他人は他人」という感じで他者にはあまり興味を示さない状況が見受けられます。そのような子ども達にとって、生きることや命の意味を考えることは、大変価値のあることだと思います。
 「海のいのち」は、6年生の教科書には、「海の命」となっていて絵も半分ほどしか載っていないので、ぜひこの原作の絵も見て欲しいです。太一の成長を通して、人間としての生き方を学んだり、「海のめぐみ」や「千びきに一ぴき」に象徴されるおとうや与吉じいさなどの考え方から「人間と自然の共生」を学んだりできます。
 小学校高学年の児童にとてもよい作品だと思います。
レビュー
年代によってはこの本が
小学生の教科書に載っていたことは
ご存知かと思います。
私もその時代に入っておりまして
この本を教科書で読んだ記憶があります。

この作品の特徴は
まさしく海のいのちの大切さを
教えているということ。
それはこの物語に出てくる
太一の師匠の男が
決まった数しか取らないところを見れば
容易にうかがい知ることができることでしょう。

そう、そう考えれば
今現在読んでほしい本に入れられます。
昨今は漁業資源云々が
語られる時代になりました。
そう、海のいのちは有限なのです。

そういう会議に出ている人たちは
いのちをいただいている、と意識している人
どれだけいるでしょうね。

そう、今の問題を考える上で、
そして海には
そうとは言われていないけれども
海のいのち的な存在がいるということ…

この絵本は
高学年向けのないようですので
大人が読んでも問題のない本ですよ。

いせひでこのおすすめ絵本海のいのち (えほんはともだち―立松和平・伊勢英子心と感動の絵本 (25))を読みたい方はこちら↓

レビュー・口コミの詳細を見る

『海のいのち (えほんはともだち―立松和平・伊勢英子心と感動の絵本 (25))』を読む

スポンサーリンク

いせひでこのおすすめ絵本ランキング│まとめ

『いせひでこのおすすめ絵本ランキング』いかがでしたでしょうか?

ぜひ、気になったいせひでこの絵本を読んで、あなたの実生活に役立ててみてくださいね!

ぴんと
さいごまで読んでいただき、ありがとうございました!
【Amazon】本を無料で読む方法!

 本を読むときは『Audible』の
『30日間無料体験』がおすすめです!

ライトノベル・小説・ビジネス書など、
400,000冊以上の本が聴き放題!

ぴんと
毎日の料理やジョギング、通勤中など、いつでもどこでも好きな時に聴けるので、1日1冊ラクに本が読めちゃう!
ぴんこ
再生した後でも何回も交換OKだから、
実質無料の「聴き放題サービス」ね!

また、あのメンタリストDaiGoさんも
本を聴くことで1日に3冊は読めるとおすすめしています!

読書やPC作業で目が疲れたときもインプットが続けられますし、移動時間も無駄にならない。

通勤に時間がかかる人なら、少なくても1日1冊分は聴けるんじゃないでしょうか。

テキストをフラットに聴くことにより、文章や論理の構造まできれいに頭に入るので、本がまるごと頭の中に入るような喜びが体感できます。

それによって話すことがうまくなり、言葉も出てきやすくなるので、本を耳で聴くのはおすすめですよ。

引用:なぜDaiGoは「目より耳」で本を読むのか

さらに、人気俳優・声優のボイスが、
本の魅力をさらに引き出しているので、
スキマ時間を有効活用したい人は、この機会をお見逃しなく! 

 
\忙しいあなたも、耳は意外とヒマしてる!/

小説 ビジネス書 ラノベ
40万冊を無料体験で聴く!

スポンサーリンク
スポンサーリンク