【2020年】イギリスのおすすめ絵本ランキング5冊!年400冊読む書評ブロガーが紹介!

こんちわ、柿田ぴんとです!

今回は、イギリスのおすすめ絵本ランキング5冊を、高評価レビューも加えてご紹介します!

\30日間 無料体験中!/
小説 ビジネス書 ライトノベル
40万冊を「無料体験」で聴く

1位. イギリスのおすすめ絵本│『親子で英語絵本リーディング: イギリスの小学校教科書で始める (実用外国語)』

イギリスのおすすめ絵本レビュー│『親子で英語絵本リーディング: イギリスの小学校教科書で始める (実用外国語)』

レビュー
東光ブックバードさま、早く届きました。ありがとうございます。

届いた本の状態ですが、中に付いているCDは未開封のままで本全体も中古には見えなくとてもキレイでした。

私は他誌でORTのKipperシリーズを2話ほど読んだ事があったので10冊分が収録されているとの事で楽しみです。
今まで多聴多読が続かない自分でしたが、今回のこの本の著者、古川昭夫さん宮下いづみさんの解説が自分にとってはとても良かったので、取り組んでみようと思います。

レビュー
いくつか多読の本はもっていますが、なにより絵をみているだけで楽しい!!それに英文がわかりやすいと思います。私は全く英語がダメダメなので、子供も一緒に楽しめるこの本が一番です。他のシリーズも集めたいですね。
レビュー
昔お世話になった先生の本。とっても面白い先生でしたが、その後このような活動をされているとは知らず・・・息子にORTを購入するにあたりこの本を購入してみました。こんな風に取り組んだら良いのか〜と分かりやすく、あっという間に読んでしまいました。レベルや内容をちらっと知るには良いです。
レビュー
英語初心者の幼児に。
英語の楽しい絵本が10冊分収録されていて、英語の勉強の仕方指導も大いに参考になりました。
親子で英語絵本を読んで無理なく楽しんで英語が学べてたいへんいいです!
絵だけでも話がわかるし、朗読CDも付いているし、絵本以外の使い方等も丁寧でわかりやすいです。

イギリスのおすすめ絵本親子で英語絵本リーディング: イギリスの小学校教科書で始める (実用外国語)を読みたい方はこちら↓

『親子で英語絵本リーディング: イギリスの小学校教科書で始める (実用外国語)』を読む

スポンサーリンク

2位. イギリスのおすすめ絵本│『イギリスの絵本 (上) ─伝統を築いた作家たち─ (連続講座〈絵本の愉しみ〉 2)』

イギリスのおすすめ絵本イギリスの絵本 (上) ─伝統を築いた作家たち─ (連続講座〈絵本の愉しみ〉 2)を読みたい方はこちら↓

『イギリスの絵本 (上) ─伝統を築いた作家たち─ (連続講座〈絵本の愉しみ〉 2)』を読む

3位. イギリスのおすすめ絵本│『パンやのくまさん (世界傑作絵本シリーズ―イギリスの絵本)』

イギリスのおすすめ絵本レビュー│『パンやのくまさん (世界傑作絵本シリーズ―イギリスの絵本)』

レビュー
何人の子ども達に何度読み聞かせたかわからないくらい、昔から読み聞かせに使っている。
そしてたくさんの子達が何度も何度もせがんで、繰り返し読んであげている。
日本語が簡潔で、よい文章です。読んでいても心地よい、リズム感のあるくり返し言葉や、朝起きてから寝るまでの一日の流れを描いているのでおさまりがよいというか、子どもも心地よいみたいです。
シリーズ全部持っています。一番最後に出た、ぼくじょうのくまさんだけ、ちょっと雰囲気が違うかな。
レビュー
かなりシュールでエンドレスに読めます。
絵がかわいいけど、結構憂を感じる(笑)
子供に優しいくまさんがいいですね。
大人は大人としてしか登場しないのが絵本ですが、こちらはくまであることでどうにでも取れて、読んでいると豊かな感性が育ちそうです。
凝りに凝ったおしゃれな絵柄もいいですが、こんな丁寧で優しい色合いの絵も魅力的です。
レビュー
よく見ればよかった。小さなほんでした。B5より小さい。
寝る前に読んであげるの、小さいと自分が見えへん。でも字が少なかったからなんとか読めました。
6歳の孫娘は、なんでもすごくよく聞いて喜んでいます。クマさんの仕事がよく分かっていいです。
レビュー
図書館で借りて、返却日に泣きだすほど大好きになった本です。
娘は将来ケーキ屋さんで働きたいそうで、ケーキを取り扱っている可愛いくまさんのお店(パンやさんですが)が理想のようです。
作ることがやりたいと言っていた娘も、作るだけでなく、売ったりサービスしたりも必要なんだな、と理解できたようです。
絵は淡いタッチでほっこりします。

パンやのくまさんの1日の流れが淡々と書かれているので、読み手の親としては物足りなさを感じます。
でも娘にとって、この本の世界があれこれ広がっているようですので、購入してよかったです。
(絵の中の貼り紙とかお手紙とか、すごく気になって私もその後想像が広がりました)

イギリスのおすすめ絵本パンやのくまさん (世界傑作絵本シリーズ―イギリスの絵本)を読みたい方はこちら↓

『パンやのくまさん (世界傑作絵本シリーズ―イギリスの絵本)』を読む

スポンサーリンク

4位. イギリスのおすすめ絵本│『ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー』

イギリスのおすすめ絵本レビュー│『ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー』

レビュー
 うちの子供たちはとっくにこの年齢を過ぎてしまったけど、親子でこんなに濃い会話を交わしたことはないなあ。子育ては結構一生懸命やったつもりだけど、なにもできてなかったのかもしれないと、ちょっと反省。
 日本も格差社会と言われて久しいが、英国に比べると、均一社会です。これから外国人が急増していくことが明らかであるのに、多様性になれるための基本教育が全くなされていないことを懸念します。英語の授業を増やすより、この本を子供を含めた1人でも多くの人に読ませた方が良い。
追記:タイトルと表紙絵で、日本人を母に持つ息子が白人からいじめられ、それを克服していくという、ありがちな話を予想していたのですが、まったく違いました。同じような理由でこの本を敬遠していた人は、是非読んでください。
レビュー
ついつい引き込まれて、スマホで一気に読んでしまいました。
タフな学校生活をSurviveする、著者の息子は周囲の若者たちがキュート。キツイ現実と折れない彼らにホロリとします。
まだ連載は続いているとのことで、続編も楽しみです!

しかし、この本に出てくる子に比べて、日本の中高生男子の幼いことよ……

レビュー
今年読んだ中で一番興味深かった本になりました。
〇〇ファーストな政治の弊害がどういう形で表面化するか、をブライトンの街での具体的な生活を通して書かれています。
それを子供の目線で見るとどう見えて、子供がどう行動するか、というのを冷静に第三者として分析して伝えるのは、親としてだけでなく、政治的な観察眼を持っている著者ならではの手腕だと思います。
時代や場所が変わってもいじめというものが存在することは残念に思いましたが、それを乗り越えていく姿には考えさせられるものが大きかったです。
また、子連れで福岡に帰省した際のストーリーでは、日本に住む多くの人のステレオタイプな思考回路が無意識に人を傷つける例を上手にまとめています。
自分の行動にもこのような点が無いか、改めて考えるいい機会となりました。
レビュー
『子どもたちの階級闘争――ブロークン・ブリテンの無料託児所から』(ブレイディみかこ 著 みすず書房)を読んでから、ブレイディみかこ氏を静かに追っかけている。

小学校をカトリック校に通った「ぼく」は、人種も貧富もごちゃまぜの「元・底辺中学校」に通うことにする。
校長先生によって底辺校から脱却したその学校での生活を、「ぼく」は考え悩みながら過ごしていく。

 そして横にはともに悩み考える母ちゃん。そして、その母ちゃんとちゃんと向き合い話す父ちゃん。(もちろん父ちゃんは「ぼく」にもしっかり向き合い、自分の考えを伝える)

 イギリスの生活ながら、とても身近で親しみを感じる作品だ。

 思春期の子を持つ親の一人として、大人としての自分の在り方、子どもへの関わり方など、省みる機会となった。

イギリスのおすすめ絵本ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルーを読みたい方はこちら↓

『ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー』を読む

5位. イギリスのおすすめ絵本│『三宅興子〈子どもの本〉の研究2—イギリスの絵本の歴史 (三宅興子“子どもの本”の研究)』

イギリスのおすすめ絵本三宅興子〈子どもの本〉の研究2—イギリスの絵本の歴史 (三宅興子“子どもの本”の研究)を読みたい方はこちら↓

『三宅興子〈子どもの本〉の研究2—イギリスの絵本の歴史 (三宅興子“子どもの本”の研究)』を読む

スポンサーリンク

イギリスのおすすめ絵本ランキング│まとめ

『イギリスのおすすめ絵本ランキング』いかがでしたでしょうか?

ぜひ、気になったイギリスの絵本を読んで、あなたの実生活に役立ててみてくださいね!

ぴんと
さいごまで読んでいただき、ありがとうございました!
【Amazon】本を無料で読む方法!

 本を読むときは『Audible』の
『30日間無料体験』がおすすめです!

ライトノベル・小説・ビジネス書など、
400,000冊以上の本が聴き放題!

ぴんと
毎日の料理やジョギング、通勤中など、いつでもどこでも好きな時に聴けるので、1日1冊ラクに本が読めちゃう!
ぴんこ
再生した後でも何回も交換OKだから、
実質無料の「聴き放題サービス」ね!

また、あのメンタリストDaiGoさんも
本を聴くことで1日に3冊は読めるとおすすめしています!

読書やPC作業で目が疲れたときもインプットが続けられますし、移動時間も無駄にならない。

通勤に時間がかかる人なら、少なくても1日1冊分は聴けるんじゃないでしょうか。

テキストをフラットに聴くことにより、文章や論理の構造まできれいに頭に入るので、本がまるごと頭の中に入るような喜びが体感できます。

それによって話すことがうまくなり、言葉も出てきやすくなるので、本を耳で聴くのはおすすめですよ。

引用:なぜDaiGoは「目より耳」で本を読むのか

さらに、人気俳優・声優のボイスが、
本の魅力をさらに引き出しているので、
スキマ時間を有効活用したい人は、この機会をお見逃しなく! 

 
\忙しいあなたも、耳は意外とヒマしてる!/

小説 ビジネス書 ラノベ
40万冊を無料体験で聴く!

スポンサーリンク
スポンサーリンク