【2021年】関暁夫のおすすめ本・書籍ランキング7冊!年400冊読む書評ブロガーが紹介!

こんちわ、柿田ぴんとです!

今回は、関暁夫のおすすめ本・書籍ランキング7冊を、高評価レビューも加えてご紹介します!

\30日間 無料体験中!/
小説 ビジネス書 ライトノベル
40万冊を「無料体験」で聴く

1位. 関暁夫のおすすめ本・書籍│『ナオキマンのヤバい世界の秘密』

関暁夫のおすすめ本・書籍ナオキマンのヤバい世界の秘密を読みたい方はこちら↓

レビュー・口コミの詳細を見る

『ナオキマンのヤバい世界の秘密』を読む

スポンサーリンク

2位. 関暁夫のおすすめ本・書籍│『ムー的都市伝説』

関暁夫のおすすめ本・書籍ムー的都市伝説を読みたい方はこちら↓

レビュー・口コミの詳細を見る

『ムー的都市伝説』を読む

3位. 関暁夫のおすすめ本・書籍│『秘・テレビでは言えなかった! 山口敏太郎の怖すぎる都市伝説 秘・テレビでは言えなかった!』

関暁夫のおすすめ本・書籍レビュー│『秘・テレビでは言えなかった! 山口敏太郎の怖すぎる都市伝説 秘・テレビでは言えなかった!』

レビュー
前半は筆者の子供時代の不思議な体験がぎっしり。
私の方が若干年配ですが、懐かしい昭和の習慣や雰囲気が感じられて楽しめました。
後半からは、人の業に困惑するシチュエーションがいくつか出てきて、ある意味妖怪化したUMAとの対決物語と思って、ハラハラしながら読ませていただきました。そして気が付きました。表紙の「怖すぎる」とはこれか!と。
オカルト、心霊関連は色々な著作物がありますが、筆者の科学的な、また民俗学的アプローチは、他を圧倒します。
レビュー
最初の方にはご本人の体験談が幼少期から描かれています。こんなに体験があるんだーと思わず感心します。読み進んでいくにつれて、いかにもそんな人もいそうだなーと思える人が登場したりします。なかには大丈夫ではなさそうな人も出てきて、こんな人には会いたくないなーとしみじみ思ったりします。とにかくいろんな人や体験がたくさん出てきて、人間博覧会みたいです。
レビュー
UMAや都市伝説などオカルト系に造詣が深く、オカルト否定論者とも理論的に渡り合える稀有な存在でもある山口氏の本はかなり持っていている私ですが、この本で紹介されている山口氏の周りに徘徊するオカルト信奉者や存在そのものがオカルトな人たちとのエピソードは、怖いというより面白すぎるというのが正直なところで未見の方は一見の価値ありです。タイトルに怖すぎるとありますが、そんなに怖い作品集ではないと思います。(実話の真実味はありますが…)
最後に、私が山口氏のファンでありながら4としたのは、実はこの本は、TOブックスというところから出版されている文庫版の再構成版になっています。山口氏の新作集ではありませんのでTOブックスの山口氏の既作品をお持ちの方はご注意を。
レビュー
自身が経験した怪談も掲載されていますが、この本の真骨頂は著者の周りに集まるちょっとアレな人々の奇行に関する話です。

「こんなやつ本当にいるのか?」ってくらいのアレっぷりが面白くて、一晩で一気に読んでしまいました。

関暁夫のおすすめ本・書籍秘・テレビでは言えなかった! 山口敏太郎の怖すぎる都市伝説 秘・テレビでは言えなかった!を読みたい方はこちら↓

レビュー・口コミの詳細を見る

『秘・テレビでは言えなかった! 山口敏太郎の怖すぎる都市伝説 秘・テレビでは言えなかった!』を読む

スポンサーリンク

4位. 関暁夫のおすすめ本・書籍│『未来を動かす バシャールが新たに語る、「最高の人生」にシフトする方法。』

関暁夫のおすすめ本・書籍レビュー│『未来を動かす バシャールが新たに語る、「最高の人生」にシフトする方法。』

レビュー
バシャールが語る言葉にはいつも勇気づけられています。が、今回のこの本では対話している方がバシャールがいうこと全部に「ああ、わかります!」って言ってるために話がそれ以上進まず、次のテーマにいってしまうため内容に深みがありませんでした。一つ一つもっと突っ込んで欲しいし、話に具体性がなく残念でした。ただ著名な方が対話しておられるようなので、あらかじめテーマを決めて話さなければならない分、致し方ないところではあると思います。
同著者のバシャールゴールドやバシャール2006は一般の方の個人的な悩みに答える形であるので、内容に人間味があって参考になったしインスピレーションを与えられました。kindle版を出してほしいと切望します。
また、バシャール人気が増えているので、次回はヴォイスさんにはバシャールのセミナーを基にした本を出していただきたいです。
もちろんこちらの本も、バシャールが初めての方には参考になることが多いと思うし、ドナルドトランプの話など今の時事に関わる話もしているので読むに値する良書だとは思います。kindle版でバシャールを読めることに感謝です。
レビュー
安藤さんの質問があまりにも世俗的で偏りすぎていて、ちょっと残念でした。
家が散らかっている事なんて聞かれてもって感じですよ(笑)
狭い考え方とも言われていましたね。
ちっとも伝わらず、同じ質問を繰り返す安藤さんにバシャールが
「波動をもっと上げていただかないと、私たちが一日中すーっと説明したとしても「わかりません」「理解できません」という返事が返ってくるだけです。」
と言われ、安藤さんは、「まだ理解できていません」「持ち帰ります」と回答していました。
質問内容が、ちょっと的外れ傾向にあったので、バシャールも説明の時、前にも言ったという言葉がとても多くなっていましたね。
質問を考える前にある程度、他の対談など書籍を読まれて挑まれたのかが疑問でした。
安藤さんは、固定観念が強く、物事に白黒つけたがるタイプの方のようで
その点をバシャールに指摘されていたのに、それを読み取れずバシャールに笑われていました。
バシャールに笑われる質問者は初めてですね(笑)
レビュー
バシャールの最新情報が欲しくて購入。前半、なんとなく、インタビュアー(安藤美冬さん)とバシャールのテンポがあってないのかな?と感じましたが、後のページで、安藤さんがそのことを正直に書かれていて、好感が持てました!私がバシャールに会えたら聞きたいだろうなあ、ということをピンポイントで聞いてくださっていて、とても満足しました。特に、トランプ大統領の役割については目からウロコで、未来に希望が持てました!
レビュー
ワクワクすることをすることがなぜ大切なのかを感覚的に教えてもらった。思考は磁石のようなもので、つねに焦点を向けるエネルギーを現実に反映しているのだなと感じた。テレポーテーションなど理解するのに時間が掛かりそうな箇所もあったが、多くの教えはシンプルですっと頭と心に入ってくるものだった。節目節目で何度も読むことになる本だと思う。

関暁夫のおすすめ本・書籍未来を動かす バシャールが新たに語る、「最高の人生」にシフトする方法。を読みたい方はこちら↓

レビュー・口コミの詳細を見る

『未来を動かす バシャールが新たに語る、「最高の人生」にシフトする方法。』を読む

5位. 関暁夫のおすすめ本・書籍│『フリーメイソン 秘密結社の社会学(小学館新書)』

関暁夫のおすすめ本・書籍レビュー│『フリーメイソン 秘密結社の社会学(小学館新書)』

レビュー
謎の秘密結社というイメージしか無かった、フリーメイソン
に関する解説本です。
23のQ&Aという形式を取っています。

フリーメイソンについての教科書と言っても良い程、その歴
史や組織について、詳細に述べて行きます。
階層やら団体やらを、そんなに詳しく羅列しなくても、と思
う程ですので、教科書のように退屈である、とも言えます。

キリスト教と合理性の折衷として欧州で生まれ、歴史コンプ
レックスの塊の米国で発達した中間団体である、ということ
が、よく判りました。
判り過ぎて、フリーメイソンへの関心が無くなってしまった
位です。

著者は、フリーメイソンのような信仰と合理性のインターフ
ェイスが、今後、イスラム世界やインド、中国で必要となる
と見ているようですが、それらが、キリスト教に根差したフ
リーメイソンでは無いことは確実でしょう。

レビュー
何か,面白い話ネタを期待している人には向きません。正しく,フリーメーソンを理解するための入門書です。
もし,ネタをいただく目的であるなら,読むべきではありません。
さて,フリーメーソンを知ることは,ヨーロッパとアメリカの裏面史であると言うことを理解できました。
その意味では期待を裏切りません。一読の価値ありです。
レビュー
フリーメイソンを正しい意味で理解できる。どっかの都市伝説テラーの中途半端な語り口より正確に理解できる。勿論、ユダヤ陰謀論者の書物よりも客観的で理性的な書物。

専門家のフリーメイソンについて書いた書物を編纂してまとめた物なので、この一冊でフリーメイソンについてはかなりわかる。やはり意図するところは都市伝説とユダヤ陰謀論に対しての批判本かな?

レビュー
階級や何かも、ちゃんと書いてある。スコティッシュライトなど、日本のグランド・ロッジの片桐さんの著書と比べても、中身が正確な中身でした。素晴らしい。

関暁夫のおすすめ本・書籍フリーメイソン 秘密結社の社会学(小学館新書)を読みたい方はこちら↓

レビュー・口コミの詳細を見る

『フリーメイソン 秘密結社の社会学(小学館新書)』を読む

スポンサーリンク

6位. 関暁夫のおすすめ本・書籍│『本当にやりたかったことを、今すぐはじめよう!』

関暁夫のおすすめ本・書籍本当にやりたかったことを、今すぐはじめよう!を読みたい方はこちら↓

レビュー・口コミの詳細を見る

『本当にやりたかったことを、今すぐはじめよう!』を読む

関暁夫のおすすめ本・書籍ランキング│まとめ

『関暁夫のおすすめ本・書籍ランキング』いかがでしたでしょうか?

ぜひ、気になった関暁夫の本・書籍を読んで、あなたの実生活に役立ててみてくださいね!

ぴんと
さいごまで読んでいただき、ありがとうございました!
【Amazon】本を無料で読む方法!

 本を読むときは『Audible』の
『30日間無料体験』がおすすめです!

ライトノベル・小説・ビジネス書など、
400,000冊以上の本が聴き放題!

ぴんと
毎日の料理やジョギング、通勤中など、いつでもどこでも好きな時に聴けるので、1日1冊ラクに本が読めちゃう!
ぴんこ
再生した後でも何回も交換OKだから、
実質無料の「聴き放題サービス」ね!

また、あのメンタリストDaiGoさんも
本を聴くことで1日に3冊は読めるとおすすめしています!

読書やPC作業で目が疲れたときもインプットが続けられますし、移動時間も無駄にならない。

通勤に時間がかかる人なら、少なくても1日1冊分は聴けるんじゃないでしょうか。

テキストをフラットに聴くことにより、文章や論理の構造まできれいに頭に入るので、本がまるごと頭の中に入るような喜びが体感できます。

それによって話すことがうまくなり、言葉も出てきやすくなるので、本を耳で聴くのはおすすめですよ。

引用:なぜDaiGoは「目より耳」で本を読むのか

さらに、人気俳優・声優のボイスが、
本の魅力をさらに引き出しているので、
スキマ時間を有効活用したい人は、この機会をお見逃しなく! 

 
\忙しいあなたも、耳は意外とヒマしてる!/

小説 ビジネス書 ラノベ
40万冊を無料体験で聴く!

スポンサーリンク
スポンサーリンク