【2019年】百田直樹のおすすめ作品・書籍ランキング7冊!年400冊読む書評ブロガーが紹介!

こんちわ、柿田ぴんとです!

今回は、百田直樹のおすすめ作品・書籍ランキング7冊を紹介していきます!

\30日間 無料体験中!/
小説 ビジネス書 ライトノベル
40万冊を「無料体験」で聴く

1位. おすすめ作品・書籍│『幸福な生活』百田直樹

幸福な生活(百田直樹 著)は、を『永遠の0』『海賊とよばれた男』
国民的ベストセラー作家が魅せる、愛する人の“秘密”を描いた傑作集!

【作品・書籍の内容】
「ご主人の欠点は浮気性」帰宅すると不倫相手が妻と談笑していた。
こんな夜遅くに、なぜ彼女が俺の家に?二人の関係はバレたのか?動揺する俺に彼女の行動はエスカレートする。
妻の目を盗みキスを迫る。そしてボディタッチ。彼女の目的は何か?平穏な結婚生活を脅かす危機。俺は切り抜ける手だてを必死に考えるが…

おすすめ作品・書籍レビュー│『幸福な生活』百田直樹

レビュー
前作までの長編は、その話の展開でぐいぐい引き込まされ
とくに「錨を上げよ」では上下巻を土日2日間かけて一気に読んでしまった。
そして今回の短編集。 
ストーリー自体はありふれた生活の中でどこか、何かのきっかけで起こりそうな事を
ユーモア ホラー サイコホラー ミステリー ヒューマンなどの要素をちりばめて最後にどんでん返しの 
「オチ」 だったり。
一言 面白いです。
ただ 一つ一つの物語をじっくり味わうために 夜 寝る前に1話 電車の移動時間に1話 トイレで1話、、、
一気に読まない方がおすすめです。 
また 読み返して笑いたくなるそんな作品です。
レビュー
これまでに読んだことのないショートショトの作品集。
最後の一言で驚いたり、なるほどと唸ったりと、存分に楽しむことができた。
2〜3個の作品を読むと終盤を予想しながら読み進めるようになるが、予想を上回るオチが多く見事。
人を喜ばせることに長けている著者の実力を存分に発揮していると言えよう。
各作品は5分程度で読むことができるため、空き時間のちょっとした楽しみにカバンに忍ばせておくのもいいかも。

また『幸福な生活(百田直樹 著)』を無料で読みたい人は『Audible』の『30日間 無料体験』がおすすめです!

ライトノベル・小説・ビジネス書など、
400,000冊以上の本がいつでも聴き放題!

ぴんと
毎日の料理やジョギング、通勤中など、 いつでもどこでも好きな時に聴けるので、1日1冊ラクに本が読めちゃう!
ぴんこ
再生した後でも何回も交換OKだから、
実質無料の「聴き放題サービス」ね!

また、人気俳優・声優のボイスが、
本の魅力をさらに引き出しているので、
スキマ時間を有効活用したい人は、この機会をお見逃しなく!

0円で聴き放題!30日間 無料体験する 『幸福な生活』を無料で聴く \今なら0円で40万冊が読み放題!/
おすすめ作品・書籍│『幸福な生活』

スポンサーリンク

2位. おすすめ作品・書籍│『日本国紀』百田直樹

【作品・書籍の内容】
私たちは何者なのか――。

神話とともに誕生し、万世一系の天皇を中心に、独自の発展を遂げてきた、私たちの国・日本。
本書は、2000年以上にわたる国民の歴史と激動にみちた国家の変遷を「一本の線」でつないだ、壮大なる叙事詩である!

おすすめ作品・書籍レビュー│『日本国紀』百田直樹

レビュー
「1つの文献を完全に信じきるのは非常に危うい。複数の文献を調べるべき」と言うのが私のスタンスです。しかし、この書籍は非常に参考になります。新しい視点からも切り込んでいるため、今まで見えなかったものが出てきました。量が多いですが、『教科書』と形に嵌ったものではなく非常に読みやすいため半日あれば一通り読めてしまいます。読書が苦手と言う方にもオススメできます。
レビュー
百田氏が言われた通り、初めから飛ばさずに読んだ。2000年以上を一冊だから、個人的にこのエピソードが無いなとか、ここはもっと詳しくとか、もちろんすでに知ってる事もある。

でも、最後まで読んだら作者の意図がわかった。
通史を読みやすく表現し、脈々と続く日々の積み重ねが今に至る事を感じた、そこに会った事もない沢山のご先祖様の存在を感じながら。

2000年を今に繋げて、未来に目を向けさせる。日本人として恥じない生き方をしたいと自然と思う。2000年の旅を1日で過ごした気分。

2000円は安い!あと何度か再読して、今後は歴史辞書的にも使いたい!

レビュー
何故自信が持てず心揺れるのか。それには、正しく事実を知ることが必要且つ不可欠です。
黙したい事や声を上げたい事が明け透けになり、そこから始まる自分のストーリーをあなたはどう生きますか?そんな問いかけであり、力強く背中を押してくれる本です。先人からのエールでもあります。
最初から最後まで文字が一文が繋り本が出来るように、日本の道筋・筋道を表した唯一無二の日本国紀。
「どんな本ですか?」「どんなジャンルの本ですが?」と問われれば、紛れもなく『日本国紀』ですとしか答えようがありません。

百田直樹のおすすめ作品・書籍日本国紀(百田直樹 著)を読みたい方はこちら↓

『日本国紀』を読む

3位. おすすめ作品・書籍│『永遠の0 : 1 (アクションコミックス)』百田直樹

【作品・書籍の内容】
司法浪人生、とはいうものの実質的にはニートの佐伯健太郎は、駆け出しライターの姉・慶子の補助という“アルバイト”の依頼を受け、つい最近までその存在さえ知らなかった“本当の祖父”宮部久蔵について調べることになる。終戦数日前に特攻で死んだという「その人」の像を結ぶための旅は驚きと感動に満ちたものだった――。

おすすめ作品・書籍レビュー│『永遠の0 : 1 (アクションコミックス)』百田直樹

レビュー
全巻まとめ買いして読みました。
1巻のレビュー評価が気になったのですが、1巻だけだと原作小説と伏線の張り方や演出が異なるので評価が分かれるのでしょうね。
漫画版の1巻は序章という感じなので、全巻一気読みがオススメです。
コレ、1巻だけで敬遠していたら勿体ないですよ。

小説の読み口とは異なる、漫画ならではの映像的な躍動感。
そして登場人物の表情から、現代に生きる人間たちの想いが心に迫ってきました。

作画は夢幻の軍艦大和を描かれていた本そういち先生が別名義で描かれているということで、さすがに零戦の描写は重厚かつ緻密で安定感があります。
自分は漫画の戦闘シーン見たさに購入しましたが、期待通りの迫力ある作画でした。
戦記漫画好きなら即買いレベルだと思います。

レビュー
冒頭、小説の展開と違ったり、重厚なシーンがアッサリと流されてしまったり、、
しかし、大事なシーンを少ないページ数で上手く表現出来ており、原作以上に泣けました。
特に4巻以降は、涙、涙でした。
全国の学校、図書館において欲しい。そういう作品です。
レビュー
原作一読後、この漫画シリーズを読み始めました。原作を踏まへてよく描けてゐると思ひます。適度のアレンジもリアリティを高めてゐるやうに感じました。但し、戦闘シーンの描きが一部わかり辛く感じました。それとやや極端氣味の表現も氣になりました。それでもよく出来たストーリー展開だと思ひます。
レビュー
原作も読みましたが、この漫画もかなり秀逸です。
フィクションではありますが、実際に特攻隊員であった方々の本当の想いが良く描かれていると思います。
まだほんの序章ですが、続きが楽しみです。
レビュー
読めば分かる
日々の平和ボケした何気ない生活を反省し、先人に感謝し日々意味あるものにするという気持ちになれるシリーズですね

また『永遠の0 : 1 (アクションコミックス)(百田直樹 著)』を無料で読みたい人は、

Kindle Unlimited 』の『30日間 無料体験』がおすすめです!

無料体験後も、月額980円で
マンガ・小説・雑誌・ビジネス書など、
1,200,000冊以上の本がいつでも読み放題!

ぴんと
1ヵ月換算すると…
32.6円で好きなだけ本が読める!?
ぴんこ
書店で買うと1500円以上するから、1冊でも読みたい本が見つかれば元が取れる『破格のサービス』ね!

PCやスマホ、さまざまな端末で利用できるので
お得に本を楽しみたい人は、この機会をお見逃しなく!

0円で読み放題!30日間 無料体験する 『永遠の0 : 1 (アクションコミックス)』を無料で読む \今なら0円で120万冊が読み放題!/
おすすめ作品・書籍│『永遠の0 : 1 (アクションコミックス)』

スポンサーリンク

4位. おすすめ作品・書籍│『今こそ、韓国に謝ろう ~そして、「さらば」と言おう~ 【文庫版】』百田直樹

今こそ、韓国に謝ろう ~そして、「さらば」と言おう~ 【文庫版】(百田直樹 著)は、私達の先人は「併合時代」に何をしたのか?

日本史上、最悪の三十五年間を紹介しています!

第1章 朝鮮半島を踏みにじって、ごめん
第2章 伝統文化を破壊して、ごめん
第3章 「七奪」の勘違い
第4章 ウリジナルの不思議
第5章 日本は朝鮮人に何も教えなかった
第6章 慰安婦問題
第7章 韓国人はなぜ日本に内政干渉するのか

など、朝鮮に関わった大失敗は必見!

残酷すぎる日韓関係の真実がわかるおすすめの1冊です!

おすすめ作品・書籍レビュー│『今こそ、韓国に謝ろう ~そして、「さらば」と言おう~ 【文庫版】』百田直樹

レビュー
やはり「この本にかいてあることは全部デマだ」と主張する人たちがいるようです。資料に基づいて書かれていることは一読すればわかると思います。デマと断じる人たちはデマであることを資料に基づいて証明する必要があると思います。「竹島は韓国領」とか「慰安婦の強制連行はあった」とかの主張も同じ傾向があります。きちんと根拠を示して主張して欲しいです。
レビュー
数ページも読まない内に吐き気を感じ、何度も中断しようと思いました。
文章が読みやすくドンドン進んでしまうのですが、当時の朝鮮の風景や人々の様が浮かんでは吐き気…

祖父母は明治で両親は戦前生まれのもとで育った私は、感覚的に当時の日本人と近いと考えているのですが、そうすると朝鮮を日本基準にしようとした気持ちが理解できますが、その時の現状は辛いと言うものではなかっただろうと百田さんの描写で痛感した次第です。

そして、清潔が良いとか、嘘や盗みはダメなことと言う価値観も全く受け入れられない相手が国家レベルで実在することに今更ながらショックを受けています。

半島に夢も希望も抱いてはいけなかったのですね…。反省します。

朝鮮人の皆様へ
日本の価値観を押し付けて申し訳ありませんでした。

百田直樹のおすすめ作品・書籍今こそ、韓国に謝ろう ~そして、「さらば」と言おう~ 【文庫版】(百田直樹 著)を読みたい方はこちら↓

『今こそ、韓国に謝ろう ~そして、「さらば」と言おう~ 【文庫版】』を読む

5位. おすすめ作品・書籍│『夏の騎士』百田直樹

夏の騎士(百田直樹 著)は、あの夏、僕は人生で最も大切な「勇気」を手に入れた。

新たなる感動を呼び起こす百田版「スタンド・バイ・ミー」、約3年ぶり、待望の長編小説!

【作品・書籍の内容】
人生で最も大切なもの。それは、勇気だ。ぼくが今もどうにか人生の荒波を渡っていけるのは、31年前の出来事のおかげかもしれない―。昭和最後の夏、ぼくは仲の良い友人2人と騎士団を結成する。待ち受けていたのは、謎をめぐる冒険、友情、そして小さな恋。新たなる感動を呼び起こす百田版「スタンド・バイ・ミー」、遂に刊行。

おすすめ作品・書籍レビュー│『夏の騎士』百田直樹

レビュー
普段ハードカバーの本はあまり買わないのだけど
今回はどうしてもすぐ読みたくて、Amazonで予約しておきました。

読み始めたら止まらない!
どんどん残りのページ数が少なくなってまだ終わらないで欲しい
でも続きが気になる!という状態

様々な伏線が、最後に全て回収される
無駄がなくて、爽快

読み終わりの余韻が最高

久し振りにこんなに胸が熱くなった

熱くなるけれど、初夏の風が吹き抜けた時のような
爽快感も同時に感じる

本当に読みやすく、誰でも難なく読めると思う
普段本を読まない人も、是非読んで欲しい

この本はきっと、二度三度と何度も読み返す本になる
そんな本には滅多に出会えるものではない

是非多くの人に読んで欲しい一冊です

レビュー
人気者とは対極にある、今で言う「隠キャ」な小学生が「騎士団」を結成することで成長していく、勇気・友情・愛の王道ストーリー。
内容盛りだくさんなのに読みやすかった。いわゆる伏線の回収も完璧で、何度も読み返したくなる。
男女問わず小学生から年配の方まで、皆におすすめしたい。

百田直樹のおすすめ作品・書籍夏の騎士(百田直樹 著)を読みたい方はこちら↓

『夏の騎士』を読む

スポンサーリンク

6位. おすすめ作品・書籍│『「カエルの楽園」が地獄と化す日』百田直樹

「カエルの楽園」が地獄と化す日(百田直樹 著)は、米軍基地を追い出し、自衛隊を解消しようとする現実の社会運動とマスコミの共闘から見えてきた、日本滅亡へのカウントダウンを紹介しています!

1章 戦わずして尖閣を奪われるシナリオ
・軍隊が侵入してきた
・中国は日本の報道を見て、侵略を加速させている
・沖縄・反基地闘争とリンクする中国の動き
・「侵略してもOK」と中国に確信させた、6月のマスコミ論調
2章 中国はなぜ日本侵略を企むのか
・人が住めない環境、暮らせない社会
・最下層の流動人口、「男余り」、無戸籍者
・海洋強国建設の狙い
3章 チベット、ウイグルで見た恐ろしい支配の実態
・中華帝国と戦った異民族を取り込み、版図を拡大してきた歴史
・日本人は「消滅すべき民族」
・虐殺で権力を握った中国共産党史
4章 沖縄「独立」を足がかりにした侵略
・米軍を足止めできれば、すぐに尖閣は奪われる
・日本の総理大臣は決断できるか
・沖縄の切り離し工作が進んでいる
・日本は「琉球独立」を容認する
5章 日本が中国に占領されるとき
・史上もっとも安全な時代に、最大の軍拡に走る異常な国
・沖縄独立後に何が起きるか シミュレーション1
・沖縄の次は九州 シミュレーション2
・賠償請求と「詰めの一手」 シミュレーション3
・日本占領 シミュレーション4
・すべての「反中勢力」の肉体的消滅と徹底的な経済搾取
・日本人の奴隷化と強制移住

など、何としても中国を止めなければいけない
考えた二人の話はとても面白いのでおすすめです!

おすすめ作品・書籍レビュー│『「カエルの楽園」が地獄と化す日』百田直樹

レビュー
私の周りの友人に、「尖閣ぐらい、中国にやったらいい」という人がいました。
とんでもない!尖閣をとられたら次は沖縄です。
沖縄を取られたら、次は・・・
多くの日本人にしっかりとそこに迫る危機に気がついてほしいと思います。
レビュー
とにかく半分でも1/3でも読まれることをオススメします。カエルの楽園は決して寓話ではありません。チベットやウイグルでは現実です。そして次は日本です。テレビや新聞は決して教えてくれません。読んでいて亡命すら頭をよぎりました。既に平和な時代は終わっています。
レビュー
読むのに時間を要しました…受け入れがたい
内容に、胸が痛みます。
『本気の中国』に対して
なんと、のんきな日本人。

平和がいいよね~、戦争やだ~!

と、言っている人に
ぜひ、平和とは何かを考えるための
出発点として、読んで欲しい一冊です。

百田直樹のおすすめ作品・書籍「カエルの楽園」が地獄と化す日(百田直樹 著)を読みたい方はこちら↓

『「カエルの楽園」が地獄と化す日』を読む

7位. おすすめ作品・書籍│『百田尚樹 永遠の一冊』百田直樹

百田尚樹 永遠の一冊(百田直樹 著)は、初めて綴った感動秘話、家族だけが知る「素顔の百田尚樹」を紹介しています!

わが原点『永遠の0』誕生秘話
特攻に反対を唱えた指揮官たち
日本の至宝、悲劇の戦闘機「零戦」
自衛隊「ドッグファイト」体験記
沖縄で熱血大講演全録音
朝日も沖縄二紙も上層部はクズや×我那覇真子
沖縄タイムス阿部岳記者の正体
百田尚樹、自ら全著書を完全解説!
自筆履歴書

など、累計1700万部の全著書を自ら完全解説!

大ベストセラー作家・百田尚樹さんの全てが詰まったおすすめの1冊です!

おすすめ作品・書籍レビュー│『百田尚樹 永遠の一冊』百田直樹

レビュー
本書には、爆笑必至の「百田家座談会」や
櫻井よしこ氏、松井一郎氏、北村晴男氏
高須克弥氏、ケント・ギルバート氏
有本香氏、石平氏など百田氏と交友関係のある人達の
「百田尚樹評」
あるいは、百田氏のツイッターでの発言録なども
掲載されているが・・・

百田氏が執筆した数本のエッセイ
平成29年10月の沖縄での講演録全文
櫻井よしこ氏との対談などを読むと
百田氏の近著『戦争と平和』の続編
あるいは加筆という側面が見えて来て
非常に読み応えのある一冊だった。

レビュー
「永遠の0」が大好きで、本も映画も、そしてTV版も見ました。
本も何度か読み返し、映画も何度も見ました。

本当に素晴らしい!
そして、我々の親の“親”の世代(大正生まれの方々)がいかに辛く、切ない人生であった
ことか!が、永遠の0、そしてこの本を読むと、もの凄く分かるような気がします。

特に、「特攻とは、一体何だったのか?」について、ストレートにではなく、永遠の0の
ような伝え方をして、初めて、今を生きる者達の心の奥底を捉えることが出来ると思います。

本当に、百田尚樹さんの「文章力」には、恐れ入ります。

まさに、「日本を大切に思う人」必携の本だと思います。

レビュー
読んでもいない方の星1つレビューを見ると、余計に読みたくなります。
最低でも、読んでからモノを言いましょうね。思想が違うだけで星1つをつけるさもしいマインドには憐憫の情さえ抱きます。
さて、私は読了し、気がつくと朝でした。それくらい一気に読める一流のエンターテイメントです。
笑いはもちろん、元気も出るし、心に響くところもちゃんと作ってある。「探偵ナイトスクープ」の活字版ですね!

百田直樹のおすすめ作品・書籍百田尚樹 永遠の一冊(百田直樹 著)を読みたい方はこちら↓

『百田尚樹 永遠の一冊』を読む

百田直樹のおすすめ作品・書籍ランキング│まとめ

『百田直樹のおすすめ作品・書籍ランキング7冊』いかがでしたか?

ぜひ、気になった百田直樹の作品・書籍を読んで、あなたの人生に役立ててみてくださいね!

ぴんと
さいごまで読んでいただき、ありがとうございました!
【Amazon】本を無料で読む方法!

 本を読むときは『Audible』の
『30日間無料体験』がおすすめです!

ライトノベル・小説・ビジネス書など、
400,000冊以上の本が聴き放題!

ぴんと
毎日の料理やジョギング、通勤中など、いつでもどこでも好きな時に聴けるので、1日1冊ラクに本が読めちゃう!
ぴんこ
再生した後でも何回も交換OKだから、
実質無料の「聴き放題サービス」ね!

また、あのメンタリストDaiGoさんも
本を聴くことで1日に3冊は読めるとおすすめしています!

読書やPC作業で目が疲れたときもインプットが続けられますし、移動時間も無駄にならない。

通勤に時間がかかる人なら、少なくても1日1冊分は聴けるんじゃないでしょうか。

テキストをフラットに聴くことにより、文章や論理の構造まできれいに頭に入るので、本がまるごと頭の中に入るような喜びが体感できます。

それによって話すことがうまくなり、言葉も出てきやすくなるので、本を耳で聴くのはおすすめですよ。

引用:なぜDaiGoは「目より耳」で本を読むのか

さらに、人気俳優・声優のボイスが、
本の魅力をさらに引き出しているので、
スキマ時間を有効活用したい人は、この機会をお見逃しなく! 

 
\忙しいあなたも、耳は意外とヒマしてる!/

小説 ビジネス書 ラノベ
40万冊を無料体験で聴く!

スポンサーリンク
スポンサーリンク