【2020年】オスカーワイルドのおすすめ作品・書籍ランキング7冊!年400冊読む書評ブロガーが紹介!

こんちわ、柿田ぴんとです!

今回は、オスカーワイルドのおすすめ作品・書籍ランキング7冊を紹介していきます!

目次

\30日間 無料体験中!/
小説 ビジネス書 ライトノベル
40万冊を「無料体験」で聴く

1位. おすすめ作品・書籍│『幸福の王子: kikubon文庫』オスカーワイルド

【作品・書籍の内容】
アイルランド出身の文人オスカー・ワイルドによる短編小説。町の中心部に高くそびえ立つ王子の像が、越冬のためエジプトを目指していたツバメと出逢い、苦労や悲しみの中にある人々のために、自分の持っている宝石や自分の体を覆っている金箔を分け与えていく。

『幸福の王子: kikubon文庫』の詳細内容はこちら

おすすめ作品・書籍レビュー│『幸福の王子: kikubon文庫』オスカーワイルド

レビュー
 時を置いて読み返しても、失いたくない人間の優しい心がここにあります。この王子のような、神様のような存在であり続けるのは難しい。でも、憧れます。
 ツバメは、自分が今までどおりのいのちを守りたいのであれば、飛び去ればよいし、それも自然であり、そうしても何らとがめられることではないのに。見捨てられない、葛藤しながらも・・。
 多くの子供達に、触れてもらいたい童話です。かつて涙した自分を忘れず、日々を過ごしていきたいと思います。
 
レビュー
大きな青い瞳を持つ王子の絵に惹かれて購入。
原マスミさんの絵は良い方に裏切られ、
このお話が伝えたいことがストレートに子どもの心に響くだろうなと思いました。
購入後数日本棚に入ったままだったので一度読み聞かせたところ、
響くものがあったようで何度も自分で絵本を読むようになりました。
原作をどこまでこども向けに聞かせるか(翻訳するか)も難しいところでしょうけど、
未就学児向けということでしたら、このボリュームが適当ではないかと思いました。
 

また『幸福の王子: kikubon文庫(オスカーワイルド)』を無料で読みたい人は『Audible』の『30日間 無料体験』がおすすめです!

ライトノベル・小説・ビジネス書など、
400,000冊以上の本がいつでも聴き放題!

ぴんと
毎日の料理やジョギング、通勤中など、 いつでもどこでも好きな時に聴けるので、1日1冊ラクに本が読めちゃう!
ぴんこ
再生した後でも何回も交換OKだから、
実質無料の「聴き放題サービス」ね!

また、人気俳優・声優のボイスが、
本の魅力をさらに引き出しているので、
スキマ時間を有効活用したい人は、この機会をお見逃しなく!

0円で聴き放題!30日間 無料体験する 『幸福の王子: kikubon文庫』を無料で聴く \今なら0円で40万冊が読み放題!/
おすすめ作品・書籍│『幸福の王子: kikubon文庫』

スポンサーリンク

2位. おすすめ作品・書籍│『ドリアン・グレイの肖像 (光文社古典新訳文庫)』オスカーワイルド

【作品・書籍の内容】
「若さ! 若さ! 若さをのぞいたらこの世に何が残るというのだ!」美貌の青年ドリアンと彼に魅了される画家バジル。そしてドリアンを自分の色に染めようとする快楽主義者のヘンリー卿。卿に感化され、快楽に耽り堕落していくドリアンは、その肖像画だけが醜く変貌し、本人は美貌と若さを失うことはなかったが……。美貌を保つ肉体と醜く変貌する魂の対比。ワイルドの芸術観・道徳観が盛り込まれた代表作。

『ドリアン・グレイの肖像 (光文社古典新訳文庫)』の詳細内容はこちら

おすすめ作品・書籍レビュー│『ドリアン・グレイの肖像 (光文社古典新訳文庫)』オスカーワイルド

レビュー
自分は小説をあまり読まないし、外国の文学史もほとんど知らないのですが、「ボウイが少年の頃から愛読していた」と聞いて読んでみました。なるほど、ボウイのデカダンやグラマラスな雰囲気は、ここにルーツがあるのかも、と思わせる小説でした。なにより「美」と「変容」というテーマがデビッド・ボウイの存在そのものと相通ずるものがありますね。

私は小説が苦手なので、本書もこんなふうな不純な動機で手に取りましたが、純粋に小説が好きな方にも十分な手応えのある作品&翻訳だと思います。

怪奇小説としても読めます。クローネンバーグやデビッド・リンチの世界にも通じているかも。古典ですから、きっとどこかでつながっているのだと思います。現代の私たちに無縁の作品ではありません。

レビュー
むかし読んだ時も思いましたが、ヘンリー卿は
やっぱアホです(笑)
なかなかデカダンなキャラです。
しかし、風刺が効いていて名言も多いのは事実。
現代でいえば、援交してる中年の管理職みたいな
おっさんです。
ドリアンは若さを売りにしてる、その援交相手の
女子高生ってところでしょうか。
そしてその隣りでやきもきしながら、溺愛してる
娘の変化をただ見ている事しか出来ないダメ親父
が画家のバジルですね(笑)

これを読んでリンカーンの名言、
「生き方は顔に出てくる。人間、四十を過ぎれば
自分の顔に責任を持たなければならない」
ってのを思い出しました。

レビュー
美しさを誇る肉体、しかし肖像画だけは年を経るごとに醜く変貌していく―。

そういった触れ込みにつられ、購入。
単なるおとぎ話かと思いきや、ワイルドの芸術観・道徳観がこめられており、読みごたえは十分。
若く、美しさを保つ肉体と、醜く、堕落していく魂の対比が象徴的。

翻訳文が苦手で、海外作品をあまり読まない私でも楽しんで読むことができた。

 

また『ドリアン・グレイの肖像 (光文社古典新訳文庫)(オスカーワイルド)』を無料で読みたい人は、

Kindle Unlimited 』の『30日間 無料体験』がおすすめです!

無料体験後も、月額980円で
マンガ・小説・雑誌・ビジネス書など、
1,200,000冊以上の本がいつでも読み放題!

ぴんと
1ヵ月換算すると…
32.6円で好きなだけ本が読める!?
ぴんこ
書店で買うと1500円以上するから、1冊でも読みたい本が見つかれば元が取れる『破格のサービス』ね!

PCやスマホ、さまざまな端末で利用できるので
お得に本を楽しみたい人は、この機会をお見逃しなく!

0円で読み放題!30日間 無料体験する 『ドリアン・グレイの肖像 (光文社古典新訳文庫)』を無料で読む \今なら0円で120万冊が読み放題!/
おすすめ作品・書籍│『ドリアン・グレイの肖像 (光文社古典新訳文庫)』

3位. おすすめ作品・書籍│『サロメ (岩波文庫)』オスカーワイルド

【作品・書籍の内容】
妖しい美しさで王エロドの心を奪ってはなさない王女サロメ.月光のもとでの宴の席上,7つのヴェイルの踊りとひきかえに,預言者ヨカナーンの生首を所望する.幻想の怪奇と文章の豊麗さで知られる世紀末文学の傑作.R.シュトラウスのオペラ「サロメ」の原典にもなった.幻想的な美しさで話題を呼んだビアズレーの挿画をすべて収録.

『サロメ (岩波文庫)』の詳細内容はこちら

おすすめ作品・書籍レビュー│『サロメ (岩波文庫)』オスカーワイルド

 
レビュー
他にもサロメの日本語訳本はありますが
文体と格調の美しさと簡潔さはこの福田さんの訳本が一番でした。
此処に出てくるサロメの姿は月の光のようにはかなく消え入りそうでいて
最後抑えていた感情を全て曝け出して愛する男の首に接吻する狂える女。
神秘的で幽玄・・・そして可愛いらしくも強い少女です。
ビアズリーの挿絵(これも素晴らしいのですが)すらこの名訳の前にかすんでしまうほど。
この福田さんの訳本が無ければ自分はここまでサロメという作品に魅せられなかったでしょう。
文句なしにお勧めです。
レビュー
之は新約聖書のたった、数行で片付いている事件だが、小説家のワイルドが最も華麗にして残酷な物語として戯曲化している。これは言わばエホバ神を信じるユダヤ教とイエスを信じるキリスト教との長い間の宿命的な憎しみ、怨念、といったものの戦いだと思う。それが数世紀経った今、正に「信教の違い」「思想の相違」或いは「聖地」を巡る土地争いなどと言ったものとして中東戦争、湾岸戦争が続いて来ている。。との見方はあながち、誤っているとは云えまい。その事をめぐらしながらこの「サロメ」を読むのも一興と言えよう。
レビュー
短くて、毒気に満ちている。ウィスキーボンボンのような作品ですな。本の薄さに手軽に味わえると思うと悪酔いする。子供のときに、所詮お菓子なんだからと、ボンボンをつまんで食べたら頭がクラクラしたのを思い出す。

同じような台詞が反復するのは音楽的な効果を上げている。ディオニュソス=酒の神=悲劇の神=音楽の神というニーチェの認識をうまく具現した作品。淫蕩に輝く月や薔薇の花弁が視覚に強烈に浮かんでくるので、造形芸術=アポロン的な要素も、その音楽性にうまく連動しているといえる。本当に、『悲劇の誕生』に書かれていることを実践しようと思って狙って書いたんじゃないかと思えるくらいだ。

 

オスカーワイルドのおすすめ作品・書籍サロメ (岩波文庫)(オスカーワイルド)を読みたい方はこちら↓

『サロメ (岩波文庫)』を読む

スポンサーリンク

4位. おすすめ作品・書籍│『キャンタービル屋敷の幽霊』オスカーワイルド

【作品・書籍の内容】
オスカー・ワイルドが送る、笑いと涙のゴースト・コメディ!!

サイモン・ド・キャンタービル卿は300年のキャリアを誇るベテラン幽霊。
でも、お屋敷の新たな住人は現実主義のアメリカ人一家。
彼のことを怖がらないばかりか、あろうことか、逆にイタズラまで仕掛けてくる始末。
幽霊の意地とプライドを賭け、あの手この手で彼らを怖がらせようとするサイモン卿ですが……。
はてさて、どうなりますやら?

『キャンタービル屋敷の幽霊』の詳細内容はこちら

おすすめ作品・書籍レビュー│『キャンタービル屋敷の幽霊』オスカーワイルド

 
レビュー
幽霊を信じない富豪家族と、驚かす事にプライドを賭ける幽霊とのコメディです。
子供向けの内容ですが、この心温まる話は大人でも十分読んでいて楽しいです。

挿絵のデザインがもっと可愛らしければ5つ☆でした。

レビュー
大人の私も夢中でいっきに読んでしまいました。
サイモン卿の幽霊としてのプライドと誇り、そして弱さがとても切なかったです。
このシリーズまた読みたいと思い新作楽しみにしてます!!
 

しかも、今なら『Kindle Unlimited』が
30日間 無料体験中』なのでキャンタービル屋敷の幽霊(オスカーワイルド)
が無料で読めるのもポイント!

ぴんと
マンガ・小説・雑誌・ビジネス書120万冊以上の本がいつでもどこでも読めるので、この機会をお見逃しなく!

0円で読み放題!30日間 無料体験する 『キャンタービル屋敷の幽霊』を無料で読む \30日間 無料体験中!/
おすすめ作品・書籍│『キャンタービル屋敷の幽霊』

5位. おすすめ作品・書籍│『オスカー・ワイルドに学ぶ 人生の教訓』オスカーワイルド

【作品・書籍の内容】
オスカーワイルドは、「個」がいかに生きるかということに対して、数多くの事を教えてくれる天才です。「常識」にとらわれない言葉に触れることで「自分は自分でいいんだ」「みんなと違う感じ方でもいいんだ」と生きる勇気が湧いてきます。

「自分自身」「人間関係」「男と女」「人生」「道徳」の5つのテーマを読み進めていくことで、違った角度から自分自身を見つめなおすことができる「珠玉の一冊」です。

『オスカー・ワイルドに学ぶ 人生の教訓』の詳細内容はこちら

おすすめ作品・書籍レビュー│『オスカー・ワイルドに学ぶ 人生の教訓』オスカーワイルド

レビュー
とても面白く読みました。”人生の教訓”という題名から受けるような硬い内容ではなく、ウィットで毒舌をまぶした”オスカーワイルド箴言集”として気軽に読める本です。

「賢い人間は自分自身に対して矛盾している」とか、「人生は決して公平ではない—-我々にとっては、それは良いことではないのか」のように、聞いただけでハッとさせられる言葉がちりばめられていますが、著書の解説を読むと一段と深い意味がわかり、ワイルドの人間観察の鋭さが理解出来たような気がします。

原文も載っているので、こういう気の利いたせりふを英語でどう表現するのかを学べたのも思わぬ余禄でした。

黒い表紙と赤いしおり紐を使ったしゃれた装丁も私の好みに合い、久しぶりに心を豊かにしてくれる書物に出会いました。

レビュー
『幸福の王子』の作者と聞けば、どんな人でもわかるオスカーワイルド。
その名言から、新たな気づきを得ることができます。
常識にとらわれず、どんな自分も受け入れ、自由に歩みだす1歩となる自信をもらえます。
名言の一言一言は、世の中の常識とされるものとは正反対の観点でもあるので、ある意味シニカルなでもあり、逆にそれが新鮮で、新たな視点を与えてくれるのです。

ありきたりの常識を並べた自己啓発では物足りない方。
常識なんて、あってないようなもの。所詮、人間がつくったもの。それを打ち破り、新たな希望を見出したい方。
きっと、この本を手にすることで、新たな世界の扉を広げられるでしょう。

 

オスカーワイルドのおすすめ作品・書籍オスカー・ワイルドに学ぶ 人生の教訓(オスカーワイルド)を読みたい方はこちら↓

『オスカー・ワイルドに学ぶ 人生の教訓』を読む

スポンサーリンク

6位. おすすめ作品・書籍│『ゲイ短編小説集 (平凡社ライブラリー315)』オスカーワイルド

【作品・書籍の内容】
ワイルド、ロレンス、フォースターら、近代英米文学の巨匠たちの「ゲイ小説」が一堂に会して登場。大作家の「読み直し」として、またゲイ文学の「古典」としても必読の書。これぞゲイ・キャノン。

『ゲイ短編小説集 (平凡社ライブラリー315)』の詳細内容はこちら

おすすめ作品・書籍レビュー│『ゲイ短編小説集 (平凡社ライブラリー315)』オスカーワイルド

レビュー
平凡社ライブラリーと大橋洋一氏が手を組むとこういう本が出来上がるんだなぁと妙に関心(感動)した1冊です。
ゲイ小説…とは言ってもやはり、十九世紀末に作られた作品なのでそんなに露骨なものはありません。選ばれた作家陣も人気作家ばかりなので肩書きは抜きにして、小説を楽しめばいいのではないでしょうか。この面々を一度に読める本なんて他にありませんから。
しかし、この本にサキが入っているのにはびっくりしました。大好きな作家なので、全く知らない事実に驚きました。確かにゲイブリル・アーネストはそのケのある作品ですが、他の作品はそんなでもないのです。女性嫌悪(ミソジニー)の傾向があるので、言われてみれば確かにですけどね。
巻末の大橋洋一氏の解説が、少しまわりくどい書き方をしていますが、ゲイ小説の経歴を説明しながら作品を紹介しているので、さらにゲイ小説にハマりたい方はこちらもじっくり読んでください。
レビュー
作者は名の売れた人ばかりですが、作品は、最高傑作と、わけの分からんものが混在している感じです。
たとえば『幸福な王子』は、若いときにも何度も読んだけど、何度読み返しても感動します。本当に美しい話です。私がいままでに読んだすべての物語の中で最も良かった五つの指に入るでしょう。
しかし、これは一体ゲイの話でしょうか。私には到底そうは思えません。と『そのような批判なホモフォビックなもので』とか解説に書かれており、それにも賛成しかねます。ですが、『幸福な王子』をゲイの話とするこの解説は、なかなか興味深いものもあるので、一読の価値ありです。
キリスト教は同性愛を禁じたが、イエス・キリストの姿そのものが同性愛的欲望を喚起するものとは!
 

オスカーワイルドのおすすめ作品・書籍ゲイ短編小説集 (平凡社ライブラリー315)(オスカーワイルド)を読みたい方はこちら↓

『ゲイ短編小説集 (平凡社ライブラリー315)』を読む

7位. おすすめ作品・書籍│『サロメ・ウィンダミア卿夫人の扇 (新潮文庫)』オスカーワイルド

【作品・書籍の内容】
月の妖しく美しい夜、ユダヤ王ヘロデの王宮に死を賭したサロメの乱舞。血のしたたる預言者ヨカナーンの生首に、女の淫蕩の血はたぎる…。怪奇と幻想と恐怖とで世紀末文学を代表する『サロメ』。夫の情婦といわれる女が臆面もなく舞踏会に姿を現すが、はたして夫人は?皮肉の才気に富んだ風俗喜劇『ウィンダミア卿夫人の扇』。ワイルド劇の頂点を示す『まじめが肝心』の3編。

『サロメ・ウィンダミア卿夫人の扇 (新潮文庫)』の詳細内容はこちら

おすすめ作品・書籍レビュー│『サロメ・ウィンダミア卿夫人の扇 (新潮文庫)』オスカーワイルド

レビュー
ワイルドの真骨頂を日本語で味わうにはこの文庫が一番いい。『サロメ』はともかく『ウィンダミア卿夫人』とか『真面目が肝心』などの傑作風習喜劇が併載されている。特に後者はワイルドの最高傑作だとよく言われる。ヴィクトリア朝人のみならず現代人が当然と考えている慣習をことごとく覆し、爆笑と衝撃を同時にもたらす機知に富んだ会話が一番の魅力。翻訳では限界があるのでこれを読んだら原文で。
レビュー
『サロメ』以外、イギリスが舞台です。どれもオシャレなお話。
個人的に一番好きなのは、『真面目が肝心』。

主人公達は、周りに向かって架空の友人をでっち上げ、その架空の友人は病弱で思わしくないから看病しなくてはならないとか言って、ウザい親戚とかの来訪を頻繁に阻止し、楽しい日々を送ってて、
そういう架空の人間をでっち上げて責任逃れすることを「バンベリーする」と言ってるんですが、学生時代に架空の親族の葬式を何度でっち上げて休んだか分からず、
友人達には「バンベリー主義者だ!」と言って開き直ってた人間としては、超思い出の作品(笑)

久しぶりに再読しましたが、何度読んでも、ほんと面白いです!!
バンベリー主義者達が最後はちゃんとハッピーエンドなのが、特にいい。

で、とにかく、いい感じのオシャレ田園文学ってやつなんで、未読の方は是非。

でも、いい子はバンベっちゃダメですよ。

 

オスカーワイルドのおすすめ作品・書籍サロメ・ウィンダミア卿夫人の扇 (新潮文庫)(オスカーワイルド)を読みたい方はこちら↓

『サロメ・ウィンダミア卿夫人の扇 (新潮文庫)』を読む

オスカーワイルドのおすすめ作品・書籍ランキング│まとめ

『オスカーワイルドのおすすめ作品・書籍ランキング7冊』いかがでしたか?

ぜひ、気になったオスカーワイルドの作品・書籍を読んで、あなたの人生に役立ててみてくださいね!

ぴんと
さいごまで読んでいただき、ありがとうございました!
【Amazon】本を無料で読む方法!

 本を読むときは『Audible』の
『30日間無料体験』がおすすめです!

ライトノベル・小説・ビジネス書など、
400,000冊以上の本が聴き放題!

ぴんと
毎日の料理やジョギング、通勤中など、いつでもどこでも好きな時に聴けるので、1日1冊ラクに本が読めちゃう!
ぴんこ
再生した後でも何回も交換OKだから、
実質無料の「聴き放題サービス」ね!

また、あのメンタリストDaiGoさんも
本を聴くことで1日に3冊は読めるとおすすめしています!

読書やPC作業で目が疲れたときもインプットが続けられますし、移動時間も無駄にならない。

通勤に時間がかかる人なら、少なくても1日1冊分は聴けるんじゃないでしょうか。

テキストをフラットに聴くことにより、文章や論理の構造まできれいに頭に入るので、本がまるごと頭の中に入るような喜びが体感できます。

それによって話すことがうまくなり、言葉も出てきやすくなるので、本を耳で聴くのはおすすめですよ。

引用:なぜDaiGoは「目より耳」で本を読むのか

さらに、人気俳優・声優のボイスが、
本の魅力をさらに引き出しているので、
スキマ時間を有効活用したい人は、この機会をお見逃しなく! 

 
\忙しいあなたも、耳は意外とヒマしてる!/

小説 ビジネス書 ラノベ
40万冊を無料体験で聴く!

スポンサーリンク
スポンサーリンク