【2019年】谷崎潤一郎のおすすめ作品・書籍ランキング5冊!年400冊読む書評ブロガーが紹介!

こんちわ、柿田ぴんとです!

今回は、谷崎潤一郎のおすすめ作品・書籍ランキング5冊を紹介していきます!

\30日間 無料体験中!/
小説 ビジネス書 ライトノベル
40万冊を「無料体験」で聴く

1位. おすすめ作品・書籍│『陰翳礼讃』谷崎潤一郎

【作品・書籍の内容】
人はあの冷たく滑かなものを口中にふくむ時、あたかも室内の暗黒が一箇の甘い塊になって舌の先で融けるのを感じ、ほんとうはそう旨くない羊羹でも、味に異様な深みが添わるように思う。
-西洋との本質的な相違に眼を配り、かげや隈の内に日本的な美の本質を見る。

おすすめ作品・書籍レビュー│『陰翳礼讃』谷崎潤一郎

レビュー
「ヨーロッパはオレンジ色で、日本は白い」といつかテレビで言っていたのを思い出した。夜景の話だ。蛍光灯の明かりは、戦後の経済成長とともに普及したそうだ。その明るい白色の光は、夜もわたしたちのテンションを上げ、興奮させておくのに役立った。
蛍光灯の生活に慣れたわたしにとって、著者の陰翳を賞賛する視点はとても新鮮だった。と同時に、古い日本家屋や寺社仏閣に入ったときに感じる「なんとなく落ち着く」感覚のルーツを発見したような気になって、うれしく思った。日本人としての美意識はわたしにもちゃんと残っていたんだな、と(笑)。古い寺などをまわる前にもう一度読もうと思う。
レビュー
昔の日本は、夜の長い帳の中、暗い灯りの下でこその優美、耽美な世界を楽しんでいたのだなと、思いました。昭和初期に書かれた本なのに、「日本は、アメリカのマネばかりしようとしている。」など、谷崎氏の辛らつな意見には、今に通ずるところが多く、楽しめます。ドコモかしこも明るくなってしまった日本、この国固有の美的感覚はどこに行ってしまったのかと、残念な気がします。ちょっと日本文化を見直せるいい機会になると思います。。アインシュタインが、日本を訪れた時の印象ものっていました。へー、っという感じでした。お勧めです

また『陰翳礼讃(谷崎潤一郎 著)』を無料で読みたい人は『Audible』の『30日間 無料体験』がおすすめです!

ライトノベル・小説・ビジネス書など、
400,000冊以上の本がいつでも聴き放題!

ぴんと
毎日の料理やジョギング、通勤中など、 いつでもどこでも好きな時に聴けるので、1日1冊ラクに本が読めちゃう!
ぴんこ
再生した後でも何回も交換OKだから、
実質無料の「聴き放題サービス」ね!

また、人気俳優・声優のボイスが、
本の魅力をさらに引き出しているので、
スキマ時間を有効活用したい人は、この機会をお見逃しなく!

0円で聴き放題!30日間 無料体験する 『陰翳礼讃』を無料で聴く \今なら0円で40万冊が読み放題!/
おすすめ作品・書籍│『陰翳礼讃』

スポンサーリンク

2位. おすすめ作品・書籍│『痴人の愛』谷崎潤一郎

【作品・書籍の内容】
「つまりナオミは天地の間に充満して、私を取り巻き、私を苦しめ、私の呻きを聞きながら、それを笑って眺めている悪霊のようなものでした」独り者の会社員、譲治は日本人離れした美少女ナオミに惚れ込み、立派な女に仕立ててやりたいと同居を申し出る。我侭を許され性的に奔放な娘へ変貌するナオミに失望しつつも、その魔性に溺れて人生を捧げる譲治の狂おしい愛の記録。谷崎の耽美主義が発揮された代表作。

おすすめ作品・書籍レビュー│『痴人の愛』谷崎潤一郎

レビュー
谷崎潤一郎の小説は初めて読んだが、物語の中に入り込みやすく、面白い作品だと思った。他の作品もこれから読んでみたいという気持ちになった。ふしだらだが美しい肉体を持つナオミに対する語り手の愛情を、エロティックでありながら女に溺れていく様を見事に描写している。冒頭では「あまり類例のない」とあるが、やはり現代では普遍的に存在する男女の関係であるように感じた。
レビュー
譲治はカフェで働く純真な15歳の少女ナオミを引取り、教養を与え西洋的な理想の女に育てようとする。
計画はすべて順調に進んでいるかに思えたが…。
少女から女に変化する過程に、理想の女どころか一人前の悪女に成長したナオミ。
裏切られ、痛められるほど、魅了され溺れていく。
サディスティックな関係と言い切れない、日本人男性ならではの弱さが実に上手く表現され、「これぞ谷崎!」絶対オススメの一冊です。

しかも、今なら『Audible』が
30日間 無料体験中』なので、
痴人の愛(谷崎潤一郎 著)』を無料で聴けるのもポイント!

ぴんと
また、メンタリストDaiGoさんも、
本を聴くことで1日に3冊は読めるようになるとおすすめしています!

読書やPC作業で目が疲れたときもインプットが続けられますし、移動時間も無駄にならない。

通勤に時間がかかる人なら、少なくても1日1冊分は聴けるんじゃないでしょうか。

テキストをフラットに聴くことにより、文章や論理の構造まできれいに頭に入るので、本がまるごと頭の中に入るような喜びが体感できます。

それによって話すことがうまくなり、言葉も出てきやすくなるので、本を耳で聴くのはおすすめですよ。

引用:なぜDaiGoは「目より耳」で本を読むのか

ぴんこ
しかも『Audible』は、
再生した後でも何回も交換OKだから、
実質無料の「聴き放題サービス」なの!
ぴんと
ライトノベル、小説、ビジネス書、
40万冊以上の本がいつでもどこでも聴けるので、この機会をお見逃しなく!

0円で聴き放題!30日間 無料体験する 『痴人の愛』を無料で聴く \忙しいあなたも、耳は意外とヒマしてる!/
おすすめ作品・書籍│『痴人の愛』

3位. おすすめ作品・書籍│『細雪 全』谷崎潤一郎

【作品・書籍の内容】
小説『細雪』は、いまの世の中では殆ど見かけられなくなったと思われる美しい4姉妹の、妖しい息づかい、微妙な相剋、宿命的ともいえる孤独感が、関西独自の風習や、季節の移り変りのなかで見事に描かれている。谷崎文学の頂点として昭和文学史を華やかに彩る、名作長篇初の豪華全一冊本。

おすすめ作品・書籍レビュー│『細雪 全』谷崎潤一郎

レビュー
この数十年、常に手元にこの本をおいて
なんとはなしにめくっては読む日常。
古書店で手に入れた初版本から文庫本から全集まで
その時、その時に購入して
ボロボロに成ってもその本の匂いに捨てられない。
魔力を秘めたというか
読んでいるあいだじゅう、うつらうつらと
まどろんでいるような極上の心地よさの中にいる気がする。
永遠に目を閉じたときは一緒に葬ってくれと家人に伝えてある。
レビュー
改めて日本の文化の素晴らしさを教えてくれた本です。登場人物の心理描写が細かく書かれていて、まるで登場人物達が実際に存在するのではないかと錯覚してしまうほどでした。話の内容はきわめて日常的で、度々事件は起こるものの、大抵は家族の普段の生活が描かれているだけなのに、こんなにも面白いのは不思議です。谷崎氏の文章は読んでいて気持ちいいほど美しくてなめらかです。何度も読み返したくなる素敵な場面が沢山あって、一回読むだけではもったいない本です。
レビュー
分厚い石鹸箱のような文庫本。「細雪」上中下を一冊に収めている。
私は同じ本を3分冊の文庫本や文学全集の中の「谷崎潤一郎集」として数冊持っているが、物語の分量を実感しながら、しかも持ち歩きやすい、この中公文庫版がベストだと思う。
物語自体の評価は定着しているが、私には柔らかな関西弁とのんびりした風俗描写で心が安らぐ精神安定剤になっている。

谷崎潤一郎のおすすめ作品・書籍細雪 全(谷崎潤一郎 著)を読みたい方はこちら↓

『細雪 全』を読む

スポンサーリンク

4位. おすすめ作品・書籍│『春琴抄』谷崎潤一郎

春琴抄(谷崎潤一郎 著)は、を紹介しています!

【作品・書籍の内容】
盲目の三味線師匠春琴に仕える佐助の愛と献身を描いて谷崎文学の頂点をなす作品。幼い頃から春琴に付添い、彼女にとってなくてはならぬ人間になっていた奉公人の佐助は、後年春琴がその美貌を何者かによって傷つけられるや、彼女の面影を脳裡に永遠に保有するため自ら盲目の世界に入る。単なる被虐趣味をつきぬけて、思考と官能が融合した美の陶酔の世界をくりひろげる。

おすすめ作品・書籍レビュー│『春琴抄』谷崎潤一郎

レビュー
初めて谷崎を読みました。
とてつもない、「風景の鮮明さ」ということに尽きます。

文体は独特の読点「、」で刻んでいくモノになっていますが、流れるような美麗体でうっとりします。
春琴の佐助に対する”仕打ち”は、まるで読んでいるこちらのほうに、三味線のバチが飛んでくるよう・・・。

晴れて”同族”となった佐助と春琴のランデブーは、なんとも言えない「人間の極限の愛の姿」を感じます。

レビュー
学生時代に新藤兼人監督の映画「讃歌」を観て、非常に興味深く感じました。原作が有名な「春琴抄」であることを知り、一度原作を読んでみたいと思いながら20年以上が経過しました。kindleで手軽に読めることになり、初めて読んでみると、時代設定や鴫沢てるとの年齢設定が違うのですが、原作がほぼ映像に再現がされているように思いました。映画で佐助が春琴に稽古をつけられている曲がわからなかったのですが、原作を読むと「茶音頭」と書いてあり、映画を観なおすと確かに茶音頭の手事であることがわかり、すっきりしました。

しかも、今なら『Audible』が
30日間 無料体験中』なので、
春琴抄(谷崎潤一郎 著)』が無料で聴けるのもポイント!

ぴんこ
Audible』は、
再生した後でも何回も交換OKだから、
実質無料の「聴き放題サービス」なの!
ぴんと
ライトノベル、小説、ビジネス書、
40万冊以上の本がいつでもどこでも聴けるので、この機会をお見逃しなく!

0円で聴き放題!30日間 無料体験する 『春琴抄』を無料で聴く \今なら0円で40万冊が読み放題!/
おすすめ作品・書籍│『春琴抄』

5位. おすすめ作品・書籍│『谷崎潤一郎マゾヒズム小説集 (集英社文庫)』谷崎潤一郎

谷崎潤一郎マゾヒズム小説集 (集英社文庫)(谷崎潤一郎 著)は、を紹介しています!

【作品・書籍の内容】
エスカレートする遊びの中で、少年と少女が禁じられた快楽に目覚めていく「少年」、女に馬鹿にされ、はずかしめられることに愉悦を感じる男を描く「幇間」、関東大震災時の横浜を舞台に、三人の男が一人のロシア人女に群がり、弄ばれ堕ちていく「一と房の髪」など、時代を超えてなお色鮮やかな、谷崎文学の真髄であるマゾヒズム小説の名作6篇。この世界を知ってしまったら、元の自分には戻れない。

おすすめ作品・書籍レビュー│『谷崎潤一郎マゾヒズム小説集 (集英社文庫)』谷崎潤一郎

レビュー
本書は谷崎潤一郎による短編集。
タイトルの通り、マゾヒズムに焦点をあてた作品6編が収録されている。

最も印象に残ったのは「少年」である。
10歳を過ぎたばかりの少年少女達が、快楽を快楽と理解しないまま、危険な遊びに取り憑かれ、次第にエスカレートしてゆく様が描かれている。
悪いことのような気がする、でも病み付きになる、といった後ろめたさ。
マゾヒズムとエロティシズムの違いすら理解できない幼さ。
無邪気な子供であるがゆえの危うさ。
読んでいて引き込まれた。
読者の嗜好がどうあれ、この一編だけでも読む価値はある。

収録作品の大部分が初期の谷崎作品である。
ゆえに、後に発表される日本のマゾヒズム文学の金字塔「痴人の愛」の布石ともなったであろう作品集。

レビュー
「少年」が一番印象的でした。主人公達が10歳前後で友達の家に遊びに行って子供らしい遊びのつもりが段々とエスカレートして友達のお姉さん(14歳)となにかおかしな方向に・・・という内容ですが描写が細かくいちいちそのたびにネットで調べながら小説を読み進めました。映像化(無理だろうが)したものを一度、みてから読むとより理解しやすいかも?官能小説的な部分もあるので万人向けではないのかもしれないがとにかくこの人の文章は描写が細かくてきれいです。

谷崎潤一郎のおすすめ作品・書籍谷崎潤一郎マゾヒズム小説集 (集英社文庫)(谷崎潤一郎 著)を読みたい方はこちら↓

『谷崎潤一郎マゾヒズム小説集 (集英社文庫)』を読む

スポンサーリンク

谷崎潤一郎のおすすめ作品・書籍ランキング│まとめ

『谷崎潤一郎のおすすめ作品・書籍ランキング5冊』いかがでしたか?

ぜひ、気になった谷崎潤一郎の作品・書籍を読んで、あなたの人生に役立ててみてくださいね!

ぴんと
さいごまで読んでいただき、ありがとうございました!
【Amazon】本を無料で読む方法!

 本を読むときは『Audible』の
『30日間無料体験』がおすすめです!

ライトノベル・小説・ビジネス書など、
400,000冊以上の本が聴き放題!

ぴんと
毎日の料理やジョギング、通勤中など、いつでもどこでも好きな時に聴けるので、1日1冊ラクに本が読めちゃう!
ぴんこ
再生した後でも何回も交換OKだから、
実質無料の「聴き放題サービス」ね!

また、あのメンタリストDaiGoさんも
本を聴くことで1日に3冊は読めるとおすすめしています!

読書やPC作業で目が疲れたときもインプットが続けられますし、移動時間も無駄にならない。

通勤に時間がかかる人なら、少なくても1日1冊分は聴けるんじゃないでしょうか。

テキストをフラットに聴くことにより、文章や論理の構造まできれいに頭に入るので、本がまるごと頭の中に入るような喜びが体感できます。

それによって話すことがうまくなり、言葉も出てきやすくなるので、本を耳で聴くのはおすすめですよ。

引用:なぜDaiGoは「目より耳」で本を読むのか

さらに、人気俳優・声優のボイスが、
本の魅力をさらに引き出しているので、
スキマ時間を有効活用したい人は、この機会をお見逃しなく! 

 
\忙しいあなたも、耳は意外とヒマしてる!/

小説 ビジネス書 ラノベ
40万冊を無料体験で聴く!

スポンサーリンク
スポンサーリンク