【2019年】小松左京のおすすめ作品・書籍ランキング7冊!年400冊読む書評ブロガーが紹介!

こんちわ、柿田ぴんとです!

今回は、小松左京のおすすめ作品・書籍ランキング7冊を紹介していきます!

\30日間 無料体験中!/
小説 ビジネス書 ライトノベル
40万冊を「無料体験」で聴く

1位. おすすめ作品・書籍│『すぐそこ』小松左京

【作品・書籍の内容】
「すぐそこ」は1969年(昭和44年)週刊朝日に掲載された作品です。
田舎の人は基本的に親切ですが、時間感覚や距離感がややのんびりしすぎに感じることがあります。知らない土地で迷子になり、訊ねた人から目的地が「すぐそこ」との返事をもらえれば嬉しいもの。主人公も山道で迷子になり、そんな田舎の人の親切心に救われるはずでしたが…。

『すぐそこ』の詳細内容はこちら

おすすめ作品・書籍レビュー│『すぐそこ』小松左京

レビュー
原作既読。日本の1960~70年代……高度成長期及びその直後の、例えば「列島改造論」とか「いい旅チャレンジ20000km」といったキーワードで象徴される時代性が背景にある作品のため、現代ではなかなか伝わりにくいと思う。とはいえ「道を失う」恐怖は普遍的なものであり、クセの無い端正な絵柄との相性も良く、若い読者にも十分に怖さが伝わるのではないか。何にしても、シリーズ第1作にこれを選んだセンスに感服する。
レビュー
今どこにいるかわからない、進むべき道がわからない不安感がナレーションから伝わってくる。
Audibleで3回聞いたのはこれだけ。
 

また『すぐそこ(小松左京)』を無料で読みたい人は『Audible』の『30日間 無料体験』がおすすめです!

ライトノベル・小説・ビジネス書など、
400,000冊以上の本がいつでも聴き放題!

ぴんと
毎日の料理やジョギング、通勤中など、 いつでもどこでも好きな時に聴けるので、1日1冊ラクに本が読めちゃう!
ぴんこ
再生した後でも何回も交換OKだから、
実質無料の「聴き放題サービス」ね!

また、人気俳優・声優のボイスが、
本の魅力をさらに引き出しているので、
スキマ時間を有効活用したい人は、この機会をお見逃しなく!

0円で聴き放題!30日間 無料体験する 『すぐそこ』を無料で聴く \今なら0円で40万冊が読み放題!/
おすすめ作品・書籍│『すぐそこ』

スポンサーリンク

2位. おすすめ作品・書籍│『日本沈没 決定版【文春e-Books】』小松左京

【作品・書籍の内容】
日本各地で地震が続くなか、小笠原諸島近海にあった無人島が一晩で海中に沈んだ。
調査のため潜水艇に乗り込んだ地球物理学者の田所博士は、深海の異変を目の当たりにして、恐るべき予測を唱えた。

--早ければ二年以内に、日本列島の大部分は海面下に沈む!

『日本沈没 決定版【文春e-Books】』の詳細内容はこちら

おすすめ作品・書籍レビュー│『日本沈没 決定版【文春e-Books】』小松左京

 
レビュー
これまで太平洋プレートが北米プレートの下に沈み込む現象については様々な場所で語られてきました。
日本列島が糸魚川-静岡構造線にそう形で折れ曲がっている理由についてはあまり触れられることはありませんでした。
2017年のNHKの番組の中では,太平洋プレートの沈み込みにたいし大陸プレートが引っ張られたことにより,日本列島が大陸から引き剥がされていく説が紹介されました。
まさにこれは小松先生が,この日本列島で書かれている内容です。
そういう点からも興味深く読むことができました。
レビュー
電子書籍でも他の版が出版されているが、2019年現在最新の版。本編合本化、目次のリンク化に加え、小松左京ご子息である小松左京ライブラリー氏による執筆経緯、その後の状況(続編の話は家庭内ではタブーだった等)の詳細解説付きで充実している。
なお、他の小松作品も、この数年、同氏による電子版の再構成(目次のリンク化、分冊の合本化、各種資料追加、執筆前後の情報の追加解説)が行われているため、紙の書籍の再現にこだわるのでなければ、各書とも最新版との比較の上の購入をお勧めする。
 

また『日本沈没 決定版【文春e-Books】(小松左京)』を無料で読みたい人は、

Kindle Unlimited 』の『30日間 無料体験』がおすすめです!

無料体験後も、月額980円で
マンガ・小説・雑誌・ビジネス書など、
1,200,000冊以上の本がいつでも読み放題!

ぴんと
1ヵ月換算すると…
32.6円で好きなだけ本が読める!?
ぴんこ
書店で買うと1500円以上するから、1冊でも読みたい本が見つかれば元が取れる『破格のサービス』ね!

PCやスマホ、さまざまな端末で利用できるので
お得に本を楽しみたい人は、この機会をお見逃しなく!

0円で読み放題!30日間 無料体験する 『日本沈没 決定版【文春e-Books】』を無料で読む \今なら0円で120万冊が読み放題!/
おすすめ作品・書籍│『日本沈没 決定版【文春e-Books】』

3位. おすすめ作品・書籍│『霧が晴れた時』小松左京

【作品・書籍の内容】
「霧が晴れた時」は1971年「別冊小説新潮」に掲載された短編小説です。楽しいはずの家族での登山、霧が立ち込めることによって迫り来る恐怖、果たして霧が晴れた時には…。
小松左京が得意とした消失がテーマのSF的なホラー作品です。

『霧が晴れた時』の詳細内容はこちら

おすすめ作品・書籍レビュー│『霧が晴れた時』小松左京

レビュー
穴場の山にハイキングに来た4人家族。
人が少ないのを喜んでいたが、濃霧に見舞われ、立ち寄った茶屋は調理器具の火が点いたまま、店の者の姿は見えず…。

稲垣みさお氏は90年代、リイド社の少女向けホラー誌の主力作家で、その後実話4コマ発表も有りますが基本怪奇ホラー漫画一筋の方。
朴訥な筆致が小松怪談の恐怖を的確に盛り上げています。
一編30頁収録。

本作は小松左京生誕85周年記念企画で、他に呪みちる氏(「骨」)未浩氏(「すぐそこ」)御茶漬海苔氏(「まめつま」)」)が同時発売、今後は児嶋都氏(「くだんのはは」!)が予定されています。

ホラー漫画ファンの方、猛暑の中、涼を取りたい方にはお薦めです。

 

しかも、今なら『Audible』が
30日間 無料体験中』なので、
霧が晴れた時(小松左京)』を無料で聴けるのもポイント!

ぴんと
また、メンタリストDaiGoさんも、
本を聴くことで1日に3冊は読めるようになるとおすすめしています!

読書やPC作業で目が疲れたときもインプットが続けられますし、移動時間も無駄にならない。

通勤に時間がかかる人なら、少なくても1日1冊分は聴けるんじゃないでしょうか。

テキストをフラットに聴くことにより、文章や論理の構造まできれいに頭に入るので、本がまるごと頭の中に入るような喜びが体感できます。

それによって話すことがうまくなり、言葉も出てきやすくなるので、本を耳で聴くのはおすすめですよ。

引用:なぜDaiGoは「目より耳」で本を読むのか

ぴんこ
しかも『Audible』は、
再生した後でも何回も交換OKだから、
実質無料の「聴き放題サービス」なの!
ぴんと
ライトノベル、小説、ビジネス書、
40万冊以上の本がいつでもどこでも聴けるので、この機会をお見逃しなく!

0円で聴き放題!30日間 無料体験する 『霧が晴れた時』を無料で聴く \忙しいあなたも、耳は意外とヒマしてる!/
おすすめ作品・書籍│『霧が晴れた時』

スポンサーリンク

4位. おすすめ作品・書籍│『果しなき流れの果に (角川文庫)』小松左京

【作品・書籍の内容】
N大学理論物理研究所助手の野々村は、ある日、研究所の大泉教授とその友人・番匠谷教授から一つの砂時計を見せられる。それは永遠に砂の落ち続ける砂時計だった!白堊紀の地層から出土されたというその砂時計の謎を解明すべく発掘現場へと向かう一行だったが、彼らは知る由もなかった―その背後で十億年もの時空を超えた壮大な戦いが展開されていようとは。「宇宙」とは、「時の流れ」とは何かを問うSFの傑作。

『果しなき流れの果に (角川文庫)』の詳細内容はこちら

おすすめ作品・書籍レビュー│『果しなき流れの果に (角川文庫)』小松左京

レビュー
非の打ち所がないとは言いませんが(特に一つのクライマックスである流れの果ての描写がはしょりすぎて甘い)エネルギッシュでドラマチックな作品でした。前菜(プロローグ)、メインディッシュ(1-10章)、デザート(エピローグ)それぞれが味わい深く描き分けられさながらフルコース・ディナー。そこらの作品とは食べごたえ満足感が違います。壮大な宇宙に比べれば人間の一生なんてちっぽけなものだよ、とはならない。1個の人間の短い一生と宇宙の歴史が最後の最後に等価に並べられる構成は圧巻で感動的です。
 
レビュー
本書を読み終えたら、是非とも初版を調べて見て頂きたい。
古い作品であることに驚くであろう。
しかし、内容はびっくりするほど新鮮で、最近の作品かと思うくらいである。
多くの要素がたっぷり組み込まれている。
一つの砂時計から話が始まるが、テンポがある展開が、読んでいて心地よく、本を手放せない。
この傑作は是非と読んで頂きたい。
 

小松左京のおすすめ作品・書籍果しなき流れの果に (角川文庫)(小松左京)を読みたい方はこちら↓

『果しなき流れの果に (角川文庫)』を読む

5位. おすすめ作品・書籍│『くだんのはは』小松左京

【作品・書籍の内容】
「くだんのはは」は、1968年に「話しの特集」で発表されました。『召集令状』と同様に、その物語の背景には、小松左京の戦争体験が大きく影響を与えています。
『くだんのはは』は、戦争末期のつらい日々を過ごす、小松左京の分身のような旧制中学の生徒である主人公の語りで、超自然的で恐ろしい「くだん」に纏わる、大きな渦のなかに吸い込まれるような、逃れがたい物語が展開されます。

『くだんのはは』の詳細内容はこちら

おすすめ作品・書籍レビュー│『くだんのはは』小松左京

レビュー
原作既読。「旧家のお屋敷」という舞台仕立てや、詳しくは書けないが結末の衝撃などは、現代ではなかなか伝わりにくいと思うが、そのあたりも絵の説得力で充分にカバーされている。1話だけで100円というのは判断に迷う人もいるだろうが、値段以上の価値があると評価したい。
 

しかも、今なら『Audible』が
30日間 無料体験中』なので、
くだんのはは(小松左京)』が無料で聴けるのもポイント!

ぴんこ
Audible』は、
再生した後でも何回も交換OKだから、
実質無料の「聴き放題サービス」なの!
ぴんと
ライトノベル、小説、ビジネス書、
40万冊以上の本がいつでもどこでも聴けるので、この機会をお見逃しなく!

0円で聴き放題!30日間 無料体験する 『くだんのはは』を無料で聴く \今なら0円で40万冊が読み放題!/
おすすめ作品・書籍│『くだんのはは』

スポンサーリンク

6位. おすすめ作品・書籍│『日本アパッチ族 (角川文庫)』小松左京

【作品・書籍の内容】
戦後大阪に出没した、「アパッチ」。屑鉄泥棒から鉄を食う怪物「食鉄人種」に変貌した彼らは、やがて大阪の街から飛び出して、日本全国に広がり仲間を増やし、やがて日本政治をゆさぶるまでになっていく――。

『日本アパッチ族 (角川文庫)』の詳細内容はこちら

おすすめ作品・書籍レビュー│『日本アパッチ族 (角川文庫)』小松左京

レビュー
「ほんまに、日本てええ国やったなあ。わいかて好きやった。ちっこうて、かわいいて、やさしいて・・・ずっと昔、飛田で買うた、初見世の女郎みたいやった・・・」
日本も世界も宇宙も、何度となく滅ぼしてきた小松左京だが、結局、この処女長編が最高傑作ということになるのではないか。憲法改正下でセミファシズム化した近未来(といっても1963年当時から見て)日本を舞台に出現した食鉄人の物語は、徹底的にリアルに、精密に描かれながら、たとえば咀嚼や消化についてなど重要な説明をスコーンと省いていることによって、異様な幻想性を帯び、読み出したら止めらない面白さである。冷然たるエピローグもすばらしい。
レビュー
荒唐無稽、壮大で収拾のつかない物語世界、焼け跡、大阪、哀愁、作中メディア(新聞)、語り部と作品の二重構造…と、小松<長編>作品の特徴がよくあらわれている処女長編、傑作です。「復活の日」などにも出てくる廃墟からの再生というモチーフが、もの悲しさを秘めたスラップスティックとして語られます。

1964年3月の書き下ろしです。安保闘争が一段落して燻りとなり、東京オリンピック開幕の準備が着々と進むこの年に、小松先生の胸には、自分を生み、育てた廃墟への渇望があったのだろうと思われます。渇きがエネルギーとなり、のちに膨大な作品を記すことになるわけですが、その切実さにおいて、この「日本アパッチ族」は、以後のどの小松作品とも違った力をもっているように僕には思えます。

ほぼ同い年、同じ大阪出身の開高健に、やはり廃墟を虚構化した傑作「日本三文オペラ」があります。あわせて読むと味わい深いものがあります。

 
 

小松左京のおすすめ作品・書籍日本アパッチ族 (角川文庫)(小松左京)を読みたい方はこちら↓

『日本アパッチ族 (角川文庫)』を読む

7位. おすすめ作品・書籍│『虚無回廊』小松左京

【作品・書籍の内容】
先頃亡くなった日本SF界の巨匠、戦後日本を代表する知の巨人、小松左京氏。最後の長篇小説にして最高の本格SF、決定

『虚無回廊』の詳細内容はこちら

おすすめ作品・書籍レビュー│『虚無回廊』小松左京

レビュー
 小松左京の未完のSF虚無回廊1から3を1冊にまとめ、堀晃、山田正紀、谷甲州の3氏の対談を巻末に掲載した本である。
 長さ2光年にわたる巨大な円筒形構造物SS、そこに集まる地球外生命、それを探索するのは人工実在AE。設定だけでSFそのものであるが、その記述もハードSFそのものである。果てしなき流れの果てに、継ぐのは誰か、の小松左京ワールドの後継とも言える作品であろう。さらに、巻末の3氏の対談が、この作品の位置づけ、理解を助るものになっている。
 未完の作品を読むというのは、少し躊躇するものがある。しかし、対談の中で指摘されているように「虚無回廊が完結していないという事実はこの作品の瑕疵にはならない」。
レビュー
やっぱり、小松左京はすごい。
AE(人口実存)
光年単位の人工物。
生態系が、一つの意思を持つ生物。
虚宇宙。
興奮させられました。
久しぶりに、私のイメージの小松ワールドを堪能しました。
この続きが読めないのが残念である。
 

小松左京のおすすめ作品・書籍虚無回廊(小松左京)を読みたい方はこちら↓

『虚無回廊』を読む

小松左京のおすすめ作品・書籍ランキング│まとめ

『小松左京のおすすめ作品・書籍ランキング7冊』いかがでしたか?

ぜひ、気になった小松左京の作品・書籍を読んで、あなたの人生に役立ててみてくださいね!

ぴんと
さいごまで読んでいただき、ありがとうございました!
【Amazon】本を無料で読む方法!

 本を読むときは『Audible』の
『30日間無料体験』がおすすめです!

ライトノベル・小説・ビジネス書など、
400,000冊以上の本が聴き放題!

ぴんと
毎日の料理やジョギング、通勤中など、いつでもどこでも好きな時に聴けるので、1日1冊ラクに本が読めちゃう!
ぴんこ
再生した後でも何回も交換OKだから、
実質無料の「聴き放題サービス」ね!

また、あのメンタリストDaiGoさんも
本を聴くことで1日に3冊は読めるとおすすめしています!

読書やPC作業で目が疲れたときもインプットが続けられますし、移動時間も無駄にならない。

通勤に時間がかかる人なら、少なくても1日1冊分は聴けるんじゃないでしょうか。

テキストをフラットに聴くことにより、文章や論理の構造まできれいに頭に入るので、本がまるごと頭の中に入るような喜びが体感できます。

それによって話すことがうまくなり、言葉も出てきやすくなるので、本を耳で聴くのはおすすめですよ。

引用:なぜDaiGoは「目より耳」で本を読むのか

さらに、人気俳優・声優のボイスが、
本の魅力をさらに引き出しているので、
スキマ時間を有効活用したい人は、この機会をお見逃しなく! 

 
\忙しいあなたも、耳は意外とヒマしてる!/

小説 ビジネス書 ラノベ
40万冊を無料体験で聴く!

スポンサーリンク
スポンサーリンク