【2021年】仙崖のおすすめ作品・書籍ランキング7冊!年400冊読む書評ブロガーが紹介!

こんちわ、柿田ぴんとです!

今回は、仙崖のおすすめ作品・書籍ランキング7冊を、高評価レビューも加えてご紹介します!

\30日間 無料体験中!/
小説 ビジネス書 ライトノベル
40万冊を「無料体験」で聴く

1位. 仙崖のおすすめ作品・書籍│『仙厓(せんがい):ユーモアあふれる禅のこころ (別冊太陽 日本のこころ)』

仙崖のおすすめ作品・書籍レビュー│『仙厓(せんがい):ユーモアあふれる禅のこころ (別冊太陽 日本のこころ)』

レビュー
以前からなんとなく気になっていた仙厓和尚の絵に癒され、ますますはまりそうです。
レビュー
とってもかわいかったです!解説もおもしろいです。
レビュー
 数年前、インターネット(ツイッター)を「一筆書きでかいたみたいな、きゃふんきゃふんいってるわんこの絵が可愛い」という画像が駆け回ったことがあった。
 その「きゃふんきゃふん」の絵を描いたお坊さんの特集号。

 ―――と言ったら、三人くらい買ってくれたというあたり、仙厓の絵は現代でも通用するインパクトがある。いや表紙を見たら瞭然ではあるのだけど。
 もちろん彼の神髄は軽やかな禅絵にあるわけで、「きゃふんきゃふん」以外にも素晴らしくおかしみのある(そして深い)絵が満載されているこの一冊は、とりあえず買っておけ。と勧めておきたい次第。小難しいことはさておいて、眺めてるだけで本当に楽しい。「虎に似たるもの」のTシャツや手ぬぐいとか売ってくれないかなー。

仙崖のおすすめ作品・書籍仙厓(せんがい):ユーモアあふれる禅のこころ (別冊太陽 日本のこころ)を読みたい方はこちら↓

レビュー・口コミの詳細を見る

『仙厓(せんがい):ユーモアあふれる禅のこころ (別冊太陽 日本のこころ)』を読む

スポンサーリンク

2位. 仙崖のおすすめ作品・書籍│『かわいい禅画: 白隠と仙厓』

仙崖のおすすめ作品・書籍かわいい禅画: 白隠と仙厓を読みたい方はこちら↓

レビュー・口コミの詳細を見る

『かわいい禅画: 白隠と仙厓』を読む

3位. 仙崖のおすすめ作品・書籍│『仙厓(せんがい) 無法の禅』

仙崖のおすすめ作品・書籍レビュー│『仙厓(せんがい) 無法の禅』

レビュー
初めて出光美術館で仙厓さんの画を観たとき、禅画ってこんなんだっけ?!と驚き、美術館の中だというのに笑い転げてしまった。仙厓さんも若いときは普通にすごく上手な画を描いていた。それがのちになんともユルイ、ユーモアたっぷりの画に変貌する。ピカソみたいだと思った。

玄侑師は、以前美術番組に出演したとき、仙厓さんのことを「好きなひとのことはあまり話したくない」と、仰っていた。その玄侑師が語る仙厓さんである。仙厓さんと同じ臨済宗の僧侶である芥川賞作家の玄侑師、仙厓さんに対する理解も共感も思い入れも深い。しかしこの本は、禅や日本美術の初心者が尻込みするようなボリュームでも難解さでもなく、図版も多く読みやすい。仙厓さんってこんなひとだったんだと知ったら、絶対、もっと画が観たくなる。画を観て笑えば、仙厓さんもきっと一緒に笑うだろう。

玄侑師も仙厓さんに負けじとユーモアたっぷりの筆をふるう。玄侑師は仙厓さんを尊敬するあまりに「ああ、私も早く、変なおっちゃんになりたい」そうだ。
第3章のラストの見出しには、ぶっとんでしまった。ちょっと口にだすのは、はばかられるので、どうぞ各自でご確認ください。

仙崖のおすすめ作品・書籍仙厓(せんがい) 無法の禅を読みたい方はこちら↓

レビュー・口コミの詳細を見る

『仙厓(せんがい) 無法の禅』を読む

スポンサーリンク

4位. 仙崖のおすすめ作品・書籍│『死にとうない (新人物文庫)』

仙崖のおすすめ作品・書籍レビュー│『死にとうない (新人物文庫)』

レビュー
かなり以前に新宿紀伊国屋でこの本を見て、その時は購入せずにいたものの、ずっと読みたいと思っていた本でした。「死にとうない」のセリフが言われた状況やその本意を知りたくて悶々としていました。やっと手に入れて一気に読みました。そして、なるほどなぁ、と深いため息。いろいろなことを考えました。得難い読書体験ができた有難い本でした。
レビュー
文章のまとめが非常に良い本でしたよく研究なさっています。書道と悟りと悟り後の修行のあり方がよくわかります。こんなよい本はぜひ他の僧のことも研究してお示しいただけたらありがたいです私は中国五台山そうけい宗ではたらいています
レビュー
歴史的な部分で観れば、主人公である仙崖義梵はとても凄い人物ですが、それは生まれたときからではなかった。
はじめはやっぱり普通の人間だったんだぁ~と思いました。

だからこそ、自分も読み進む中で、自分を見直すことも出来るのだと思いました。

レビュー
作者は堀和久氏です。大変な力量の人です。仙崖という江戸時代の禅僧の生涯を興味尽くせない筆致で描写して成功しています。江戸時代という時代背景から自然描写、人物の性格、禅宗の知識等、並々ならぬ力量で臨場感たっぷりに表現してあり、一気に読みました。美濃の小作人の家に生まれ、すぐ山に捨てられてしまう仙崖。勉学と修行は命がけであった。空印和尚、月船和尚等のすぐれた師に出会い、煩悩解脱を求め諸国を命がけで行雲流水の修行をする。時には女犯の地獄に陥りながらも、福岡の聖福寺の侍住として迎えられるのである。入滅に際しての言葉「死にとうない」という意味はとてつもなく深いです。風狂和尚仙崖の一生を生き生きと描写してあることに感服しました。おすすめです。ちなみに本当の仙崖という漢字の崖には山はありません。

仙崖のおすすめ作品・書籍死にとうない (新人物文庫)を読みたい方はこちら↓

レビュー・口コミの詳細を見る

『死にとうない (新人物文庫)』を読む

5位. 仙崖のおすすめ作品・書籍│『仙〔ガイ〕百話』

仙崖のおすすめ作品・書籍レビュー│『仙〔ガイ〕百話』

レビュー
仙崖は良寛ともに外せない江戸の禅僧です。
レビュー
文献の一つとして置いています。
センガイさんの作品に遭遇した時に読み直して再楽しみしたいです。
レビュー
 一話から百話まで、それぞれに内容の濃い話と思います。なるほどと感心、又感銘を受ける話が盛りだくさんで、中に私では理解できないものも、それでもいい本です。「おごるなよ 月の丸さも ただ一夜」肝にめいじます。生涯大切な本として繰り返し読みたいですね。

仙崖のおすすめ作品・書籍仙〔ガイ〕百話を読みたい方はこちら↓

レビュー・口コミの詳細を見る

『仙〔ガイ〕百話』を読む

スポンサーリンク

6位. 仙崖のおすすめ作品・書籍│『仙〔ガイ〕の○△□―無法の禅画を楽しむ法』

仙崖のおすすめ作品・書籍レビュー│『仙〔ガイ〕の○△□―無法の禅画を楽しむ法』

レビュー
初心者にはわかりやすくていいです。
楽しい画で気に入ってます。

仙崖のおすすめ作品・書籍仙〔ガイ〕の○△□―無法の禅画を楽しむ法を読みたい方はこちら↓

レビュー・口コミの詳細を見る

『仙〔ガイ〕の○△□―無法の禅画を楽しむ法』を読む

7位. 仙崖のおすすめ作品・書籍│『図録「仙厓展」ユーモアにつつまれた禅のこころ』

仙崖のおすすめ作品・書籍図録「仙厓展」ユーモアにつつまれた禅のこころを読みたい方はこちら↓

レビュー・口コミの詳細を見る

『図録「仙厓展」ユーモアにつつまれた禅のこころ』を読む

仙崖のおすすめ作品・書籍ランキング│まとめ

『仙崖のおすすめ作品・書籍ランキング』いかがでしたでしょうか?

ぜひ、気になった仙崖の作品・書籍を読んで、あなたの実生活に役立ててみてくださいね!

ぴんと
さいごまで読んでいただき、ありがとうございました!
【Amazon】本を無料で読む方法!

 本を読むときは『Audible』の
『30日間無料体験』がおすすめです!

ライトノベル・小説・ビジネス書など、
400,000冊以上の本が聴き放題!

ぴんと
毎日の料理やジョギング、通勤中など、いつでもどこでも好きな時に聴けるので、1日1冊ラクに本が読めちゃう!
ぴんこ
再生した後でも何回も交換OKだから、
実質無料の「聴き放題サービス」ね!

また、あのメンタリストDaiGoさんも
本を聴くことで1日に3冊は読めるとおすすめしています!

読書やPC作業で目が疲れたときもインプットが続けられますし、移動時間も無駄にならない。

通勤に時間がかかる人なら、少なくても1日1冊分は聴けるんじゃないでしょうか。

テキストをフラットに聴くことにより、文章や論理の構造まできれいに頭に入るので、本がまるごと頭の中に入るような喜びが体感できます。

それによって話すことがうまくなり、言葉も出てきやすくなるので、本を耳で聴くのはおすすめですよ。

引用:なぜDaiGoは「目より耳」で本を読むのか

さらに、人気俳優・声優のボイスが、
本の魅力をさらに引き出しているので、
スキマ時間を有効活用したい人は、この機会をお見逃しなく! 

 
\忙しいあなたも、耳は意外とヒマしてる!/

小説 ビジネス書 ラノベ
40万冊を無料体験で聴く!

スポンサーリンク
スポンサーリンク