【2019年】寺山修司のおすすめ作品・書籍ランキング7冊!年400冊読む書評ブロガーが紹介!

こんちわ、柿田ぴんとです!

今回は、寺山修司のおすすめ作品・書籍ランキング7冊を紹介していきます!

\30日間 無料体験中!/
小説 ビジネス書 ライトノベル
40万冊を「無料体験」で聴く

1位. おすすめ作品・書籍│『書を捨てよ、町へ出よう』寺山修司

【作品・書籍の内容】
あなたの人生は退屈ですか? どこか遠くに行きたいと思いますか? あなたに必要なのは見栄えのよい仕事でも、自慢できる彼や彼女でも、おしゃれな服でもない。必要なのは想像力! 家出の方法、ハイティーン詩集、競馬、ヤクザになる方法、自殺学入門……。時代とともに駆け抜けた、天才アジテーターによる100%クールな挑発の書。

おすすめ作品・書籍レビュー│『書を捨てよ、町へ出よう』寺山修司

レビュー
47歳で急逝した天才的劇作家、詩人のエッセイ集。プレイボーイではなくブレイボーイを目指せ、やくざになる方法、自殺学入門。作者は、読者をいろいろと挑発しているが、一方で挑発していることを自ら茶化している側面もあり、その語り口は人々を強烈に引きつける魅力を有している。ここらへんは、さすが詩人、言葉の使い方が絶妙である。しかし、この随分と前に出された本が批判していた「老人が若者を搾取している」状況は、現在、さらに悪化している。また「青年よ大尻を抱け」、「くたばれホームドラマ」といったアジテーションは、現在の若者にも是非とも浴びてもらいたい。時代の流れに風化しない価値をこの著書は有していると思われる。
レビュー
「寺山修司 書を捨てよ 町へ出よう」
もっと、もっと早くこの本を読んでいたらと思った。いいえ、この年齢になっても、出会えてよかったと思う。もし、出会えなかったら、とても勿体なかったなぁ、と、出会った今感じている。母にも兄にも姉達にも、恩師達にも教えてもらえなかったことが、たくさんたくさん綴られている。人生を明るく生きる糧にもなってくれるような一冊。
レビュー
町に出て人に会おう。いろんな人と出会い、いろんな話を聞いてみよう。今まで本で読んだこともないような話が聞けるはず。
町に出ていろんなことに挑戦してしてみよう。今まで理解できなかった事が解るはず。
本でたくさん知識をつけるのはもちろん大切な事だ。だけど、町にはそれ以上に知らない事が溢れてる。
さぁ、書を捨てよ町に出よう

また『書を捨てよ、町へ出よう(寺山修司)』を無料で読みたい人は『Audible』の『30日間 無料体験』がおすすめです!

ライトノベル・小説・ビジネス書など、
400,000冊以上の本がいつでも聴き放題!

ぴんと
毎日の料理やジョギング、通勤中など、 いつでもどこでも好きな時に聴けるので、1日1冊ラクに本が読めちゃう!
ぴんこ
再生した後でも何回も交換OKだから、
実質無料の「聴き放題サービス」ね!

また、人気俳優・声優のボイスが、
本の魅力をさらに引き出しているので、
スキマ時間を有効活用したい人は、この機会をお見逃しなく!

0円で聴き放題!30日間 無料体験する 『書を捨てよ、町へ出よう』を無料で聴く \今なら0円で40万冊が読み放題!/
おすすめ作品・書籍│『書を捨てよ、町へ出よう』

スポンサーリンク

2位. おすすめ作品・書籍│『ポケットに名言を (角川文庫)』寺山修司

【作品・書籍の内容】
世に名言、格言集は多いけれど、どれもなんだか説教臭くてつまらない!?もっと気楽に、もっと楽しく、Tシャツとジーンズを着るように、名言を自分のものにしませんか?小説や映画の一節、サルトルやマルクス、詩、短歌、歌謡曲、演劇などなど、寺山修司ならではの感性で選んだフレーズの中に、あなたの心のポケットにぴったり合う言葉がきっと見つかるはず。

おすすめ作品・書籍レビュー│『ポケットに名言を (角川文庫)』寺山修司

レビュー
詩集や小説、映画などからピックアップした名言の数々を掲載。文そのものは短いが、それぞれに深い意味合いが潜み、また込められていると想像される。

また、寺山の豊かな感性により選ばれた名言集は、彼自身の生き方や思想を写し出しているようだ。さらに、それらの名言たちが、どのような場面で使われているのかを追うことで、私たちの読書分野の幅が広がってくる。色々な意味で、興味をそそられる一冊である。

レビュー
本書ほど型破りな名言集は珍しい、歌謡曲あり、懐かしい映画のセリフと寺山修司の感性
で選んだユニークな名言集である。

そのなかでドストエフスキーの言葉が多く掲載されてます。その中の一節です。

「人生は苦痛であり、人生は恐怖である。だから人間は不幸なのだ。だが、人間はいまでは
人生を愛している。それは、苦痛と恐怖を愛するからだ」

筆者は詩人にとって言葉は凶器にもなる、同時に薬でなければならないと語ってる。そして
最後に名言などは所詮、シャツでも着るように軽くこなしては脱ぎ捨ててゆく、といった態
のもだということを知るべきだろうという言葉で結んでるのが印象的です。

寺山修司のおすすめ作品・書籍ポケットに名言を (角川文庫)(寺山修司)を読みたい方はこちら↓

『ポケットに名言を (角川文庫)』を読む

3位. おすすめ作品・書籍│『望月理恵朗読「寺山修司少女詩集」』寺山修司

【作品・書籍の内容】
なみだは にんげんのつくることのできる 一ばん小さな 海です(「一ばんみじかい抒情詩」)少女の心と瞳がとらえた愛のイメージを、詩人・寺山修司が豊かな感性と華麗なレトリックで織りなすオリジナル詩集。

おすすめ作品・書籍レビュー│『望月理恵朗読「寺山修司少女詩集」』寺山修司

レビュー
私が詩集をきちんと読んだのは、本作が初めてでしたが、寺山修司が初めてで本当に良かったと思いました。
数々のすばらしい詩の言葉に圧倒され、何度も感嘆し、何度も涙ぐみました。
これからこの本を読む人は、わき目も振らず寺山修司の世界に入り込んでみてください。
きっと、感動を得ることができるでしょう。
レビュー
他の詩集でのように、あまり知られていない比喩を使っているのでなく、誰もが知っているありふれた言葉で読者をハッとさせる寺山の表現力はいつも驚かされます。
この本でもその表現力が十分に発揮されています。
レビュー
40年前寺山修司の講演を聞いたときの印象は強烈であった。「沈黙も一つの
言語でメッセージである」このフレーズは今でも思い出す、本書を読むとや
はり豊かな感性を感じる内容である。「片想いも恋愛のひとつのかたちです、
相手は想像力です」「半分愛してください、残りの半分で人生を考えてみた
いです」好きな言葉です!

しかも、今なら『Audible』が
30日間 無料体験中』なので、
望月理恵朗読「寺山修司少女詩集」(寺山修司)』を無料で聴けるのもポイント!

ぴんと
また、メンタリストDaiGoさんも、
本を聴くことで1日に3冊は読めるようになるとおすすめしています!

読書やPC作業で目が疲れたときもインプットが続けられますし、移動時間も無駄にならない。

通勤に時間がかかる人なら、少なくても1日1冊分は聴けるんじゃないでしょうか。

テキストをフラットに聴くことにより、文章や論理の構造まできれいに頭に入るので、本がまるごと頭の中に入るような喜びが体感できます。

それによって話すことがうまくなり、言葉も出てきやすくなるので、本を耳で聴くのはおすすめですよ。

引用:なぜDaiGoは「目より耳」で本を読むのか

ぴんこ
しかも『Audible』は、
再生した後でも何回も交換OKだから、
実質無料の「聴き放題サービス」なの!
ぴんと
ライトノベル、小説、ビジネス書、
40万冊以上の本がいつでもどこでも聴けるので、この機会をお見逃しなく!

0円で聴き放題!30日間 無料体験する 『望月理恵朗読「寺山修司少女詩集」』を無料で聴く \忙しいあなたも、耳は意外とヒマしてる!/
おすすめ作品・書籍│『望月理恵朗読「寺山修司少女詩集」』

スポンサーリンク

4位. おすすめ作品・書籍│『群れるな』寺山修司

群れるな(寺山修司)は、「言葉の錬金術師」寺山修司のベスト・メッセージを紹介しています!

20歳のときに重病ネフローゼが発症、
自分が若くして死ぬことを知りながら、
47歳最後の瞬間まで生き抜いた寺山修司の強さが感じられるおすすめの1冊です!

また『群れるな(寺山修司)』を無料で読みたい人は、

Kindle Unlimited 』の『30日間 無料体験』がおすすめです!

無料体験後も、月額980円で
マンガ・小説・雑誌・ビジネス書など、
1,200,000冊以上の本がいつでも読み放題!

ぴんと
1ヵ月換算すると…
32.6円で好きなだけ本が読める!?
ぴんこ
書店で買うと1500円以上するから、1冊でも読みたい本が見つかれば元が取れる『破格のサービス』ね!

PCやスマホ、さまざまな端末で利用できるので
お得に本を楽しみたい人は、この機会をお見逃しなく!

0円で読み放題!30日間 無料体験する 『群れるな』を無料で読む \今なら0円で120万冊が読み放題!/
おすすめ作品・書籍│『群れるな』

5位. おすすめ作品・書籍│『あゝ、荒野 (角川文庫)』寺山修司

【作品・書籍の内容】
1960年代の新宿――。吃音と赤面対人恐怖症に悩む“バリカン”こと建二と、少年院に入り早すぎた人生の挫折を味わった新次は、それぞれの思いを胸に、裏通りのさびれたボクシング・ジムで運命の出会いを果たす。もがきながらもボクサーとしての道を進んでいく2人と、彼らを取り巻くわけありな人々の人間模様。寺山修司唯一の、珠玉の長編小説。

おすすめ作品・書籍レビュー│『あゝ、荒野 (角川文庫)』寺山修司

レビュー
寺山修司が世間の注目を一身に浴び始めた1966年に、この小説はかかれている。
当時の修司は、俳句から短歌を経て、天井桟敷を立ち上げていた。
まさにマルチな才能を発揮していた頃だ。

この本は、「小説」らしい起承転結のようなものが希薄で、流されるように
ポップな雰囲気でエピソードが重複的に並べられる。
しかし、それらのエピソードが密接につながっている。

時折、挿入される短歌や詩が、いい。

とくに、全15章の章扉裏に書かれた短歌は秀逸だ。
もちろんこれらの短歌は、当時すでに発表されてたものがほとんどだが、
妙にストーリーと合っているのだ。

まるで「音楽」が聞こえてくるような小説である。

レビュー
面白かった。

著者があとがきで、今作はキャラクター設定だけ決めておいて、あとはジャズのように即興で思いのままに筆を走らせたと書いたあるように、小説としては最近よく言われる『伏線の回収』というのはまるでされていない。でも人の人生ってすべてが繋がっている訳じゃないし、回収できない伏線なんか腐るほどある筈だ。だからこそこの小説からはリアルな人の息吹を感じるのだ。

レビュー
この小説に出てくるのは、みんな、どこか「壊れた」人たちである。たぶん平成の現代の世の中では、変人扱いされたり、何するか分からない怖い人として疎まれたり、社会から排除されてしまうのではないか。しかし、昭和という時代は、そういう壊れた人たちを許容し、包み込むことができた。高度成長の中で、地方から東京に出てきて、自分の中の何かをよりどころにして必死に生きていた人たち。そういう人たちの「生きることのせつなさ」を描かせたら、寺山修司は天下一品だ。これは、昭和という時代が書かせた小説だと思う。でも、人間の根底には、いつも、こういう「せつなさ」があるとも思うのだ。

寺山修司のおすすめ作品・書籍あゝ、荒野 (角川文庫)(寺山修司)を読みたい方はこちら↓

『あゝ、荒野 (角川文庫)』を読む

スポンサーリンク

6位. おすすめ作品・書籍│『寺山修司全歌集 (講談社学術文庫)』寺山修司

【作品・書籍の内容】
短歌、俳句、詩、エッセイ、評論、演劇……。芸術のジャンルを軽々と飛び越え、その鬼才ぶりを発揮した寺山修司。言葉の錬金術師は歌う。故郷を、愛を、青春を、父を、そして祖国を! 短歌の黄金律を、泥臭く、汗臭く、血腥い呪文へと変貌させる圧倒的な言語魔術に酔いしれる。

おすすめ作品・書籍レビュー│『寺山修司全歌集 (講談社学術文庫)』寺山修司

レビュー
寺山修司全歌集
まずはじめに注意すべきは、これは「全歌集」と言いつつも、寺山修司のすべての歌が載録されているわけではありません(穂村弘さんによる解説’U参照)。
でもまあ、天才歌人のほとんどすべての歌が文庫文で読めるのは僥倖です。

気に入った歌

大工町寺町米町仏町老母買ふ町あらずやつばめよ

間引かれしゆゑに一生欠席する学校地獄のおとうとの椅子

かくれんぼ鬼のままにて老いたれば誰をさがしにくる村祭

つひに子を産まざりしかば揺籃に犬飼ひてゐる母のいもうと

老婆から老婆へわたす幼な児の脳天ばかり見ゆる麦畑

わが撃ちし鳥は拾わで帰るなりもはや飛ばざるものは妬まぬ

ジュークボックスにジャズがかかればいつも来るポマード臭ききみの悪霊

人生はただ一問の質問にすぎぬと書けば二月のつばめ

レビュー
寺山修司を語るには、「異能の歌人」という言葉がぴったり来ると思います。
決して宮中歌会に呼ばれる人ではなかったので、やはり異能ですが、
こういう人を天才と呼ばずに誰を天才と呼ぶべきかと思います。
むしろこういう異能を最初に認めた編集者なり出版社が偉大だと思います。
iPhoneで時々読めるのがうれしいです。

寺山修司のおすすめ作品・書籍寺山修司全歌集 (講談社学術文庫)(寺山修司)を読みたい方はこちら↓

『寺山修司全歌集 (講談社学術文庫)』を読む

7位. おすすめ作品・書籍│『家出のすすめ (角川文庫)』寺山修司

【作品・書籍の内容】
「書を捨てよ、町へ出よう」―若者の未来の自由は、親を切り捨て、古い家族関係を崩すことから始まる―。愛情過多の父母、精神的に乳離れできない子どもにとって、ほんとうに必要なことは何なのか?「家出のすすめ」「悪徳のすすめ」「反俗のすすめ」「自立のすすめ」と4章にわたって、現代の矛盾を鋭く告発する寺山流青春論。

おすすめ作品・書籍レビュー│『家出のすすめ (角川文庫)』寺山修司

レビュー
とあるきっかっけで寺山修司を今年の夏に知りました。

前から名前は知っていたのですが、どんな人なのかさっぱり知らなかったのです。

そして、この作品を読んで、寺山修司の世界にはまりました。

寺山修司は私たちの価値観、固定観念をこれでもかというほどに揺り動かしてくれます。

そして、私たちに物を見るための新しい視点を与えてくれます。

題名からして「家出」という、普通に考えたら「良くないこと」というイメージのものも、寺山独自の視点から切り込み、「良くないこと」と思われたものも「良いこと」なのかもしれないと思わせてくれます。

自分の視野をもっともっと広げたい。

そんな人たちに、是非寺山修司を読んでいただきたいと思います。

レビュー
10代のうちに読め!なんて在り来たりなことは言わない。生きてる間、ヨレヨレ爺、ボロボロ婆になってからでも良いから1度は読め!とでも言おう。

そして今すぐに家を出ろ!するといつの間にか貴方はエチオピア辺りにたどり着いてエチオピアンビートを肌で体感し民族音楽を奏で始めるはずでしょう。

寺山修司?書を捨てよね!あれ良いよね!なんて通俗なことを抜かす阿呆野朗共に告ぐ。そんなモノよりまずこれを読むべし。

沢木耕太郎の深夜特急を読んでバックパッカーと化しマリファナでウキウキワイワイなりながら世界中を巡る旅に出た貴方。これを読んだらシラフのまま、たった一歩で銀河までたどり着いてしまいます。

寺山修司のおすすめ作品・書籍家出のすすめ (角川文庫)(寺山修司)を読みたい方はこちら↓

『家出のすすめ (角川文庫)』を読む

寺山修司のおすすめ作品・書籍ランキング│まとめ

『寺山修司のおすすめ作品・書籍ランキング7冊』いかがでしたか?

ぜひ、気になった寺山修司の作品・書籍を読んで、あなたの人生に役立ててみてくださいね!

ぴんと
さいごまで読んでいただき、ありがとうございました!
【Amazon】本を無料で読む方法!

 本を読むときは『Audible』の
『30日間無料体験』がおすすめです!

ライトノベル・小説・ビジネス書など、
400,000冊以上の本が聴き放題!

ぴんと
毎日の料理やジョギング、通勤中など、いつでもどこでも好きな時に聴けるので、1日1冊ラクに本が読めちゃう!
ぴんこ
再生した後でも何回も交換OKだから、
実質無料の「聴き放題サービス」ね!

また、あのメンタリストDaiGoさんも
本を聴くことで1日に3冊は読めるとおすすめしています!

読書やPC作業で目が疲れたときもインプットが続けられますし、移動時間も無駄にならない。

通勤に時間がかかる人なら、少なくても1日1冊分は聴けるんじゃないでしょうか。

テキストをフラットに聴くことにより、文章や論理の構造まできれいに頭に入るので、本がまるごと頭の中に入るような喜びが体感できます。

それによって話すことがうまくなり、言葉も出てきやすくなるので、本を耳で聴くのはおすすめですよ。

引用:なぜDaiGoは「目より耳」で本を読むのか

さらに、人気俳優・声優のボイスが、
本の魅力をさらに引き出しているので、
スキマ時間を有効活用したい人は、この機会をお見逃しなく! 

 
\忙しいあなたも、耳は意外とヒマしてる!/

小説 ビジネス書 ラノベ
40万冊を無料体験で聴く!

スポンサーリンク
スポンサーリンク