45分で集中力が向上する!脳を休める正しい休憩方法とは?

ぴんと
こんちわ、柿田ぴんとです!

午後の時間になると

「食後の眠気が出たり」
「仕事の疲れが出てきたり」

1日の中で最もパフォーマンスが
下がることは多いのではないでしょうか?

そこで今回は、その悩みを解決するために

正しい休憩を用いて、午後の生産性を上げる方法を紹介していきたいと思います!

ぴんこ
脳を休めて、集中力をあげたいときに、ぜひ参考にしてみてくださいね!

\30日間無料体験中!/
KindleUnlimited
30日間 無料体験してみる!

集中力を高める時間配分とは?

午後の仕事って疲れやすいし
集中力も途切れやすいもの!

それを防ぐために大事になるのが

疲れる前に休むということ!

そして、ここであなたに質問です。

あなたはどちらの休憩方法に当てはまるでしょうか?

 

①限界まで頑張って5分休憩する
②機械的に45分仕事して5分休憩する

もしあなたが、①に当てはまるとしたら
十分に休憩できてない可能性があります!

じつはマラソン選手は
のどがかわく前に給水をすることを意識していて

喉のかわきを自覚した状態は
すでに脱水傾向になりはじめのサイン。

そこで水分補給をしても「時すでに遅し!」なんですよね!

それは休憩にもいえることで
脳が疲れきった状態まで頑張ってしまうと

たとえ5分休んだとしても、
十分に回復することができなくて、

疲れすぎない前に休むことが正しい休憩のコツになってきます!

スポンサーリンク

45分仕事して、5分の休憩がオススメ!

ぴんと
休むにはどんな休憩方法がいいの?

と思う人もいるはず!

そこで集中力を高めるうえでおすすめの休憩方法は

45分仕事をして5分休憩すること!

ちなみに、人間の集中力の限界は120分で
大人でも、「同じ姿勢のまま1つの作業に没頭できる時間は30分」なんですよね!

ちなみに45分ごとに休憩するメリットとしては

  • 集中力が切れる前に終わるので、疲れがたまりにくい
  • 短時間なので、時間管理がしやすくなる
  • 途中で終わった感覚が残るので、「早くあの続きがしたい」と思える

などなど、メリットが盛り沢山!

とくに最後のメリットは大きくて
あえて休憩をとることで休んでいる間も

ぴんと
はやく続きがやりてええええ!!

みたいに、モチベーションを保つこともできるので、仕事や勉強を再開しやすくなるっていう!

45分で集中力を発揮して
疲れる前に休むことができれば

午後のパフォーマンスも変わるので
みなさんもぜひ、試してみてくださいね!

集中力を高め、1年を13カ月にする方法を知りたい人はこちらの記事もぜひ!

【書評Lv.38】1年が13ヶ月になる方法とは?「自分を操る 超集中力」メンタリスト DaiGo

もっともよくない休憩方法とは?

では45分作業して、5分休憩したとして

ぴんこ
あなたは休憩時間に、何をして過ごしていますか?

すぐさまスマホを開いて
SNSやゲーム、メッセージをする人は要注意!

じつは、休憩中にスマホを触るのは
「脳科学的に最も良くない時間の使い方」

逆に脳を疲れさせて、休憩できてないのと同じなんですよね。

パソコンなどのデスクワークは、常に情報を見たり、読んだり、視覚情報の処理で疲れているのもあるし

脳は、光るものをみると興奮する特性があるので

スマホゲームなどでピカピカしてのをみると
脳が休息どころか戦闘状態になってしまうと!

だからこそ、集中力を高めて
午後の仕事の生産性をあげたいと思う人は、

休憩中はスマホをいじらず、脳を休めることを試してみてくださいね!

脳が冴える習慣を紹介している記事はこちら!

【書評Lv.50】あなたは何個あてはまる?『脳が冴える15の習慣 ―記憶・集中・思考力を高める』

スポンサーリンク

脳を休める!正しい休憩方法とは?

ぴんと
スマホはやめた!ほかに良い休憩方法はないの?

と休憩方法にお悩みな人におすすめなのが、

あなたが癒されることを想像すること!

音楽でも、美味しいご飯でも
お風呂、サウナ、マッサージ

スポーツ、ペットと遊ぶ
チョコモナカジャンボを食べる

などなど、とりあえず色々と想像してみる!

ここで大事なのは五感の中で
「視覚」以外を活性化させること!

「聴覚」:音楽、自然の音
「味覚」:おいしいご飯
「嗅覚」:アロマ
「触覚」:マッサージや、ペットに触る

「視覚」以外の刺激が癒しに繋がり
脳を休めることにつながってくると!

ぴんこ
職場で、アロマとかマッサージは難しくない?

という人も多いと思うので、
職場では目をつぶることをおすすめします!

目をつぶると視覚情報が遮断され
脳が休息モードに入るようになっています。

脳科学によると、目を開けているときは
「ベータ波」という周波数の高い波がでて

目を閉じると、「アルファ波」というリラクゼーションの波がでて、リラックス効果があるとのこと!

  • 机に顔を伏せてみる
  • 冷たいタオルを目にあてる
  • 目を閉じてボーっとする

などが、もっとも脳に効果的な休憩方法なので

午後のパフォーマンスを上げたい人は
疲れすぎる前に視覚情報を遮断して、定期的に休憩時間を取るように意識してみてくださいね!

目をつぶることよりも、もっと効果的な休憩方法「マインドフルネス」について知りたい方はこちらの記事もぜひ!

【書評Lv.87】イライラや不安がなくなる方法とは?『ストレスと疲れがみるみる消える!1分間どこでもマインドフルネス』

集中力があがる休憩方法、まとめ

まとめ
・疲れすぎない前に休むことが休憩のコツ!
・45分仕事して、5分の休憩がオススメ!
・休憩中にスマホを触るのは、脳が興奮するのでNG!
・5感の中で、「視覚」以外を活性化させることが大事!
・目をつぶることが、脳に効果的な休憩方法!

つい仕事で成功しようと思うと

仕事の時間を増やしたり
休憩時間を削ってしまいがち

けれども、本当に大切なのは
音楽やマッサージ、食事など

視覚情報を除いた、癒しの時間。

正しい休息こそが、仕事の生産性を高める第一歩なんですね。

集中力を発揮して
パフォーマンスを高めたい人は

ぜひ一度、自分自身の休憩方法
見つめなおしてみてはいかがでしょうか?

ぴんと
さいごまで読んでいただき、ありがとうございました!

合わせて読みたい!

【書評Lv.26】集中力を上げて「自分の時間」をつくろう!『脳のパフォーマンスを最大まで引き出す 「神・時間術」』

\30日間無料体験中!/
KindleUnlimited
30日間 無料体験してみる!

スポンサーリンク
スポンサーリンク