最適な仮眠時間とは?効果的な仮眠方法を紹介!

こんちわ、柿田ぴんとです!

ぴんと
勉強や仕事中、猛烈な眠気に襲われる…

ぴんこ
とくに午後は眠すぎる…

そう思う人も、多いのではないでしょうか?

ぼくも夜ふかしした次の日は、
集中力も続かず、生産性が上がらないこともしばしば・・・

そんな日中の眠気を吹っ飛ばすために、今回は効果的な仮眠方法について!

仮眠には、アメリカの研究でも
注意力仕事の効率
向上することが証明されています!

しかし、最適な仮眠時間や
効果的な方法を知らなければ
仮眠のメリットがデメリットにもなることも。

気分をリフレッシュし
仕事の効率をあげるためにも

ぴんと
さっそく「効果的な仮眠の方法」を紹介していきます!

\30日間無料体験中!/
KindleUnlimited
30日間 無料体験してみる!

仮眠の科学的根拠

ぴんこ
みなさんはお昼の時間
仮眠をとったことはありますか?

したことがある人は、「脳と身体の疲れが猛烈に回復する」あの快感を知っている人も多いはず!

じつは仮眠には、疲労回復効果があると、科学的に証明されていて、脳の疲労と集中力の回復、病気の予防にも効果的なんですよね。

さらに、脳の疲労だけでなく、
集中力や記憶力も向上するという万能も兼ね備えており

アメリカのNASAの研究では

26分の仮眠で、仕事の効率が34%アップ、
注意力が54%アップする結果も出ています。

ぴんと
26分って中途半端すぎん!?

と思うわけですが

あのアメリカの大企業、Googleやナイキも
仮眠室やナップポッドと呼ばれる、睡眠マシンを導入しており

それだけ仮眠の効果は、仕事の生産性に関係してくるわけですね!

スポンサーリンク

最適な仮眠時間は、20分~30分

ぴんこ
じゃあ、何分の仮眠が一番いいの?26分?

仮眠の最適な時間については、
いろいろな研究があるわけですが、大体

20分~30分が効果的な仮眠時間

注意してほしいのが、仮眠の時間が30分を超えると効果がどんどん悪くなり
1時間を超える仮眠は、脳のパフォーマンスだけでなく健康的にも悪影響を及ぼすとのこと。

30分以下の仮眠は、死亡率が下がる?

ちなみに仮眠の
「健康に対する影響」も凄まじくて

1日30分以下の仮眠は

アルツハイマー病の発症のリスクを5分の1に下げるのに対し

1時間以上の仮眠は、アルツハイマー病の発症のリスクを2倍に増加させるという・・・。

 

働くビジネスマンの場合は
週に3回以上、1回30分の昼寝をすると
死亡率が37%低く、心臓病での死亡率は64%も低くなって

糖尿病に関しても、
毎日30分程度の仮眠をすると、糖尿病のリスクが下がって
逆に1時間以上の仮眠をとると、糖尿病のリスクが高くなるそうで!

まとめると、30分前後の仮眠は

疲労回復、認知症予防、心臓病予防、糖尿病予防

身体の健康に非常に良い効果があるとので、
健康のためにも積極的に仮眠をとっていきましょい!

ぴんと
仮眠の理想の時間は30分前後!
ぴんこ
1時間を超える仮眠は健康に悪影響なので、そこだけ気をつけて、仮眠をとってくださいね!

脳が休まる正しい休憩方法を、知りたい人はこちらの記事もぜひ!

45分で集中力が向上する!脳を休める正しい休憩方法とは?

効果的な仮眠の方法

ここでは、効果的な仮眠の方法について紹介!

ベストなのは、「平らなところで寝ること」ですが、
それはなかなか難しいと思う人も多いのではないでしょうか?

じつは、椅子に座ったまま、机の上で顔を伏せて眠るやり方でも、かなり仮眠に効果的で

オススメなのが、眠る前にコーヒーなどのカフェインを摂取すること。

カフェインの効果は30分後に表れるので、自然に目が覚めやすくなります!

ぴんと
お昼は忙しくて、寝る時間がないんだけど…

そういう方は、目をつぶると効果的な仮眠ができます!

じつは、目をつぶると視覚情報が遮断され、脳が休息モードに入るだけでなく、「アルファ波」というリラクゼーションの波がではじめるので、リラックス効果もあります。

けれども、疲労回復には仮眠が一番なので
もし「ひどい疲れ」を感じたら、短時間でもいいので仮眠をとってくださいね!

質の良い睡眠をしたい人は、こちらの記事もぜひ!

【睡眠改善】寝る前にやっていいこと、やってはいけないこととは?

スポンサーリンク

仮眠方法、まとめ

「効果的な仮眠方法」いかがでしたでしょうか?

・26分の仮眠によって仕事の効率が34%、注意力が54%アップ!
・30分前後の仮眠は、疲労回復、認知症予防、心臓病予防、糖尿病予防、身体の健康に非常に良い効果がある!
・イスに座ったまま、机の上で顔を伏せて眠るだけでも仮眠の効果あり!

お昼の休憩時間は、仮眠をするか、しないかで
健康や、仕事の生産性に大きく影響してきます。

ぴんと
勉強や仕事中、猛烈な眠気に襲われる…

ぴんこ
とくに午後は眠すぎる…

このように少しでも、日中疲れを感じるのなら

ぜひ、効果的な仮眠をとって
集中力や記憶力、仕事の生産性を向上させてみてくださいね!

ぴんと
さいごまで読んでいただき、ありがとうございました!

【書評Lv.177】ストレスが軽減する3つの方法とは?『ストレスを操るメンタル強化術』メンタリストDaiGo

\30日間無料体験中!/
KindleUnlimited
30日間 無料体験してみる!

スポンサーリンク
スポンサーリンク